下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ビストロオットー

池袋 ビストロオットー 4th

今日は「食事は残すな!」です。
関東から東北にかけて、その惨烈、目をおおわしめる大飢饉におそわれた。
とくに仙台、南部、津軽諸藩領はひどく、米はもちろん雑穀も野菜のかけらも見られなかった。金があっても買う米がない。草苔を買い、藁団子や松皮餅を食い、犬一匹が五百文、猫一匹が三百文という相場までたったが、それも食いつくして、ついに南部、津軽では死人の肉まで食うにいたったのだ。   
のちの寛政の三奇人の一人、高山彦九郎(上野国新田郡の人)が、そのころたまたま東北地方を旅して帰ってきたが、下野国(栃木県)黒羽藩の家老鈴木武助のところに寄って、旅の見聞を話している。その話を、鈴木武助は著書『農喩』のなかに記して言う。  
「卯年(天明三年)の飢饉も、関東のうちはまだ大飢饉というほどではない。……奥州では餓死したものが多かった。わけても大飢饉のところでは、食い物と名のつくものはなに一つないから、牛馬の肉はいうまでもない、犬猫までも食いつくしたけれども、それでもとうとう命がもたないで飢え死していった。はなはだしいところでは、家数が二、三十もあった村々、あるいは四、五十軒もあった里々が、みんな死にたえて、一人として生きのこったものがないありさまだ。その亡きあとを弔うものもないから、いつ死んだものやらわからず、また死骸を埋葬もしないままだから、鳥獣の餌食になった。そんなところは、庭も門も畑も荒れはてて、村や里がすっかり跡かたもなくなったところもある」  
また同書にはつぎのような話ものっている。  
その旅のあいだのことだ。山路に踏みまよった高山彦九郎が、とある人家を見つけて、ヤレ助かったと、声をかけたが返事がない。そっとのぞいてみたところが驚いた。 
家の中には白骨が散乱しているのだ。さすがの彦九郎も、あまりの凄惨な光景に肝をつぶし、人の住む里をもとめて走りに走った、と書いてある。   
もはや草の根、本の皮も食いつくした飢民は、死人の肉を食ったばかりではない、自分の子供の首を切り、頭の皮をはいで、それを火にあぶって食ったり、頭蓋骨の割れ目に箸や匙をさしこんで脳漿をぬきだし、これに草葉をまぜて食ったともいう。 
また、ある橋の下に餓死者の死体が一つころかっていた。その股の肉を切って龍の中に入れている者たちがいる。橋の上から見ていた人が、なににするのだときいた。すると、この肉に草葉をまぜて、犬の肉だといって売るのだと答えたという。
「幕末の動乱」松本清張著より転載

大飢饉
大飢饉は恐ろしいですね。
この話の続きは転載することが憚れる内容なので敢えて割愛ましたが、さらに一つのepisodeを付け加えます。
ある村で死人がでたそうです。
するとその事を聞きつけた女性がその肉を家族に食べさせる為に無心にきたそうです。
それも死期が迫っている我が祖父の死体と交換することが条件でした。
その女性の頭は飢餓で錯乱したわけでもなく、極めて当り前の人肉交換取引だったのでした。
前代未聞、奇怪至極の貸し借りが大飢饉のさなかには平然と行われていたのですね。

私は好き嫌いがなく且つ自分の胃袋の容量以上のものを頼む事がないので食べ物を残す事はありません。
しか〜し最近の若い方は特に女性の方は美容のために平気で食べ物を残しますよね。
さら〜に食べて不味かったら平気で残しますよね
何ですか、飽食の時代だから許されるのでしょうか。

食べ物というのは作り手がいるわけです。
米はその字の通り88回の手間がかかっているので農家の方に感謝していただきなさいと、亡き両親に言われて育ちました。
肉はその生き物の命を頂くものだから残してはいけないとも教えられました。
それなのに平然と食べ物を残す現代の風潮は許せません。

例えばこのフリネタの様な飢饉がおきても、若い女性は美容の為といって食べ物を残すのでしょうか。
あるいは飢饉のさなか不味い食料に巡りあっても、やはり不味いものは嫌いということで同様に残すのでしょうか、否ですよね。
単なる気質的なものですし、自分の所得との相関関係で決めているだけですよね。

個人的に食べ物の好き嫌いを言う人は下品だと思います。
徳のある方でそのようなことを広言する方は皆無です。
ただしアレルギー体質の方は根本的に違いますのでこれはout of scopeです。
若くて見目麗しき女性が平然と食べ物の好き嫌いをいうのは、自分の心の中にある一番恥ずかしいところを見せている様な感さえするので、それを聞くたびに慄然とします。

人間ですから私の様に好き嫌いがない人間の方が少ないのは理解しています。
しか〜しあたかも特権階級のように平然と自らの好き嫌いを広言するのをやめていただきたいと共に自分が頼んだものはいくら不味くても残さず食べていただきたいと願う今日この頃であります。

Eat to live!

生きるために食え!

By Splash


外国人からは東京の夜景はどのように見えるのか?
ユーチューブの夜景動画からの反応を集めてみました(其の壱)



IMG_7368

IMG_7369

IMG_7367
今日は池袋に出没です。
なぜかパンを大量に食べたいなと思ったらこのお店に足が向いていました。
今日のお店は私のお気に入り「ビストロ オットー」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル1F
電話:03-5958-0418
定休日:無休

IMG_7370
お店の外観です。

IMG_7377

IMG_7378
店内の雰囲気です。

IMG_7371

IMG_7372
メニューです。

今日のオーダー「ビュッフェ・ドリンクバー付」@800円です。
今日は嫌な思いをしました。
入店して空いている席もあり、すぐに通していただけるかと思い、午後の打合せの事を考えていたら、男性の店員さんが、今日は午後から予約があり、席の用意はできません、との事です。私は訝(いぶか)しがって、目の前の団体席と無縁の様に空いているこの席も予約席なの、って聞けばそうです、とのことでした。
依然意味不明なので、その宴席は何時から始まるの、って聞けば午後から間もなくです、との事でした。
あまりにも要領を得ない説明に加えて空腹だったこともあり、それらなら「ただいま貸切です」とお店の前にその旨のplateを下げるべきだろう、と怒気を含んだ声で言い放った後即座にお店を出て3〜4歩、歩を進めたところ件(くだん)の店員が追いかけてきました。お客さんは勘違いをしています。待てば席は用意できます、との事でした。
またランチのお店を探すのが面倒臭い事もあり戻ったのですが問題はこの若い男性店員にあります。
午後から予約が入っているので、ただいまご用意できる席数が限られています。したがいましてお席にご案内するに10分から15分位かかりますが、お待ちになられますか、と最初に聞けばよかっただけの話です。
多分その時に自分が持っている情報を全部言おうとしたために起承転結のない日本語になったのでしょう、加えて私が怒って帰ったので、自らが逆切れしたのです。
そして私を追いかけて、自分の正当性を立証したかったのでしょうか・・・
今の若い人によく見受けられる金魚のフン的メリハリのない言葉使いです。
多分社会人になってから困ると思います。

店員はペケポンでもこのお店の料理は好きです。
ビュッフェですので用意された料理の中から自分の好きなものをplateにのせて頂くだけです。
これなら好き嫌いもなく且残す事もなく極めて合理的な食べ方です。

今日のランチプレートです。

IMG_7373
キュウリとツナのマリネです。
酢の加減が秀逸です。

IMG_7379
生ハムです。
所謂ひとつのプロシュートです。

IMG_7380
ハリハリ野菜のサラダです。
安定感ある美味しさです。

IMG_7381
ナスとズッキーニとエリンギのフリッターです。
軽やかに揚がっています。これは超ウマウマです。

IMG_7374

IMG_7375

IMG_7382
私が選んだ料理の数々です。

IMG_7376
そして選んだ料理をこのパンにはさんで頂きます。
美味しい、今私の中に口福の神が降臨しました。
この上のない幸せが訪れています。

IMG_7383
結果こんなにも食べてしまいました・・・
大大満足です!

それでは(^_-)

池袋 ビストロ オットー リターンズ

今日は「北海道の結婚式」の話です。

私は中森明菜フリークです
この歌を聴くと北海道の結婚式を思い出します。
何故かといえば私の取引先の三島さんのカラオケの持ち歌が「駅」だったからです。
どこから声を出しているのと言いたいくらい甘〜い声で上手に歌うのですね。ちょっと悔しい・・・
三島さんはたまさか私と年が同じだったので仲良く遊んでいました。
彼は新潟大学理学部化学科卒だったので妙にelite意識が強く、東京の私大卒の私に対してなにかとrival意識を持っていたのです。
酔うと必ず、▲▲(私のこと)の大学なんか楽勝に入れた。入れなかったのは家が貧乏だったからだ。新大(しんだい)も奨学金で卒業したんだ。東京のボンボン大学を親の金で卒業したのとはワケが違うんだ、と私にからむのです。
しか〜し私は新大(しんだい)なんか全く眼中になく、そのようにからまれても馬耳東風でいつも無視していました。
それが彼にとってはすごく腹立たしかったようです。
まるで日本と韓国の関係みたいです。

韓国の若者は、韓国の若者は日本のことをよく勉強しているに、日本の若者は韓国の事を全く知らないと、言いきっています。
例えば日本の若者に万歳(まんせい)事件(日本の植民地支配に反対して展開された朝鮮独立運動)のことを聞いてもその事件そのものを知っている者はほとんどいないとも断じています。
それでも韓国のことを良く知っている日本人といえばK-POP(ケイ・ポップ)、韓タレのファンの女性達が思い浮かぶが、その知的レベルはかなり低く且その知識は偏狭的であると腐しています。
日本と韓国の関係を敷衍(ふえん)するとこのようなことになります。

閑話休題おはなしはもどりまして
そんな彼がかしこまってある日私のオフイスにやってきました。
重たげな手土産を持ってきています。
なにか嫌な予感が・・・
最初は仕事の話をしていたのですが、最後の方になって、実は今付き合っている彼女がいて、俺の子供を産みたいっていうんで、今度結婚するんだ。本当に悪いんだけれど友人代表のスピーチを頼まれてくれないかな。一生のお願いだ、と言ってテーブルに額をこすりつけて頼んできたのです。
ちょっと待ってよ。三島さんって別れた奥さんとの間に子供がいるんで、結婚しないっていっていたし、その子供に不憫なお思いをさせているので、二度と子供は作らないともいっていたじゃない、って言うと、思い通りにならないのが人生だ、と開き直っています。
さらに、私は生粋の江戸っ子で道産子でもないし。発起人主催の結婚式何かでたことないし。位(くらい)付けで私に頼むのなら支店長にたのみなよ。来賓挨拶くらいしてくれるよ、と切り返すと、そこをなんとか、と哀願するのです。
すると偶然支店長が、打合せの部屋に挨拶に入ってきて、事の経緯(いきさつ)を聞いて、▲▲、お前は江戸っ子だろ、頼まれたら嫌って言えないんじゃないの、と駄目だし押されて受けることとなったのです。

北海道の結婚式
北海道の結婚式ですが、すこし内地(本州)と違うのです。
そもそもご祝儀は会費制です。そしてその会費には領収書がでます。
式は発起人の結婚祝賀会の開会の挨拶で始まります。
いいですか、結婚式ではなく結婚祝賀会ですからね。
さらに会の運営は発起人が仕切り、会の進行のみを司会者が行います。
参加者がやたら多いです。
多分町会の人とかもよんでいるんではないのでしょうか?
余興はやたら盛り上がります。結婚式でtabooな下品なパフォーマンスも平気で行われます。余興が始まると出席者の席の移動が頻繁になりこれが本当に結婚式なのかなという感じ、即ち礼服がdress codeの居酒屋みたいです。

スキラッチ
私の友人代表のスピーチは、その当時ジュビロ磐田で大活躍していたサルヴァトーレ・スキラッチのサルヴァトーレ(救世主)をフリネタにして、三島さんは、三島さんが勤める会社の救世主になりえるみたいな、結婚式なのでよいしょを交えつつ且つかなり格調高い内容だったのですが、ほとんど誰も聞いておらず、ガヤガヤと五月蠅いおしゃべりが私のスピーチを掻き消していました。
なんじゃい、前の日4時間も予行演習したのに、とスピーチの終わった後は腹立ち紛れに会費の3倍は飲んでいました。
最後に三島家のご家族から丁重なお礼の挨拶があったのでこのわだかまりは消えたのですが、あまりにお気楽な結婚式驚いたものです。
個人的には厳粛な結婚式のほうが離婚しにくく、何となくお気楽な結婚式は離婚しやすいいのではと、離婚率の高い北海道の背景を何となく感じとっていました。


私の悲劇・・・



IMG_5070
今週は毎日帰りが遅く疲れています。
停酒しているのでガチにフルフルで働いているので仕事に遊びがありません。
忙しいのはあまり苦にはしない方なのですが、それにも限度があります・・・
今日も取引先との打合せが終わって時計を見たら21時30分です。
さすがに会社に戻る気もせず、夕食をとることにしました。
今日のお店は「ビストロ オットー」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル1F
電話:03-5958-0418
定休日:無休

IMG_5057
お店の外観です。

IMG_5062
店内の雰囲気です。
今のカップルってスマホみながら話をしているのですね、というか隣のカップル見たら80%自分のスマホを見ていて会話がありません。
スマホをみながらお酒飲み且料理を食べているのです。
一体何しに来ているのですかね(笑)

IMG_5060
メニューです。

今日のオーダー「ニンニクと鷹の爪のパスタ(大盛)+テーブルチャージ」@950+@220+@315=¥1,465です。
今日のホールの女性はすこしかったるいのです。
ここのパスタは量が少ないので、少しガッツリしたものを食べたかったので、パスタのdefaultの量を聞けば、わかりません、大盛の量は、わかりません、と言って厨房にそそくさと確認に行きました。こんなものなのですかね最近のアルバイト?の方って・・・
さらにテーブルチャージについても説明がなく、支払い時に言われました。
そもそもテーブルチャージはテーブル席に案内され、チャージ料を支払った段階で、 「この席はこの客のもの」という約束が成立するものなのに、まあこのお店は儲けるための便法なのでしょう。
私は決してstingy(けち)ではありません。
このblogの来訪店もB級グルメといいながらも、美味しければお金に糸目はつけずA級店にも行っています。
唾棄しているのは料理やサービス面でプロ意識の欠如しているお店だけなのでです。

閑話休題おはなしはもどりまして

IMG_5065

IMG_5063

IMG_5066
まずはパンです。
ただのパンです(笑)

IMG_5067

IMG_5068
待つこと8分で「ニンニクと鷹の爪のパスタ(大盛)」の到着です。
麺量150gです、結構ありますね。
目の子でいえば170〜180gみたいな感じですか。
パスタが光っています。
実食です、ウ〜ンこれは美味しいですね。
アーリオ(にんにく)とオーリオ(オリーブオイル)がそれぞれ個性を発揮しながら融合しています。
味付けもギリギリの加減で、これが後半ターボみたいに味をふくらませます。
イケますネ。
このお店の調理の方は優秀です。
ホールスタッフやオーナーが×(ペケ)でも味が良ければいいのです。
そんなことを思いながら家路についた池袋の夜でした、演歌の世界か・・・

それでは(^_-)







訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ