下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ハイタッチ

新座道場 すき家

今日は「アフターファイブはcoolに別れる」の話です。
私に言わせれば、むしろ、アフターファイブは仕事がらみの人間とつきあわないのが正しい生き方です。将来の自分を見越して、会社から離れたところに片足を置き、冷めた目でものごとを見ている、そういう若い人たちが現れてきたことで、社会全体のシステムは未だ必ずしも変わっていないとしても、世の中の底流は変わりつつあるのではないかと思っています。
言うまでもないことですが、アフターファイブまで会社の人間とつきあっていると、住んでいる世界がどんどん狭くなっていきます。
飲んでいても、話題になるのは会社のことばかり。上司は上司の仮面、部下は部下の仮面を脱ぐことができないので、朝から晩まで「サラリーマンとしての自分」しか持つことができません。
でも、この不景気で、接待費なども昔のようには使えなくなりました。部下を飲みに連れて行きたくても、給料も以前のようには増えないので自腹を切る気にもなりません。
もちろん、休日に取引先の人間に会うこともない。仕事がらみの人づきあいに使う時間が極端に減っているわけで、その分、古い友人や家族と過ごす時間が増えている人も多いだろうと思います。
「帰宅の時代」林望著より転載

私の部下に帰国子女(returner)の男性社員が配属されました。
今週グループの歓迎会があり、そこでその社員と歓談しました。
話しが流れに流れて海外での暮らしが長いとある新入社員のcontroversy(物議を醸す)の話になりました。
その話とは、海外での暮らしが長い新入社員が配属間もなく上司に誘われて食事に行ったのです。
すると食事とは名ばかりです、実態は酒を飲みながらの仕事のhow to話しだったのです。
件(くだん)の新入社員はお酒を飲む習慣がありませんが、三時間付き合ったそうです。
そして、次の日その上司に対して、昨日はprivateのお話とうかがっていたのでご一緒させていただきました。
しかし実態はprivateの話ではなくすべて仕事の話でした。
私の感覚ではこの3時間は業務だと思っています。つきましては残業として申請したいのですが、▲▲さんが、あくまでもprivateだったといわれるのであればそれはそれで従います。でも今後そのようなprivateな話の食事のお誘いは誠に申し訳なにいのですがご辞退させて下さい、というものです。
するとこの話を聞き終わった私の会社の新入社員は酒の勢いもあり、そんな奴は就職する資格がありません。
折角その上司の方が忙しい時間を割いて、懇切丁寧に仕事の話をしていただいたのに、なんという無礼なふるまい、私はそいつが同期だったら即座に殴っています、と大激昂して反駁したのです。

個人的には私の会社の新入社員の発言は当を得た発言だと思いながらも複雑な思いがあったのです。
といいますのは、私はこの海外での暮らしが長い新入社員に総論賛成なのです。
先輩社員の話は確かに参考になりますが、一般的には抑えつけの話が多いと思います。
よって曲解すれば、俺を超えるな、若しくは、俺を超えることはできない、と取れるからです。
要は新入社員の成長の糊代を決めつけているようなものです。
かといって海外のような甲論乙駁(こうろんおつばく)も好ましくないのですが・・・
いずれにしても新入社員に成長の肥やしを絶やさないのが先輩社員の責務でしょう。

Global standardが喧伝されている昨今、日本の労働市場は「働くだけ働き」、一定の報酬に対して一定以上の仕事をするというのは、情実昇進の温床で公平ではありません。
従いまして若い方は、業務時間以外は会社に従属せず、自分の能力をbrush upすべきだ思います。
このような割り切りがあって会社と自らが真の雇用契約関係になり、そしてそれが真の国際化に繋がっていくのではないかと信じています。
Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. by Steve Jobs
(時間には限りがある。だから、誰かの人生を生きることで浪費すべきではない。)

この話は永い間酒毒に侵されために、酒のいきおいで上述の先輩社員のように若い者の糊代を決めつけていた私の懺悔でもあるからです。


盛りあがったときにハイタッチをすると、それほど親しくない間柄でも、不思議な高揚感や連帯感が生まれるものですよね。その一方で、ハイタッチをしようと誘いかけて空振りしたときの、あの空気と言ったらもう・・・
そんな切なさ全開の映像集をお送りします。



今日はB級グルメbloggerがこぞってupしている、すき家さんの「焼きそば牛丼」を食べにいってまいりました。
ということで今日のお店は「すき家」新座道場店さんです。

住所: 埼玉県新座市道場2-18-9ラークアベニュータガイ1F
電話番号:不明
定休日:無休

IMG_5216
お店の外観です。

IMG_5217
ポップ看板です。

IMG_5218

IMG_5220
今日のオーダー「やきそば牛丼」@380円です。
待つこと1分で着丼です。
これが炭水化物のコラボ作品「やきそば牛丼」ですか。
見た目焼きそば丼です。

Netで「焼きそば牛丼」のカロリーを調べましたら751kcalですと、並のサイズでこれなのです。
ちなみにメガ盛りですと1,241kcalです。
炭水化物だから高カロリーなのですね、財布が寂しいときにお薦めです。

それでは実食です。
お約束の海苔をかけてから、大量の紅生姜を投入します。
ソースが濃いとのことなのでまずはdefaultで頂きました。

牛丼の肉と焼きそばはよく合います。プラ〜ス紅生姜は味を引き締めます。
さらに秘伝のソースは喉が渇きます(笑)
味ですか、ウマウマです!
どうなのでしょう、私は下町っ子なのでsoul food的な味わいで大変美味しくいただきましたが、万人向きかどうか判断が分かれるところでしょう・・・

それでは(^_-)

日本橋浜町 天鴻餃子房別館

今日は「High Five」の話です。 
ハイファイブ(High Five)は二人が同時に頭の高さで互いの手のひらを平手打ちするような動作。称賛・祝勝を意味するジェスチャーです、要はハイタッチですね。
ちなみにハイタッチは英会話圏では通じないようです。
意味は多分5本指からきていると思われます。

この動画を見てほっこりされた方は私と同じ感性の方です、意外に嫌いな人もいるかもしれません。この動画、海外では“日本人がやたらマスクしている” ということで話題になったそうです。海外でマスクをしているのは日本人ばかりらしいですね。ニューヨークや香港などでは、マスク姿はほとんどいないようです。

だまし絵
この絵って不思議です、作者はこの効果を意識して書かれたわけですので一体どのような頭の構造になっているのでしょうか?

IMG_7355
今日歩いていたら映画?TV?の撮影が。エキストラの多さに驚きました。
そうそうアングルの関係で割愛しましたがこの後にも10人位立って待っているのです、ここまで仕込むのですね。

今日のお店は餃子のことなら任せてネという餃子専門店「天鴻餃子房別館」さんです。

住所: 東京都日本橋浜町3-10
:03-3669-6963
定休日:日曜定休

IMG_7340
お店の外観です。

IMG_7341
メニューです。

IMG_7342

IMG_7343
本日のオーダー「黒豚餃子定食」@750です。
国産の黒豚の腕肉を使用しており、モチモチとした皮の中にはおいしいスープがたっぷりとつまっています。味ですか、美味しいですね、パチリでも分るとおり皮がパリンとしてとても食感がいいです。歯噛みが強いとスープが飛び出てきます、このお店は穴場ですね。スタッフは全員中国人ですから、気分は上海ですか・・・
ここは再訪店です、次回をお楽しみにして下さい。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ