下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ティム・ホー・ワン

銀座 そば俺のだし リターンズ

今日は「日比谷DE半日」の話です
IMG_E8011
とある日曜日、ガイド研修の為に銀座にやって参りました。
今日の研修は英語の座学(講師の話しを聞くだけというスタイルの授業)です。
英語の座学ですから当然のことながら授業はすべて英語で行われます。
先生から、上皇は英語ではなんと説明したらよろしいですか、と指されたので私は、the Emperor Emeritus(上皇)です、と答えましたら、正式にはそうでしょうが多くの外国人は分らないと思います。
このような時にはthe Emperor’s father(天皇陛下の父)若しくはthe prior Emperor(前の天皇)と言いましょう、と言われたのです。
英語は正しく話せばいいというものではないのですね。
逆にこのよう対応が外国人相手のガイドには必要なのです。

IMG_8010

IMG_8009

IMG_8002

IMG_8004

IMG_8005

IMG_8008

IMG_8012
授業が終わったので日比谷公園で行われていたご当地鍋フェスティバルに立ち寄りました。

IMG_8006

IMG_8007
個人的には「山形の牛すじ煮」に座布団×1枚であります。

IMG_8013

IMG_8017

IMG_8015

IMG_8016
実は今日白蓮が家に遊びにくるのでお土産を買わなければなりません。
白蓮は栗が好きかしらんと考えていましたら、このお姉さんが「栗(九里)より(+四里)うまい十三里」と歌っていましたので、京都の栗を求めました。

IMG_8020
お腹が空いたのでランチです。
最近、懐が温かいので帝国ホテルで食事をしようと思ってホテル内に入りましたら、どこのレストランにも列ができていましたので見送りしました。

IMG_8023

IMG_8024
そこで私の大好きな「紅鹿舎」さんのピザトーストでも食べようかと思いましたらドリンク付きで@1,450円(税抜き)という日曜日料金になっていたのでこれまた見送りました。
さすがにピザトーストで@1,495円(税込み)も払う気はなくこれまた見送りました。

結局薬局放送局で今日のランチは「そば 俺のだし GINZA5店さんになりました。
今日は行列もできていないし丁度良い込み具合です。

住所: 東京都中央区銀座5-1 GINZA5 B1F
電話:050-5592-5223
定休日:無休(不定休)

IMG_8025
お店の外観です。

IMG_8032
店内の雰囲気です。

IMG_8027
メニューです。

今日のオーダー「俺の肉そば」@820円です。
IMG_8028

IMG_8030

IMG_8029
このお店はキャシアーで支払いを済ませるとキャフェテリア形式で蕎麦ができるのを待って受け取ります。
待つこと0分で「俺の肉そば」ができ上がりました。
玉子は1個まで無料になっていました。
「俺の肉そば」は、どんぶりに黒っぽい蕎麦が大量にのっています。
その上にはたっぷりとした固まり状態の肉、ドサッとした白ネギ、そしてこれでもか、という刻み海苔がトッピングされています。
つけ汁はかなり甘みの強い蕎麦汁にラー油を張ったものです。

IMG_8031
それでは実食です。
量が多すぎます。
そばも肉も美味しいのですが後半は飽きてきました。
どうなのでしょうか・・・
B級グルメの立ち食いお蕎麦屋さんというと整理で宜しいかと思います。

IMG_8033

IMG_8001
食後の後、白蓮パパとママの手土産も買い求める為に日比谷に戻りました。

IMG_8034

IMG_8043

IMG_8036

IMG_80421
今日はこのような白装束の妙齢の女性がある場所に吸い込まれていきます。
今日は宝塚の千秋楽のようです。
宝塚の千秋楽には、ファンクラブの方は全身真っ白な装いで見送るのが定番になっています。
また、卒業される生徒さんご本人も、千秋楽は白いお洋服で楽屋入りされることが多いみたいですね。

IMG_8038
個人的には暴走族の集会にかぶって見えました、ハイ。

IMG_8035
そして手土産はここのお店で求めました。
今日も殺人的な行列ができています。

IMG_8044

IMG_8045

IMG_8046
求めたのは添好運(ティム・ホー・ワン)のチャーシューパオです。
このお兄さんはVサインをしているのではありません。
2箱で宜しいのですかと確認しているのです。

IMG_8066
帰宅しましたら白蓮は奥様とオママゴトをしていました。
白蓮はオママゴトとダンスが好きなようです。
ちなみに私が京都迄?行って買ってきた 「栗(九里)より(+四里)うまい十三里」はお口に合わないようでほとんど食べませんでした。
贅沢なやつであります・・・

それでは(^_-)

日比谷 添好運(ティム・ホー・ワン)

今日は「オトコオンナをヤスク見てはいけない」の話です
DsgMosWUwAA1-G2
この街という枠のなかにやすやすと身を置いて、自分の場所を疑うという気持ちは全く起こらない。
そしてこの型に属する女が、この街では最も数多い。
娼婦たちの何10パーセントは、精神薄弱者である、という調査表が公開されたことがあるが、この二つの事実は関連があるかもしれない。
「原色の街・驟雨」吉行淳之介著より転載

86e303cd24b
物議を醸し出す紹介文ですが昭和26年の作品ですからご寛容ください。
子供の時に売春婦という方々が私の周りにはそれなりにおられました。
正しくは元売春婦ですが。
私の幼少の頃の隣のよく怒鳴り声をあげるお婆さんもかつてその生業をなされていたそうですが、お婆さんの相貌から往時の面影を見る事はできませんでした。
子供だったのでその職業の実態を知らないまでも、男性を相手にする事だけはなんとなく理解していましたので、当時の私はそのお婆さんには客がつかなかったのでこのような意地悪な性格になったのだろうとぼんやりと思っていました。

plm0150_0
私は中学校から剣道を始めました。
正しくは道場剣道ですが、夜の稽古が終わると、家に早く帰りたいので「連れ込み旅館」街のど真ん中を抜けていくのです。
ところが私の道場がある辺りは貧民街と隣接していたのです。
このような貧民街でも夜をひさぐ女性求を求める男性はそれなりにいたのです。
その需要に応える為に立ちんぼという街娼さん街の角々におられました
貧民街で商売をしているので料金が安かったのだと思われます。
その為か年輩の女性が多かったように覚えています。
若い女性はもっと料金が獲れるそれなりの地面に立っていましたので。
さら〜に、安い料金でその欲求を満たすために男娼さんもおられました。
酔ってそのような女性(男娼)を買われるので性別はわからなかったようです。
往時はホモセクシュアルの需要は地中化しており夜行生物のようにひっそりと息を殺してぬめっとしたように生息していました。要はホモとのはざまでのダマし行為だったのでした。
当然のことながら私たちが通るころにはヘベレケオジサンはいませんので男娼さんには客がつきません。
所謂お茶を引いていたのです。
その暇な男娼さんの前に通るのが私たち剣道中学生なのであります。
そこで彼女らは私たちを見かけると、お稽古ご苦労さん。
今度は夜の剣道の稽古をしましょう。
勿論、学割がきくわよ、と私たちからかうのです。
毎回、毎回、それを言ってはからかうのでいい加減腹が立ってきます。
昇段試験の時は木刀を持っていたのでそれで退治してやろうかと思っていました。中学3年で身長も170儖幣紊△蠅泙靴燭里如∨が一、男娼さんが反撃しても負ける気持ちはさらさらありませんでした。
ある時、この話を酔って帰ってきた父に話しましたら、笑い飛ばすかと思いましたら、真剣な顔で、そのような商売をしているといっても男だ。
まして年の頃なら軍隊に行っているので甘くみるな。
お父さんの友達でもオカマをからかったら、向こうが本気で怒りだして大怪我した人間を沢山知っている。
まして男娼は女だと思って買った客が男だと分かったら、その金の支払いで揉めるので彼らは喧嘩慣れしていて且つ強いのだと言い、今後絶対に男娼とからむな、と真顔で諭されたのです。
このような軽い話で父親に親身に意見されたのはこれが最初で最後であります。


アメリカン・フィーリング サーカスBestステージ



IMG_7990
今日は銀座に出没です。
時間が良かったのかいつも長蛇の行列ができているこのお店に人が立っていません。
お腹はたいして空いてなかったのですが入ってみました。
今日のお店は「添好運」日比谷店さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館 1F
電話:03-6550-8818
定休日:年中無休(ただし施設の休館日有り)

IMG_7992

IMG_7976
お店の外観です。

IMG_7978 (2)1
店内の雰囲気です。

IMG_7980
メニューです。

今日のオーダー「チャーシューパオ+海老のチョンファン」@580+@680=1260+126(席料)+138(消費税)=1,524円です。列ができてなくても店内は満席でした。

IMG_7979
このお店は初めてなので中国人スタッフに何がお薦めかを聞いて、そのままオーダーシートに書き入れました。
中国人スタッフの日本語はまずまずです。

IMG_7982

IMG_7985
待つこと6分で「チャーシューパオ」が到着しました。
見た目メロンパンのようにも見えますが、その印象はそれほどまちがっていなく、皮はほのかに甘さがあります。
パオの餡のチャーシューはその分濃い味付けで皮の甘さとバランスを取っています。
これは絶品ですが3個頂きますと最後は飽きてきます。

IMG_7987

IMG_7988
待つこと8分で「海老のチョンファン」が到着しました。
見た目の透明感にノックアウトされました。
口に入れますとツルリとしたライスペーパーと海老の食感のコラボレーションでさら〜にノックアウトされました。
これまた絶品ですがこれは何個でもいただけます。

IMG_7991

IMG_7993
持ち帰りができるということで会計をしてお店の脇にあるテイクアウトコーナーで家族のオミヤを買い求めました。
求めたのはチャーシューパオです。
当然のことながらこのオミヤで家族もノックアウトされました。

それでは(^_-)

新橋 カフェテラス ポンヌフ リターンズ

今日は「GWは銀座DE」です
IMG_6998

IMG_6999
GWの初日は所用が有って銀座に出没です。
所用は思いのほか早く終わりましたので銀座を逍遥(気ままにあちこちを歩き回ること)しました。

IMG_7024

IMG_7020

IMG_7019

IMG_7022

IMG_7021

IMG_7023
まず向かった先は切腹最中を求めて「新生堂」さんです。
これは和菓子の好きな白蓮ママへのお土産です。
この最中は私たちの業界ではなくてはならい必須というか必定な和菓子です。
ややこしいクレームにはこの和菓子を持って行って「本来ならば腹かっさばいてお詫びする処ではありますが、此度(こたび)はこの最中に腹を切らせましたので、これに免じてお許しくださいませ」と謝ると、クレームの相手が毒気を抜かれて一件落着となる優れモノなのであります。
味は甘さ控え目でとても美味しいのでござるのであ〜る。

IMG_7026

IMG_7027

IMG_7030

IMG_7031

IMG_7034

IMG_7035

IMG_7036

IMG_7038

IMG_7039

IMG_7041

IMG_7042

IMG_7043

IMG_7044

IMG_7045
その後、日比谷はグランドオープンしたばかりのミッドタウン日比谷に出向きました。
想定していたより人は少なくて拍子抜けしました。
ここは東宝が「ここから始まる映画の新世紀」と高らかに宣言している通り、東宝グループ創業の地において日比谷の映画・演劇の歴史を継承しながら、東京宝塚劇場、シアタークリエといった演劇の劇場と一体になり、日本が世界に誇れる映画・演劇の街「HIBIYA・ブロードウェイ」を目指しているみたいです。

IMG_7046

IMG_7047
日比谷シャンテ前の広場が、「日比谷ゴジラスクエア」として一新していました。
ゴジラも以前よりだいぶ巨大になっています。

IMG_7048

IMG_7049

IMG_7050
美食の街・香港で人気の点心レストラン添好運(Tim Ho Wan・ティム・ホー・ワン)」が「世界一安いミシュランレストラン」として、日比谷のショッピングセンター「日比谷シャンテ」にオープンしました。
この日の入店時間は90分だそうです。
当然のことながら並びませんでした。
「添好運」 代表メニュー を紹介しておきます。
d18232-315-123837-5
ベイクド チャーシューバオ (写真左)
生地で叉焼(チャーシュー)餡を包んだ「添好運」を代表するメニュー。
表面をオーブンで焼くことで生まれるメロンパンのようなサクッとした食感が特徴です。
海老と黄ニラのチョンファン(写真中央左)
飲茶の本場香港で大人気メニューの 「腸粉(チョンファン)」
薄く延ばした米粉生地で海老や黄ニラを巻いた、ツルンとした食感が味わえる一品です。
大根餅(写真中央右)
大根の美味しさを最大限に引き出し、やわらかく、もっちり食感に仕上げた大根餅です。
干し海老の風味がアクセント。表面を香ばしくパリっと焼いてお楽しみいただきます。
マーライコウ(写真右)
オールドスタイルのレシピで仕上げた、フワフワのたまご蒸しケーキです。

IMG_7057
その後は白蓮のおうちに先ほど買った「切腹最中」を持って訪問しました。
チャーリーと遊ぶ白蓮を見て嫌われない時間内で退散しました。


IMG_7002
という事で今日のランチです。
今日はロメスパの頂点、新橋の 「カフェテラスポンヌフ」です。
このお店の名前「ポンヌフ」とは、フランス語で「新しい橋=新橋」ということらしいですよ。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
電話番号:03-3572-5346
定休日:日曜日 

IMG_7018

IMG_7005
お店の外観です。

IMG_7004
相も変わらぬ大行列であります。

IMG_7013

IMG_7008

IMG_7009

IMG_7012

IMG_7015
店内の雰囲気です。

IMG_7010
メニューです。

今日のオーダー「スパッゲティ・ナポリタン」@600円です。
IMG_7014
待つこと0分でテーブルセットが用意されました。

弊ブログで確認しましたら4年ぶりの再訪です。
IMG_7016
待つこと5分で「イタリアン」の到着です。
具はマッシュルーム、玉ねぎとベーコンです。
見た目シンプルなロメスパ(焼きスパ)です。
これ以上これ以下でもないでしょう。

IMG_7017
表面に大量のパルメザンチーズをかけ回していただきます。
炒めスタンダードなナポリタンは油断しなければシャツに飛ばない系です。
久しぶりに頂きましたらあまり感動はありませんでした。
ちょっとケチャップソースがくどいですねあんど量が多いですね。
もしかしましたら体調がよくないのかそれとも期待が過剰だったのかはわかりませんがこんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ