下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ビーバー

神田 ビーバー 4th

今日は「ビール・ゴーグル効果」です。
元筑波大学教授原田勝二さんによりますと、人類の祖先は今から20〜30万年前にアフリカで誕生し、10万年ほど前に一部は中東から欧州に移動して白人になり、一部はアジア地域に向かって移動を続け黄色人になったとされています。その時点まで人類は全般的にお酒が強かったのですが、黄色人種の一部が中国南部で突然、お酒に弱い性質の遺伝子を持つようになり、それが中国全土や韓国、日本に移動したのではないかとしています。
だから日本人は混血なのでお酒が強い人と弱い人が混在しているのです。
ちなみに国内でお酒の強い人の比率が高いトップ3は、秋田(76.7%)、鹿児島(71.4%)、岩手(71.4%)です。
逆に比率が低いトップ3は、三重(39.7%)、愛知(41.4%)、石川(45.7%)
分布図を眺めますと、お酒に弱い人達が中国大陸から九州北部、瀬戸内海を通って、日本の中心だった近畿周辺に移り住んだ様子が分かるようです。
参考までにお酒の強い、弱いはパッチテストですぐ分かるそうです。
「NIKKEI PLUS1」より転載

日本人にはお酒が強い人と弱い人がいます。
beer_DSC03339
私はお酒の強い人の部類に入るのでしょうがそれでも外国人と飲み比べをしますとその足元にも及びません。
そのようなお酒の弱い日本人はハニートラップにかかります。
その原因はアルコールが入ると、目の前の異性が魅力的に見えてしまうという「ビール・ゴーグル効果」の為だと言われています。
具体的に申しますと、異性がもっとも魅力的に見えるのは、適度なほろ酔い状態の時ですし、シラフの時と比べて、ほろ酔い状態の時は女性の魅力が1.5倍近く「かさ上げ」されると専門家は指摘しています。
また、最近の研究では、お酒をよく飲む女性は素面のときでも男性を見る目があまり無いことがわかっています。
レイクヘッド大学の研究によると、お酒を飲む女性は飲まない女性に比べ、男性の顔の左右対称性を判断する能力が低いそうです。顔の左右対称性は良い遺伝子の持ち主を判断する基準だと言われており、パートナー選びの要となります。
これはアルコールが入っていないときにも顕著な傾向だそうで、普段から摂取するアルコールがあなたの「ストライクゾーン」に影響を与えることが明らかになっているのです。

閑話休題おはなしはもどりまして
私の「ビール・ゴーグル効果」の話をご披露します。
札幌在勤の時の話です。
私のオフィスの一階には関連会社の宝飾店があり、他部門の人間が兼任でそこの支配人をしていました。
昼食の後によくそこのお店の接客用の珈琲をご馳走になりに行っていました。
ある日、その店内に入りますと、▲▲ちゃん、おはよう〜、といかにもお酒の飲み過ぎで喉がやられたと思われハスキーボイスの女性に声掛けされました。
私が声の方に視線を向けますと、ジバンシーの蝶々フレームの濃い目のサングラスをかけたどこから見てもオミズ系の茶髪のふくよかな女性が私に対して微笑んでいます。
声から私に微笑んでいる女性の正体は判明していました。
その女性はすすきのの高級クラブ「J&B」のママです。
しか〜し声は一致しているのですが顔が一致しません。
私の動揺に気がついたみたいでママは、今日はすっぴんだからわからないわよね、と莞爾として笑いおもむろにサングラスをはずし、私よ「J&B」のママよ、と言われたので、私は瞬時に、わかっていますよ。普段は着物をきて髪を結っている姿しか見ていないのでそのシャレオツな洋装に感動していたのです、と言いますと、や〜だ、この子、まだ昨日のお酒が残っているわ。支配人、▲▲ちゃんに濃い目の珈琲をご馳走してあげてよ、と品を作って言われたのです。
実はマジにクリビツしていたのです。
「J&B」に行く度に「J&B」のママは綺麗だと思っていたのです。
しか〜し白昼に素面で見ればただ単に顔立ちがはっきりした小じわの多い老女だったのです。
その落差に恐れおののいていたのでした。

shutterstock_120693307
数日後、取引先の接待で「J&B」に行きましたところ、この間のリップサービスがまだ残っていてママが私の方に一目散に駆け寄ってきました。
そこには濃い目の化粧をして髪を結い艶やかな和服に身を包んでいるこの間の老女が満面の笑みで出迎えをしているだけでした。
それでもお酒がすすんで話がはずめば、淡粧濃抹(たんしょうのうまつ)の女性に変わっていました。
これが私の「ビール・ゴーグル効果」であります。


JET MAN!



今日は夜更けの神田を彷徨していました。
IMG_0814
久々のクレームに頭が学級崩壊状態です。
困った時は美味しいものを食べなくてはと向かった先はこちらです。
今日のお店は「ビーバー」さんです。

住所: 東京都千代田区神田紺屋町46
電話:03-3254-1746
定休日:日曜・祝日

IMG_0815

IMG_0817
お店の外観です。

IMG_0819
店内の雰囲気です。

IMG_0820
メニューです。

今日のオーダー「Bランチ(ハンバーグ、海老フライ、目玉、ライス付)」@1,000円です。
IMG_0822
待つこと10分で到着しました。

見た目下町の洋食です。
IMG_0823

IMG_0824
ハンバーグの焼きが強いですか、いいんですよ、歯が丈夫になりますから。
その分濃い目のデミグラスソースがカバーしてくれています。
海老フライは鐵板の揚げです。
目玉焼きはトロトロです。
うん、超美味ではあませんが大人の「お子様ランチ」です。
満足な夕食でした。
学級崩壊状態ですか、すっかり治っていました。

それでは(^_-)

神田 ビーバー リターンズ

今日は「人工知能の大胆な挑戦」の話です。
無題
富士通研究所(川崎市)の穴井宏和ITシステム研究所主管研究員は最近、大学入試の数学問題と格闘中だ。「大学入試センター試験の50〜60%は答えられるようになった」。上達ぶりを褒められたのは、同社が開発する人工知能ソフト。独自の情報処理技術を惜しげもなくつぎ込む。  
富士通研を本気にさせたのが「ロボットは東大に入れるか」と問いかけた国立情報学研究所のプロジェクト。人工知能を究め、2016年までに大学入試センター試験で高得点を獲得、21年の東大合格を目指す。  
人工知能は着実に進化してきた。1956年に米国で開かれた「ダートマス会議」には科学者らが集まり、「知能ロボットを労働力に」との期待が高まった。だが玩具の域を抜け出せず、70年代には研究が停滞。転機となったのは97年だ。米IBMのコンピューター「ディープ・ブルー」がチェス王者に勝ち、11年には同社の「ワトソン」が米クイズ番組で歴代王者を下した。日本では10年に将棋ソフトがプロ棋士に勝った。  
それでも今のままでは、東大入試の数学問題には太刀打ちできない。人間は問題文を読んだら記憶を頼りにすぐに計算に入る。だが人工知能は言語や数式のある問題文の意味がまず理解できない。数式ならば「ソルバー」と呼ぶプログラムを幾つも作り、対応はできる。
「方程式や三角関数などはソルバーの拡張などで解ける。だが数列や確率の問題は、意味の解析がまだ難しい」 
SUNDAY NIKKEI「人工知能、東大合格に挑戦」より転載


2021年に人工知能は東大に合格できるよう進化していくのだそうです。
ついに人口知能が人間と同等になる日が近未来的になってきました。
将棋の世界ではプロの棋士に勝利するなどlogicで組み立ていく世界はもともと得意だったのが、さらに進化しているわけですよね。特に将棋では後半の詰めにはいると、幾通りの詰めの手口を検証しながら、コンピューターですから全く疲れることを知らずに最適手で攻め込んでくるのでその強さは盤石の様です。
英会話もコンピューターがしてくれる日も近未来です。
そうなってくると人間は単純な計算・検討・検証はすべてコンピューターが担ってくれるので、独創的な分野を磨いていかないと、人間としてのレーゾン‐デートル(存在価値)はなくなってしまうのでしょうね。
私が苦手だった、というか着目するところが変わっていたので、先生からの評価が低かった読書感想文ですが、近未来の小学生は、すべてコンピューターに読ませて書かせてのおまかせ君でいいわけですから、こりゃ楽ですね・・・

そんな人工知能でも、今でも相似形でも微妙に形が異なると戸惑いますし、常識や暗黙知、意味の深い理解は依然苦手なようですよ。
やはり距離を置いて向き合いませんとなりませんね。


YouTubeID「melodysheep」の最新作。たった1分37秒にまとめられているので、この手の動画の中では少し物足りないくらい見易い仕上がりとなっていると思います。ビッグバンから宇宙と地球と生物と人類のあゆみのメタファとなっている動画です。



IMG_3391

IMG_3392

IMG_3393

IMG_3394

IMG_3390
今日は東京駅に出没後神田に移動しました。
実は多忙でお昼を食べ損ねたので、late lunchです。
今日は大人のお子ちゃまランチみたいなものを食べたかったのです。
ということで今日のお店は「ビーバー」さんです。

住所: 東京都千代田区神田紺屋町46
電話:03-3254-1746
定休日:日曜・祝日

IMG_3381
お店の外観です。

IMG_3384

IMG_3383
店内の雰囲気です。

IMG_3382
メニューです。

今日のオーダー「B(ハンバーグ、海老フライ、目玉、ライス付)」@1,000円です。
待つこと9分で料理は到着です。

IMG_3385

IMG_3386

IMG_3387

IMG_3388
見た目、美プレートです。
それでは実食です。
ハンーグ、海老フライともども安定した味です。
特に海老フライはからっと揚がっていてとても美味しいです。
ハンバーグ、海老フライ、目玉と何を食べようかなと考えながら食べるのは楽しいですね。
独りでにこにこしながらいただいていました。
こんなにまったりと時間をかけながら食べられるlate lunchはたまにはいいものです。

それでは(^_-)

続 神田 ビーバー

今日は「Our boom in my school days」の話です。 
私は中学・高校と稽古後の一杯が楽しみで真面目に剣道をしていました、違うか(笑)
ということで中学・高校時代は異性交遊なぞ無縁だったのです。
しがって日本有数のチャライ大学に進んだ後は、迷わず女性にもてるというテニスサークルに入ったのです、自然、当然、必然!
テニスサークルには麻布高校から入学してきた、やたら六本木周辺に詳しい友人がいました。彼は有名女子大学にも強力なコネもっており、その中で彼の得意な女子大学は、なな何と美智子妃殿下様のご卒業された聖心女子大学なのでした。
聖心女子大学は当時の男子学生、垂涎の女子大学だったのです・・・今でもか(笑)

以下は彼が実践した聖心女子大学生の陥落の実例です。
それを読みやすく?splash風にarrangeしました。
甘ったるいベトナムコーヒーみたい内容ですが、これが後に続くフリネタのkeyになりますので、まずは我慢して一読ください。
時期はクリスマスの直前です。



ねえ、ねえ、もうすぐクリスマスだよねぇ。慌てもののサンタさんがいてさ、クリスマスのプレゼントの買いだしの途中に鞭を無くしたんだ、ってと言うと、エッ、そうなの、そのサンタさんクリスマスの時困るんじゃないの、って彼女が言うので、大丈夫だよ、僕が見つけたからさ、って答えれば、嘘っ、どこにあるの、って彼女が聞き返しました。
実は、今日ここに持ってきているんだよ。
エッ、どこ、どこにあるの。見たい、見たいわ、と彼女が言うんで、おもむろに胸のポケットから白くて細いコイル状の丸まった紙を取り出して見せました。

すると彼女は、これって、もしかしてストローの紙袋じゃないの、って言うので、これは一見ストローの紙袋に見えるかもしれないけど、実はこれがサンタさんが無くした鞭なんだよ。
ただし魔法がかかっているからこのように見えるだけなんだ。折角だから今日は特別に君の為にこの魔法を解いてみせようか、って言うと彼女は、見たい、ぜひ見たいわ、とせっつきました。

それじゃ魔法を解くのに少し準備が必要だから待っててね、それと魔法が解けた時のお約束だけど、Noという言葉は封印されちゃうけど大丈夫だよね、とつけ加えたのです。

しばらく時間をおいて、それじゃ魔法を解くから、って言って、その丸まった紙袋にストローをスポイトの様にして水滴を一滴たらしました。

するとその紙袋は水の表面張力でゆっくりと確実にまっすぐに伸びていったのです。
そこにはあらかじめ仕込んであった「付き合って下さい」という言葉がマジックで黒々と書かれていました。

それを1〜2分間まんじりと見つめていた彼女は、この魔法ってずるいわょ“No”って言えないんでしょう。小ズルイ悪魔にひっかったみたいね、と笑いながら承諾してくれたのです。

その時偶然にも、モーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークが二人のロマンスの船出を称賛するかのように高らかに店内に響きわたったのでした。


テニスの練習の後、麻布高校出の友人からこの話を聞いた我らアホタレ達はこの技は使えると色めきだったのです。
早速練習場の近くにあるファミレスにいきアホタレ達全員でストローがついてくる飲み物をたのみました。早速このストローの袋の技を実践してみたのです。
この技はとても難しいのです、言うは易く行うは難し (いうはやすくおこなうはかたし)なのです。
袋をきつく巻くとキレイに伸びず、途中で止まってしまうのです。逆にゆるく巻くと伸びてこないのです。
ここから我らアホタレ達はいかにしてキレイに伸ばせるかという方法を追求し始めたのでした。
巻き数、巻き締めの力、水のたらす量等を徹底してキッチリと研究しました。
一月位だって、なんとか究極の方法を纏めあげたのですが・・・
肝心要(かなめ)の女性へのapproachを怠っていたものですから、この究極の落とし技を使う機会はなかったのでした、本当のアホ!
ちなみに麻生高校の友人は卒業後、大手石油会社に入社して、今ではセクハラ営業本部長として業界内外にその名を響かせているそうです。


今日は神田に出没です。
神田で見つけたniceな洋食屋「ビーバー」さんに再訪です。

住所: 東京都千代田区神田紺屋町46
電話:03-3254-1746
定休日:日曜・祝日

IMG_0037
お店の外観です。
このお店はこの地に店を構えて今年で51年目だそうです。
店名の「ビーバー」は同様に洋食店を営んでいる親戚達が、店名をみな動物に肖(あやか)って付けていたので見習ったそうですよ。

IMG_0038
懐かしい料理サンプルです。昔の下町のお店はみなこれらのサンプルがありましたよね。

IMG_0045
店内の雰囲気です。

IMG_0040
かき玉子のコンソメスープ(お代りfree)です。
カップの縁に唇をよせると、鼻腔に突き刺さるような尖がった胡椒の香りが立ち込めてきます。
美味しいです。

IMG_0041

IMG_0044

今日のオーダー「カレーピラフ」@900円です。
珍しいですね、カレーピラフの上にカレールーがかかっています。
味ですか、とてもピリッとした味付けで、カレーを食べているんだなと実感させられる一品です。
付け合わせのサラダはedgeが立ってシャキシャキしていて口当たり最高です。
ピラフとカレールーの相乗効果が際立っています。
お奨めの一品です、お試しください。

それでは(^_-)

神田 ビーバー

今日は「招待状」の話です。 
招待状
ある小学校で良いクラスをつくろうと一生懸命な女の先生がいた。
その先生が五年生の担任になった時一人、服装が不潔でだらしなく、遅刻をしたり、居眠りをしたり皆が手をあげて発表する中でも、一度も手を上げない少年がいた。
先生はどうしてもその少年を好きになれずいつからかその少年を毛嫌いするようになった。中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。
ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。そこにはこう書いてあった。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。弁口もよくでき、将来楽しみ」とある。
間違いだ。他の子に違いない。先生はそう思った。
二年生になると
「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と書かれていた。
三年生では
「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」。
三年生の後半の記録には
「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」とあり、
四年生になると
「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子どもに暴力をふるう」。
先生の胸に激しい痛みが走った。だめと決めつけていた子が突然、深い悲しみを行き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。
先生にとって目を開かされた瞬間であった。放課後、先生は少年に声をかけた。
「先生は夕方まで、教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?わからないところは教えてあげるから」。
少年は初めて笑顔を見せた。
それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。授業で少年が初めて手をあげた時、先生に大きな喜びがわき起こった。少年は自信を持ち始めていた。
六年生で先生は少年の担任ではなくなった。
卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
「先生は僕のお母さんのようです。そして、今まで出会った中で一番素晴らしい先生でした」
それから六年。またカードが届いた。
「明日は高校の卒業式です。僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。おかげで奨学金ももらって医学部に進学する事ができます」
十年を経て、またカードがきた。そこには先生と出会えた事への感謝と、父親に叩かれた体験があるから感謝と痛みが分かる医者になれると記され、こう締めくくられていた。
「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を、神様のように感じます。大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、五年生のときに担任して下さった先生です。」
そして一年。届いたカードは結婚式の招待状だった。
「母親の席に座ってください」
と一行、書き添えられていた。先生は嬉しくて涙が止まらなかった。
「てっぺん大嶋啓介_夢エール」より転載

いい話ですネ。
私は涙腺が弱いのでこのような感動する一文を読むと目が洪水状態になります。

ヌ滅魏菫

μ滅魏菫
面白画像です。

今日は神田に出没です。
久々にniceな洋食店を発見しました。
お店の名前は「ビーバー」さんです。

住所: 東京都千代田区神田紺屋町46
電話:03-3254-1746
定休日:日曜・祝日

IMG_9654
お店の外観です。

IMG_9653
店内の雰囲気です。

IMG_9646
メニューです。

本日のオーダー「ビーバー風ステーキ(肉の生姜焼)+ライス」@1,000円です。
完璧にド下町の洋食屋さんです。
昔の少女さん×二人が接客をしてくれます。これがまた子供の頃行っていた近所の洋食屋さんの接客にクリソツなのですね・・・なな懐かしい!

IMG_9649
まずは調味料連です。梅干しが食べ放題です。

IMG_9648
スープはお代り自由です。

IMG_9650
ビーバー風ステーキの肉はしっかり焼かれており肉に弾力はないもののその分ジンジャーソースがキッチリと効いています。
おお美味しいじゃないですか! 

IMG_9652
付け合わせのナポも昭和スタイルです。
良くこのようなノスタルジック溢れたお店が現存していたものです。
この店は再訪店ですね、次回はオムライスに挑戦です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ