今日は「パックと美人」です。
maxresdefault
私の奥様はよくパックをしています。
一番いい顔をして、その表情を崩さないようにパックを顔に貼って、モーツルアルトや竹内まりやを聞きながら、素敵なことを考えながらじっとしているこの感じは、お腹の中に赤ちゃんがいる時にそっくりだと我が奥様は申しています。今、この瞬間に着実に間違いなく育っている、正しくは美しくなっている実感ですか。
それに加えて、謙虚に再生と奇跡を待つ気持ちは男性からしますとパックは儀式を超えた宗教のようにも思えます。
パックとは期待する事であります。
パックとは待つという事であります。
s-0001
お月さんの満ち欠け日数(陰暦)による数え方で十月十日間、女性は生まれてくる子供が自らの最高傑作である事を祈って待っています。それと同じように貼ってから15分後、そっとめくったパックの下から現れる顔が、見目麗しき顔に変じる事を祈って待っているのです。
兎に角女性は夢を見ながら待つのが好きな生きものなのです
パックはピタッと肌にくっつくことで、パック自体の美容成分が肌に染み込んでいくのだそうです。
そしてそのときに肌から出て行く潤い成分も一緒に一時的に閉じ込めてくれるのだそうです。
私はパックの持つ科学的な効用は知りませんが、この儀式がもたらす奇跡を信じて待つ気持ちが、まさに女性を美しくしていくものではないか臆断しています。
仮に、使用前使用後の違いを亭主がわからなくても、綺麗になった事を信じる気持ちが大事なのでしょう。
自分の気持ちをだまし、自分にも判らないように嘘をついて、それを信じて楽しく生きていく事、これが「女性が美しく生きていける秘訣」ではないでしょうか・・・


「待つわ’07」 あみん



今日は神楽坂に出没です。
IMG_7892

IMG_7887

IMG_7888

IMG_7889

IMG_7890

IMG_7893

IMG_7894

IMG_7895

IMG_7896
今日はイタリアンの名店です。
今日のお店は「アズーリ神楽坂」さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル1F 2F
電話:03-6280-8042
定休日:無休

IMG_7861

IMG_7886

IMG_7884

IMG_7883
お店の外観です。

IMG_7882

IMG_7866

IMG_7874
店内の雰囲気です。

IMG_7862

IMG_7863
メニューです。

本日のオーダー
濃厚白子のフラン(洋風茶碗蒸し)@300(テーブルチャージ)
トリッパのトマト煮込み@700
スペイン産ニンニクのシンプルなペペロンチーノ@900
です。

IMG_7868
待つこと8分「濃厚白子のフラン(洋風茶碗蒸し)」の到着です。
見た目、上品です。
それでは実食です。
白子が甘く且つ濃厚です。
これは美味しいです。
ちょっと類を見ない美味しさです。
いきなりトップギアです。

IMG_7869
待つこと11分「トリッパのトマト煮込み」です。
プレートはもう少しソースの汚れを拭いて供して欲しかったものです。

IMG_7873
それでは実食です。
トリッパの掃除が悪いのでしょうかかすかに匂いが残っています。
しか〜し、ノープロブレムです。
このトリッパは美味しいです。
瑕瑾を申せばまだまだ煮込みが足りません。
私はトロトロの煮込みが好みです。

IMG_7875
待つこと20分で「スペイン産ニンニクのシンプルなペペロンチーノ」の到着です。
これは匂いで美味しいのがわかります。

IMG_7881
それでは実食です。
オープンキッチンですから調理人のフライパン振りの一挙手一投足が見えます。
このペペロンチーノの調理人のあおりは卓越したものです。
不味いわけがありません。
アーリオ(ニンニク)とオーリオ(オリーブオイル)の相性最高です。
パスタもアルデンテでコシがあります。
特にオリーブオイルのきらめきを思わせるような香りとコクが素材達を包み込んでいます
大満足のペペロンチーノです。
実はこのお店で今月2回ほど飲み会があります。
今月の楽しみが倍加しました。

それでは(^_-)