下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

トーマス・ダッシュ

神田 神田錦町更科

今日は「酔いの種類」の話です
resize
なななんと停酒をして7年3ヵ月になります。
もうお酒は飲む事はないでしょうが、お酒を飲んで酔っ払った夢はたまに見ます。
その度に酔うことを思い出していますが、正直、酔うという感覚が今となっては思い出せません。
という事で今日のフリネタは酔いの種類です。
トーマス・ダッシュというイギリスの戯曲家が酒酔いを八つに分類していました。
そこで以下により紹介します。

#猿酔い
跳んだりはねたり叫んだりする酔い方です。
去年ですか、銀座の路上で早慶戦の学生がヘロヘロになりながら仲間の前で、△△テニスサークルの▲▲です。
これからバク天やります、といってバク天をしたのですが、酔ってやったので着地を失敗しました。
頭を強く且つしたたかに地面に打ったためか倒れたままピクリともしません。
すごく気になっていたのですが仲間もいることだし、私には他用があったので通り過ぎてしまいました。
次の日に新聞記事になっていなかったので命に別条はなかったんだなと思いホッとしましたがこのような猿酔いは止めた方が宜しいですね。

#獅子酔い
盃を投げたり怒鳴りつけたり誰彼なしに喧嘩をふっかけたりする酔い方です。
私の元上司がそうでした・・・
これはコンプライアンスにより今は激減したのではないのでしょうか。
このような獅子酔いをする人はほとんどが小心な方です。
普段の抑圧が酔いによって全開放されてしまうのでしょうね。
別名で「酔うと虎の皮をかぶる人」ともいいます。

#猫酔い
飲むと直ぐ寝る人です。
うるさくなくていいのですが寝た後俄然元気になります。
そろそろ飲み疲れて帰ろうかなと思う頃、突然に起きてカラオケのマイクを放さないという嫌な奴です。
私の廻りには結構います。

#羊酔い
知ったかぶりをして何でもウンチクを語る人です。
当然のことながら仲間からも嫌われています。
落語の寿限無にでてくる物知りの先生みたいな人ですね。
私は羊酔いで負けず嫌い即ちああ言えば上裕(死語)見たいな人間に対して殺意を抱きます。
本当に超強力アロンアルファでその口を接着したくなります。

#豚酔い
いわゆる泣き上戸です。
ブーブーとうるさいからだそうです。
私の妹もかつてそうでした。
一度泣スイッチが入るともう止まりません。
心の優しい激情家がひどく酔うと「豚酔い」に/なるみたいです。
泣くネタは自分で好き勝手に創れるので終わりが読めません。
そのため泣き疲れるのをひたすら待つだけです。
あなたは赤ちゃんか(笑)

#鼠酔い
酔っていてもロレツの回らならい声で、オレはまだ全然酔っていませんよ、と五月蠅(うるさ)く言う人です。
これはビジネスマンに多いとおもいます。
ケンシロウ(死語)ではありませんが、お前はすでに酔っている、と指を指してもこうなったらどうにもなりませんね。

#山羊酔い
酔って女をくどいたり女性の体をさわったりする人です。
以前はパワハラ部長とかに呼び名がついていましたが、今では100%アウトです。

#狐酔い
相手を酔わせておいて自分も酔ったようなふりして取引を上手にもっていこうとする人です。
これは私です・・・・
そもそもお前は一滴も飲んでないじゃないか!
あいすみません。


三江線 三次方面 ラストランでの車掌スピーチ



IMG_2537 (2)
今日は神田に出没です。
今日のお店は「神田錦町 更科」さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町3-14
電話:03-3294-3669
定休日:土曜夜・日・祝

IMG_2539

IMG_2541
お店の外観です。

IMG_2550 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_2540
メニューです。

今日のオーダー「小柱と小海老のかきあげ天」@1,500円です。
このお店をググってみましたが、神田錦町で創業150年の蕎麦店だそうです。
明治2年からこの場所で蕎麦店を営む本物の老舗とか。
今は4代目と女将、5代目と若女将が店に立っているそうです。
私がお品書きを目を凝らして見ていますと、この若女将のカンに触ったみたいで、うちは蕎麦屋ですから、蕎麦しか売っていません、とお蕎麦を売る代わりに私に喧嘩を売ってきました。
たまさかどのようなメニューがあるのかなと思ってじっくりと見ていただけなのですが。
老舗はコワイですね(笑)

IMG_2542
座るやいなやお茶が用意されました。

IMG_2543
待つこと5分で「小柱と小海老のかきあげ天」の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_2544

IMG_2549 (2)
それでは実食です。
先ずは天麩羅からいただきます。
塩で頂くのかと思いきや天つゆでしたので塩をもらいました。
供されたのは普通のお塩でした。
老舗なのでこだわりの塩かと思っていたので正直驚きました。
カラッと揚っていて美味しいですが、外縁の衣が大地震の際の硝子みたいにパラパラと落ちてきて食べにくい事この上なしです。
それでも小海老と小柱は甘くて美味しかったです。

IMG_2545
続いて蕎麦です。
蕎麦の香りは控えめながらしゃっきりした歯応えで喉越しも良かったです。
蕎麦つゆは私の好みでしたので満足です。
まずは満足できた老舗の味でございました。

それでは(^_-)

浅草橋 馥香

今日は「酔いの種類」の話です。
トーマス・ダッシュというイギリスの戯曲家が酒酔いを八つに分類していました。
そこで以下により紹介します。

#猿酔い
跳んだりはねたり叫んだりする酔い方です。
去年ですか、銀座の路上で早慶戦の学生がヘロヘロになりながら仲間の前で、△△テニスサークルの▲▲です。これからバク天やります、といってバク天をしたのですが、酔ってやったので着地を失敗しました。強く頭を地面に打ったためか倒れたままピクリともしません。
すごく気になっていたのですが仲間もいることだし、私には他用があったので通り過ぎてしまいました。
次の日に新聞記事になっていなかったので命に別条はなかったんだなと思いホッとしました。
このような猿酔いは危ないですね。

#獅子酔い
盃を投げたり怒鳴りつけたり誰彼なしに喧嘩をふっかけたりする酔い方です。
これは激減したのではないのでしょうか、このような獅子酔いをする人はほとんどが小心な方です。
普段の抑圧が酔いによって全開放されてしまうのでしょうね。
別名虎の皮をかぶるともいいます。

#猫酔い
飲むと直ぐ寝る人です。うるさくなくていいのですが寝た後俄然元気になります。
そろそろ飲み疲れて帰ろうかなと思う頃でもカラオケのマイクを放さないという嫌な奴です。

#羊酔い
知ったかぶって何でもウンチクを語る人です。当然のことながら仲間から疎外されています。
落語の寿限無にでてくる物知りの先生みたいな人ですね。
私は羊酔いで負けず嫌い即ちああ言えば上裕見たいな人間に対して一番殺意を抱きます。
本当に超強力アロンアルファでその口を接着したくなります。

#豚酔い
いわゆる泣き上戸です。ブーブーとうるさいからだそうです。
私の妹がそうです。一度泣きswitchが入るともう止まりません。
心の優しい激情家が酔うとなるみたいですが、泣くネタは自分で作るため終わりが読めません。
そのため泣き疲れるのをひたすら待つだけです、赤ちゃんか(笑)

#鼠酔い
酔っていてもロレツの回らん声で、オレはまだ全然酔っていませんよ、と五月蠅(うるさ)く言う人です。
これはビジネスマンに多いとおもいます。
ケンシロウではありませんが、お前はすでに酔っている、と駄目押してもこうなったらどうにもなりませんね。

#山羊酔い
酔って女をくどいたり女性の体をさわったりする人です。
これは今やパワハラ部長とかに呼び名が変わっていますよね。

#狐酔い
相手を酔わせておいて自分も酔ったようなふりして旨い取引にもっていこうとする人です。
私です・・・


IMG_2684

IMG_2685

刺青きゅーぴー
今日は蔵前に出没です。
街をせかせか歩いていると何やら熱い視線が・・・
視線の先に目をやると、モンモンを背負(しょ)ったキューピーさんが道端で売られていました。
一体、誰が彼をその様な体にしてしまったのか、責任者出てこ〜い!
ちなみに壱キューピー@850円です。
累計で35,000キューピーも販売されており、ちょっとしたプチヒット商品だそうです

ということで今日のお店はよくグルメ番組に登場する「馥香(フーシャン)」 浅草橋本店さんです。

住所:
東京都台東区柳橋2-14-2 アリス・マナーガーデン浅草橋1F

電話:03-5833-6555
定休日:日曜日(祝日は営業しております)

IMG_2692
お店の外観です。

IMG_2694
店内の雰囲気です。

IMG_2691
メニューです。

今日のオーダー「牛肉と二種アスパラの炒めかけやきそば(デート付)」@1,000円です。
店内は高級感が漂っています。しかしお客様はほとんどが中高年のオバサマ達です。
何やら店内が喧(かまびす)しくて何だかなぁっていう感じです。

IMG_2693

IMG_2695
待つこと9分で着皿です。
見た目美やきそばです。
それでは実食です。
具は牛肉、アスパラ、キクラゲ、タケノコです。
あれっこの焼きそば温かくないのです。正しく言えば温かいところと冷めているところが混在しています。
要は作り立てではないようです。
さらにいえば薄い塩味はするものの、ほとんど麺の味と油の味しかしません。
高級中華料理なので仕方ないのかなと思うわけはありません。
美味しい料理は万民が食べても美味しいので、高級中華料理だからといってこのような超薄味をだしていいわけがありません。さらにいえば作りおきと誤解を持たれるような温度管理をする料理とはいかがなものかと思います。
食後のデザート(杏仁豆腐)も平板でしたし特筆するものは何もありません。
私は料理評論家でもなんでなく好きで食べ歩きをしているものです。
したがって私のベロメーターは決して正しくないものの、料理の熱い冷たい、味の濃い薄いくらいは分ります。
非常に残念なランチでした・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ