下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

トランプ

亀戸 船橋屋 リターンズ

今日は「トランプの米国」です。
ElectoralCollege2016_svg
まずは米国の選挙制度です。
日本の首相が、ほとんどの国民の関係ないところで選ばれるのと違って、アメリカ大統領は、形は間接投票ですが「国民が選ぶ」という点が大きく違います。
ただ、アメリカ大統領選の面白いところは、絶対的な得票数だけで決まらないところです。
では、どのような決め方をするのかといいますと、アメリカの大半の州では「勝者独占方式」を採用していて、州ごとに得票数で上回った候補者が、その州の選挙人の票を独占(総取り)できるのです。
例えば、人口10万人に1人の選挙人がいるとしましょう。
その場合、
A州:1000万人
B州:500万人
C州:100万人
の人口に対して選挙人の数は
A州:100人
B州:50人
C州:10人
となります。
そして州ごとの本選挙で、民主党候補と共和党候補の選挙人の投票結果が以下の通りになったとしましょう。
A州:民主党候補60票、共和党候補40票
B州:民主党候補10票、共和党候補40票
C州:民主党候補0票、共和党候補10票
単純な選挙人の得票数で考えると、民主党候補70票、共和党候補90票で共和党の勝利となりますが、「勝者独占方式」では、州ごとに勝利した党候補が得票数を総取りできるので、結果は以下の通りになります。
A州:民主党候補100票、共和党候補0票
B州:民主党候補0票、共和党候補50票
C州:民主党候補0票、共和党候補10票
勝者独占方式で改めて計算してみると、民主党候補100票、共和党候補60票で民主党の勝利となります。
つまり、州ごとの選挙では一票でも多くの票を得られれば、その州に割当てられた選挙人の得票数を全部獲得できるという仕組みになっているので、単純に得票数で勝っていたとしても、勝利独占方式を採用することで勝利が覆ってしまうことがあるのです。

shutterstock_180341039
今回の選挙でも得票数ではヒラリーがトランプを上回っていましたが、選挙人獲得数ではトランプがヒラリーを上回っており、トランプの勝利が確定したのです。
得票数で対立候補を下回った候補が選挙人獲得数により大統領に指名されるのは、ジョージ・W・ブッシュがアル・ゴアを破った2000年アメリカ合衆国大統領選挙以来16年ぶりとなるそうです。
これは独裁政権を創らないアメリカのセーフティーネットだったのですが、こと2016年にはこのセーフティーネットが裏目にでてしまったのですね。

今回のトランプの勝利の要因を考えてみます。
一つには、世界中で自由に貿易をして、移民も受け入れて、グローバリゼーションを進めていきましょう、とやってきた結果が、今までずっとアメリカの地方にいた労働者の人の利益になっておらず、逆に見捨てられているという実感が「アンチ民主党」につながったのだと思います。
そういう人たちにからしますと、メディアに登場してくるセレブ、シリコンバレーの起業家みたいな人たちが「トランプは経済ナショナリストだ。早晩不景気になる」と叫んだところで「あなた方は金持ちじゃないか。私たち貧乏人の気持ちなんかわからないよね」としか映らないのです。
結局、貧しくなっていった普通の人たちの意見を吸い上げられてなかったのですね。
そうした中で上述のとおりグローバリズムの恩恵を受けられず、かえってその影響で貧しくなっていった地方の工場労働者たちを大量に創ってしまったのです。
リベラル政党が貧しい人を救えなかった事により、民主党の主要な支持基盤を失ってしまったのです。
これが民主党の大失策だったのです。
要は対立する政党がこけた事と中長期的な政策では共和党も民主党も大きくは変わらない事から消去法でトランプに票が流れたのです。

もう一つは、世界的に格差が広がっていることです。
巨大な格差とは、7人に1人が貧困層で、その反対で超富裕層に富が集まり続けています。
もっとも裕福な62人と下位36億人の資産が同じだそうです。
現在の世界の人口が約70億人ちょっとなので、世界の人口の半数の人と62人の資産が同じという驚愕な内容でした。実際にその36億人の平均資産が5万円、62人の平均資産が3兆円という膨大な差です。
米国も同様ですが、米国はその差がさらに顕著なのであります。
ここからうかがえるのは過度のリベラリズムが没落する大量の中間層をつくり、その悲観する中間層が社会を閉じようとする反リベラリズムの潮流を作り、そこにフォーカスしたポピュリズムの覇者であるトランプが勝利したというのが最大の要因であります。
日本でも平成26年には年収300万円以下の人口が全給与所得者の4割を占めているのです。
年収300万円以下の人口は40.9%です。
つまり日本の労働人口の40.9%は年間の収入が300万円以下であるという結果なのです。
日本の代表的な理由はやはり不況です。
要は現状のトップヘビーの状態を変えるのは難しいにしてもお金持ちから気持ちよくお金をはきだせるような税制やインセンティブを確立しないと景気回復は難しいのでしょうね。

PK2017012102100147_size0
1月20日に行われたトランプの大統領就任式典とその演説は、マーケットにとっては大きな材料にはしがたい内容でした。「彼も大統領になれば変わる」という一部の見方を「間違いですよ」と宣言するように選挙戦の時と同じような主張を、いつものジェスチャーで展開していました。
拳を振り上げる大統領就任演説を、私は初めて見ました。
CNNに出演していたあるコメンテーターは、「今回の就任演説は、共和党全国大会の時と似ている」と言っていましたが、多くのアメリカ人が持った印象は「まだ選挙戦を戦っているようだ」というものでした。
ISIS、ポピュリズム、ナショナリズム、ロシアや中国の台頭、移民の問題等が山積している今の世界においては、選挙戦の時のよう「資本家が悪いのだ」というようなワンメッセージで語るには、限界があります。
いずれにしましても今後のトランプの動静については大いなる注視が必要であります。
参考文献:HOW MATCH あなたの悩みと幸せを金額にすると、歩叶コラム、PRESIDENT Online、日本経済新聞、BuzzFeed


RAF'S PERFECT GIRLFRIEND



IMG_7324
今日は亀戸に出没です。
下町の甘味が食べたくてこのお店に入りました。
今日のお店は「船橋屋」亀戸支店さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂1-11 1F
電話:03-5579-8782
定休日:日曜日

IMG_7325
お店の外観です。

IMG_7327
店内の雰囲気です。

IMG_7328
メニューです。

本日のオーダー「貝柱とろろ山菜にゅう麺」@875円です。
「船橋屋」さんは文化2年(1805年)、初代勘助が亀戸天神参道に創業しました。
出身地の地名をとり、屋号を「船橋屋」と称しました。
以降五代目まで個人経営だったのですが昭和43年6月に株式会社になり、最新店舗の東京スカイツリーソラマチ店を含み15店舗を有す企業となったのです。
資本金20百万円、従業員180名。
社長の渡辺雅司さんは、昭和39年、船橋屋の長男として生まれました。
立教大学経済学部卒業後都市銀行に7年間勤務したのちに船橋屋入社し今に至るです。
趣味はボクシング・瞑想・蛍鑑賞・ルアーフィッシングと多種多様であります。
血液型はB型で二児の父であります。

IMG_7329
待つこと8分で「貝柱とろろ山菜にゅう麺」の到着です。
見た目、雅です。

IMG_7330
まずは「貝柱とろろ山菜にゅう麺」から頂きました。
胡麻の香りが和風だしで際立ちます。
山芋とろろのフワフワが口の中でとろけます。
貝柱のコリコリ感がたまりませんね。
これは美味しいです。
イケますよ。

IMG_7331
「まぜご飯」は梅の香りがたかく、少し硬めの炊き加減ご飯には梅の酸味が良く合います。
これも美味しいです。

IMG_7332
お楽しみは最後にとっておきます。
くず餅です。
秘伝の黒糖蜜と香ばしいきな粉をくず餅に加えることで、このくず餅が生まれ変わります。
何百回、何千回食べようとこのくず餅の美味しさは鐵板です。
大満足の下町甘味であります。
コスパも良くプチ満足のランチでした。

それでは(^_-)

神楽坂 龍公亭

今日は「トランプゲーム」です。
1f1024092c8faa23f41b4e7dd7873e2d
トランプさんが第45代米国大統領に就任しました。
なんでしょうね、この大統領は・・・
政策は思いつきと偏見を団子にして丸めたもので、その団子の中身は、経済ナショナリズム、反グルーバル主義、反移民、イスラム過激主義の徹底拒否、米国の利益を優先したゼロサム思考で構成されています。
そしてその実態と申せば、保護主義政策に加えて徹底した孤立主義です。
多分、トランプさんは、米国を世界の指導者という主役から降板させるのでしょう。
ロシアのプーチンさんは、かつて米国主導の国際秩序を批判して、多極化世界の構築を呼びかけてきましたが、仮に米国が世界の指導者から退けば、ロシアは国際秩序の一翼は担えても米国の代役は務まりません。
例えば、米軍がアフガンから撤退すれば、イスラム原理主義がロシアに波及するリスクは高まるし、イランの核合意が反故にされれば、核拡散の恐れが強まります。
世界の自由貿易が後退し、国際金融市場が混乱すれば、ロシアにも悪影響を与えるはずです。
トランプさんの型破りの言動は、ビジネスで成功を収めた自信からくるもので当初は面白がっていました。
ビジネス的損得勘定で外交ができるのかと応援もしていました。
しか〜し、最近では新種の火種を作るのではないかと杞憂しています。
かかる中、米国で「三権分立」がキチンと機能することを願ってやみません。
三権分立とは、権力の乱用を防ぐために三権(立法権、行政権、司法権)をそれぞれ分散したものです。
たとえば、法律を自由に決められて、自由に政府を動かせて、自由に人を裁判でさばけるなんていう状況はまさにブラック国で、これでは独裁政権と言わざるを得ません。
それを避けるために権力を分散し、それぞれの権力が相互に抑制、均衡させるシステムがきちんと起動する事を信じています。

加えてジャーナリズムの復活です。
トランプ当選を読めなかったジャーナリズムは真摯に反省すべきです。
国家権力の腐敗を防ぎ、政府の横暴を監視・批判しながら市民の声を代弁する役目を担ったジャーナリズムなのに、いまやはそうした輝かしい座から滑り落ち、三大権力に次ぐ、第四の権力になり下がってしまいました。
換言すれば三大権力を補完する存在になってしまったのであります。近年では、ジャーナリズムは政府や企業に恐れられることによって、権力を維持しようとしているようにすら見受けられます。
Twitterのような自作自演の言論操作の媒体に負けないよう、臥薪嘗胆で巻き返し真実の報道に徹するべきです。
まだトランプゲームは始まったばかりなのですから。

trump4
昨年、あるアメリカ人とトランプさんの事を話しました。
彼曰く、トランプはポピュリズムの推進者のように思えるが、彼は成功した実業家でその実態は大金持ちである。従って、今後の政策は、富裕層に有利な方向に誘導するし、できもしない公約(メキシコの壁等)もすぐに化けの皮が剥がれる。
これによりイスラム国含めて彼を嫌いな人を沢山創りすぎた。
このトランプゲームを終わらせるのは、一発の銀色の銃弾だよ、と一刀両断に切り捨てていました。
個人的には、彼の政策は目標を実現するようには設計されていない、と言わせていただきますし、このコメントは正鵠を射ているでしょう。
なお、政治ネタは極力避けていたのですが、たまには許してください。


ナツカシぃ



IMG_7334

IMG_7349

IMG_7350

IMG_7351
今日は神楽坂に出没です。
今日のお店は、明治22年からの120年以上の長い歴史を持つ老舗中華料理店です。
今日のお店は「神楽坂 龍公亭 」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-5
電話:03-3260-4848
定休日:年末年始

IMG_7336
お店の外観です。

IMG_7338
店内の雰囲気です。

IMG_7339

IMG_7340
メニューです。

今日のオーダー「水餃子」@600円あんど「五目チャーハン」@1,300円です。

IMG_7342
調味料の面々です。

IMG_7345
待つこと9分で「五目チャーハン」と「玉子スープ」の到着です。
見た目チャーハンに輝きがありません。

IMG_7346
それでは実食です。
ご飯のあおりはいいですね。
加えてさすが老舗での仕事で熱々に仕上げています。
具材のチャーシューと隠し味のザーサイは高評価です。
で〜も、後半は熱さが半減してそれにともない味も半減です。
大ぶりの海老が×5匹ありましたが際立つものではありません。
ご飯一粒一粒に油分のコーティングがされていないので冷めやすいのですね。

IMG_7348
待つこと10分で「水餃子」の到着です。
皮がイマイチです。
水餃子は麺類で皮が主役と言いますが、皮がモソモソしています。
私の好きな水餃子の皮はツルツモチモチです。
ちょっとこのお店の考え方とは違います。
餡も平板です。
味ですか、残念ですが私の好みではありませんでした。
いくら老舗といえども、もう少し「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」に励んでいただきたいものであります。

それでは(^_-)

月島 ラーメン「朋」

今日は「retirement haven」です
地元の三田会に入って約半年が経過しました。
実は少し驚いた事があります。
この三田会には現役の人が少ないのです。
色々なお誘いが不定期にメールで送られてくるのですが、催行日がすべて平日なのです。
そこから読み取れるのは参加する皆さんは、すべてhappy retirementされた方々なのです。
確かに同じ社中(慶應義塾に関係する人たちの総称)の人間であれば気心も知れていますし、強いていえば「長幼の序(先輩後輩の上下関係)」だけ気を遣えばよいので、気軽にお出かけできるのです。
しか〜しリタイアしたからと言って平日にお出かけする日常は嫌だなぁと思っています。

米大統領選は投票前の最大の山場であるスーパーチューズデーを3月に終え、民主共和の候補が事実上決まりました。ちなみに候補者は、ヒラリー・クリントンは現在68歳、トランプは69歳、サンダースは74歳で3人とも「婆さん爺さん」です。しか〜し皆さん老け込んでいるでしょうか、「No!」ですよね。
世界で一番熱い「婆さん爺さん」と言えます。

この間TVで桃井かおりさんが75歳まで役者をやると言っていました。
e0042361_229951 - コピー
今までは自らの出自がシリアスな、あるいはオルタナティブな映画を製作しつづけていたATGという事から、その路線に沿った女優「桃井かおり」を演じていたそうです。
彼女自身は、その当時の自らの演技について「私にとって演じるとは、毒を吐くこと」と語っています。
妥協を許さない性格で、仕事に厳しいため、たびたび共演者やスタッフと衝突していたそうです。
過去に「自己中心的で生意気」とマスコミに叩かれたことが何度かありましたが、桃井さんは「スタッフに好かれるために仕事しているわけじゃないから」と一蹴していました。
しか〜し、そろそろそのぬいぐるみを脱いで地での女優を演じてみたいとの決意を述べていました。
現在、活動の拠点を10年前からアメリカに移して、出演する映画はインディーズのみだそうです。
しかも自らが気に入った監督の作品しかでないというこだわりです。
一方の監督の方も日本の「桃井かおり」を知らなくそういう意味で五分と五分の付き合いだそうです。

話は振り出しに戻りますが、個人的には「座して死を待つよりも、打って出て活路を見出せ」であります。
私のhappy retirementはまだまだ先でありますが、今まではビジネスマンという縫いぐるみを着て自らを演じています。しか〜しその縫いぐるみを脱いだらどうなるのでしょうか。
上述の「桃井かおり」さんのようなチャレンジグな事ができるのかと考え込んでしまいます。
来たるXディに備えて私もホンマモンの漢(おとこ)になるよう更に自らを磨いていこうと思う今日この頃であります。

We have too many high sounding words,
and too few actions that correspond with them.
私たちは仰々しい言葉をたくさん並べるけれど、
それにふさわしい行動は全くしていないのです。
Abigail Adams(アビゲイル・アダムス)


感動しました・・・



今日は勝どきに出没です。
IMG_2659
就活ですか全員おなじ服装でいますと、まるでファッショの国みたいですね。
たまには美味しい「炒飯」でも食べるかと「どさん子」さんに行きましたら、居抜きでお店が変わっていました。
今日のお店はラーメン「朋」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話:03-3532-0090
休日:水曜日

IMG_2716
お店の外観です。

IMG_2719
店内の雰囲気です。

IMG_2720
メニューです。

今日のオーダー「チャーハン」@680円です。
前のお店の「どさん子」は家庭の諸事情で継続するのが難しくなり、そこで懇意の「どさん子」本部に相談しましたところ、本部の部長と課長がお店を継承したようです。
記憶で申せば店名の「朋」は店長の名前から一文字取ったみたいです。

待つこと3分で「チャーハン」の到着です。
IMG_2721
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_2722
さすが元「どさん子」本部の部長さんですね、良くあおられています。
ご飯が立っています。
味付けは従来よりちょっとワイルドです。
と申しますのは、意図的にところどころに醤油のコゲ目を入れています。
これですよねB級グルメの炒飯は・・・
好きな味です。
スープもかなりのレベルです。
美味しいです。
また来ましょう!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ