今日は「Girls Talk」です。
大学のテニスクラブの女子から先週の土曜日に、▲▲君、来週火曜日に六本木で女子会やるから、仕事早めに終わらせてきてよ、との急なmailが携帯にはいりました。
どうしようかなと考えたのです。
勿論女子会は女子会なのですが、彼女達は最初どこかこじゃれたtearoomでお茶しながら大雑談をして、その後飲み会にはいるのですが、その時の酒の話し相手として、私を含めて数人の男子が呼ばれるのです。
私の卒業した大学はcelebrityの子弟(除私)が多く、その例にもれず女子会の女子達もいずれもcelebrityの子弟からcelebrityになったという方々です。
というこからかなり高級な店でやることは「自明の理」であり、要は割勘の員数集めというのが正直なお誘い理由なのです。
しばしそのmailをみて考えたのですが、まぁギロッポンも最近いってないから行くか、ということで、行くよ〜、と返信したのです。

六本木
当日女子会の場所にいくと、どこからみても高級そうです。
思わず財布の中身を再確認してしまいました。
今日は大学時代あまり話した事のない女子達と隣り合う席にすわりました。
彼女達は学生の頃はタカビーだったのであまり好きではなく、正直に申しますと意識的に避けていたのでした。
その中の一人はバツイチで娘が一人、その娘を外資系証券会社の営業部長としての責務のなかで、娘を育てあげて、同じ大学に行かせたという苦労人なのです、その苦労人の話がなかなか面白いのです。
いわゆる男っぷりの良い女性なのです。
その彼女が酔ってきましたら、旧友の秘密話を得々と話し始めたのです。
苦労人「ねえねえ、A子って今のご主人とはず〜っと別居状態なの知っている」
私「去年みんなでA子の家のクリスマスパーティーに呼ばれたけれど、A子からは、主人は、今日は仕事が忙しく会社に行っており皆には挨拶できません、っていってたぜ」
苦労人「だから、仕事が忙しくって毎日不在です、っていうことなのよ」
私「マジで・・・」
とか
苦労人「B子って知っている。B子は内の女子高で最大のヤンキーだったのよ。大学に進学してからイメチェンしたんだけれど、マジに超ヤバかったんだから」
私「斜め前に座っているけれど、普通の女性じゃないか。そのような面影は微塵もないぜ」
苦労人「馬鹿ね、ヒカリものみせたら目がつり上がるわよ」
私「サバが好きなの」
苦労人「▲▲君って、あいかわらずボケてるわよね。ヒカリモノっていったらナイフにきまっているじゃない」
私「サバじゃないんだ・・・」
とかとかこれ以上はかけないのですが、私が言いたいことは、何で女性は仲の良い友人の旧悪をあたかも買い物袋からだすかのように、簡単に暴露してしまうのでしょうか。
勿論苦労人以外のその周りに座っていた他の女性も同様です。
男性も確かに旧悪をばらすことはありますが、それはあくまでも話のネタとして、皆周知の昔の失敗話で、その人の聞かれてほしくない個人情報の類(たぐい)は申しません。
非常に不思議に思った次第です。

Any fool can criticize, condemn, and complain - and most fools do.
どんな馬鹿でも批判したり、非難や不平を言うことはできる。
そして、大抵の馬鹿はそうするのだ。
Dale Carnegie(デール・カーネギー)

IMG_1040

IMG_1042
余談ですが、男子トイレにはいりましたら、白黒の斑(まだら)の帯がゆらゆらと揺れていました。
へぇオサレだなと思い、注視していましたら、実はその帯はウツボだったのです。
マジに驚きました!


結婚式で新郎が新婦に送ったパラパラ漫画が話題になっております。


IMG_1097

IMG_1098

IMG_1099

IMG_1100
今日は丸の内に出没です。
今日は初夏の陽気です、暑い!
やはりこういう日はカレーでしょう。
ということで、今日のお店は「ムンバイ」丸の内店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F
電話:03-5293-0115
定休日:無休

IMG_1101
お店の外観です。

IMG_1103

IMG_1104
店内の雰囲気です。

IMG_1102
メニューです。

今日のオーダー「ブラックペッパーチキン」@1,000円です。

IMG_1106
待つこと3分でサラダの到着です。
見た目美味しそうです。
野菜が良く冷えています。
サウザンアイランドドレッシングもイケています。
美味しいですね。

IMG_1107
同着でマンゴラッシーです。
これはコクがあります。
で〜もちょっと甘いですかね。

IMG_1108

IMG_1109
待つこと4分で「ブラックペッパーチキン」の到着です。
見た目辛そうです。
口に湧き上がった唾を飲み込んでから実食です。
まずはスプーンで一口いただきます。
辛さがヒリヒリと頬の内側に伝わります。
もしゃもしゃと噛みしめる音が内耳に届くと同時に汗腺が全開しました。
ぴゅぴゅと汗が水芸のように飛び散ります。
これはすごいですね!
特に胡椒のインパクトがすごいです。
その為か鶏肉の甘さが際立っています。
味ですか、ギリです。
美味しい事は美味しいのですが、もしこれ以上辛かったら救急車を呼ばなければならないでしょう(笑)

それでは(^_-)