今日は「親子」です。
巷間でよく耳にする言葉として、次のような言葉があり、それを思い出しました。
「夫婦の縁は切れても、親子の縁は切れない」
これですね、子供は親のコピーです。
私は亡父とはしっくりいっていなく、その為に性格は母親似としていたのですが、この粘着質、よく言えば頑張り屋のところは父親似だと思います。
父親が亡くなってしばらくして、ひょんなことからかつての父親の取引先の専務と会う機会がありました。
その方から、あなたのお父さんはとても頑張り屋さんだったし、従来の枠にとらわれない斬新な事に着手していた方です。起業して間もないころは、多少心配しましたけれど、短期間で軌道に乗せた手腕はたいしたものですよ。
それに当時でも珍しかったのですが、締日になると私たち仕入先に小切手をもって支払いにきておられましたが、「若いのに大した気配りだな」とうちの社長ともよく話していました、と言われなんか自分にかぶるなと思ったのですが、私が父の性格を受けついたというのが正しいのです。
そう思った瞬間その血統というかその性(さが)に愕然としたことがあります。
ということで今日のフリネタは「親子」です。

おずぼーん
BSジャパン「ワタシが日本に住む理由」でブルース・オズボーンさんの事を知りえました。
そこでブルース・オズボーンさんの「親子写真展」が新宿のオリンパスギャラリーで開催されるのを知り、それではという事で出向いてまいりました。
以下にいくつかの画像を紹介しますので、親子の絆をこの写真から感じ取ってください。IMG_5313

IMG_5318

IMG_5319

IMG_5320

91

img_161_1471594522

IMG_5317

IMG_5316



ふわふわのホットケーキを作る方法



IMG_5321
という事でこの流れで新宿三丁目に参りました。
すこしだけ新宿三丁目小景をご紹介します。

IMG_5322

IMG_5326

yjimage1
ご存知「新宿末広亭」です。
今日は春風亭一之輔さんがトリを取られるようです・
すごい行列ですね。

IMG_5323

IMG_5324

IMG_5325
これまたご存知「どん底」さんです。
幾多の芸能人がこのお店の前で血沸き肉躍る大乱闘を演じた事でしょうか。
という事で今日のお店は「ビフテキ家あづま」さんです。

住所: 東京都新宿区新宿3-6-12 藤堂ビル 1F
電話:03-3351-0188
定休日:無休

IMG_5327
お店の外観です。

IMG_5331
店内の雰囲気です。

IMG_5328
メニューです。

今日のオーダー「メンタイピラフオムライス豚の生姜焼き」@1,000円です。

IMG_5330
待つこと6分で「コンソメスープ」が到着しました。
これは超美味しいです。
流石創業昭和21年です。

IMG_5332
待つこと12分で「メンタイピラフオムライス豚の生姜焼き」の到着です。
見た目貧相です。
ちょっとなぁとため息もでました。

IMG_5333
気を取り直して実食です。
まずはメンタイピラフオムライスをスプーンで一口いただきました。
ふ〜ん、こんなものかと思って咀嚼していましたら、20秒位たってから絶妙な美味しさに
変わったのです。
トロトロと玉子とケチャップメンタイピラフって合うのですね。
これには驚きました。
かなりの美味しさです。
一気呵成に完食しました。
ちなみに付け合せの「豚の生姜焼き」は、銀杏の調理、い(煎)るだけ、でした。
お後が宜しいようで・・・

それでは(^_-)