下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

パワハラ

続 丸の内 トナリ

今日は「こんな朝もあります」です
p2
この間、会社の大きな組織替えがあり、私の部門においても半分くらいスクラップアンドビルドが行われました。
そこで解散式を兼ねた送別会となりました。
久しぶりに会がアレました。
多分に飲み物がスパークリングワインで且つ長時間であったことが遠因だと臆断しています。
私の部門は女性がツオイのです。
特にベテラン女性が飛ばしていました。
会が始まって1時間位経ってから、自ら一気飲みの見本を見せてから、お酒はこのようにして飲みなさい。
若いんだから!と言って若手の男性社員に一気飲みを何度も強要させていました。
まさにパワハラです(笑)
多分に雰囲気の良い部門だったから、別れが悲しいのでしょう。
しか〜し、素面でこの荒場(アレバ)を見ていると、体中の毛穴が慄然として縮こまっていくのがはっきりとわかりました。実は、早く家に帰りたい、と本当に思っていました。
会の締め前には恒例の挨拶です。
人数的には4人が他部門に異動します。
従いまして、各々がお別れのショートスピーチをします。
しか〜し、ベテラン女性の怒号で折角のスピーチがかき消されて話す内容が聞こえません。
そしてかかる中、今回の解散式のキーである更迭されたとある部長の挨拶が始まりました。
部長は今回の解散は自らの不徳の致すところであると本当に申し訳ない的な流れを創り、今回の解散の原因は自らにあると纏めたのです。
極めて真っ当な正鵠を射た内容だったのですが、このような場での挨拶ですから、表層的な部分で纏めてその本質には触れなかったのです。
これにキレたべあるベテラン女性社員がやおら立ち上がり、そ・れ・は・ち・が・う!と絶叫しながら、その違う理由を泣きながら説明し始めたのです。
私は、一体全体何をいうのだろう、と半分ビビりながら聞いていたのですが、これが聞いた事がないような名スピーチだったのです。
起承転結をきちんと踏まえていて、その内容は過不足なく且つ話すトーンも抑揚がはっきりしていて完璧でした。
まるでこの為に作られたスピーチのようでこれを即興で行うとは本当に感服しました。お見事でした。
うちのマネージメントの中でもこのようなツボを押さえたスピーチができる人間は限られていると思います。
しか〜し、普段の彼女はこのようなそぶりは微塵も見せず、マサに酒神バッカスの造形物のような感さえありました。酒の効用かそれとも能ある鷹は爪を隠すかはあずかり知らない処であります。

hqdefault
これで終われば大団円だったのです。
そのスピーチの後しばらくして彼女は昏倒してしまいました。
他にも飲みすぎで倒れる女性が続出していたので、私は名スピーチの女性を介助する事とあいなったのです。
30分過ぎて意識を取り戻したので、私は彼女の右脇に腕を入れて、地下にあるお店から地上へと私の右腰にのせて引きずるように地上へと上がっていったのです。階段を半分くらいのところで、彼女は私に抱きかかえながら、あたかもスプラッター映画のワンシーンを演じたのでした。
私はかろうじてその吐しゃ物を避けました。
それですっきりしたのか彼女は正気に戻りました。
それからしばらくして真人間になった彼女を、私は彼女の家の方面の若手を付けてタクシーで送らせたのです。
こんな日もあります。
帰宅してからスーツに汚れがないか確認しましたら、ズボンの足元にかなりの吐しゃ物が付着していました。
風呂場でそれを洗い流して、洗濯物の一番奥に格納してその夜は床につきました。
次の日の朝、洗濯場から絹を引き裂くような絶叫が聞こえました。
どうやら奥様が私の隠匿物を発見したようです。
この後の顛末は皆さまが想像した通りで宜しいかと思います。
こんな朝もあります・・・


14歳で売り上げ2億円!? 手作りバッジで起業した天才少年


IMG_6681

IMG_6682
今日は丸の内に出没です。

IMG_6683

IMG_6686
私の大好きな「きじ」さんはこのような行列です。

IMG_6684
珍しく今日はお腹が空いていたので並ぶかどうか悩んでいましたらこの看板が目に飛び込んできました。
今日のお店は行列で有名な東京タンメン「トナリラーメン」丸の内店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
電話:03-3240-6066
定休日:年中無休

IMG_6685
お店の外観です。

IMG_6688
店内の雰囲気です。

IMG_6687
メニューです。

きょうのオーダー「焼きそば+半熟玉子」@650+@100=750円です。
IMG_6689
待つこと6分で「焼きそば+半熟玉子」の到着です。

IMG_6690
それでは実食です。
ここの焼きそばと半熟玉子は別々になっていて自分でこのように焼きそばの上にのせるのです。
この焼きそばは茹で麺に焼きそばソースをからめているのですね。
要はインスタント焼きそばと同じ製法です。
味ですか辛美味ですが美味しいです。
もう少し具体的に申しますと、平内麺は辛めソースに良くからんで且つプリプリして美味しいです。
炒め野菜もしんなりしていてグートです。
辛し揚げ玉が味をコワク的にしています。
温泉玉子は味をマイルドにしています。
白眉はからっと揚がったイカ天です。
これらがハッチポッチとなって味をオーケストレーションしているのです。
これはたまらんばい的な味わいです。
私の好きな焼きそばです。
丸の内においては「コスパ良し」といえます。
並んで食べても損はしませんよ!

それでは(^_-)

神谷町 ナポリスタカ

今日は「パワハラ」です。
2016-01-21-1453367186-9906401-333_Qmain_kei
職場のパワーハラスメントについて、裁判例や個別労働関係紛争処理事案に基づき、次の6類型を典型例として整理しました。 なお、これらは職場のパワーハラスメントに当たりうる行為のすべてについて、網羅するものではないことに留意する必要があります。
1)身体的な攻撃
暴行・傷害
2)精神的な攻撃
脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
3)人間関係からの切り離し
隔離・仲間外し・無視
4)過大な要求
業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
5)過小な要求
業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
6)個の侵害
私的なことに過度に立ち入ること
厚生労働省HPより転載

私はかなりのパワハラは受けてきましたので基本的にはパワハラ反対です。
というか往時はそういう時代でしたので。
最近どこの企業でもセクハラに続いてパワハラの訴えが急増しています。
業務の適正な範囲を超えていたら、その上司は解雇要件を満たしていますので即クビです。
上役受難な時代になってきました。
具体的には
1.そもそもミスをしていないのに、ミスをしたとして八つ当たりをする
2.そんな事もできないのかと机をたたいて間接的暴力行為で部下を萎縮させる
3.そもそもお前には能力がないのだと改善に向けた効果を期待していない発言をする
等ですが、注目すべきは部下の前で叱責することを最近の裁判所は取り上げ始めていますし、その叱責に対して見てみぬふりをしていると同罪になることです。
なにかすごい事になってきました。

個人的には結果に対して怒る人にはもの申します。
例えば天気予報が晴れだって言っていたのに雨になったからと言って怒る人です。
過去は上書きできないように、雨になったからと言って怒っても詮無き事です。
多分に晴れから雨になるには、想定外の気象情報が入ってきいているはずです。
そこに気がつかなかった、さら〜に申せば、どうして気がつかなかったかのか、その背景・原因を共有して、それをもとに再発防止策を上司・部下間でたてるべきなのです。
そこをないがしろにして一刀両断で切り捨てるというのは、上司は管理不足を認めたようなものだと思っています。

費用 (2)
東京高裁2005年4月20日判決の生命保険会社での退職を促すパワハラメールの慰謝料はわずか5万円でした。
トータル費用では訴訟した方の持ち出しになります。
さら〜に、訴訟においては物証主義です。
かなりの物的証拠(録音等)を用意しないと勝てませんので、パワハラ裁判はかなり面倒くさいのです。
それよりも、多くの会社での叱責は、本人の改善を促すものですから、真摯に受け止めて反省すべきだと思います。


登美丘高校 OGアサちゃん主演


IMG_5623
今日は講習会の最終日なので美味しいピッツァでも食べるかと、たまさか通すがりに有りましたピッツェリアに入りました。今日のお店は「ナポリスタカ」さんです。

住所: 東京都港区麻布台1-11-4 いんなあとりっぷビル1F
電話:03-6459-1846
定休日: 月曜日

IMG_5620

IMG_5608

IMG_5607
お店の外観です。

IMG_5611

IMG_5613
店内の雰囲気です。

IMG_5610
メニューです。

きょうのオーダー「クアトロフォルマッジオ(モッツアレラ、ゴルゴンゾーラ、タレッジオ、バルミジャーノ)」&コーヒー=@2,100+@400=2,500円(内税)

IMG_5612
待つこと2分でテーブルセットの到着です。

IMG_5614
待つこと5分でコペルト(@200)円の到着です。

IMG_5616
待つこと7分で「クアトロフォルマッジオ」の到着です。
このお店はかなり感じが悪いです。
最初に飲み物はと言われたので、お水でいいです、と言いましたら露骨に嫌な顔をされました。
仕方がないので珈琲を頼みました。
さら〜に、コペルトが来たのは致し方ないですが、仏蘭西パンとはその神経を疑います。
この後にピッツァを食べるのですよ。
あんで仏蘭西パンなんか出すのでしょうか。

IMG_5617
気を取り直して実食です。
ドウ(生地)はモチモチしてい美味しいです。
コルニチョーネ(ピッツアの縁)もキレイに立っています。
クアトロフォルマッジオ(4種類のチーズ)も香りがあって美味しいです。
さすが釜焼きピッツアですね。
腕力接客がなければ最大級の評価です。
で〜もこの様な高圧的なオーダーの取り方は嫌いです。
はなはだ残念ではありますが、このお店には二度といきません。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ