今日は「長寿」の話です。 
人間の正常な体細胞は、だいたい50〜70回ほど分裂できるようです。「テロメア」が一定の長さ以下になると細胞分裂は止まります。「テロメア」は、そんな性質から「分裂時計」や「細胞分裂の回数券」と呼ばれるそうです。

寿命を調べる検査
「テロメア」とDNAなどを調べることにより、1年ごとの寿命がわかるそうです。テレビでは、 韓国 ソウルのグッドジーンクリニックへ被検者の血液を持参して検査を受けていました。料金は10万円とか。高いか安いかは、知りたい人の考えによりますね。

この寿命も今のような生活を続けていると、そんな寿命だろうというものです。「テロメア」がなくなるとガンになることもあるそうで、もし調べて短命とわかったら生活改善をすぐにする必要がありそうですね。

寿命が1年単位でわかってくると、生命保険はどうなるのだろうか?という疑問が浮かんできました。夫曰く、「そうなったら、保険会社がみんなの血液検査をして寿命と照らし合わせて保険料を徴収するしかないな」と。

寿命がわかる方がいいのか、わからない方が幸せなのか、進歩する世の中に気持ちの方がついていかないようです。

長寿の秘訣

長寿になるためのポイント
1.遺伝的要素
2.運動
3.食事
4.ストレス

長寿になるための食事のポイント
1.食べ過ぎない
2.酒を飲みすぎない
3.塩分をとりすぎない
4.動物性脂肪をとりすぎない
5.古くなった油脂を含むものを食べない
6.カルシウムを十分にとる
7.適量のビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをとる
8.繊維の多い野菜を食べる
9.良質のたんぱく質をきちんととる
10.腸内細菌に気をつける
11.多種類のものをバランスよく食べる
12.規則正しくとる
*食べすぎは体の中に活性酸素がたくさんできます。食べすぎによる病気には、糖尿病をはじめ、通風、心筋梗塞、高血圧、脳梗塞、脂肪肝、変形性関節炎、イビキなどがあるようです。

高齢者、速く歩けば長生きに
2011年1月9日の読売新聞によると、米ピッツバーク大学の医師らの研究で、65歳以上の男女3万4485人を調査したら、速く歩く人ほど余命が長かったそうです。

普通に歩いた時の速さは、平均で秒速0.92m(時速3.3km)でしたが、どの年齢でも秒速1m以上で歩く人は比較的長く生き、歩くのが速い人ほど余命が長かったそうです。

心肺機能や筋力が強いから速く歩けるからで、歩行速度が健康度の目安になったと考えられるようです。

歩行速度に注目すれば、高齢者の健康管理などに役立つと、研究チームは話しています。
「Tomy’s HP」さんより転載

「テロメア」とDNAなどを調べれば人間の寿命が分るのですネ。
どうなのでしょうか、人間は寿命が分らないから毎日生きていけるよう気がするのですが。
私は両親が短命でしたのであまり長生きはしないと思います。
最近体も壊れ始めてきたのでもう長いことはないのではと思います。
そろそろお酒止めましょうかしらん?


稲妻画像です、迫力ありますね。
セルビアの稲妻

稲妻

稲妻


今日は晴海トリトンに出没です。
行列のできるイタ飯屋さんがあるとか、折角きたのですから私も入店してみました。
ということで、今日のお店はこちらSoup Cafe「カルメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-8
電話:03-5144-8257
定休日: 無休

IMG_8703
お店の外観です。
お店の惹句です。
モチッとした食感が自慢の自社製生パスタを使用したパスタハウスです。晴海トリトンスクエアのオフィスビルにある当店は、平日はオフィスワーカーの方々、休日は近隣にお住いの家族連れやトリトンに来られた方で賑わっております。特に平日のお昼はOLやビジネスマンの方々でごったがえしております。客席が26席しかないため満席の時は店の外に並んでお待ちいただいている状況です。少しでも早く召しあがっていただけるよう日々努力を重ねております。また休日(土曜・日曜・祝日)にはサラダ・パスタ・ミニドリア・ソフトドリンクのお得なセットもご用意しております。パスタはもちろん、ピッツァ、前菜、ワインもご用意しておりますので晴海トリトンにお越しの時は気軽にお立ち寄りください

IMG_8699
今トリトンではCurrryFestaを開催中です。

IMG_8690
メニューです。

IMG_8702

IMG_8696

IMG_8697
今日のオーダーは「夏野菜のぺペロンチーノカレー風味」@990円です。
入店して驚いたことに26席超満員の店内に男性は私含めて3名です。
圧倒的に女性に支持されているお店です。
着いてから20分程で着皿です。
盛り付けが綺麗ですね。果たして美パスタなのか美味パスタなのか・・・
野菜がゴロゴロ入っています、トマト、オクラ、シメジ、ピーマン、ベーコン、ニンニク、エンギリです。
前フリはこの程度にして実食です。生パスタは熱すぎますね、感じとして80度近くあるのでは、でもモチっとした食感にやられてしまいました。
野菜がおいしい、特にほっこりニンニクのあまさ、焼きトマトの酸味は白眉です。
味は全体に控えめですか、素材勝負という感じです。
CurrryFesta参加作品ですのでもう少しのカレーのパンチを期待したのですが、このような味の雰囲気も良いでしょう。

それでは(^_-)