下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ダ・ボッチャーノ

丸の内 ダ・ボッチャーノ リターンズ

今日は「夢でもし会えたら♪」です
131124brain-thumb-640x360-68220
先日、英語と日本語が堪能なシンガポール人と雑談していました。
彼の日本語は私よりもしかしたら上手いかもしれないという程の会話力です。
聞きましたら小学生の時に日本で暮らしていたのでなるほどです。
しか〜し発音は良いのですが話す内容が最近の若者言葉を多用しますので、彼の会社の肩書からしますとかなり違和感があります。
なにかそのような流行り言葉で話すと日本人に歓迎されると思っている節があるみたいですが、そんなことはあるわけもなく、個人的には直した方が良いように思っています。

雑談の中で私が聞いたのは、物事を考える時は、英語、日本語どちらの言語をつかっているのですか、でした。
彼は笑いながら、日本語で話している時は日本語で考えますし、英語で話している時は英語で考えています。
しか〜し難しい判断がいる場合は公用語である英語を使いますかね。
日本語は抽象的な言葉が多いのでロジカルに考えるのには向いてない、と言っていました。
それでは夢の中ではどちらの言語で見ているのですか、と聞きましたら、笑いながら、意識したことがないので自信はありませんが、多分外国人がでてくる夢は英語で、日本人がでてくる夢は日本語だと思います、と言っていました。成るほどね、と思いました。

私が海外取引を始めた頃たいして英語が話せないのに外国人と流暢な英語で話している夢をよく見ました。
多分英語が流暢になりたいという願望のなせる仕業だと思っていました。
実は、夢の中の英語は夢を見た人の可能性を示唆しているのだそうです。
英語がしゃべれないのに英語がわかる夢は、その前向きな行動がその人の人間関係を広げていく、という暗示なのだ、そうです。
この夢を見た人は「未知なこともさほど抵抗なく受け入れられそうな状態」になっていることを表しているのだそうです。本当かしらん?
個人的は「願望」に清き一票です。

このふりネタ・・・
実はこの歌が好きなので紹介したかったのです。
回りくどかったですか?


今日は丸の内に出没です。
IMG_1225

IMG_1226

IMG_1205
たまには美味しいパスタでも食べるかと訪れましたのはこちらです。
今日のお店は「ダ・ボッチャーノ KITTE丸の内 (DA BOCCIANO!)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 5F
電話:03-3217-2013
定休日:不定休

IMG_1207
お店の外観です。

IMG_1209
店内の雰囲気です。

IMG_1212
メニューです。

今日のオーダーは二人とも「ボッチャーノランチ(いろいろきのこのクリームスパゲッティ)」1,674円です。
このお店は5回目(内二回は不投稿)ですが客を待たせ過ぎです。
今日も列の最後尾に並んでから32分後に席につきました。
待っている間かなりのお客が会計を済ませてお店を後にしていますのに一向に席への案内がなされません。
今日その理由がわかりました。

IMG_1213
この店員さんが他のスタッフに言うには、客を一気に出して空いたら一気に入れるからな、とのことです。
ちょっと待ってください。
普通席が空きましたら客を順次入れるのが常識だと思います。
ましてランチタイムの様な忙しい時間帯に、はるばる来たお客を取るに足らない理由で立たせ続けているなんて、言語道断であります。
正直、この店員さんに軽い殺意をいただきました。

待つこと2分で「前菜八種盛り合わせ」の到着です。
IMG_1214

IMG_1215
見た目野菜にパサパサ感があります。
食べても作り置きなのでしょう、私の一瞥の正しさが証明されました。
味ですか行間を読んでください。

待つこと13分で「いろいろきのこのクリームスパゲッティ」の到着です。
IMG_1217

IMG_1218
キノコが輝いています。
それでは実食です。
キノコは新鮮なのでしょう、プリプリしていて噛みしだく快感すら覚えました。
アルデンテのパスタもグート(gut)です。
クリームソースの乳化も良く、これは掛け値なしに美味しいです。

デザートのりんごと蜂蜜のゼリーと珈琲です。
IMG_1219

IMG_1220
これは特筆するものはありません。
どうなのでしょうか。
来るたびにここのホールスタッフの接客からは真摯な姿が見受けられません。
店名の由来である夏目漱石の名著「坊ちゃん」のラストシーンに出てくる、坊ちゃんが同僚の「山嵐」といっしょに教頭の「赤シャツ」に生卵を投げつけて終わるみたいに、気合を入れて見ますか。
それはなりません。
この行為は傷害罪(刑法204条)に該当しますので、それこそ本当に臭い飯をたべなくてはなりませんので・・・

それでは(^_-)

丸の内 ダ・ボッチャーノ

今日は「来場者数50万人突破」です。
vestri17652s

ブログ1
2007年09月01日に開始した弊ブログですが、開始より2,527日目の今日お陰様にて累計累乗者数が50万人を突破しました。今日はご本人にinterviewしましたので宜しかったらお付き合いださい。

Splash「まずは50万人突破おめでとうございます。ご感想はいかがですか」
本人「通過点ですね、と敢えて言わせていただきます。このブログを始めた理由は色々あるのですが、根っ子は理科系ではありますが文章を書くのが好きだったのです。
食べ歩きの原点は父親です。私の父は食べ歩きが好きで、私達が小さい時から下町中心ですが、ほとんどの日曜日は外食でした。そのようなことから美味しい=楽しいといように擦り込まれてきたのでしょう」
Splash「たまにブログを書くのがしんどいと泣きをいれておられますが、実際のところはどうなのでしょうか」
本人「ここ4〜5年についていえば、毎週土曜日は前の日にどんなに遅く帰宅しても、その日はだいたい早朝4時〜5時に起きて、昼食の外出を除けば一心不乱にブログを書き続けています。
一日の目標は4本です。
最近では17時までに3本位は書けているのでしょうか。その後18時から習い事があるので出かけて、20時からはジムに行って10km走ってから帰宅して夕食を取り、またブログを書き続けています。
従いまして就寝するのは01時半ですか。もしアップできなかったら日曜日の4時〜5時に起きて続きを書くという暮らしを連綿と続けています。
正直「苦行」に近いと言っても過言ではありません。
しかしアップした時の解放感は筆舌に尽くし難いものがあります。」

Blog2
Splash「このブログの人気についてですが。上のグラフを見ますと結構波がありますね。
ランキングでいえばレベル別ブログランキング961位、B級グルメランキング22位ですがこの当りの感想はいかがでしょうか」
本人「ランキングと凧は揚がった方が良いとは思っていますが、それほど気にしていません。
それよりも良いネタをかけなかった時の方が気になります。
正直どこかの記事から展開して書く事よりも、自分の体験ネタで全てを賄いたいのですが、それもなかなかできないのでストレスになっています。
将来はフリネタだけとも思っていますが、やはり食べ歩きは楽しみなのでしばらくは併用となるでしょう」
Splash「最近硬派と申しますか堅苦しいフリネタが多いように思えるのですが心境の変化ですか」
本人「硬派のフリネタを書く様になったのは正直ネタ切れです。
もともと人事だったので堅苦しい話をする性癖はその時代に身に付いたみたいです。
軽いネタを書いている時の私が等身大の自分自身です」
Splash「最近マラソンネタが少ないような気がしますが、最近はあまり走られてないのですか」
本人「アキレス腱を裂断してから走る距離は正直落ちています。それでも月100kmは走るよう心がけています。
マラソンは私の宿痾(しゅくあ)みたいなものですので死ぬまで走り続けると思います。
しかし去年の横浜駅伝で次男にタイムで負けてから、心が折れてしまいました。
それ以来、記録即ちスピードを重視しなくなってきたのは事実です」
Splash「難解の言葉や英語を多用しておられるので読みにくいという批判がありますが意図的なのでしょうか」
本人「すみません。一時期無茶苦茶漢字の勉強をしていた時期がありました。難解の言葉はその名残なのです。
多用してはいけないと思いながらも・・・お許しください。
英語は使っているワードの辞書機能の副作用で意図的ではありません。英語を使う会社に勤めている関係という説明も成り立つのですが、ここ10年位は国内取引が多いので英語を忘れちゃうのではないかなという危機感の裏返しなのでしょう。
これもなるべく抑えるようにしていきます」
Splash「奥様と良く旅行にいかれますが、仲がよろしいのですか」
本人「難しい質問ですね(笑)
妻とは性格はあまり合っていないと思います。かといって仲が悪いというわけでもありません。
どのように申したら良いのでしょうか・・・
二人三脚みたいなものです。二人で息を合せて歩かないと転んでしまうので、敢えてその当りを意識的に調整しているのでしょう。
今年も恒例の京都旅行を含めて3本の旅行を既に申し込んでいますので、この辺りはまたブログで紹介します。
説明になっていませんね」
Splash「最後に来場者の皆様に何かありますか」
本人「しがない下町っ子のブログにわざわざお立ち寄りいただき感謝申し上げます。
これからはなるべく娯楽性に立ち位置を置き連載していきます。
短命な家系ではありますが、命ある限り100万人来場を目指します。
引き続きのお立ち寄りを重ねてお願い申し上げます」


水の流れる音から始まるこのサウンドは、心を落ち着かせてリラックスした気分を取り戻させてくれます。



IMG_1940

IMG_1941

IMG_1942

IMG_1944
今日は丸の内に出没です。
今日のお店は過去二回来てみたらその行列の長さにヘジり訪問しなかったという曰くつきのお店です。
今日のお店は「ダ・ボッチャーノ KITTE丸の内 (DA BOCCIANO!)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 5F
電話:03-3217-2013
定休日:不定休

IMG_1948

IMG_1947
お店の外観です。

IMG_1954

IMG_1955
店内の雰囲気です。

IMG_1950
メニューです。

IMG_1951
サポリデルスッド(本物のナポリピッツア)とマルゲリータ部門の2部門で2012年優勝した有光浩全オーナーのお店です。

今日のオーダー「ボッッチャーノランチ」@1,566円です。

IMG_1952
このお店待たせすぎです。
客が退出した後の段取りが悪いのです。
今日もお客が退店してから7分も待ってから店内に招き入れられました。
スッタフの動線が心なしかギクシャクしています。
席についてから分りました。
ここのスッタフはなぜか指示待ち人間が多いのです。
従いましてオーナーの指示を待ってから動くので効率が悪くなっているのです。
個人的な感想としてはオーナーの「孤軍奮闘」、「刻苦奮闘」という四文字熟語で表せます。

ちなみに「ダ・ボッチャーノ」という店名は愛媛出身のオーナーが一号店を松山に出店したことから、夏目漱石の代表作である「坊っちゃん」からつけられたそうです。
即ち「坊っちゃん」→「ボッチャ」→「ボッチャーノ」だとオーナーご自身が説明されていました。

IMG_1956
待つこと7分で「前菜八種盛り合わせ」です。
見た目キレイな盛付ですが特筆するものはありません、ハイ。

IMG_1958

IMG_1957
待つこと22分で「四種類のチーズのピザ(クワトロ フォルマッジ)」の到着です。
ここでの「四種類のチーズのピザ」はモッツァレラ、オイル、リコッタチーズ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ、バジルで構成されています。
それでは満を持していただきます。
美味しいです。
何だろうこの美味しさは完全にチーズ勝ちです。
多分リコッタ(チーズの一種で、南イタリア原産のフレッシュチーズ)の美味しさでしょう。
柔らかくて口当たりがよくミルクの自然の甘さが残っています。
生地も美味しく、仄聞するにイタリア・ナポリから空輸で送ってくるそうです。
これが本場ナポリの味であるならマジにナポリに移住したいものです。
大大大満足でした。

IMG_1959
食後にだされたオレンジのムースはこれまた特筆するものはありませんでした。

スッタフはオーナーだけが頑張っている。
料理はピッツアだけが頑張っている。
アンバランスなお店です。
しか〜し並ばなければ再訪はありえます・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ