下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

バタ屋

大阪 レストラン・マルマン

今日は「見上げたもんだよ、屋根やのふんどし」の話です。
小学校低学年の時に父親と浅草六区を歩いていると、みるかにバタ屋然とした中年の男が、煙草を吸いながら歩いていた父親に、旦那さん、まだ煙草をすてませんか、と声をかけてきました。
父親は、何のことだか咄嗟には理解できずにいたのですが、すぐに声掛けの意図を理解し、何だよ、煙草が欲しいのか(笑)、煙草喫いたかったら働けよ、といいたいところだが、煙草好きに免じてハイライトでよければ一本恵んであげるよ、と父親が言うと即座に、自分は乞食じゃない。旦那さんが捨てたのを拾うんだ、と思いもかけない返答が返ってきたのです。
すると父親は、偏屈な奴だなぁ。それならこの吸いかけのをやるよ、と父親は吸いかけの煙草を渡そうとすると、いやそれなら、やはりもらったことになる。とにかく捨ててください、と言い切ったのです。
父親は憮然とした表情になったのですが、この粘りつくような雰囲気にも少し嫌気がさしたみたいで、投げ捨てるというより、地面にそっと置くというふうにして捨てたのです。
父親が形式的に捨てると、その中年の男は、即座に拾い上げ、父親には一言の挨拶もなく、いかにもうまそうに吸いながら踵を返して反対方向に歩き去って行ったのです。
それを見届けた父親は私に、筋は通っているが、頭でっかちの考え方だ。多分落ちぶれる前は、インテリだったんだろうな。▲▲(私のこと)、いくら頭が良くたって、バタ屋になって、人の捨てた煙草を喫(の)むようになっちゃお終(しま)いだ。人間というのは、誇りをもって生きていかなければならんぞ、と私に言い聞かせたのです。
すると私は、そんなの、簡単じゃないか。風呂に2〜3日入らなければ、すぐに埃(ほこり)高い人間になれるさ。とまぜかえすと。そんな屁理屈ばかりこねていると、お前もあのオヤジみたいになるからな、と笑っていました。
私といえば、小学校の先生は“太った豚になるよりは、痩せたソクラテスになれ”と授業で言っていたけれど、ああいう人を言うんだろうなと、その高邁な精神に感動していたのです。
下町流に言うのであれば、まさに“見上げたもんだよ、屋根やのふんどし”という言い様になるのであります。


IMG_2299 - コピー

IMG_2298

IMG_2297
今日は高校の同級生の女子が起業してチーズ販売を始めました。
今、伊勢丹の北海道展で「十勝マルシェ」のコーナーでチーズの展示販売をしているというお知らせが、同じく同級生の女子から案内があり行ってまいりました。
お店自体はすごく盛況でご同慶の至りだったのですが、わざわざ来てくれたというので、お店で販売しているジェラードを特別にバケツ盛にしてご馳走してくれました。
実はここのところsweets好きが高じてかなりの頻度でsweetsを食べていることから、折角18%台まで下がった体脂肪率が21%まであがってしまい、トホホ状態なのです。
こういのを“嬉しい悲鳴” っていうのでしょうね・・・
そうそうとても美味しいチーズですのでお時間がありましたらお立ち寄りください。
伊勢丹の次は三越で行われます。

IMG_2233

IMG_2234

IMG_2232
今日は大阪に出没です。
個人的に大阪への思いれで特に強いのは、古(いにしえ)の船場の風景、雰囲気です。
その一端を垣間見ようと船場センタービルに立ち寄りました。
船場センタービルとは繊維の卸商社を核として、約1000社(1160軒)が軒を連ねる卸売商店街です。
東西をつらぬき、1号館から10号館までの船場センタービルは幅42m、延長約930mという長い回廊です。
その中で目を引いたのが、このちょん髷モデル君です。
なぜかこの雰囲気に違和感なく合っていることに驚きです。
侮れません、商都大阪!

ということで今日のお店は、新梅田食道街にあるコスパで光る「レストラン・マルマン」さんです。

住所: 大阪府大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街 1F
電話:06-6311-4724
定休日:無休

IMG_2226

IMG_2227

IMG_2228
お店の外観です。

IMG_2229
メニューです

IMG_2230
今日のオーダー「ハンバーグスパゲッティ」@780円です。
このお店は「ライトランチ」@580円がウリです。
しかし商都大阪といえども@580円とはすごいコスパですね。
それにこの「ライトランチ」は注文してから30秒以内に着皿するという、そういう意味でもライト(light speed=光速)なのですね。
ちなみに今回私がオーダーした「ハンバーグスパゲッティ」は着皿まで2分切っていました、ハイ。

湯気がこんもりとしており熱々は必至の一皿です。
それでは実食です。
アレッ?これってパスタを茹であげて、湯切りしたものにハンバーグをのせてソースをかけたものではないですか・・・
レストランでこのような一品作っていいものなのかしらんとおもわず考え込んでしまいました。
喩(たとえ)がよくないのですが、小学校の時の学校給食のスパゲッティーの様な感じです。
ハンバーグはボソボソしていて肉に弾力性がありませんし、正直美味しくもありません。
ソースも今一つメリハリがなく茫洋とした味わいです。

お客の回転率を上げたいのはよくよく理解できるのですが、その為になにか大事なものを無くしてしまったような感じがします。
私がそのようなことをつぶやいても、実際にお店は大盛況で、時間帯によっては行列もできていました。
大阪の人はこのような早い、安い、美味い(個人的にはペケポン)お店を支持しているのだろうなと思う今日この頃であります、ハイ。

それでは(^_-)

池袋 楊  2号店 

今日は「昔の下町其の八」の話です。 
今日はMy tweetです。
実は子供の時、下町特有なのかは分りませんが以下の言葉の意味が良く分りませんでした。
ということで永年の疑問と決別するためにnetで調べてみました。

バタ屋
◆バタ屋
◆#私の理解:バターから来ている言葉で脂ぎったお乞食さんだと思っていた。
◆#正しい意味:屑物拾いや古物商の事を「バタ」と言った。 
「バタバタ」とごみ箱をあさり売り物を探す様という説と、道「バタ」で拾ってきたような古物を商った事から「バタ」と呼ばれるようになった説がある。
バタ屋を現代風にいうなら廃品回収業者。背中に竹で作った大きな籠を背負い、長い竹のハサミで街の中に捨ててある物を背中の籠に入れて集め、仕切り屋と呼ばれるそれ専門の買い屋に売って、いくばくかの金を得る貧しい生活をしていた。彼らはたいてい川のそばの公営地を不法に占拠してバラックを建て、集団で暮していた。これがバタ屋部落と呼ばれるスラムである。

全く違っていましたね。確かにこのような廃品回収業者はよく町でみかけました。
今ではこの言葉は放送禁止用語になっているようですよ。

◆省線
◆#私の理解:加山雄三が湘南の海に遊びに行く時に乗っていくJRと信じていた。そこから演繹して湘南へ行くJRの電車だと思っていた、即ち「湘線」。
子供だったので字が違う事には拘泥していなかった。
◆#正しい意味:1920年から1949年の間、現在の「JR線」に相当する鉄道を指した言葉。

当時の国有鉄道が、以下のような「省」レベルの政府機関によって運営されていたことによる。
鉄道省(1920年〜1943年)
運輸通信省(1943年〜1945年)
運輸省(1945年〜1949年)

鉄道省、運輸通信省、運輸省で運営されていたのでその「省」をとって省線ですか。
よく理解できました。ところで「E電」はどうなったのでしょうね・・・

◆チンピラ
◆#私の理解:子供だった私はチンピラをキンピラ好きな不良、すなわちキンピラしか食べられない貧乏な不良だと思っていた。
◆#正しい意味:「昔の隠語辞典類に子供のスリをさす言葉という記述がある」とある。子供をあざけっていうときの大阪の方言「ちんぺら」が転じたという説もあるとのこと。陳平という昔の中国の策士の名前から来ているという説もあるそうだが、信憑性には欠ける

要は年端のいかない一人前ではない不良若しくは身の丈以上に虚勢をはる不良なのですね。
キンピラを食べすぎると脳に良い栄養がいかなくなりチンピラになるんだ、その証拠にチンピラはやたら人前で平気でオナラする破廉恥じゃないか、という下町の都市伝説をマジに信じていました。従ってキンピラを食べすぎて下腹が張ってくるとチンピラになるのではないかと戦慄したものです。

◆アッパッパー
◆#私の理解:頭の足りない女性が着る服 。子供だったのでアッパッパーのパーを頭の足りないパーと関連付けていた。
◆#正しい意味:頭からかぶるだけのワンピース(部屋着・簡単服)。服装は、「ムームー」に似ている。戦中戦後直後に流行した。
アッパッパーはルーズとかフリーにしておくとかいう意味合いで使われる。語源は「UP A PARTS」。
服装が大らかな雰囲気をかもし出していることから、「能天気」「アホ」という表現で使われていることもある。

なんだ、これって英語だったのじゃないですか。でも子供の頃の私の理解の半分は当たっていましたね。


アメリカ版サスケです。
They might break their bones ?



今日は池袋に出没です。
今日のお店は四川料理の名店中国家庭料理「楊 」2号店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-25-5
電話:03-5391-6803
定休日:不定休

IMG_0544
お店の外観です。

IMG_0546
店内の雰囲気です。

IMG_0545
メニューです。

IMG_0547

IMG_0549
今日のオーダー「汁無し坦々麺」@780円です。
実はこのお店は二回目です。
前回はownerの楊さんがいて色々と説明してくれたので楽しく頂きました。
しかしこのお店はオーダーをone by oneで調理するのではなく纏めて作るので出てくる順番が滅茶苦茶です。まあ前回(夜編)は飲みながらだったのでそれ程は気にはならなかったのですが、それでもoperationの悪さには鼻白んだものでした。

待つこと10分で着皿です。
運ばれてきた担々麺はたっぷりの中太麺に挽肉、青梗菜、砕いたアーモンドが乗せられています。かん水を使っていないという中太ストレート麺はモチモチしていてパスタ的な食感です。それでは天地返しを繰り返して実食です。
量がかなり多いですね・・・実は量が多いのは好きではない。
ソースは芝麻醤とラー油がメインでかなり濃厚な味わい。
山椒は多いと注意書きでかかれていたので受付するものの何の為にここまで投入するのか疑問です。
味ですか、最初の3分間はそれなりに食べられたのですが、その後は麺にからまっている油がくどくてイケません。そのうちモチモチ麺が胃の中で膨満してきたので”クドさ”が”嫌さ”に変わってきました。さらに追い打ちをかけるように山椒の辛さで舌が痺れてきてトホホ状態です。この状態をresetすべくお水を頼んだら定番のoperationの悪さからお水の放置playです。
仕方なく食べ続けたのですが、油のくどさと妙なショッパさとアーモンドのコッテリさが三重苦状態となってきました。
食べる者の礼儀として残すことはほとんどしないのですが、事ここに至ってはquit eatingです。
ごめんなさいね、体調が悪かったのかもしれません・・・
しかし山椒を多く入れるのであればお水のchangeはtimelyしていただきたいものであります

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ