下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

チンドン屋

神田 五指山

今日は「プロレス好き其の壱」の話です。 
実は私プロレスが大好きだったのです。
はるか昔はよく友達とプロレスを見に行っていました。
そうそう子供の頃の下町では女子プロレスの興行がよくありましたよ。隅田公園に来ていましたね。
たしか昔の女子プロレスのエース「小畑千代」さんが下町出身(台東区)だったせいですかね。
それとかならず小人プロレスが一緒にprogramされていて、彼等の道化ショウを楽しんでいました。しかしその小人プロレスを見ていると口さがない大人達は、あいつらってあんな体だから、長生きできないんだぜ、といつも言っていたものですから、それを聞く度に心が痛んだものです。

閑話休題おはなしはもどりまして
プロレスを見に行くとまずやるのはリングにあがりマットの硬さの確認です。
当時のマットってベニヤ板の上にちょっと柔らかいシートが乗っているだけでとても硬いのです。
よって試しにリングで受け身をとると体中がとても痛いのですネ。
それとリングロープは弾力性がないのです。あの重量のプロレスラーですから柔らく見えるのですが、実際はかなり剛性があるのです。ですから私達がリングロープでリバウンドを取るとすっ飛ばされてしまいます。

吉村道明
プロレスを見終わると好きなプロレス選手のサインをもらいに控室にダッシュです。
私達はアントニオ猪木選手のサインが欲しくて、控室前で、猪木さん、出てきてサイン下さい、と大きな声で友達と叫びます。
しかし猪木選手はでてきません。かわりに上半身Tシャツで下半身ブラブラむき出しの近大相撲部出身の吉村道明選手がでてきて、なんじゃい、猪木、猪木ってうるさいのぅ、ワシが猪木じゃ、サインかい、一枚百円で書いちゃろか、とおもむろに言います。すると皆で、猪木選手だせ、あんたは吉村選手じゃないか、と言い返すと、お前ら、子供じゃのぅ、ワシは普段はマスクしてるんじゃ、本当の顔がこれなんじゃい。と笑いながら言います。
するとある子供は、猪木選手は、××むき出しで人前にでてこないよ!と言い返しますと、馬鹿こけ、ローマの頃のレスリングは素っ裸でやってたんじゃ、これが本当のリングウェアじゃ、そんなことも知らんのか。俺みたいに勉強せんとちゃんと大学に行けんぞ、と混ぜ返すのです。
とこのような他愛のないやり取りの応酬が続くのです。
後で分ったのですが、当時の猪木選手は倍賞美津子さんとお付き合いしていました。
そういことでマスコミ等の取材攻撃をかわすために猪木さんは吉村さんにお願いして控室前の応対を頼み、当の本人は裏口からこっそりと脱出していたようです。


今日は神田に出没です。
IMG_0577
珍しいですね、チンドン屋さんです。
今日のお店は麻婆料理の絶巓(ぜってん)「五指山」です。

住所: 東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル 1F
電話:03-3292-0080
定休日:日曜日、突然休が得意

IMG_0597

IMG_0596

IMG_0582
お店の外観です。

IMG_0591
店内の雰囲気です。

IMG_0590
メニューです。

今日のオーダー「麻婆土鍋ご飯」@900円です。
世田谷の松蔭神社前にあった中華の有名店が、神田に移転してきたのがこのお店のようです。
店名の五指山とは中国海南省にある市の名前で、孫悟空が閉じ込められた山としても知られているそうです。

IMG_0593

IMG_0595

IMG_0594
店内はご主人が一人、ホールスタッフが一人という少数精鋭operationです。
待つこと15分で着丼です。
見た目、地獄の血の池状態です。
こんなの食べて大丈夫なのかなと気になり店内を見回したところ、血ヘドはいてのたうちまわっている人もいないようなので安心しました。
それでは気を取り直して実食です。
スプーンですくって一口頂きました。
あれ辛くないじゃん、と思いきやそれは瞬時の蜃気楼でした。
徐々に花椒の辛さをmainに他の唐辛子系の香辛料が口内を襲います。
なにかほのかに味噌の味わいもあり、美味しいかなと思いましたが、その味感を最後に私の舌は脳に情報を送ることができなくなりました。
要は完璧に舌が痺れて味が分らなくなったのです。
これって食べものなのでしょうか(笑)
誤解されるといけないので正しく言いますが、食べ続けているので美味しいとは思うのです。しかし味が分らないのに食べ続けている行為は如何なものかな、と思う今日この頃でありました。

それでは(^_-)

新御徒町 白根屋 3rd

今日は「泥酔」の話です。
私は経験が無いのですが(嘘)、何で酷く酔っ払うことを泥のように酔っ払うという表現をするのでしょうか。実は、泥酔の「泥」は、土の泥の意味ではなく、空想上の虫の名前なのだそうです。この虫は南の海に生息し、水の中では活き活きしていますが、水がなくなると、骨がないためにフニャフニャになって、泥のように積み重なるのです。
このフニャフニャした様子が、酒に酔いつぶれた姿に似ているというところから「泥酔」という言葉ができたのです。
ちなみに酔っ払いを「トラ」ということがありますが。これはお酒を「ささ」と呼ぶことからきた洒落です。ささ(笹)にはトラ(虎)がつきものなので、酔っ払いは「トラ」というわけです
「雑学の王様」幸運者編より転載

今日のお店は、私の生誕の地でB級グルメの頂点佐竹「白根屋」さんで連食です。
前回書いた通り、私は神田で生まれてここ佐竹に4歳まで住んでいました。「白根屋」さんがある佐竹商店街は当時東日本第二位の商店街でその殷賑は筆舌に尽くしがたいものがあります。年末の大売出しなどは、チンドン屋さんが4、5連来てこの商店街を一日中練り歩いていたものです。That’s old storyですかね(笑)

住所: 東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

白根屋31
お店の全景です。

白根屋32
店内の雰囲気です。

白根屋33
今日のオーダー「たんめんラーメン」@460です

白根屋34
ピーマン、白菜、筍、モヤシ、人参、ネギをふんだんに使ったこの一品は野菜のシャキシャキ感で口内が破裂するが如きです。豚肉はカレー用のコマ豚を使用しているので弾力があり尚且つJuicyです。特筆すべきは、絶妙な塩加減です、多分このスープにあと1mmg塩を加えたらお釈迦でしょうと思わせるほどの匙加減です。
この美味しさ、タマリマセンね
この味でワンコインでお釣がくるのですよ、また寄りましょう、ご馳走様でした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ