下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ナポリタン

神保町 さぼうる2

今日は「日傘考」です。
2fRuLVnbl2qnD4DU
夏になれば、まちのあちこちで見られる女性の日傘。美白ブームもあって若者から年配まで年齢層に関係なく愛用するようになった。
だが、訪日外国人でにぎわう大阪・ミナミで、韓国、中国、米国、オーストラリア、スイス、オランダ、イタリア、フランス、タイの女性に聞いてみたところ、「使わない」という返事が戻ってきた。
しかも、ほとんどが「一度も使ったことがない」と答え、日傘を使うことに「おかしい」という感想も聞かれた。
外国人を対象とした大手企業のアンケートでは、驚くなどした日本の暑さ対策として「日傘をさす」をあげた回答が最も多かった。日本の日傘文化は世界では「特異」なのだろうか。
「日傘さすのは日本だけ!? 訪日女性『驚く』『おかしい』外国人が使わないワケ」ITメディアニュースより転載

日傘はファッションぷらす実利でしょ。
昔、日本では和服とともに日傘は愛用されていましたが、若い女性には人気がありませんでした。
変化が起きたのは、二十数年前にUV(紫外線)用の加工がされた日傘が市場に出てからです。
それまでUVカット率は50%程度だったのです」が、UV加工の日傘は80〜90%台のカットが可能になりました。
このため、若い女性もさすようになり、現在のように若者から年配まで日傘をさす習慣が広がったのです。
色はかつて白やベージュが多かったのですが、遮蔽率が高い黒が主流になったといわれています。
一度、奥様のお供で日傘を買うのを付き合いましたが紺地であれば多種多様の柄があり、選ぶ楽しみがあるのがわかりました。個人的には紺地の日傘はシャレオツであります。

化粧品メーカーの資生堂技術広報グループによりますと、紫外線による「光老化」という現象が注目されており、シミだけでなく、しわや、たるみを引き起こすこともわかってきたそうです。
こうした中で、日本では美白ブームが起こり、日傘の使用が広がっているみたいです。
さら〜に、日本臨床皮膚科医会理事の岡村理栄子医師は「日傘は紫外線や赤外線をカットし、その結果、熱を遮る。帽子か日傘プラス日焼け止めクリームをするのがいいが、日傘は帽子より広い範囲をカバーするので効果が高い」と話しているのですよ。
これで決まりですね。

私はマラソンをしますのでよく顔は焼けています。
夏場は色が黒いのでわかりにくいのですが冬になって多少顔が白くなりますと、シミがわかるようになります。
嫌だ〜な、と思って半年ほど心が暗くなっているのですが、春になって日差しが強くなるとすぐに顔が黒くなるので、まっ、いいか、という繰り返しです。
しか〜し色の白い女性はそうはいきません。
炎天下のマラソンでも紫外線対策をしないで走り続けている人としている人の間には、明確に「勝ち組」と「負け組」とに分かれます。
高齢になればなるほど、「光老化」によるシミだけでなく、しわや、たるみが顕著になってきます。
この差は大きいですね。
巷間で「色の白いは七難隠す」といいますがこれはまごう事なき真実です。
夏場には多少面倒でもUV加工の日傘は絶えず持ち歩きましょう。
で〜もホワイトニングにかまびすしいのは全世界でもアジアン特に日本、韓国の女性だけらしいですよ・・・


勝者はどっちだ?



IMG_4832
今日は所用があって奥様と浅草に出没です。
IMG_4833
浅草を歩いていたら、パァーン、という大きな破裂音がしましたので、浅草でもソフトターゲットテロかと思い奥様をかばったのですが、人力車のタイヤがパンクしたのでした。
しか〜しパンクの音に驚くとはソフトターゲットテロの影響なのでしょうね。

IMG_4834

IMG_4835
お盆休みなのでこの混雑は分るのですが、それにしても安心して飲める場所になったのですね。
昔はオケラギャンブラーの掃き溜めみたいな通りで、かなりオトロしい場所だったのですがね。

IMG_4814
今日は神保町でランチです。
IMG_4815
今日のお店は行列必至の喫茶店「さぼうる2 (サボウルツー)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-11
電話:03-3291-8405
定休日:日曜日

IMG_4818
お店の外観です。

IMG_4819

IMG_4830

IMG_4828
店内の雰囲気です。

IMG_4817
メニューです。

今日のオーダー
私は「ホットドック(サラダ・珈琲付)」@600円です。
奥様は「ナポリタン(サラダ・紅茶付)」@850円です。

IMG_4816

IMG_4831
店内は薄暗く、レジスタンス運動の活動家のスイス山中のアジトみたいな感じであります。
実は、このお店、正しくは「さぼうる1(上の添付画像)」で小学校からの親友がかつて修行をしていたのです。
彼はある政治活動を熱心にやりすぎて命の危険から日本にいられなくなり、5年間のヨーロッパ逃亡生活をしていました。ほとぼりが冷めたので帰国し、すぐにこのお店にゲソを脱いだのでした。
このお店は前から知っていたのですが、くだんの背景から妙に胡散臭くて入る気がしなかったのですが、今回は奥様が一緒でしたので入る事にしました。
ところで「さぼうる」は、スペイン語の「SABOR=味・旨味」に由来しているみたいです。
喫茶「さぼうる」は、サボるためではないとの事ですが、後付のような気がします・・・

IMG_4820
待つこと8分でナポリタンの調味料の面々が到着しました。

IMG_4821

IMG_4822
待つこと9分で珈琲と紅茶が到着しました。
たしか料理と同じタイミングってお願したような・・・

で〜も遅れる事2分でホットドックとナポリタンが到着しました。

IMG_4823

IMG_4824
まずはホットドックをいただきました。
これは中のウィンナーの味が立ちすぎてバンズとの調和がありません。
完璧なウィンナー勝ちです。
ビールのつまみなら良いかもしれませんね。

IMG_4825

IMG_4827
奥様のナポリタンです。
これはa little bit too muchですね。
もはや二人とも若い頃の強靭な胃袋は持ち合わせておりません。
具は、ベーコン、マッシュルーム、タマネギ、ピーマンです。
麺は細麺なので食べにくいのです。
味わいはただのトマト味のパスタです。
しかも酸味が強いので三分の一くらいで飽きてきます。
昔よく行った船橋海岸の潮干狩りみたいでなかなか具がみつけらません。
もう少し具材が多ければ救われたと思います。
味ですか、行間を読んでください。
再訪は絶対にありえません事申し添えます。

それでは(^_-)

恵庭 Mojo Hand (モジョハンド) 

今日は「走れメロス異聞」です。
走れメロス
「走れメロス」は、太宰治による短編小説です。初出版は1940年5月発行の雑誌「新潮」です。
処刑されるのを承知の上で、命をかけて友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼する事の尊さを悟らせる物語です。
信頼と友情の美しさを基本に描きつつ、そこに還元されない人間の葛藤をも描いた、日本文学における傑作のひとつでもあります。
国語の教科書にも載っていますので人口に膾炙しているのは言うまでもありませんし今でも日本人に愛され続けている小説であります。

この小説が愛され続けるのには理由があるのです。
「走れメロス」は日本語の深淵に突き刺さるものを持っており、臘化語が多用されることが多い最近の小説と比較しますと、ある種の小気味よさがあるからなのです。

なんのこれしきと掻き分け掻き分け、獅子奮迅の人の子の姿には、神も哀れかと思ったか、ついに憐憫をたれてくれた。ああ、神々も照覧あれ!濁流にも負けぬ愛と誠の偉大な力をいまこそ発揮してみせる。

広告会社が作った映画のコピーと比較しても遜色はありません。
言葉のリズムがあってすごく心地よい響きがあるのです
また状況を説明するのが大変にうまいのです。

さらに小説の後半、メロスがラストスパートをかけた時の描写が秀逸なのです。
それを以下に記します。

少しずつ沈んでゆく太陽の10倍も早く走った。

早く走る表現は色々とあります。
例えば、目にもとまらぬ速さで走ったとか、足の動きが見ないくらいの速さで走ったとかありますが、
太陽の10倍も早く走った、というのは空前絶後でしよう。

実際この速さはどのくらいのものなのだろう、と検証した先生がいます。
それは柳田理科男先生です。
その先生の解説によりますと、二人がいたのはイタリアのシチリア島ですから、だいたい北緯37度位のところらしいのです。その場所で太陽の10倍も速く走ったというのは、それは地球の自転スピードに置き換えられますので時速1,300kmになります。
さらにそれの10倍ですからマッハ11という事になります。
マッハ11というのは新幹線のぞみ号の44倍の速さになります。
これを人間の速さに置き換えますと、現在最速で走るのはウサイン・ボルトさんです。
彼は100mを9.69秒で走ることができます。
一方この距離をメロスが走ったとすれば100mを0.02秒となります。
0.02秒とは早すぎです。

当然、マッハ11という超スピードで走れば衝撃波が起こります。
メロスの走る半径2km内にある硝子が衝撃波によりことごとく割れます。
結論・・・「走るなメロス」なのです。

小説や物語の中で作家は非常に大きな話をすることで物事をふくらませます。
つまり誇張することで、伝えようとすることを分りやすくさせるのです。
これが表現の面白さなのですね。
TBS「ぴったんこカンカン」参考


1992年東京の風景


IMG

IMG_0254
今日は札幌に出没です。
早朝、羽田空港に直結している京浜急行が人身事故で40分の遅延です。
いつもだったら空港に30分前に着くようにしているのですが、今日に限って60分前に着く様にしていましたので事なきを得ました。このような偶然の最悪回避ってあるのですね。

IMG_0277

IMG_0276
札幌の大通公園にはまだ雪が残っていました。
まだ、春遠からじ、であります。

IMG_0272
今日のランチは恵庭です。
久々の恵庭ですが、ここの駅周辺って食べるところがありません。
唯一あったのがこのお店です。
今日のお店は「Mojo Hand (モジョハンド)」さんです。

住所: 北海道恵庭市相生町142
電話:0123-33-4447
定休日:1、第3日曜日

IMG_0255
お店の外観です。

IMG_0264

IMG_0260

IMG_0258

IMG_0262

IMG_0269
店内の雰囲気です。どうやらこのお店はロックのライブハウスの様です。
インテリアがロックです。


IMG_0268
ベルを押さないと何も始まらないようです。
今時、ほんとうに珍しいですね(笑)

IMG_0256
メニューです。
料金が書いていません。
しか〜し恵庭ですからね、たいしたことはないでしょう。

IMG_0265

IMG_0267
今日のオーダー「ナポリタン+コーヒー」@950円です。
待つこと11分で着皿です。
スープも付いています。
見た目、焼きスパですね。
ケチャップがしっかり絡んだナポリタンはシャツに飛ばない系です。
味ですか濃いですね。
野菜がおおいのでヘルシーですか。
多めに入っていた真っ赤なウィンナーが高評価です。
全体的に申せばまずまずです。
いずれにしても昼食抜きをまぬがれる事ができたので感謝です。
ご馳走様でした 

IMG_0273
その後札幌に戻り打合せを済ませてから、支店の元部下に顔をみせましたら、熱烈歓迎を受けました。
結果最終便になったのです。

IMG_0278

IMG_0280
新千歳空港はほとんど人影がありません。
そうか今日は金曜日だから出張族はほとんどが宿泊出張かと思いなおしましたら、この閑散に納得ができました。
帰宅したのは01時30分でした、2年ぶりに風邪をひいたので実は一日中熱があったのです。
さすがに疲れました。こんな日もあります・・・

それでは(^_-)


宝町 珈琲A館

今日は「通過儀礼?」です。
悪ふざけ2
アルバイト先の冷蔵庫の中に入ったり、食材の上に寝そべったりする「悪ふざけ写真」を、ツイッターやフェイスブックに掲載された飲食店やコンビニエンスストアが休業・閉店に追い込まれている。

冷蔵庫内の食材の廃棄や冷蔵庫そのものの入れ替え、店内の清掃と消毒と、店側の対応には相応のお金がかかるし、なにより「信用」に傷がついた。

「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは、男性客9人が裸で悪ふざけをする写真がインターネットに流出したために、営業停止していた金沢片町店を閉店する。「従業員は制止した」としているものの、「公共の秩序と善良な風俗に反する行為が行われ、お客様に多大なご迷惑をおかけいたしましたので、これ以上営業を続けていくことは許されない」と、2013年9月10日に発表した。

また同日、加害者の男性客10人を金沢中警察署に業務妨害と公然わいせつ罪で告訴した。

一方、従業員が店内の冷蔵庫に入った写真がネットに流出したとして営業を停止していた新潟近江店は、9月11日に再開。従業員は懲戒処分としたが、「営業再開を望むお客様からの沢山の声を踏まえ、勝手ながら今一度チャンスを頂き信用回復に努めさせて頂きたい」としている。

これより先、ステーキレストランを展開するブロンコビリーは、店員2人が冷凍庫内に入った写真が流れた足立梅島店を8月12日に閉店した。同店は、東海地方が本拠地のブロンコビリーにとって、関東での足がかりとして期待されている店舗だったという。

事件を起こした店員は、すでに解雇。ブロンコビリーは「おいしい料理と気持ちよいサービス、清潔で楽しい店づくりを通じて心地よいひとときを提供するという使命の実現に取り組み続けている全社・全従業員の努力に反した責任は重く、(同店が)このまま営業再開することは許されない」と判断した。

コンビニ大手のローソン高知鴨部店では、従業員がアイスクリーム用冷凍庫に入り横たわる写真をフェイスブックに投稿。本社は同店とのフランチャイズ契約を7月15日付で解除した。

大手チェーンばかりか、東京・多摩市のそば店「泰尚」も閉店。地元に根ざした個人経営の店だ。8月9日、アルバイトの学生が厨房にある大型食器洗浄機にからだを入れた画像をツイッターに投稿、ネットで炎上した。

その1か月後、店には「この度、一部の従業員達(多摩大学学生)による不衛生な行為により営業を停止させて頂くことになりました」と、閉店のお知らせが貼り出された。

「なにも閉店しなくても…」との声も

ひと昔前なら、アルバイトの従業員が悪ふざけをしたとしても、店が休業や閉店にまで追い込まれることはなかった。瞬く間に情報が拡散する、インターネット時代だからこそ起こり得たことで、おそらく当事者は「そんなつもりじゃなかった」だろう。

しかし、従業員が起こした事件ともなれば、企業側にも苦情が殺到。それに伴う信用低下に営業停止と痛手も大きい。

とはいえ、ネット上では「そもそも、閉店までしなければいけないの?」「閉店とか賠償とかはやりすぎ」といった声も。「不採算店の整理の口実では?」との指摘もみられる。

低賃金で働いているアルバイトの不満が原因とみられ、「店側がまいたタネ」との見方もないわけではない。

脳科学者の茂木健一郎氏はツイッターで、「バイトが、悪ふざけの画像をSNSにアップするのがマズイことは当然。そのバイトがおとがめを受けるのも当然。しかし、その結果の店舗閉鎖という経営判断は、明らかに行き過ぎで、お粗末。自身のお粗末な経営判断を棚に上げての損害賠償請求は、愚か。拍手する世間も、低レベル。以上。」と、一刀両断だ。
LivedoorNews「ブロンコビリー、餃子の王将、そば店… 「悪ふざけ写真」で閉店や休業続々」より転載

何なのですかねこの行動は?
悪ふざけといえ悪ふざけなのでしょうが、要は仲間に知ってもらいたいとか、面白がられたいという屈折した自己顕示欲の発露なのでしょうね。
写真撮影と投稿が簡単にできるスマホやSNSが存在しているのでこのような屈折した自己顕示欲が増幅したのでしょう。

しか〜しそれだけが問題ではないようです。
決定的に悲しいのは若者たちの想像力の欠如なのです。
画像を仲間以外が見つけnet上でそれが広まった時に起きる社会の反応や、自身が被る代償の大きさについての想像力が欠けていることが深刻なのです。
要はPeter Pan Syndrome換言すれば一種のmoratoriumからくる“甘え”でしょう。

識者によると最近の若者は対人エネルギーを身近な関係の維持だけで使い果たしてしまい、挙句の果には「外部の関係にまで気を回す余力などのこっていない」と断じています。
即ち小さな集団の中で自己を演出することに疲れ果て実は複眼的な思考ができないということのようです。

しか〜しnetで喧伝するすかしないかの差はあるもののそのような事をするのは若者の特権ではないでしょうか。
私自身の過去を振り返ればもっとひどい事をしています。
あまり書きたくはないのですが、時効ですから一例をあげますと、大学三年生の時に酔って六本木通りの六本木交差点から赤坂までの下り坂で水商売の置き看板を全部けり倒していたら、どこかの店の店員に見つかって殺されそうになりました。
そのような目に会えばひどい事になるので、謝るふりをして相手を油断させてから股間の中心にケリをいれ悶絶させ、その間に脱兎の如く逃げた事があります。
それ以外にももっとひどい事をしておりこれ以上書くと桜田門からお呼びがかかりますので割愛しますが、でもPeter Pan Syndromeではありませんでした。
自分という人間がどこに向かうのか良く分からず鬱屈していたはけ口が上記のような狼藉になっていたのです。
皆様も彼我の差こそあれ同じ様な経験があり今となっては私同様青春のほろ苦い思い出になっていることでしょう。

最後に茂木健一郎氏がコメントしているように“悪ふざけの画像をSNSにアップするのがマズイことは当然。そのバイトがおとがめを受けるのも当然。しかし、その結果の店舗閉鎖という経営判断は、明らかに行き過ぎで、お粗末。自身のお粗末な経営判断を棚に上げての損害賠償請求は、愚か。拍手する世間も、低レベル”これに尽きるのではないでしょうか・・・ハイ。


女性たちのきゃーきゃーする様子が印象的ですが、これはビートルズが1964年に初めてアメリカのテレビ番組に出演した時の女性たちの熱狂ぶりがモデルになっています。


IMG_6968
今日は宝町に出没です。
今日のお店は以前から行きたかったお店です。
そのお店とは「珈琲A館」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-25-3
電話03-5250-0188
定休日:土曜日、日曜日

IMG_6956

IMG_6957
お店の外観です。

IMG_6967

IMG_6964
店内の雰囲気です。
喫煙率はかなり高いです!

IMG_6959
メニューです。

今日のオーダー「ナポリタン(ドリンク、サラダ、コンソメスープ、ゆで卵)・300g」@980円です。
ほとんどの方がやや大盛(450g)を頼まれていました。

IMG_6960
待つこと9分で到着です。
見た目、昔の喫茶店ナポリタン、です。
構成は、中細麺、キャベツ、たまねぎ、マッシュルーム、いんげん、えび、ベーコンです。
そしてこのナポリタンは炒めしっかりのシャツに飛ばない系です。

それでは実食です。

IMG_6962
まずはサラダです。
うん美味しいですね。
マヨネーズ主体のドレッシングですが懐かしい味です。
昔のサラダは皆こうでした。
そして美味しいのです。あまりの美味しさに一気呵成に食べ終えてしまいました。

IMG_6961
そして次に挑んだのは「ナポリタン」です。
300gで丁度良い感じです。しかし野菜が多いですね、なにかトマトケチャップで味付けした野菜炒めの中に麺があるみたいな感じです。
味ですか、美味しいですね。
麺が良く炒まっていてそれとトマトケチャップの相性が最高です。
ところでコンソメスープですが、平成になって飲んだコンソメスープの中で一番辛いスープでした。
幾らなんでも胡椒がtoo muchでしょう(笑)
ゆで卵は普通の何の変哲もないゆで卵でした。

IMG_6965

IMG_6966
珈琲が出て飲み終えた後には今度はお茶がだされました。
これって昔の喫茶店ではないですか(笑)
丸ごと昭和のお店でした。

それでは(^_-)

御徒町 パンチョ

今日は「蕎麦の種類」の話です。
数日前「デン助」さんのフリネタで、地元の明治以来の有名蕎麦店「らんめん」さんの話を書きました。ちなみに「らんめん」とはらんめん【蘭麺・卵麺】=たまごそばきりのことです。

ところで「もり」「ざる」「せいろ」の違いは何でしょう。
語源は単純で、「ざる」は竹笊(タケざる)に、「せいろ」は蒸籠(せいろ)に盛るからです。
蕎麦はもともと、汁(つゆ)に付けて食べるものでしたが、元禄(1868〜1704)の頃から、汁(つゆ)を直に蕎麦をかけて食べる「ぶっかけ蕎麦=かけ」が流行りました。
そこで、従来の食べ方と区別する為に「もり」の呼び名が生まれたのです。
今は「笊(ざる)蕎麦=海苔かけ」のイメージですが、「もり」に海苔をかけて「笊(ざる)」としたのは明治以降のことです。
「もり」とは明確に区別する為、「笊(ざる)」の汁(つゆ)はこくの深い辛汁を用いることが決まりでしたが、近年笊(ざる)用の汁(つゆ)を別に作る店は非常に少なくなっているようです。
「OuiMenVol.2」より転載


下町っ子の私としては、憤っているのはこの件(くだり)です。
我が下町の全ての?蕎麦屋では、「ざる」と「もり」を区別する為に汁(つゆ)を使い分けるのは当たり前でした。
しかし昨今この使い分けをキチンとしているお蕎麦屋さんは何%あるのでしょうか…
大半は海苔があるかどうかの違いで、@100〜150の「もり」との値差をつけています。
本当に良心的なお蕎麦屋さんってナンなのでしょうか、東京の蕎麦屋さん猛省してください。
でも最近の若い方は「ざる」と「もり」の違いは、海苔があるかどうか、若しくは山葵が摺りおろしているか練り山葵で出されるかどうかの違いだと思っていることが分かり、かなりのshockを受けている今日この頃です。

今日は御徒町に突如として出現したナポリタンの名店「パンチョ」さんです。
本店は渋谷とのことです。

住所: 東京都台東区上野5-26-10 B1F
:不明
休日:無休

パンチョ1
お店の外観です。「改めて(懐かし味)ナポリタンは上手と言わせたい」という惹句の縦看板がありました…マジでしょうか(笑)

パンチョ2
店内の雰囲気です。80年代の映画のポスターが沢山貼ってあります。
レトロ感出したいのでしょう、後かなりの客が漫画を見ながら食べています。
不思議に思ったらレトロ漫画がかなりおいてあるようです。「ビー・バップ・ハイスクール」が多かったような気がしました…食事中にいい大人が漫画読んじゃいけません!

パンチョ3
ナポリタン美味しくする脇役の面々です。さすがに「粉チーズ」は使い放題です…当たり前でしょう!

パンチョ4
今日のオーダー「目玉焼きのせ」@700円(並盛り)です。
味ですか、その前にこの並盛400gです。食べる前に確認すれば良かったのですが、無理です、こんなボリューム食べられません(悲)
具はピーマン、玉葱、ウインナーです、所謂ナポの定番です。
ソースはシャツに飛ばない系です。
味ですか、目玉焼きの黄身をまぜて食べているうちは美味しかったのですが、これが無くなると酸味の強さが際立ってシツッコイです。
ボリュームの多いことも相俟って、終盤飽きました。
このお店、私にとってはゴメンナサイのお店です、こんな日もあります・・・weep

それでは(^_-)

新橋 カフェテラス ポンヌフ

今日は「若者のビール離れ」の話です
若者がビールを飲まない理由として以下の四点があげられます。
1.ビール以外のお酒を飲む(特にチューハイ)
2.基本的にビールを飲む量が少ない(乾杯程度)
3.飲み会などでは嫌々ながら飲むのでさらに嫌いになる。
4. そもそもお酒を飲まない
さらに人間の体はもともとビールの苦味を拒絶します。しかし苦味は飲み慣れて旨さに変わるのですがその機会が少なくなってきたのが最大の要因のようです。
私は大学の時、慶早戦の祝勝大一気飲み大会で、累計13杯の大ジョッキを呑んで優勝したことがあったのですが、今じゃこのような飲みかたは隔世の感がありますネ。
若者よ!共にジョッキを廻し、夢ある未来を語ろうではありあませんか…完璧にオジサン(笑)

ポンヌフ1
今日はナポリタン頂点、新橋の 「カフェテラス ポンヌフ」です。この店の名前「ポンヌフ」とは、フランス語で「新しい橋」=「新橋」ということらしいです。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
電話番号:03-3572-5346
定休日:日曜日 

ポンヌフ2
お店のメニューです。結構安いですね。

ポンヌフ3
今日のオーダー「ナポリタン」@600です。

ポンヌフ4
このナポリタンはいわゆる「焼スパ」です。具はハム、マッシュルーム、玉ねぎとシンプルです。味ですか「焼スパ」の特徴である外硬内柔です。太目の麺はほんのり焦げ目の表面処理がされており口当たり最高です。ケチャップはシャツ飛ばない系です。味ですか美味しいというか、心がホッコリする幸せ系の味です。はるか昔子供のころ食べた懐かしい懐かしいセンチメンタルな気分になれます。
心より満足しましたhappy01

ポンヌフ5
今度はこの「ポンヌフバーグ」を食べてみたいですね
※この画像は「30過ぎの道草王」さんよりの転載です。


それでは(^_-)

勝どき ユキ

お腹がはち切れそうになった夢をみたのには訳があります。
昨日勝どきの東京タワーズの方に仕事があり何気に入ったお店「YUYKI(ユキ)」に起因するのです。

今日のお店はキッチン&バー「YUKI(ユキ)」です。
このお店勝どきでは一番古いお店らしくて、今のハワイフリークのマスターはこのお店のおバアサンの孫です。もともと店名の「YUKI(ユキ)」はおアバさんの祖母が当地で美容院をやっておりその当時にオバアサンの名前「ユキコ」から店名がつけられました。今のように飲食店になったのは昭和42年からだそうです・・・詳しい

しかしお店の雰囲気は体育会そのものです。
例えばマスターが「生姜焼きハイルよ」というと、奥様が「分かりました」と必ず呼応しています。もしその応対がなければフライパンでぶっ飛ばされそうな雰囲気が横溢しているのです、今時珍しい(笑)

ユキ1
お店の外観です・・・さすがに勝どき一番の老舗の雰囲気がうかがえますね(笑)

ユキ2
店内の雰囲気です。これはマスターのHPからコピペした画像ですがこんなにカッコよくもありませんヨ

住所: 東京都中央区勝どき4−11−9
電話: 03−3533−5741
定休日:日曜日

ユキ3
今日の獲物は「ナポリタン」@800です。最初は付きだしのスパサラダです。丁度良く冷やされており美味しい。野菜もシャキシャキして申し分ありませんhappy01

ユキ4
ナメコの味噌汁です。マスターの奥様が絶えず塩加減をチエックしています。これは美味しい合格合格合格合格合格・・・この段階で「ナポリタン」を頼んだことを後悔し始めました。
これだけ味噌汁が美味しいのなら「生姜焼き」か「海鮮丼」にすれば良かったのかな、しかし後の祭りです
私が食べているときオバアサンは内の「海鮮丼」は美味しいのよといわれ、配膳される刺身の盛り付けを見ていてナルホドと得心しました。

ユキ5
本日の目玉「ナポリタン」です。平打麺ににんじん、たまねぎ、ベーコン、ピーマンで炒めています。味ですか・・・喫茶店風ではなく本格的な味付けです。少し酸味が強いような気がしましたが、これは好き好きなので読み流してください。

ユキ6
問題は量です。オープンキッチンなので作るところが見えるのですが最初二人分を作っているのかなと思っていましたら、どうやら一人分らしくて・・・さすがにこれは残すなと思い、盛り付けは半分にしてもらったのです。これでも食べても食べてもヘリマセン。おバアサンは「勝どきは体を使う人が食べに来るのでこの位の量がなければネ」とのたまいますが、私はB級グルメであってグルマンではないのでとてもシンドイ思いをしました。
次回連食することがあれば「生姜焼き」にしようと思う今日この頃です

それでは(^_-)

大泉学園 ノヴェル

寒〜い!

こんな寒い日、しかも土曜日だというのに半日会社で会議でした。

松の内も取れましたが正月ネタを一くさり。
おせち料理が普及したのは江戸時代、日本人ならではの遊び心で料理に縁起のよい語呂が含まれています。
以下にご紹介します。

【黒豆】豆に働ける、健康祈願
【数の子】多くの卵を持つことで子孫繁栄
【栗きんとん】黄金色が財宝をあらわし、金運上昇
【昆布巻き】「よろこぶ」にかけた洒落
【紅白なます】赤で邪気を払い、白い清廉な気持ちで迎春

ご存知でしたか・・・

今日は大泉学園に美味しいB級ナポリタンを供するお店があるというので、会議の後のお酒の誘いも断りソソクサとその店に向かいました。

今日のお店は、大泉学園「ノヴェル」です。
ノベル1
お店の入口です。

住所: 東京都練馬区東大泉1−30−4
電話:03−3978−6766289 045(781)4289
定休日:無休

このお店なんのことはない大泉学園駅北口直下の喫茶店でした。
ノベル2
店内の様子です。まるで一昔前の喫茶店のようですね(笑)

今日の獲物は「ナポリタン」@680です
ノベル3
このナポリタンは、中太の茹で麺にマッシュルーム、エビ、ベーコン、ピーマン、玉ネギをトマトケチャップで炒めたものです。

ノベル4
味ですかイケますねhappy01、隠し味のニンニクが食欲をそそります。原則喫茶店のナポリタンです。ウレシイことに粉チーズ、タバスコかけ放題です・・・当たり前か
そこで私は粉雪のようにチーズをかけハフハフとガッツきました。イケます、イケます、カケます、カケます
それでも少し味が薄いような気がしましたが、粉チーズ、タバスコの脇に食塩が有るのを発見し、それを少しパラパラしますと味がしまりました。さらにガツガツ食べて一気に平らげてしまいました。
下町っ子に ピッタリの味でした。

しかし喫茶店って周りの話が完璧に聞こえるのです。
私は一人でしたのでそれとなく耳をすますと、世の中悩みの種は尽きないようで・・・皆さん大変ですね。
ちなみに耳をそばたてたのはほんの数秒ですからネ・・・念のため(笑)

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ