下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

トーキョーエアポートレストラン

続 羽田空港 トーキョーエアポートレストラン 

今日は「タイムマネジメント」です。
仲間と食事の話をしているときに、最初に好きな食べ物から食べるか、好きな食べ物を最後に残しておくかが話題になった。私は好きな食べ物は最後に残すタイプだが、まったく逆の人もいて話が盛り上がった。
私が好きな食べ物を最後に食べるのは、最後まで食事を楽しむことができると思うからだ。
一方、最初に好きなものを食べる人たちは、そうすることで気分が良くなって、最後まで食事を楽しむことができると考えるという。それはそれで一理あると思うし、どちらを選ぶかはその人次第、性格が影響するのだろう。

これが仕事となると、好き嫌いだけで優先順位をつけることができなくなる。
私たちは、苦手な仕事や難しい仕事があるとつい先延ばしにしたくなる。
「うまく仕事を進められないのではないか」と心配になってちゅうちょしてしまう。
しかし、仕事の場合は、先に延ばすほど、うまくいかなくなる可能性が高くなるから注意が必要だ。
重要な課題を先延ばしにしている場合には、気になって目の前の課題に集中する力が落ちる。
時間が経てば、それだけ精神的にも肉体的にも疲れがたまってくる。
失敗したくないという考えのために、かえって自分の力を発揮できないような状態に自分を追いやってしまっているのだ。こうしたことを防ぐためには、その課題がどの程度重要かを判断して、重要な課題から取り組むようにする。
心身のエネルギーが最大限に残っているときに重要な課題に取りかかれば、仮にうまくいかないことが出てきても役に立つ対処法を思いつくことができる。
日経新聞「こころの健康学」より転載

128263808212716118049
私はタイムマネジメントを日頃から気をつけています。タイムマネジメントとは「時間を有効に使って最大限の成果を産み出すこと」と読み替えてもらいますと理解が深まると思います。
これは私の出自が下町生まれという事に起因しています。
要は性格がせっかちなだけです。
このような私ですから、好きな言葉は「拙速は巧遅に如かず」であります。
新入社員の頃、チャチャと書類を作り上司にだすと、必ずダメダシがあります。
その際は上司に対して、△△さん、間違えてすみません。
しか〜し「拙速は巧遅に如かず」っていうじゃありませんか。
遅くて正しいのがいいのですか、と言って切り抜けていました。
タイムマネジメントが上手にできれば「仕事の生産性やクオリティが上げる」ことができます。
プライベートでは未来日記をつけています。
例えば「3年先には△△の資格を取る」との予定を立てていますので、その未来予定が早まればウレシイですし、遅れれば、その遅れた理由を分析できるものですからリカバリも可能であります。

あまり参考にはならないでしょうが個人的なタイムマネジメントのやり方です。
1.まずはやるべきことをどんどんとリマインダーに書き込む
2.優先順位をつける
3.実行する
那辺は当たり前ですが、私の一工夫は
1.ビッグビジネスはカテゴリに分けて細分化して、量の多さに怖気づけないようにする。
2.予定日の二日前には必ず終わらせて、一日おいて成果物を見直す。
3.諸般の事情で遅れる場合は、すぐにその旨を連絡する。
特に2番の見直しはご推奨です。
チャッチャッと作るものですから意外にボーンヘッドが多いのですね。
特にエクセルを作った本人は、絶対に間違えていない、と思っていますので、この見直しは大事です。
3番には何百回も助けてもらいました。
依頼先は、本当に急ぐ場合と急がない場合を分けていいません。
メールでの表現は、期限に間に合わせてくれればいいんだよ、的なのですが、これが大いなる陥穽(悪意のない落とし穴)なのです。
遅れる場合に謝りますと、ほとんどがいいよ。その代わりに必ずいついつまでに提出してね、と言われるのですが、まれに、遅れては絶対に駄目だ。許さんと、いう場合もあるのです。
実はこれがヤクネタでしていつも肝が冷えます。
心の中では、それならそうと💀マークでもメールに付けておけよ、と言いたくなるのですが、それはこちらの都合ですのでその場合は優先順位を入れ替えています。

時間を上手に使って人生をより良いものにした方が快適ですよね。
人生の97%は嫌なことばかりです、残りの3%の良い事に巡り会うために仕事もプライベートも頑張っているのだと思います。その為にはタイムマネジメントをきっちりとこなせば、もしかしたら3%の良いことが10%に増えるような気がします。
人間は「時間の下部(しもべ)」になってはならないのです。
人間は「時間を下部(しもべ)」にするべきなのであります。


Go cry little baby・・・


今日は羽田に出没です。
IMG_4184
羽田から帰宅するには羽田空港からリムジンバスにのれば自宅まで乗り換えなしで帰れるなと思い今日は空港に参りました。今日のお店は「トーキョーエアポートレストラン」さんです。

住所: 東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田空港第2旅客ターミナル 1F ターミナルロビー
電話:03-6428-8585
定休日:無休

IMG_4186

IMG_4187
お店の外観です。

IMG_4188
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「豚細切りあんかけ焼きそば」@713円です。
IMG_4189
待つこと7分で「豚細切りあんかけ焼きそば」が到着しました。
見た目、餡が輝いていて美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_4190
やはり想像とおり餡が美味しいです。
味の深さトロミ共に申し分がありません。
多分、この餡は作り置きでしょう。
それなのにこのレベルで供されるとはクリビツです。
緑色のチンゲン菜が彩りと味のアクセントになっています。
IMG_4191
特筆するのは麺の炒めです。
カラッと高温の油で炒めています。
これは作り手の腕が宜しいのでしょう。
これで@713円は大満足であります。

それでは(^_-)

羽田空港 トーキョーエアポートレストラン 

今日は「どしたん関西弁」です
勤めている会社は関西系でして、当初は大阪本社、東京本社という二本社制でした。
たしか大阪本社の序列が上のように記憶しています。
加えて申せば、京都大学卒の方の方が東京大学卒より尊敬されていました。
その心は、いまだ遷都の詔勅が正式にだされていないので、首都は京都で、その首都に在る京都大学がエライというロジックでした。
そのような地勢を持っている会社ですので、入社当時は、東京本社でありながら普通に関西弁が大手を振って使われていました。
所謂、ダァホ、ボケ、カスみたいな罵詈雑言が普通に頭上に飛び交っていました。
根っからの東京の下町っ子である私は、そのような言葉で怒られても、臨場感もなくそれこそ馬耳東風で聞き流していたものです。
それから幾星霜、社内で関西弁が聞かれなくなりました。
最近、女子の新入社員と話していましたら、関西学院大学卒だとわかったので、なんで関西弁をしゃべらないの、と聞けば、社内で方言は失礼です。普段は、関西弁は恥ずかしいので封印しています。関西出身者とのみ関西弁で話します、と答えたのです。
マジすかであります。
そう言われてみれば、最近、関西弁を聞くと言えば、関西弁をしゃべるお笑いタレントのみです。
さらにわが社において今となっては、本社は東京のみですし、かつての大阪本社は関西支社に成り下がり中国支社(広島県)と同格になっています。

どしたん関西弁であります。
77248194_th
どうやら私の知らない間に東京弁(標準語)の全国制覇は完了していたようです。
くだんの新入社員のように最大の抵抗勢力である関西弁は弱体化していたのでした。
いずれにせよ、東京は一極集中体制を完了しており、関西もその支配下に隷属させてしまったのです。
そういえば、この間取引先と話していましたら、東京から転勤で大阪に移住した部下の奥様が、子供が転校した学校できたない言葉を覚えてきて困ります。あのような変なアクセントを覚えたら吉本興業しか就職できなくなってしまうわ、と夫にこぼしていたそうです。
取引先がモッテいたらごめんなさい。
加えて申せば、関西で電車に乗っても聞こえてくるアナウンスは東京弁だけです。
関西弁のメッカである大阪、京都、神戸の人口を日本の人口で割り返しますと13%です。
周辺部の奈良、和歌山、滋賀、三重をいれても18%です。
最後に私の大好きな高畑充希さんも東大阪市出身で大学は法政大学です。
鶴瓶
彼女はこの間、「鶴瓶の家族に乾杯」の番組内で鶴瓶さんに、何で関西出身者である事隠してんねん。
資料見るまで東大阪出身だってこと分らんかったわ、と聞かれましたら、努力して関西消しています。
こうみえても東大阪なので大変なのです、と真顔で答えていたのが印象的でした。
どうすんねん関西版弁です・・・



Paul McCartney & Stevie Wonder - Ebony and Ivory - In Performance At The White House



IMG_3586

IMG_3587
今日は羽田空港に出没です。
IMG_3584

IMG_3583
本当は高松市内で美味しい讃岐うどんを食べたかのですが、夕方近くまでやっているうどん屋で美味しいところはないということで断念したのでした。
という事で今日の夕食は羽田空港です。
今日のお店は「トーキョーエアポートレストラン」さんです。

住所: 東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田空港第2旅客ターミナル 1F ターミナルロビー
電話:03-6428-8585
定休日:無休

IMG_3589

IMG_3590
お店の外観です。

IMG_3595

IMG_3597
店内の雰囲気です。

IMG_3591
メニューです。

今日のオーダー「五目チャーハンセット」@1,000円です。
このお店はセルフサービスです。
食券を買って席で待っていると、出来上がりますと呼び出しの子機がブルブルってふるえますので、それを機に取りに行きます。

待つこと5分でブルブルッと子機が震えました。
席についてからよくよく見ますと美味しいそうです。

それでは実食です。
IMG_3598

IMG_3599
予想通り美味しいです。
お米の一粒一粒が玉子でコーティングされています。
塩味も抑えめで上品に仕上がっています。
特筆するのは後から投入したと思われる火の入りが少ないネギがシャキシャキしていて口内感触が最高です。
満足な炒飯でした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ