下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

タンタルナ

龍福小籠堂(ロンフウシャオロンタン)

装具のヴァージョンアップ仕様が完成しました。
ヴァージョンアップ装具
装具というものはこういうものだろう思わせるヴァージョンアップ品です。じゃ今までつけていたのは一体何だったんだろう

これは本来なら@80,000するのですが、前回品が不良品だったので泣きついて@70,000にしてもらいました。でもこれの原価800円位だろうな(笑)
お蔭様で一段と動きが楽になりました(感謝)

「とりあえずビール」という言葉を商標申請した人がいるそうです。
この申請が通れば居酒屋でお客が「とりあえずビール」といえばためらいもなくこのビールが出てくるという絵図なのですが、通ればスゴイ販売高になるのでしょうね(笑)

ところが日経のコラム子によるとこの定番が崩壊してきているそうです。
今の若者は、一杯目から自分の好きなカクテルや果実酒を注文します。さらにいきなり焼オニギリやラーメンのようなお腹にたまるものを頼む若者が増えています。価値観の変化が起こっているようです。

旅、車、酒若者が牽引した消費市場にも従来との差分が浮かび上がってきています。
入国管理統計によると20〜29歳の海外旅行者は10年間で35.7%の減少です。
お酒においては、34歳以下の単身男性の支出額は4年前より26%減少しています。
日本自動車工業会調査によると、20代男性の乗用車保有率は10年間で7%の減少です。
今の20歳代の消費者は単にケチで消費意欲が薄いのではなく、失敗やガッカリすることを極端にきらう合理主義的行動特性が背景にあるとこのコラム子は結んでいます。
結構堅実なんですね・・・

今日のお店はトキア(TOKIA)内、龍福小籠堂(ロンフウシャオロンタン)です。
住所::  東京都千代田区丸の内2-7-3
電話番号:03-3201-6246
結論からいうとこのような居丈高でサービスの悪くて遅いところは嫌いです。
特に店長らしき人は如才のカケラもなく気配りもできずサービス業従事者としては失格だと思います。紹介しますのでタンタルナ(東日本橋のイタメシレストラン)の石山店長の爪の垢を飲むべきです(笑)

ここから後はパチリでご案内いたします。
龍福小籠堂店内
かなり雰囲気のある龍福小籠堂店内です。掛けてある絵が意味不明ですね。カップルできてもいけますよ


砂肝とネギのアッサリ炒め
砂肝とネギのアッサリ炒め@680です。砂肝料理の新しい食べ方のように感じます。こういうのは熱々で食べなきゃネ!平板ないいかたですがやはり砂肝とネギは相性良いですね(納得)


上海小籠包
上海小籠包@780です。皮の表面張力にスープが戦いを挑んでいます。レンゲの上に小籠包をおいて皮を破り食します。ジューシーな味が口の中を一瞬に侵食します。これはイケマシタ


針生姜と黒酢
上海小籠包をこの針生姜と黒酢で食べますと、目を閉じればまさにここは日本にいながら気分は上海です(一押し)


五目あんかけ焼ソバ
五目あんかけ焼ソバ@1,080です。これは大滑りです。味付けが八方美人的なのでよく分かりません。麺もすくなく具も少なく大不満です


ということでサービスの悪さえ気にしなければソコソコいけます。
何故か酎ハイもおいてあるし(笑)

それでは(^_-)

続 タンタ ルナ

勝海舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と称された山岡鉄舟が座禅、正確には結跏趺坐( けっかふざ)をしたまま絶命したという話が司馬 遼太郎「竜馬がゆく」に書かれていました。ところがこの話の源典は子母澤寛「新選組始末記」だったのですね。

その件(くだり)は以下の通りです。
【QOT】
明治21年7月19日、胃癌を病んで没した。臨終に際して、夫人英子を呼んで浴室に入り、かねて用意した白衣に着替え、金剛経一巻を懐中し、左手に念珠、右手に団扇を持ち、静かに病床に座って、時の来るのを待った。
そこへ、明治維新の大業に生死を誓った勝海舟が見舞いに来た。
「いよいよご臨終ときいたが、どんな容子じゃな」
「ようお出で下された、ただ今が涅槃に入るところです」
「左様か、では静かに成仏されるがいい」
こんなを事いって、勝が引取るとすぐに息が絶えた。
【UNQOT】
やはりスゴイ方です。よく谷中の鉄舟の菩提寺「全生庵」にいく度にお参りしていたのですがあらためて尊敬しました。
そうそうこの鉄舟さん焼津の清水次郎長とも親しくて、鉄舟さんが亡くなった時清水次郎長が殉死しようとして止められた話が残っています。

今日は次男の卒業式で奥様と外出です。
最近の卒業式は、ショーアップされてすごいですね。
3時間の長丁場ではありますが全く飽きず感動の坩堝(るつぼ)状態でした。
それにしてもお母樣達はよく泣いていましたネ。
演出も良かったせいもあるのですが、本当にスゴカッタです(苦笑い)

今日のお店は 「タンタ ルナ」
です。
前回少し情報に齟齬があったので加筆します。
シェフが「サバティーニ」出身と書きましたが、それは初代シェフで現在の三代目シェフは南イタリアの「リーブリィア」で修行されたそうです。
しかし店長の石山さんは「サバティーニ」出身だそうです。
この店はイタリアのトスカーナ地方でよく食されているしっかりとした味付けが特色です。
裏切ることはないとのことです(石山店長談)
布袋さん
次男の高校のそばのお寺にある巨大布袋さんです、一体何のため作られたのでしょうか


タンタ ルナ入口
このお店地下にあるのですが、平日はお店に下りる階段は行列でびっしりなのですよ


タンタ ルナ店内
コジャレた感じの店内です。清潔感に溢れています。


パスタ
ホタテほうれん草和えオイルベースのスパゲティーです。ホタテがあまくたまりません。上品な味付けです。


パスタ
ピリッと辛みの効いたトマトソースのペン型マカロニです。いわゆるアラビータ(怒りん坊の意)ピリ辛トマトソースです。地雷のように仕掛けられた黒胡椒の辛さがアクセントとなっています


魚料理
目鯛のフレッシュトマトソースです。皮の部分のカリカリ感とこってりとした油肉のハーモニーはたまりません。これこそまさに口福というのでしょうネ


肉料理
ポーク肉の粒マスタード焼、裏ごしマッシュポテト添えです。これこそ男の味です。つぶマスタードの酸っぱさとジューシー肉のコラボいけました。


デザート
ビターなチョコレートケーキ。締めのドルチェはこう有るべきです。このドルチェにより口内の夾雑物が一掃されリフレッシュしたような感じになります。



それでは(^_-)

東日本橋 タンタルナ

両国橋のたもとを歩いていると猪君が吊り下がっています。
猪君
寒空に可哀想ですね。成仏してください(笑)


そうですこの場所は両国やまくじらすき焼きで有名な「ももんじゃ」です。
私下町育ちではありますが一回も行ったことがありません。
私の子供の頃からこの店はあります何故かがつぶれていません。
もしかするとそこそこ美味しいのかもしれませんね、でも行く気にはなれません。
そうそうこのお店月に2〜3人位もんじゃ屋さんと間違えて入られるお客があるようです。
実際子供の時の私もこのお店をもんじゃ屋さんと思っていました(笑)

夜は19:00頃お客さんから錦糸町で反省会するぞという電話があり、仕方なく20:00に錦糸町まで出向きました。
そして錦糸町の焼鳥屋「ひよこ」でダラダラ飲み、その後押上の「太楼ラーメン」の奥座敷でまたダラダラ飲み続けいつもの通り終電車での帰宅です。
この「太楼ラーメン」美味しいです。
とくこのにお酒のツマミの「ワンタンニンニク醤油和え」最高です。
後日このお店取り上げますが、ワンタンの口内に絡みつくプリプリ感ともっちりヒキ肉のプチプチの歯ごたえたまりません。

前振りはここまでで今日のお店は東日本橋トラットリア「タンタルナ」です。
住所: 東京都中央区東日本橋1-1-20
  三幸日本橋プラザB1F

電話: 03-3865-0078
定休日: 日曜日・祝祭日

お店の名前はイタリア語でたくさんの月です。
アランドロンの「太陽がいっぱい」の夜版ということでネーミングされたそうです。
ここのシェフはイタリアンの名店「サバティーニ」で修行され独立されました。
ランチに挑戦です。
前菜はカブのオリーブオイル和とブロッコリーのガーリックソテーです。メインディシュホタテ、インゲン和えクリームソースのスパゲッティーと蒸しフォッカチオです。
猪君
ホタテの紐部の口当たりタマリマセン。これこそまさに口福ですね


味ですか、最高ですね。
上質なバターで仕上げられたベシャメルソースは称える言葉を見つけることができません。
塩味もギリギリです。
多分あと一振りでも塩を加えたら味がおかしくなるのでしょうね。
さらにこのランチ何と@1000です。
まだできてそんなに経ってないので、それほど混雑していません。
イタ飯好きの方には是非押さえてもらいたい一店です。

PS: 続編です



それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ