下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

チャーメン

栗山町 はらへー太

今日は「Sentimental memory in Hokkaido vol.1」です。
IMG_5101

IMG_5097
零下8度の札幌に来ています。
この厳寒の地に立っておりますと、過去の色々なできごとが思い出されます。
今から28年前に札幌に転勤になりました。
着任して間もなくして色々なカルチャーギャップを経験しました。
まずは神輿が担げない事、もんじゃが食べられない事、かた焼きそばが食べられない事、さざえの壺焼きが食べられない事、コロッケに砂糖が入っている事・・・他にもたくさんありますがこの程度で止めおきます。
神輿についてはvoI.2で書きますが、まずはもんじゃがない事は驚きを禁じ得ませんでした。
仕方がないので、自宅で作るかと、食材を買い求めたのですが、もんじゃを食べる為の肝心かなめの小ベラ(別名ハガシ)がないのに気が付き、当時の市内最大のデパートである「丸井今井」さんの食材売り場に小ベラを買い求めに行きました。
今でも昨日の事ようにこの売り場でのやり取りは思いだされます。
私が、もんじゃのヘラはどこにありますか、とききますと店員さんは、・・・・であります。
日本語が通じていないのがわかりましたので、もんじゃを食べる時に使うヘラです。
お好み焼きを焼く時に使う大ヘラの小さいやつですよ、と言いますと、もんじゃそのものは分りませんが、大ヘラの小さいものもありません。というかそのようなものがあるのを始めて聞きました、と驚かれたのです。
nanjam5
私は、もしかしてもんじゃを知らないのですか、と聞けば、なんじゃもんじゃは知っていますが、と言われたので、私は唖然としていたのです。
どうしてももんじゃが食べたい私は、東京出張の際に合羽橋で小ベラを買ったのは言うまでもありません。


鉄拳が描く浅田真央のスケート人生「LIDE」



IMG_5113
フリネタのとおり私の在札時代には「かた焼きそば」はありませんでした。
「かた焼きそば」って頼みますと「チャーメン」が出てきます。
ちがうやろ、と突っ込んではいけません。
これがHokkaido Wayなのです。
という事で今日は雪深い栗山町に出没です。
今日のお店は食の工房「はらへーた」さんです。

住所: 北海道夕張郡栗山町中央3-69
電話:0123-72-0615
定休日: 第二、第四 木曜日

IMG_5105

IMG_5106

IMG_5107
お店の外観です。

IMG_5110
店内の雰囲気です

IMG_5109
メニューです。

今日のオーダー@800円
tumblr_inline_o4f6ukKmGO1tvrisl_500
まずはオーナーの画像です。
はらへー太さんの歴史は古く、昔からの常連はこの店を「おおた食堂」と呼んでいました。
昭和37年、祖母のハルさんが、ここ栗山に「おおた食堂」を創業しました。
昭和58年に店舗全焼で「中華園おおた」として再始動となったのです。
三代に渡って料理人の精神が受け継がれ、現在の「はらへー太」となったと聞き及んでいます。

IMG_5112
待つこと7分で「チャーメン」の到着です。
ビジュアルは少し画像が甘いのを割り引いても野菜多めの麺相は美味しそうです。
それでは実食です。
甘みのある餡は美味しいですね。
野菜も道内の新鮮な野菜を使っているのでシャキッとしています。
特筆するのは過不足なく炒めた麺が高評価です。
これは本当に安美味です。
ご機嫌な昼食でした。

それでは(^_-)

池袋 ベル・オーブ

今日は「それで言い訳」です。
大学二年の時、学校の反対側に札幌ラーメン屋がありました。
いつも行くチャーメンが美味しい「眠眠」が休業日でしたので、仕方なくその店に友達と入り私は塩ラーメン、友達は醤油ラーメンを頼みました。
しばらくして両ラーメンとも着丼しましたのでおもむろに食べ始めました。
食べ始めてすぐに、味が薄いというか味がしなかったのです。
最初は麺の湯切りが悪いのでお湯が多めにはいったのかなと思っていましたがさもあらずです。
ためしに友達に味見させたところ、塩が入っていないとは言えないけれど、味がしないのは確かだよ、との事でした。そこで以下のやり取りとなったのです。

私「オジサンこのラーメン味がしないよ」
ここですみませんというのかと思いきや
オジ「ちゃんと作っていますよ、これがうちの味です」
この辺りで私はすこしキレてきました。
私「あそうなの、でもこのスープ飲んでからいってよ。隣の友達も味がしないといっているよ」
言われた手前渋々とオジサンはスープの味見をします。
すると顔色が変わりました。何となく塩と化学調味料を間違えたように見受けられたのです。
オジ「決して塩加減は間違えてなんかいませんよ。
うちの味付けは薄口ですから、初めての方は物足りなく感じるのかも知れませんね」
私「このお店始めてじゃないけどさあ、そう塩加減を間違えてないっていうの」
といってすぐさま隣の友達の醤油ラーメンを奪い取りそのスープをレンゲですくって一口飲みました。
私「じゃこの醤油ラーメンは普通にショッパイけれど、それならばこの醤油ラーメンは塩加減を間違えているよね。」
オジ「・・・」
オジサンのコメカミの血管が浮かび上がりそしてヒクヒクと震え始めてきました。
私「そうか、それなら俺はこの味では食べられないから作りなおしてよ。
塩加減を間違えてないんだから作り直し代は払うよ。
その代わり友達の醤油ラーメンは普通にしょっぱいので塩加減をまちがえているよね。
こっちはそちらの問題だからタダで作り直してよ」
ここで私は席から立ち上がり店内の隅々まで響き渡る声で
「このお店のラーメンの味は超うすくちだそうです。
もし皆さんが食べているラーメンが普通の塩加減ならそれは作り間違いです。
このお店の店主は、根っからの職人なのでそのようなラーメンは絶対に作らないと言っていますが、万が一あったら即作り直してくれるそうです」
と吠えたのです。

結局友達が、いいかげんにしろよ、と取り直したので何となく収まったのですが、お店の客はみんなこの騒動に面白がってラーメン食べるのを止めて私とオジとのやり取りの一部始終に注目していたのです。
負けず嫌い
20歳の時の蹉跌であります。一方でこのオジの負けず嫌いもここまでくるとお見事ですね。
人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい、とは言いますが、このオジだけは愛せませんでした。


I love Kyoto!



今日は夜のとばりが降りた池袋に出没です。
IMG_9928

IMG_9930
ちょっと落ち着いて仕事がしたく大きなテーブルのある店を探していました。
ユーリカ!(私は見つけた!)
今日のお店はベルギービール カフェ 「ベル・オーブ」 東京芸術劇場さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場 1F
電話:03-3987-7895
定休日:不定休(東京芸術劇場に準ずる)

IMG_9927
お店の外観です。

IMG_9937
店内の雰囲気です。

IMG_9932
メニューです。

今日のオーダー「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」@960円です。実はこの「ベル・オーブ」さんは、直輸入ベルギービールとべルギー料理のお店だったのです。
そうですか、飲まないから楽しめません。
ホールスタッフさんが妙に体育会のノリで接客していたのが少しうるさかったのです。
落ち着いて仕事ができないじゃないか、といっても一応レストランですからね。
私の方が横車を押していたのでした、あいすみません。

待つこと13分で「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」の到着です。
IMG_9934

IMG_9935

IMG_9936
見た目デザートじゃないですか。
まぁ仕事を片付けにきたのだから良しとします。
味ですか、不味からず美味からずです。
ベルギーワッフルは熱々で頂きたかったものです。
仕事が一段落したのであたりを見まわしましたら素面なのは私だけでした。
完璧に「みにくいアヒルの子」状態でした。
なにか不条理の世界に迷い込んだような心もちでした、ハイ。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

味気ない話其の一

毎日帰宅が25時前後、寝ては会社にいく毎日で本当に疲れています。

今日の話は「味気ない話其の一」です。
大学二年の時日吉中央通りにある「眠眠(みんみん」の先の角を右に曲がったところに札幌ラーメン屋がありました。

すこし脱線しますが「眠眠(みんみん」のチャーメン美味しかったナ。「眠眠(みんみん」の麺は平たくてモチモチ、そして仕上がりはツルツル。あまり濃くない醤油味、週に二回はここのチャーメン・餃子食べていました。私の青春の味ですね。
この間マラソンレースの帰り、数十年ぶりに日吉に立ち寄り「眠眠(みんみん)を探しましたけれど既になくなっており残念でした。

そうそう内の大学なぜか学食の二階にお鮨屋さんがあり、しかもお酒もおいてありました。
試験の打上の時良く同級生と飲んでいたのですが、日吉は1〜2年生の一般教養なので当然未成年もいるわけで、お酒がおいてあるのはかなり不思議に思っていました(ま飲めりゃイイカ)。

閑話休題、その店に友達と入り私は塩ラーメン、友達は醤油ラーメンを頼みました。
しばらくして出来上がり食べ始めます。
ありゃりゃ味が薄いというか味がしない。最初は麺の湯切りが悪いのかなと思っていましたがさもあらず。ためしに友達に味見させたところ微妙だけれどかなり味が薄いのは確かとの事。

私「オジサンこのラーメン味しないよ」
ここですみませんというのかと思いきや
オジ「ちゃんと作っていますよ、これが内の味です」
すこし切れてきた
私「あそう、でもこのスープ飲んでからいってよ。隣の友達も味しないといっているよ」
言われた手前渋々とオジサンスープの味見します。すると顔色が変わります。何となく塩と化学調味料を間違えたように見受けられたのです。
オジ「決して作り間違えてなんかいませんよ。内の味付けは薄口ですから、初めての方は物足りなく感じるのかも知れませんね」
私「このお店始めてじゃないけどさあ、そう作り間違えてないっていうの」
といってすぐさま隣の友達の醤油ラーメンを奪い取りそのスープを飲みます。
私「じゃこの醤油ラーメンは普通にショッパイけれど、それならばこの醤油ラーメンは作り間違だよね(怒)」
オジ「…」
オジサンのコメカミの血管がヒクヒクと震え始めてきました。
私「そうか、それなら俺はこの味では食べられないから作りなおしてよ。間違ってないんだから作り直し代は払うよ。その代わりこの店二度と来ないし、大学中の掲示板という掲示板に、この店の味のこと書いた紙貼り出してやるぜ(怒)」

結局友達がいいかげんにしろよと取り直したので何となく収まったのですが、お店の客はみんなこの騒動に面白がってラーメン食べるのを止めていました。
しかし負けず嫌いもここまでいくとお見事ですね(笑)

今日は社員食堂です。というかほとんど軟禁状態で外に出れません。
獲物は「沖縄カレー」@700です。


人参、キノコ、苦瓜、茄子、トマトが入っている野菜カレーです。
味ですか美味しくありません(笑)でもこの辛さ始めて食べる辛さです。
熱いところ(沖縄)の食べ物は辛いとは聞いていましたが、これほどとは・・・
一体何の香辛料を使用しているのでしょうかね

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ