下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

トリトン

池袋 トリトン

今日は「酒は飲まない方が健康に良い」の話です
9
「お酒は適量飲む分には体にいい」
かつてこう言われてきたが、最近では「少量でも体に悪い」という話も耳にするようになった。
2018年には「少量でも体に悪い」という論文が権威ある雑誌に掲載されたことをご存じだろうか。
「適量ならOK」と安心して飲んでいた人にはショックな報告だ。そこで酒ジャーナリストの葉石かおりが、飲酒と健康についての研究を手がける筑波大学の吉本尚准教授に飲酒量の最新事情について話を聞いた。
なぜ、ゼロの方がいいのか? 心疾患などについては適量の飲酒がリスクを減らすのですよね? 納得いかずに吉本さんに食い下がると、ご指摘のように、この論文でも虚血性心疾患(心筋梗塞など)については以前と変わらず、「少量飲酒で発症リスクが下がる」という結果が出ており、Jカーブが確認されています。
しかし、飲酒量が増えればがん、結核など他の疾患のリスクは少量飲酒においても高まっていくので、心疾患などの予防効果が相殺されるのです、と吉本さんは説明してくれた。
そして、次に検討されたのが、どのくらいまで減らせばいいのか、つまり適量についての議論だったのだという。
日本人男性を7年間追跡した国内でのコホート研究(JPHC Study)の結果や、欧米人を対象とした海外の研究の結果などを基に、厚生労働省が2000年に発表した「健康日本21(第1次)」において「節度ある適度な飲酒」として1日平均純アルコールで約20g程度という数字が明文化されたわけです。
いわゆる「適量」と言われる20gという数字が出たのは、画期的なことでした(吉本さん)
純アルコールで約20g程度とは、日本酒1合、ビール中ジョッキ(500mL)、ワイン2〜3杯に相当するものです。
「少量飲酒のリスク(上)」日経Gooday 30+より転載

この記事はお酒飲みの方にとっては悲報です。
どうやらお酒は1日、日本酒1合、ビール中ジョッキ(500mL)、ワイン2〜3杯に留めないと死亡リスクが高まるとの結論がでたようです。
仮に今でもお酒を飲んでいたとしたら、今さらはそんな事を言われても走り出した暴走列車は止められない、と言って無視していた事でしょう。
さら〜に、医者がこの通りの酒量を守ったら△△年は長生きができますよ、と言ってくれない限りこの戒めを守らないでしょう、多分。
まだお酒のように節制できるものがある方はうらやましい限りです。
私は今から26年前に、医者からある病気と判定され、今後節制しないとこの病気は加速度的に悪化しますよと言われ節制していました。ちなみに停酒は8年前にどれだけお酒を我慢できるかということで始めたのでこの病気との直截な因果関係はありません。
今回、人間ドックの判定で私はこの病気に罹患していたのでした。
正しくは顕在化したのです。
26年前の医者の予言が正鵠を射ぬいたのであります。
個人的にはこの日が来ない事を願っていたのですが、遺伝性のものなので如何ともしがいたのでありますがかなり落ち込んでいます。
来週、医者に行って与薬してもらうのですが、これから死ぬまでこの薬なしでは生きられなくなってしまうのです。
このような想定外の事が起きるのが人生というものなのでしょう。
人生とは物事を健やかに育むものです。
具体的には、人の楽しみを自らの楽しみにし、人の憂いを自らの憂いにする事が、物事を健やかに育むという事です。言うは易し行うは難しであります。
人はこのような境地に至るまで死ぬまで歩き続けていくのです。
私の身に起こったような不自由が当たり前に起きるのが人生なのです。
私も困難に負けない意志を育みましょう。


WORLD ORDER ”INFORMAL EMPIRE”


IMG_7877
今日は池袋に出没です。
このデパートにトリトンがある事を知りました。
札幌時代には月に2回は行っていた回転寿司屋さんです。
今日のお店は回転寿司「トリトン」池袋東武店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 11F
電話:03-5927-1077
定休日:不定休(東武百貨店池袋店に準ずる)

IMG_7878

IMG_7896
お店の外観です。

IMG_7879

IMG_7883
店内の雰囲気です。

IMG_7880
メニューです。

このトリトンさんは始めてです。
店員さんは道産子主体で繰り回しているようです。
今日、私が会話した女性は苫小牧からの転勤のようです。
回転寿司ですから好きなものを頼みました。
IMG_7885
まずはお茶で口内の雑味を拭いさります。

IMG_7886
最初は「白つぶ」@190円です。
貝の寿司はマイフェイバリテです。
このコリコリ感が大大好きなのであります。
美味しいです。

IMG_7887
続いて「北海たこ頭」@150円です。
北海道ではたこ頭は定番ですが帝都ではあまり供するところは多くありません。
たこ好きなら病みつきになるはずです。
噛みしだくと蛸の美味しさが口内にジュワッと拡がり加えて味が深いのです。
これまたマイフェイバリテであります。

IMG_7888
続いて「いくら」@350円です。
見た目、赤いダイヤです。
このお店のいくらを食べたら他のお店のいくらは食べられません。
口内でプチュと爆ぜる感じがたまりません。

IMG_7889
続いて「生サーモン」@350円です。
これまた他のお店と一線を画しています。
サーモンのふくよかな脂が口内に拡がりますとまさに口福の神様の降臨であります。

IMG_7890

IMG_7892
吸い物は「たらの味噌汁」@350円です。
たらすきなので当然頼みました。
これは味噌汁美味しであります。
加えて「たら」美味しです。
クリーミィという形容詞はこの「たら」に付けられたものです。
この画像では見られませんが具材として「男爵芋」も入っています。
これがホッコリしていて良い味わいです。
札幌時代はこれが当たり前の味だと思っていました。
札幌時代の食生活は恵まれていたのだという感慨ひとしおであります。

IMG_7894
締めは「上まぐろ」@290円です。
つやつやと艶めかしく輝くこの「上まぐろ」に隘路はありません。
すごく美味しいです。
で〜も1貫で丁度良いかもしれません。
食べ足りないくらいが丁度良いのであります。
という事で久々に北海道の美味しさを堪能させてくれたこのお店に深甚なる謝意を捧げます。

それでは(^_-)

東京ソラマチ トリトン

今日は「My son’s homecoming 」の話です。
IMG_1493

IMG_1494

IMG_1495
ウズベキスタンに留学していた次男が帰国しました。
仕事多忙ではありますが、さすがに会社を休んで家族一同で出迎えに行ってまいりました。
私の携帯電話は取引先からの電話がひっきりなしに鳴り響き、折角の休日ではありますが、その為にあまり休日らしさは味わえませんでした・・・こんなもんでしょう(笑)

次男は当地の食料事情が良くなかったのか72kgあった体重が63kgと激ヤセしており、私と奥様は驚きを禁じ得ませんでしたが、本人は長い時間軸の中でジワジワと痩せていったのであまり気にもとめていませんでした。
留学の第一目的のロシア語習得はそれなりのliteracy levelに達したようで、親としては一安心です。
現地の方にご迷惑をかけることもなく、健康を損なうこともなく、元気な体で帰国できたことに、次男の大学関係者、ウズベキスタン大学関係者、友人、親戚、姻戚の方々にこの場を借りまして深甚より御礼申し上げるところであります。
無事に帰国できました。本当にお世話になりました。

成田空港の後、菩提寺に出向き亡き両親に次男の帰朝報告をしました。
そして次男は久々の日本食の会遇です。
私はどこにしようかなとしばし考えたのですが、日本食なら「お寿司」でしょうということで、菩提寺から一番近い東京ソラマチに足を運んだのです。

IMG_1497

IMG_1498

IMG_1534
本日の東京スカイツリーの威容です。

IMG_1544

IMG_1545

IMG_1546
東京スカイツリーイーストタワー31階からの眺望です。

IMG_1500
「六厘舎 TOKYO」さんの行列です。
「行列してでも食べたい」と瞬く間に口コミで広がり、人気に火が付いた話題のつけ麺のお店です。多分東京ソラマチの中では最高の行列店でしょう。
ちなみに今日は金曜日で午前中は嵐だったのにもかかわらず、待ち時間は目の子で90分です。

北海道において味はさすがに高級回転寿司「根室花まる」に譲るとしても、今日のお店はコスパでは北海道断トツだと我が家族は信じている、回転ずし「トリトン」さんです。
我が家族何と15年ぶりに訪れます。

住所: 東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ6F
電話:03-5637-7716
休日:無休

IMG_1499
さすが人気店です。
超行列です、すごいですね。
目の子で60分とふんだのですが48分で席に着くことができました。

IMG_1501
お店の外観です。

IMG_1504

IMG_1532
店内の雰囲気です。
寿司職人5人の内4人は地元北海道からの単身赴任のようです、なまらゆるくないべさ
しかし上段の画像のこの人のネタ紹介はとても声高らかに行わるので、唾液がかなり飛沫していると思われます。不衛生ですよね。
誰も彼の気合の入った惹句でネタ選びが行われるとはあまり思えず、寿司職人は衛生によくよく配慮して美味しい寿司を握ることに一意専心すべきと思うのですがね・・・

IMG_1515

IMG_1505

IMG_1506

IMG_1507

IMG_1508
メニューです。

それでは力技ですが一挙にネタ紹介です。
★★★数は私の家族の独断と偏見の味の評価です。
値段は一応Wチエックしていますが、あまりに膨大の注文画像から絞り込んでのアップですので錯誤もあると思われます。つきましては正確の値段はお店で再確認ください。

IMG_1509
えんがわ(かれい)★★@157

IMG_1510
サーモン★★@189

IMG_1512
まぐろ★★@189

IMG_1511
中トロ★★★@430・・・これはスゴイ

IMG_1513
炙りエンガワ★★★@236・・・これは甘い

IMG_1514
数の子@330

IMG_1516
穴子★★★@278・・・大好物

IMG_1517
厚切りさんま★★@157

IMG_1518
ぼたんえび★★★@560・・・プリプリ

IMG_1519
自家製シメサバ@189

IMG_1520
はまち★★@278

IMG_1521
エビアボガド軍艦★★@189

IMG_1522
北貝道の三種類(ほてて、ほっき、つぶ)★★★@560・・・貝大好物

IMG_1525
爆弾軍艦★★@189

IMG_1527
★★@236

IMG_1528
たらばがに★★★@660・・・極楽極楽

IMG_1531
お勘定は皿の裏面に埋め込まれたRFIDをSCANするだけですので、数秒で会計が終了します、ハイ。

やはりこのお店はスゴイです合格合格合格合格合格

それでは(^_-)

築地 魚竹

今日は「行列のできる店」の話です。
物見高いは江戸の華といわれ、下町っ子は昔から物見高くて行列があると何の行列だか確かめもしないで、ついつい行列の後ろについてしまうという性癖があります。
というのは前回のフリネタの導入文ですが、実は個人的にも並ぶのは好きです。
その中で行列してまで行ったお店を書き連らねてみます。

トリトン
まずtop batterは札幌時代月に最低一回は行っていた回転寿司の「トリトン」厚別店さんでしょう。ここは、北海道の旬が食べたい、北海道でしかたべられないネタが揃っているのです。
具体的なネタは、以下の通りです。

襟裳産 / 活つぶ 
函館産 / 真いか 
日高産 / 活たこ 
野付産 / 厚切りほたて
津軽海峡産 / やりいか
美幌産 / いももち 
苫小牧産 / 活ホッキ 
桧山産 / たらこ握り 
斜里産 / いくら
根室産 / こまいっこ 
厚田産 / にしん 
羅臼産 / たこ 
厚岸産 / さんま
増毛産 / 南蛮えび
釧路産 / 真たち
釧路産 / たこの子 
宗谷産 / タラ昆布〆 
網走産 / 山わさび

トリトン
私の特に大好物だったのは、活つぶ、活タコ、活ホッキ、南蛮海老の四天王でした。
今思い出しても、ヨダレが湧き上がってきます。このお店は、マジにナマラ美味かったべや、でした。
ちなみに、ここでの平均待ち時間は約60分でしたが、まったくヘッチャラでした。
子供達もお気に入りの漫画持参でじっと店員さんから名前をcallされるのを待っていました。
奥様情報によると2012年5月22日に「トリトン」さんが東京スカイツリータウン(東京ソラマチ) にグランドオープン予定だそうですが、東京で食べるともしかすると美味しいimageが崩れそうなので、次回札幌に行くまで再訪はとっておきましょう。

そしてsecond batterは鎌倉小町通りにある玉子焼「おざわ」さんです。
たしかグルメ番組を見て行こうと決めたのでした。
店の前まで来たらそれほど並んでないので、それではと並んだのが運の尽きです。
まさに悪魔に魅入られたとしかいいようがありません。
しばらくすると店内に入れたのです。結構早いねと思っていたら、そこから階段に行列が続いていました。階段の上まで上がるのに約1時間かかりました。さあこれで食べられるのかなお思いきやそうはいかなかったのです。食事の摂れる場所に行くためにはその隣室で待ちそこでまた蛇のトグロのような行列です。
そしてさらに待ち時間が50分追加されて、1時間50分後になって初めて食事の席に着きます。
これで食べられるのかなと思うでしょう(笑)
あまいあまい、ここで初めて正式に注文を申し述べるのです。
当り前なのですが、さらにここでも調理の時間が加算されるのですね。
結果、この悪魔の領域に迷い込んでから約2時間強経ってから、初めてこの卵焼きを食せたのです。
いくら空腹は最大の調味料というものの、正午に入店したのですが、時計の針は、はや14時を回っていたのでした、でした、でした。
おざわ
味ですか、甘すぎず美味しいのですが「卵焼きは卵焼きです」。
街のちょっと気のきいた和食割烹で食べるものと遜色はありません。
2時間強も行列して食べるものではないといのうが正直な感想です。
何で待ち時間を書いておかないのでしょうか・・・書いたら入らない、そう思います!
爾来、TVのグルメ番組での行列紹介店は絶対に行かない事に決めました。

ラーメン二郎
Last batterはご存じ「ラーメン二郎」三田本店です。
これは並んだというか大学が「ラーメン二郎」さんの側にあったためで必然的行列でした。
しかし仮面ライダーや宇宙戦隊のように「ラーメン二郎」さんがここまで増幅するとは、当時においては、夢想だにさえしていませんでした。
当初は三田の交差点の角地に奥さんとご主人(現総帥)でやられていました。
いつも忙しいので、壊れた眼鏡フレームが直せず、紐かなんかで括っていましたね。
したがってご主人が長時間下を向いて作業をしていると、眼鏡がずり下がってきてその度に、眼鏡買い変えなきゃ、といつもぶつぶつといいながらラーメンを作っていました。
当時二郎店舗の二階が雀荘で、そこで麻雀をしている時によく出前をご主人に頼んでいました。
出前が出来上がると、ご主人が自ら運んできました。This is an old story!

「ラーメン二郎」さんの味ですか、あらためて紹介することもないでしょう。
ちなみに私の体の左半身は二郎のラーメンでできています、ハイ。


Bruce Lee and Jackie Chan GO HOME!!!



今日は築地に出没です。
IMG_0876
行く途中のJRで子供の頃よく見ました、かつぎ屋さんに邂逅しました。
かつぎ屋さんは採れ立ての野菜、卵、作り立ての赤飯、餅等々の重い荷物を担いで、遠くは東京まで出かけてきました。
まさかまだ現存していいたとは驚きです。
ということで、今日のお店は大人の隠れ家的魚介料理の老舗「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_0870
お店の外観です。

IMG_0871
メニューです。

IMG_0872

IMG_0873

IMG_0874
本日のオーダー「銀鮭照焼」@800円です。
実はこのお店は以前から来たく来たくてたまらなかったのですが、いつ来ても満席で入れなかったのです。よって今回は満を持しての訪問です。
入店すると威勢のよい挨拶掛けがあり気持ちよく着座しました。
あらためて店内を見回すと、店内には凛とした緊張感がピンと張り詰めています。
いいですね、こういう雰囲気のお店が大好きなのです。
今日のオーダーは色々と迷ったのですが、迷った時は直球ということで「銀鮭照焼」に決めました。

この定食のmemberは、銀鮭焼、ワカメの酢の物、漬物、おみそ汁(油揚げ・一杯目)、おみそ汁(なめこ・二杯目)、ごはんの面々です。
味ですか、とても、すごく、きわめて美味しかったですネ。
銀鮭焼、ふっくらとしており、脂のりがよいため身離れがよく焼けていました。
皮もおいしく最後まで美味しくいただきました。
白眉は酢の物です。
こういうのをメリハリある味付けというのでしょうか、まさに江戸っ子の味というような極めてauthenticな一品でした。
味噌汁はよく出汁がとれており、たまらずお替りしてしまいました。
この様なお店はあまり紹介したくないなと、ついつい邪(よこしま)な考えが頭をよぎってしまいましたm(__)m

それでは(^_-)




晴海 2009年 ぽっぽっ屋 4th

今日は「最近の若者は車に乗らない」の話です
警察庁の統計によると2008年の20〜24歳の運転免許保有率は79.5%バブル絶頂期の1990年から4ポイント下がりました。特に男性の減少幅が大きく、約6ポイント減です。日本自動車工業会(東京・港)によると身分証明書代わりに免許を取るだけの人も増え、若者の車離れを懸念しているそうです。
バブル崩壊以降に学生時代を過ごした世代はムダを本能的に嫌う傾向があります。お金をかけずに生活を楽しむスタイルを格好良いと思っているそうです。移動手段としては自転車が支持されていて、運動にもなるし、何よりも維持費が安くすむとのことです。
自転車産業振興協会(東京・港)によりますと、若者が好むロードレーサーなどスポーツタイプ自転車の販売台数(標準的な店舗の1店当り)は08年度に5年前に比べて約3倍に増えました。
【日本経済新聞 エコノ探偵団】

なるほど最近の若者は自転車に乗るのですね。
私の小学生時代にサイクリングが流行りまして、確か小学生5年生の時ですか俄に麻疹(はしか)にかかったかのように自転車で全国旅行をしようと発心したのです。その決意を父親に話すと父親は、それはいい事だ。その為に学校は一年位遅れてもいいからやり遂げなさい、と言ってくれ、その当時の最先端モデルの十段ギアの自転車を買い与えてくれたのです。そして手始めにとある日曜日、横浜まで母親手作りのお弁当をもって足慣らしに行きました。片道40km弱ですが何とか到達し、疲労感もほとんどなく全国横断サイクリングもできるなと高をくくっていたのです。ところが帰路の銀座辺りでチエーンがはずれそれを直すのに小一時間もかかりました。そうなのです生来の不器用(ぶきっちょ)の為その修理に時間がかかったのです。そしてこんなことがしょっちゅう起きる全国横断サイクリングは無理だと即に翻心した11歳の夏でした。ちなみに私は今でも、悲しいくらい不器用(ぶきっちょ)です(笑)

ぽっぽっや32
今日はトリトンに行く用事があり、前回的にした「ぽっぽっ屋」の「カレーつけ麺」を食べにきたのです。


住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259
定休日:無休

ぽっぽっや41
ぽっぽっや42
「カレーつけ麺」@850です。

ぽっぽっや43
これは通常の「とんこつつけ麺」に業務用のカレールーをのっけたものみたいです。何故かといえばジャガイモが賽の目状で存在しそれが全く煮崩れてないからです。味ですか、美味いわけないじゃないですか、しかしEasyですね!かけ饂飩にカレールーをのっけってカレー南蛮との発想と一緒です。
もし私が調理人だったら、スパイスに工夫を凝らしトロミをつけたピザっぽいカレーつけ麺にしたでしょうね…これ以外に「ぽっぽっ屋」の荒縄麺にあうと思うのですが(マジ)

それでは(^_-)

晴海 ボンベイカフェ

今日は精神科医和田秀樹さんのお話です。
この人灘高から東大理三(医学部)と絵に描いた様なエリートです。
灘高での成績は、220番中140番です。東大理三は定員が90名ですから普通に考えたらいくら灘高といえども難しいのです。
しかし暗記式で受験数学を始めたら成績が急上昇、国語(20点程度)ができないのに最難関の理三で桜の花を咲かせました。
彼の試算では、東大二次での配点が英語120、数学120、国語80、理科120の計440点のところ英語100、数学120、理科50、国語20計290点(按分は小生試算)という点で合格したそうです。(週刊文春より転用)
しかし東大の数学がほぼ満点とはすごすぎ、しかも暗記でとったとは驚(おどろ)き桃の木山椒(さんしょ)の木ですね。
私も理科系だったので高校受験の時、友達と理三の問題を真面目に解いてみました。しかし解く以前に問題の意味そのものが分からなくてとても驚いた記憶があります。
私は、医学部目指す受験生には手先器用試験もやればいいのにと思う今日この頃です。

今日のお店はボンベイカフェ(マハラジャグループ)です。
住所::  東京都中央区晴海1-8-8晴海トリトン W-20
電話番号:03-5144-8256

そして獲物は「キーマ(挽肉)カレー」@980です。
NEC_0082
Powered by PICS


このお店の惹句は「健康に配慮した厳選素材を使用する本格的インド料理の数々。本場インドの5つ星レストランで腕を振るったシェフ自慢の伝統調理をどうぞ」です。

結論からいいます。このお店最低です。
味マズイ、料理遅い、サービス悪いのまさに三重苦状態です。ほぼ満員の店内をインド人スタッフが満足な対応できない中、ナンとサフランライスのお代わりを無料にしているので完璧に混乱泥酔?状態です。
特にナンを焼くのが時間がかかり滞るので、カレーができているのにナンの為に料理がだせません。さらにお代わりを頼むと当然にこない。カレーは冷めるは、冷め切った頃にナンがくるは、美味しくないは、という最低悪循環です。
スタッフの一人のNan君、多分日本語が上手じゃないのでしょう。日本語で呼ばれると何故か明後日の方を向くか、急に後片付けを始めます。
そして絶対に呼ばれたテーブルには立ち寄りません(笑)
真面目に仕事しろよといいたいですね。
味は今日のキーマカレー、酸味が強くて全く美味しくありません。なんでカレーが酸っぱいのでしょう(疑問
香りもないしただただ辛いだけです。ナンも芳しい匂いも甘さの微塵もありません
皆さんも接待飯でなければ行かない方がいいと思います。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ