今日は「ダンディズム」です。
私たちの世代は、何の努力もしていないのに、運動ができる、勉強ができるというのがダンディズムでした。
要は持って生まれての才能で全てを処しているというものです。
私はそのような天賦の才能がないので、普段は遊びほうけたフリをしていましたが、試験の時なんかは真剣に勉強していました。
その度に、人生は地道にコツコツが大事なのではないかと思っていました。
私の大学に憧れたのは、まさに、そのダンディズムに満ち溢れた学生が集う学校だと思ったのです。
実際、入学してみたらそのような人がいっぱいました。
六本木のディスコで踊りに行って、踊り疲れたのでラウンジで飲んでいたら、隣に美形の外国人女性がいました。
言葉を聞いていたら英会話圏の女性ではなく、仏蘭西語で話していたので声掛けをあきらめていましたら、私の友人が、唐突に流暢な仏蘭西語で話かけ始めて日仏親善の仲介の労を取ったのであります。
彼の語学力ですが、英語は赤点だったと日ごろ聞いていましたのでこれには驚きました。
後で、この仏蘭西語の背景を聞きますと、中学まで父親の仕事の都合で仏蘭西にいたのだそうです。
彼以外にも、そのようなリターナーズは多かったのでした。
加えて、佐藤栄作元総理大臣の孫娘とか・・・
出自が貴族の家であったとかみたいな家柄が良い人は沢山いました。

top_img
勉強で申せば、石原裕次郎先輩は塾高時代、どうしようもない落第生だったのでその救済策で当時農業高校であった志木高校に編入させたとか聞き及んでいました。
在札時代に、私は小樽にあった裕次郎記念館には10回以上行っています。
そこで驚いたのは展示してあった裕次郎先輩の小学校の時の成績の良さです。
ほとんどがオール5でした。
昔はかなり優秀だったのですね。
作文なんかも見ましたが、小学生にしてはきちんとした文章を書いていました。

家柄が良いのは、親が立派だったので、本人には関係ないことではありますが、このようなセレブリティが醸し出す雰囲気には畏敬の念をもっていました。
とかとかですが、仏蘭西語のできる友人、家柄がよい人たちは、単に親が良かっただけですが、それに甘んじず一生懸命に勉強をしてきたのはすごいものです。
まして、仏蘭西語のできる友人は、この日の出来事がなければ、その隠れた才能は全く知りえませんでしたし、家柄の良さを広言する人なんかは、ほとんどいませんでした。
何かのきっかけでわかるようなものです。
やはり何かの時にその人の隠れた才能がわかるのには憧れます。
しか〜し、正直申してダンディズムの堅持は疲れます。
この間、部下の美形の女性と話していましたら、私は客観的に見て美人の部類に入ると人から言われますが・・・
私は私で、その評価を保つために、かなり化粧には時間をかけています。
こんなこと言うのも正直恥ずかしいのですが・・・
で〜も、本音で申せば、私のスッピンの顔見て、その後に化粧をパシッとして、それなりのコーデをした時に始めて決める時は決める人なのね、と言って欲しいのです。
さりとて、その為に、スッピンで会社にくる勇気もありません。
難しいですね、とこぼしていました。
私はこの発言には共感しました。
ダンディズムとはやせ我慢にさも似たり、とキメさせてもらいます。


衝撃のバブリーダンス 登美丘高校ダンス部



IMG_3282
今日は九段に出没です。
今日のお店は「旬菜ステーキ処 らいむらいと」さんです。
今日のお店は2年ぶりの再訪です。

住所: 東京都千代田区九段南3-4-8 パディホームズ一口坂 1F・B1F
電話:03-3230-2593
定休日:日曜・祝日

IMG_3281
お店の外観です。

IMG_3280

IMG_3273
店内の雰囲気です。

IMG_3270
メニューです。

今日のオーダー「特製ステーキ丼(牛ロース肉)100g」@1,280円です。

IMG_3271
座るいなやサラダの到着です。
出来合いですがまずまずの味です。

待つこと4分「特製ステーキ丼」の到着です。
見た目美味しそうです。
IMG_3277
それでは実食です。
ロース肉は甘酸っぱいタレを身にまとっての登場です。
味はまずまずです。
サイドディッシュのフライは作り置きですが、冷めても美味しいです。
可もなく不可もなしというランチです。

IMG_3279

IMG_3274
食後の珈琲を飲みながら厨房をじっと見ていました。
ここの名物のハンバーグは作り置きなのです。
注文が入ると、作り置きのハンバーグの上に大ぶりのチーズを二切れのせ、さら〜にその上に特製クリームソースをかけ回してからオーブンで焼いてできあがりです。
ちょっと興ざめですね。
それでもこのお店はハンバーグの名店ですから考え込んでしまいました。

それでは(^_-)