今日は「食べ合わせ」です。
今は比較的に余裕ある暮らしをさせていただいておりますが、小さい頃は貧乏でした。
子供の時の唯一無二のご馳走といえば「鰻」です。
往時も高価でしたが今ほどではありませんでした。
それでも食卓に上がるのは限られていました。
下町の家庭でしたので土用の丑の日にはかならず鰻はいただきましたが、それ以外にはあと数回位だったかのように記憶しています。当時は高価な鰻の代わりに廉価な穴子を食べていたのだと思います。
小学校低学年の頃に鰻を食べたい時には、母親に塩むすびを作ってもらい、アクタレ同級生と鰻屋さんの軒下で、鰻を焼く匂いをおかずにして、くだんのおむすびを食べた事もありました。これ以外に美味しいのですよ(笑)

それから幾星霜、今でも鰻は好きです。
07_27_1r
奥様も次男も鰻が好きですので、かなりの頻度で現在は鰻をいただいています。
ある日、奥様が朝食に鰻を出すときに、△△さん、夏バテ予防のために梅干しも食べてね、と言ったのです、ちょっと待ってよ。鰻と梅干って食べ合わせが悪いじゃん、と言いましたら、そんなの迷信よ、と一顧だにしませんでした。
そこでこの迷信を調べてみました。
結論としては、梅干は胃酸を濃くして、うなぎの油分の消化を助けるので好ましいそうです。
従いまして食べ合わせの言い伝えには、医学的な根拠はないみたいです。
どうやらこの迷信の背景は、鰻が腐っていたら、酸味がでますよね。もし腐った鰻と梅干しを一緒に食べると、梅の酸味のせいで、鰻が腐っていることが判らないためみたいのようです。
それ以外にも「天麩羅と西瓜」、「蟹と柿」、「心太と生卵」とかがあるみたいですが、体調によるのではと思うところであります。最後の「心太と生卵」の食合わせは、その食合わせそのものが存在しないと断じます、ハイ。


お試しあれ!



今日は雨に煙る石神井公園に出没です。
IMG_4621
美味しいカレー屋さんがあるとのことからお訪(とな)いを入れました。
今日のお店は「リアル」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-19-12 大野壱番館 1F
電話:03-3904-6511
定休日:無休

IMG_4612
お店の外観です。

IMG_4616
店内の雰囲気です。

IMG_4613

IMG_4615
メニューです。

今日のオーダー「ダルフライ&チーズナン」@690+@450=1,140円です。
薄暗い店内のTVから今日のニュースが流れています。
小糠雨に煙る歩道を硝子越に眺めていたら、耳障りな暴言が聞こえてきました。
その声の主の方に視線を落としますと、そこには白いフレームの眼鏡をかけた中学生の姿が目に入ってきました。
目の前に座っている母親に、そこまでいうな、とか、余計なお世話だ、みたいなささくれた言葉を吐きまくっています。
昔の下町なら問答無用と周囲(まわり)にいる頑固親爺から張り倒されていたので、その例に倣って張り倒そうかと思って椅子から腰を浮かせたのです。
しか〜しまかり間違えば「傷害罪」になりますので止めました。
最近、人間が練れてきたみたいです。
で〜もねぇ、であります。

待つこと12分で「ダルフライ&チーズナン」の到着です。
IMG_4617
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_4618
チーズナンはバカウマです。
ここのチーズナンはチーズが濃厚です。
焼き加減も最高です。
美味しいですね。

ダルフライは私の好きなカレーです。
IMG_4619
ダル(豆)のカレーが一番カレーの味が分るような気がするからです。
ここのダルフライはカレーの味が複雑です。
ルーの中にはピーマンの千切りが入っていてそれが苦味と食感に複雑さを加えているようです。
ルーも美味しいです。
満足なカレーでした。
五月蠅い中学生もお腹がくちてきたのか、母親への攻撃がアイホンに変じていました。
雨も小降りになってきました。
帰りますか・・・

それでは(^_-)