今日は「計画停電は人災だ!」の話です。 
今回の日本政府の対応の中で最大の過ちは、東京電力の「計画停電」を許可したことです。計画停電による経済的なダメージは、想定の範囲を超えていると私は感じています。そもそもピーク時の電力を抑えることができれば良いのに、「節電」と勘違いした「行き過ぎた自粛」が散見されます。 

交通機関は運行量を制限し、築地に行っても魚も野菜もなく、公共の 建物を利用したコンサートなどは軒並み中止という始末です。関西方面にホテルを借りきって“疎開”する人もでているようです。

これらの中には本来必要のない「自粛」があります。それによって莫大な経済的な損失が生まれています。「これは東電が作り出した人災」だと私は声を大にして言いたいと思います。 

東電が正しく説明をして、ピーク時の電力量を下げるための施策を考えれば、乗りきれる事態です。私に言わせれば、朝早くから計画停電を実施しても意味はないですし、今のところ週末も節電の必要性は薄いはずです。
 
この計画停電は今年の冬まで継続の見通しとのことですが、「全力」でこれを阻止する必要があると思います。

試算すれば分かりますが、火力発電所の復旧や東西電力グリッドの結合などによって夏までに確保される電力を考慮すると、現状から最大で約25%程度の電力の削減を実現できれば良いのです。 

「サマータイム2時間」「事業所の操業曜日の平準化」「夏の甲子園中止」「大口料金のアップ」など、私は削減策をいくつも提案しました。
このようなアイデアを広く募集して、可能なものから実現していけば良いと思います。それだけで「25%の電力削減」を実現することは可能でしょう。 

また政府は22日、東日本大震災の復興に向けた施策を統括的に担当する「復興庁」を設置する方針を固めたとのことですが、本当に必要なのは「省庁」ではなく「ビジョン」だと思います。 

阪神淡路大震災の後、神戸は復興しましたが、まさに「復興」しただけであり、「新しい神戸の街」として生まれ変わってはいません。これは「復興」を目的としたためです。東北についても同じことが言えます。

高台に設計する新しい街、これまでに類を見ないコンセプトの漁港など、新しいものを創る「ビジョン」があれば、今だからこそ色々 なことが実現できるはずです。ぜひ「復興」にとどまらず、新しい「ビジョン」を持った人がリーダーとして立ち上がって、新しい東北を創りだしてほしいと願っています。
大前研一「ニュースの視点」より転載

あまり電力の事は詳しくない私ですが、電力は溜めておく事ができないのです、という事くらいは知っています。畢竟、電力はその時に必要分をその時に作り出して消費されます。
例えば今の時間に何処も停電していないからと、無駄に電気を使えば後々困るのは関東に住んでいる私たちなのです、という様に理解していたのですが、大前さんの説によると本来必要のない「自粛」の様ですね。
確かに今回の計画停電は部分最適で全体最適ではありあません。
大前さんが唱えるように色々なアイデアを皆で募って来たる夏場のピークに備えましょう!
ところで今回の計画停電による特別運行ダイヤの超々満員電車で元々腰の弱かった私はひどい腰痛になり、知り合いの女性は押されて肋骨にヒビが入ったそうです。

面白画像です。
今breakしているハイパーリアリズムです、いっときますがこれは写真ではないですからね(笑)
ハイパーリアリズム

ハイパーリアリズム

ハイパーリアリズム


今日のお店は次男と石神井公園にある「肉汁やZERO」さんに再訪です。

住所:: 東京都練馬区石神井町7-1-3 Tビル地下1階C号室
電話:03-3996-8386
定休日:月曜日

IMG_8108
お店の外観です。

IMG_8109
店内にある麺打場です。

IMG_8111
今日の一番人気メニューです。

IMG_8113

IMG_8114
次男のオーダー「魚介汁のつけうどん」@750円です。
麺はいつもの通り荒縄麺です。
つけ汁は魚介系の香りが濃く鼻腔に突き刺さる感じがします。
甘辛酸の味わいはすべて突き抜け、際立ったた感じですがイケます。
とてもパンチがあり美味しいかったですよ。

IMG_8112

IMG_8115

IMG_8117
私のオーダー裏メニューの「トマトチーズのカレーうどん」@850円です。
これはスパイシーカレーと酸味のアクセントのトマトとのfusionが秀逸です。
特にチーズのトロトロが味わいをtoo mildにしています。
途中でタバスコと出汁(ダシ)スープで味を整えますと、これまた異次元にワープです。
タマリマセン、これを裏メニューにしてはイケませんね、ハイ。
そうそう今日は麺をあつ盛にしました、やはり温かい食べ物はあつ盛にしないといけません!
今日は前回の冷盛よりもさらに美味しく感じました。
ご馳走様でした

それでは(^_-)