下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

バーミヤン

続 和光市南 バーミヤン

今日は「ヘー、ラッシヤイ!」の話です。 
英語のつもりで話しているのに全然英語として通じない。かと思うと、とんでもない日本語が英語になっていたり。どうも日本人はこのテの笑い話(人の身にふりかかった)が大好きみたい。 
いろんなエピソードが伝えられているが、たとえばこれはロサンゼルスのあるバーに入った男の話。 
ウオッカ・トニックを飲もうと思ってバーテンダーにいろいろ言うのだが、全然通じない。最後にヤケクソで「バッカターレ(馬鹿たれ)」とどなったら、ようやくウオッカ・トニックが出てきたとか。
逆にこれはアメリカ人が寿司屋に初めて行った時のエピソード。 
ふつうの店では「いらっしゃいませ」と言って客を迎えるけれど、寿司屋などではイキのよさを表す意味で「ヘー、ラッシヤイ!」と威勢よく言うところが多い。 
それがなれていないアメリカ人の耳には「Hey! You are shy.ちょっとあんた恥ずかしがり屋だねえ」と言われているように聞こえるらしい。初めてだけに自分が何か不作法なことをしたのでは、とドキマギするそうである。
『「ちょっとしたこと」を英語で言えるようなる本』より転載

他にも空耳英語といえば
I can't=あかん
I get off. = 降ります。
揚げ豆腐 = A fried tofu
〜that you know = 〜だっちゅーの。
「どういう意味?」= What do you mean?(どういう意味?)=そのまんまですね!
「いただきます!」= Eat a duck and mouse! (あひるとネズミ食え!!)
「野田徹」= Not at all. ==>野田徹さん、ごめんなさいm(__)m
などありますが・・・

そうそう昨日米国人と話していたら「BR5… Uh… 8KS… S for sugar」 といわれ、番号を確認していたのになんで砂糖???なのと悩んでしまったのです。
恥ずかしながら、なんで砂糖の話になるの、と聞いたところ、最後の“S”が日本人には聞きとりにくいと思い、砂糖のサ(正しくはS)って言ったんだよ、ですと。
その親切かたじけなしと言いたいところですが、このような場合、われわれ日本人は学校の英語の授業で、S as in Sugar、と教えられるのです。
マア説明されれば納得なのですが、正直あわてたのでした、マジ。

久しぶりにロシアの若者の高所不感症です。
やはり、彼等は異常です・・・




今日は長男が帰省していたので、皆で中華でも食べるかという事で「バーミヤン」さんにお邪魔しました。

住所: 埼玉県和光市南1丁目8−66
電話:048-460-0038
休日:無休

IMG_7713
お店の外観です。

IMG_7723
店内の雰囲気です。

IMG_7717
次男オーダーの「赤タンタン麺」@628円です。
鮮やかなオレンジ色が印象的な「赤タンタン麺」は、芝麻醤ベースでコクのあるスープにラー油と花椒の刺激的な辛さがグッと効いています。具はやや甘めの肉味噌と万能ネギです。麺は中細縮れ麺。タンタン麺の王道を歩んでいる一品です。

IMG_7718
長男オーダー「白タンタン麺」@628円です。
芝麻醤ベースのマイルドでまろやかなスープは、3種類(黒、赤、白)の中では一番オーソドックスでなお且つ食べやすい味です。辛さが苦手な方にお薦めの一品です

IMG_7719

IMG_7722
私のオーダー「激辛おぼろの四川マーボー+ごはんセット」@418+@208=626円です。
山椒がきいていて絶妙な味です。今回も「特性辛味ダレ」を頼みました。
前回は味を確かめずに「特性辛味ダレ」を全部入れてしまい、胃の中が大火事になりましたので、今回は辛さと相談しながら徐々に増量していきました。
これはゲキ美味ですね、イケます。
しいていえばもう少し薬味の野菜を増量してくれたら嬉しかったのですが・・・

それでは(^_-)

和光市南 バーミヤン

今日は「ロールロイスを売り続ける男」の話です。
フロントグリルの先に羽根を広げた女神が乗っている車、ロールスロイスは安いもので二千二百万円、高いと四千三百万円する。もっともこれはオプション抜きの価格だから、「テレビは特注品にしたい」「シートは本革でしかもルイ・ヴィトン製がいい」といった注文をつけるとさらに百万や二百万は簡単にプラスされる。
国産車でもっとも売れているカローラ(二十二万三千二百四十四台、平成八年)が一台百五十万円前後だから、セールスマンにとってロールスロイスを一台売ることはカローラを二十台以上売るのと同じ額を稼ぐことになるわけだ。
ロールスロイス、ベントレー、フェラーリといった高級車の総代理店コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドのナンバーワン営業マン、飯島弘大営業課長は「予想以上に厳しい年だった」と言いながらも、平成八年も年間二十数台のロールスロイスを売った。くどいようだが、カローラに換算すれば年に五百台以上売っていることになる。国産車の場合、年間百台以上売ることがトップセールスマンの要件だから、飯島の働きはトップセールスマン五人分ということができる。
「いやいや、商品が違いますから単純な比較はできません。僕が国産車を売ったとしても全然だめかもしれない。また、高級車といっても、ベントレーやフェラーリはオーナーがご自身で運転されますから、趣味性の高い車です。そういう車は不況には強い。けれどもロールスロイスはオーナーが運転する車じゃありません。運転手さんが必要な車です。ですから主に買われるのは法人の方なんです。現在のように市場が縮んでいるときはよほど気を引き締めて売っていかないといけません。毎日が努力の連続なんです」
「サービスの達人達」野地秩嘉著より転載
飯島さんは日本で一番金持ちと接している営業マンです。お金持ちはケチなのでストレスはおおいいようです。普通このような高級車を販売していると勘違いして、身分不相応の服装や暮らしぶりで破滅していくようですが、飯島さんはその点を自制されています。
身だしなみについては、服装や靴だけでなく、爪や歯の状態をきれいにし、高価な服を着るよりも、髪の毛を整える、いつも新しい靴下を履くという細かな部分に清潔感をだすように心掛けているそうです。
ちなみに私は高級外車には全く縁がないのですが、学生の時友達のフェラーリを少しだけ運転させてもらったことがあります。ロウギアで簡単に80kmもでてしまい驚いたことがあります(笑)

今日は長男が帰省していたので、子供達と「バーミヤン」さんに出向きました。
最近このお店よく行っています。

住所: 埼玉県和光市南1丁目8−66
電話:048-460-0038
休日:無休

バーミヤン41
お店の外観です。

バーミヤン42
店内の雰囲気です。

バーミヤン43
子ども達のオーダーの「豚しゃぶのゴマソース&チンジャ春巻きランチ」@628です。これは安定感のある味ですね、ゴマソースの香りが味わいを引き締めます。

バーミヤン44

バーミヤン45
私のオーダーの「本格四川マーボー豆腐」@418です。実はこれが好きでバーミヤンさんに通っているのです・・・フフフ
しかしこれは辛いですね、最初この辛さを知らずに別皿の「特性辛味ダレ」を全部いれてしまい、本当にぶっ飛んだことがあります。
「辛いは美味い」の通り、美味しくないと折角の辛さも際立ちませんので、そこは注意しませんとね!

バーミヤン46
「半額餃子(オトクーポン使用)」@99です。焼き方よし、味もよし、値段もよし!

バーミヤン47
「W若鶏のからあげ(10個)」@607です。 これはWにすると3%とお得です、これはホッコリ、ジューシーでいけます。ファミレス系の唐揚げは総じてハズレがありません・・・

それでは(^_-)

坦々麺フェア バーミヤン

今日はフリネタはお休みです。
バーミヤン21
凌雲閣山門です。
バーミヤン22
武蔵野面影が色濃く残る雑木林です。
バーミヤン23
藁葺き屋根の物置です。

次男が免許を取ったので運転の練習を兼ねて埼玉県新座市にある古刹「平林寺」までいきました。この場所は池波正太郎の小説「剣客商売番外編・黒白」の中で、秋山小兵衛が波切八郎と真剣での勝負の約定を交していた場所です。たしか波切八郎はこの場所には来なく、勝負はつかずに終わったと記憶しています。
池波正太郎の原作では秋山小兵衛の家は橋場から大川を渡った寺島村にあると記述されています。要は今の東向島ですよね、そこから平林寺まで歩くのですか、半端ない距離です。というのもこの間スカイツリーから江古田まで歩いて実際に顎が上がったこともあり、今日までこの行程は無理でしょうと決めつけていたのです。しかしよくよく調べますと「剣客商売番外編・黒白」は秋山小兵衛(小説では老齢)が32歳の時の話なのですね、あり得るのかも知れません!すみません池波先生勘違いでした。

今日のお店は「バーミヤンラーメン」 さんです。

バーミヤン24
お店の外観です。

バーミヤン25
今坦々麺フェアやっているのですね!

バーミヤン26
今日のオーダー私は、赤坦々麺(超激辛)@628です。店員さんがこれは辛いもの好きの方にはお勧めです、といわれたので頼みました。 
そうそう私達テーブル担当の店員さんのお名前が「伊東金子(名字は仮名)さん」といいます。一見年配臭いお名前ですが、かなり若くそしてお綺麗です。他所の家庭の話なので立ち入って申し訳ないのですが体を表してなく可哀想です。
ご本人も、金子さんとは結婚できません、といわれていました…金子金子になるからだそうです(笑)
ということで、差しさわりがあるので店名は割愛しております。
閑話休題
確かにこの赤坦々麺(超激辛)は辛いです、あまりの辛さにお尻が5cm程浮き上がりました。麺が茹ですぎでなければ個人的には、値段も安いし合格です。

バーミヤン27
次男のオーダーの「黒坦々麺」@628です。これは胡麻の風味が芳しく結構なお味です。これも麺が茹ですぎでなければ合格です。

バーミヤン28
私のデザートの「愛玉子」@208です。黄色の透明な寒天のお菓子です。 ひんやりしてつるんと食べられます。味ですか、甘好きです!

バーミヤン29
次男のデザート「杏仁豆腐」@208です。これはイケました、乳糖の味付けはさすがChinese restaurantですね!

バーミヤンはコスパはいいのですが、お店によって味がバラつくのが欠点です!
今日みたいに美味しいお店にあたれば良いのですが…

それでは(^_-)

オムニバスな日

ここのところ帰宅が遅くBlogをかくのもままならず、反省の日々です。
今日はオムニバス風でまとめてみました。
まずは私の大好きな永倉新八の後日譚です。
これは書きだせばかなりあるのですが今日はその中の一つです。

永倉新八が東北帝国大学(現在の北海道大学)の学生に撃剣の指導を頼まれた時の話です。
家族は高齢を理由に断ったのですが、新八は若い者の為なら、少々の型位はできると快諾したのです。

当日、新八は大学の演舞場に出向き神道無念流や多流派の型を見せた後、さあ諸君、良く見てください、人を斬る時はこうして斬る、と大上段に振りかぶり、大喝一声、振りかぶったまでは良かったのですが、そのまま道場にぶっ倒れてしまい、即に馬車に乗せられて小樽まで運ばれたそうです。

永倉新八
これが新八翁の晩年の写真です。ちなみに新八の身長は165cm位のズングリ型で体格はがっちりしていました。
しかしこういうのを年寄りの冷や水というのでしょうね(笑)




杉村悦郎(新八の曾孫)著「新選組永倉新八外伝」より転載


先日・・・
電車に乗っていた時の事・・・
向かい側に教育ママと思われるお母さんと、いかにもお勉強が出来そうな子供(小1ぐらい)の親子が乗っていた。
そしておもむろに本を取り出した。どうやら英語の勉強らしい・・・
「○○ちゃん?次に言うフルーツを英語で答えるのよ?」
「ハイ!ママ」
車両中に聞こえるような声で得意げに英語の勉強を始めた。
「ではリンゴは?」
「アプゥ」
腹が立つほどの発音の良さで子供は答えた。
「じゃみかんは?」
「オーレンジ」
「はい。じゃ〜桃は?」
「バーミヤン!」
「・・・・・」

これWALKABOUTのベース宇宙さんのネタの転用です。


珍しい色なし桃のパチリです。どうしたんでしょうね

そして今日はお昼も食べずに成田でクレームの打合せ。
さすがにお腹が空いたので、18:30と若干早いのですがお昼兼夕食を成田空港で食しました。成田空港はとてもエンゲル係数の高いところで美味しく安くあげるところは見つけにくいのです。
そこで今日は皆様にこそっとB級グルメスポットをお教えしましょう。
それは展望ラウンジを併設する成田空五階にあるView Squareです。


ここはかけ蕎麦やラーメンやスパゲッティ等B級グルメのお店がゴチャンとあります。
さらに安く上げたいときには奥にあるローソンでツマミとビールを求めれば簡易飲み会が設営できます。
展望テラスは飲食の持ち込み可ですから、異国に飛び立っていく飛行機の雄姿に自分の思いを乗せればほとんど外地で飲んでいる気分が横溢してきますよ。


今日の獲物のラーメン花月嵐成田国際空港店のげんこつラーメン@620とローソンで買ったキリン・ザ・ゴールド@350というお洒落なコラボです。
そうそう今日花月嵐で久々に壷ニラをこってり入れたら、これって辛いんですね、思いがけない辛さ攻撃で失神しそうになりました(マジ) 

それでは(^_-)

バーミヤン

今日は「北海道のコロッケ」の話です。
札幌に移住して間もない頃よく新札幌の生鮮市場に買物に行きました。
ここ東京の下町の市場に雰囲気が似ていて結構気に入っていたのです。
ある日惣菜売場で美味しそうなコロッケを売っていたので、それをもとめて家に持帰りお昼のオカズにしました。

早速家で食べますととこのコロッケとても美味しいのですが何か違和感のある味がします。
ほのかに甘いのです。他のコロッケも食べてみたらやはり同様にほのかに甘いのです。
最初は男爵ポテトの甘さかなと思いきや奥様に確認してみたところやはり砂糖の甘さでした。
あの惣菜売場のオジサン塩と砂糖を間違えて作ったなと思い、次にいった時に教えてやろうと思いました。

翌週の土曜日生鮮市場にいったので、私は早速惣菜売場のオジサンのところに行きました。
私「オジサン、先週ここで買ったコロッケ塩と砂糖間違えたでしょう。甘かったよ」
オジサン「???」
私「コロッケ、あ・ま・か・っ・た・よ」
オジサン「当たり前でないかい、砂糖入れてんだもの」
私「・・・(絶句)」
オジサン「内地(本州のこと)ではコロッケに砂糖を入れないのかい」

翌週月曜日に会社の女の子にこの「コロッケ甘かった」話をしました。
すると彼女の説明は以下のようなものでした。
昔の北海道は貧しいところだったので高価な砂糖は貴重でした。
そのため御祝事に配ったり、その時の食事には甘い味付けがされたりすることが多かったそうです。卑近な例でいうとお赤飯に砂糖をかけて食べるところもあったようです。
コロッケについてはその例にあてはまらないといいながら、北海道ではコロッケを子供の三時のオヤツに出されることが多く、その際に中に砂糖をいれ甘くしていたそうです。
彼女の説によるとそれの名残りではないかと申していましたが、今でもそうなのかのどうかは分からないと付け加えていました。

そうなのです北海道のコロッケは甘かったのです(笑)

今日のお店はバーミヤンです。バーミヤンは、シルクロードの中心地にあったアフガニスタンの古い都で、隊商の休息の地、東洋と西洋の文化の交流の地として栄えました。それにちなんで、世界をクロスオーバーさせた新しい中華料理をお届けしたいという思いをこめてつけられた名前だそうです。ちなみにロゴマークの桃は、中華料理の原点である「医食同源」にちなみ、不老長寿の象徴的果物で、世界中で誰でも知っている「桃」をトレードマークにし、お客様も我々も永遠に繁栄するという願いが込められているそうです。

最近外食レストランが苦戦をしており、閉店する店が続出しています。色々な要因があるのですが、一番の理由はガソリン代の高騰で外出が減った、二番目として味が均一な外食レストランにサプライズが無いため敬遠されたとのことです。そしてこの間隙をぬって躍進しているのがコートフードです。確かに一箇所で色々なジャンルの美味しい料理を食べられるのは魅力的かもしれませんね。コロンブスの卵では有りませんが最初に考えた人とはアイデアマンですね。

獲物は「麻婆豆腐定食」@714です。



私はここの麻婆豆腐好きです。最近では辛さが三段階から選べられるので体調に合わせて辛さを決められます。味も安定しており外れはありません。お約束の豆板醤と粉山椒の香りも程よくきいておりこれでご飯とシュウマイとザー菜とスープがついて@714円とは、はまさにB級グルメの定番麻婆豆腐といってよいでしょうね(笑)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ