下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

タンゴ

雑司ヶ谷 エル・チョクロ

今日は「Tango in Zoshigaya」です。
タンゴが大好きです。ダンゴ🍡ではありませんから。
タンゴとの邂逅はヨーヨ・マさんです。
彼の「リベルタンゴ」を札幌在住の時に聞いてからはまりましたのでかれこれ30年の付き合いであります。
「リベルタンゴ」はアルゼンチン作曲家のピアソラの作品で、彼特有のタンゴにジャズ、クラシックをミックスした楽しい曲です。
ヨーヨ・マさんのCDは全部聞いていますし持ってもいます。
ちなみにピアソラさんの曲もほとんど聞いています。
なんで好きなのだろうと問われれば体が欲するとしか申せません。
多分前世はアルゼンチン人だったのでしょう・・・
まずは「リベルタンゴ」の紹介です。



エルチョクロ
ということで今日は奥様と一緒に東京は池袋から歩いて10分なのに昭和で時が止まった街・雑司が谷司ヶ谷にあるタンゴバー「El Choclo」さんに行ってまいりました。
「El Choclo」さんはたまさか見ましたTVでfeatureされていて知りえたのです。
店名のエル・チョクロ(El choclo)はタンゴの曲の一つです。
1903年にアンヘル・ビジョルド(Angel Villoldo)が作曲したとされています。
1905年11月3日にブエノスアイレスの高級レストラン「レストラン・アメリカ」にて初演された。
「エル・チョクロ」とはスペイン語で「とうもろこし」という意味であります。
この店名はここから来たのだとおもいます。
せっかくですので「エル・チョクロ」の曲もご紹介します。



IMG_8128

IMG_8127

IMG_8124

IMG_8125
まずは雑司ヶ谷の街の雰囲気です。

IMG_8120
そして「エル・チョクロ」さんです。
ご主人は、築70年になる実家を改築し、心地よい和洋折衷空間を作りました、といわれていましたが、その通りでかなりのvintageな建物であります。
実際、奥様はこの外観をみてすぐに、帰りましょう、と言っていた程です。

IMG_8133

IMG_8132

IMG_8158
中にはいりますとこのような異質な雰囲気が横溢しているタンゴバーなのでした。
しか〜しこのgapには驚かされましたね。

IMG_20150718_0002
今回の聞きに行ったグループは「Yellow Tango Quartet」さんです。
普通タンゴは、ヴァイオリン、バンドネオン、ピアノ、コントラバスという組み合わせですのでサックス、チューバ、バンドネオン、ギターという四重奏は珍しいと思います。
武道家(剣道弐段)なので演奏の優劣はつけられないのですが、サクソホンの鈴木広志さんとギターの田中庸介さんの演奏は素人でもその巧みさはよくよくわかりました。
簡単にお二人の略歴を記しておきます。

IMG_8151
鈴木広志さんは東京藝術大学を卒業し、ソプラノからバリトンまでのすべてのサックス、フルート、クラリネット、バスクラリネット、リコーダーを操る多才な方でありまして、独自の音楽活動を展開しています。
長身のなかなかのイケメンです。

yjimage
田中庸介さんは、埼玉県出身で、14歳の時にエリック・クラプトンを聴いてギターを手にしたそうです。ブルースを主とするプレイスタイルを体得し、その後ジャズを加藤泉氏に師事しジャンルを問わない音楽活動を始めている方です。この方の演奏は、人間の指ってここまで複雑な動きができるのだという点で括目させられました。
後の二人もすごかったのですが、素人目ではこの二人の演奏が私の内耳と瞳にがっしりと刺ささってきたのです。

IMG_8142

IMG_8166

IMG_8155
演目はMCの滑舌が悪くよく聞き取れなかったのですが、踊り子、ブエノスアイレスの春、クラベーア、コナレーラ、ホテルビクトリア、心の底から、夢の中で、黄金の心等15曲程度でオリジナル曲を含めて演奏してくれました。
特に会場全体で合唱した「夢の中で」が良かったですね。
ここでトリビアネタです。
チューバの木村さんから聞いたのですがこのサックス、チューバ、バンドネオン、ギターの演者の中かで一番重労働なのは、10垓のチューバを担いで演奏している木村さんかと思いきや、その木村さんではなくてはなくてバンドネオンの仁詩さんなのですって。
バンドネオンの演奏は左右に大きく伸縮させるのでその運動量(演奏力)はハンパないそうです。
またギターの田中さんはこのような人が密集した狭い場所で演奏すると、いきおい湿度が高くなってしまうのでチューニングが下がってしまい、その調整が大変なのです、と言われていました。

感想ですか、大大満足です。
あらかじめ動画撮影は禁止されていたので演奏は紹介できないのが残念ですが、私の感動の一端が伝わればありがたいです。
シブ格好いいオジサンを演じたい貴方、思いどおりにならない人生にため息をついている貴方、見果てぬ恋を追い求めている貴方、タンゴはこれらのカオスをすべて飲み込んで浄化してくれます。
お時間があれば一食抜いても是非雑司ヶ谷にお越しください。損はしません、ハイ。

最後にお店の紹介です。
今日のお店は「エル・チョクロ」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-2-8
電話:03-6912-5539
定休日:火曜日・水曜日

IMG_8134
メニューです。

IMG_8137

IMG_8157
今日のオーダーは、私はドライジンジャーエール@650円、奥様はシャンデイガフ(ビール+ジンジャーエール)@950でアテはミックスナッツ@550円とドライフルーツ@550円です。
この面子でスタートして、そのあと不定期に追加オーダーを頼みました。
奥様は後半酔いも相俟ってタンゴに対してはノリが良かったですよ。

それでは(^_-)

神保町 ミロンガ・ヌオーバ

今日は「結婚式の思い出」の話です。
キャッツ
高校からの友達の神田川が結婚することなり、彼の勤め先がたまさか私の勤め先の近くだったせいもあり、よく前祝いと称して飲んでいました。
そんなある時、彼から二次会の設営と仕切を頼まれて快諾しました。
家に帰り、かなり酔っていたことから忘れるといけないと思い奥様にもその旨報告していました。

それから半年が過ぎて、奥様と劇団「四季」の「CATS」を観にいった時の幕間に、奥様から「神田川さんの二次会のお店はとっくに抑えているんでしょう」といわれた私は「まだだよ、だって三カ月先だろう、まだ余裕のヨッチャんじゃないか、慌てない、慌てない」と言い返した私の目に飛び込んできたのは、驚きで青白んだ奥様の眼(まなこ)でした。
「貴方、なな、何言っているのよ。神田川さんの結婚式は来月の今日よ!」と言われ「いつ結婚式が前倒しになったんだよ!」と驚いて聞き返すと「結婚式の日取りは変わっていません。貴方がず〜っと勘違いしていただけなんじゃないの」と言われた私は、その場でfreezeしまさに木製人形状態となったのです。

そして帰宅するやいなや必死になって会場を探して決め、次の日にはあたかも時間をかけて決めたかのように神田川に電話をいれました。
「そろそろ結婚式まで1カ月切るので、二次会のお知らせ作ったんだ。今日にでも原稿送っとくわ」というと電話の向こうからは、神田川の感謝の言葉が聞こえてきました。
実はギリギリになって会場を探したものですから神田川の指定予算より20万円程持ちだしになり、それは全部自腹となったのです。

当日二次会の会場に現れた神田川夫妻からは「よくあの予算でこんな素敵な会場抑えられたね」と感謝の言葉を何度も何度も言われました。

神田川にとっては僥倖でしょうが、私にとっては惨憺たるものでした。
人生に“マサカ”という坂があったことをこの結婚式であらためて思い知りました。
そして今さらなのですが大事な事の取り進めは「 double check、triple checkを忘れずに!」ですよ、皆々様(笑)


This is just fucking amazing XD



IMG_1605

IMG_1602

IMG_1603

IMG_1604
今日はお茶の水に出没です。
今日は人事の時大変お世話になった明治大学さんの学食「スカイラウンジ暁」さんにお邪魔しました。
行ってみたところ19時を廻っていたこともありcloseでした、残念無念観念!
こういう時には切り替えが早くて、それではということで以前より行きたかったタンゴ喫茶「ミロンガ・ヌオーバ」さんに宗旨替えをしたのです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-3
電話:03-3295-1716
定休日:年末年始

IMG_1600

IMG_1592
お店の外観です。
神保町の靖国通りとすずらん通りに挟まれ1本の歴史が止まった小路があります。
「ミロンガ・ヌオーバ」さんはその中でもひと際歴史を感じさせる外観でありますので直ぐに分ります。
「ミロンガ」とは、タンゴのダンスパーティを行う場所のことで、「ヌオーバ」は新しいという意味だそうです。
タンゴを聴かせるお店としてこの地で営業を始められたのが昭和28年ですから、もうすぐこのお店は還暦を迎えられます。
悩み多き人生に深い嘆息をつかれている貴方、心癒すタンゴの音色に体を委ね揺蕩(たゆた)うすれば心地よい浄化が間違いなく訪れますよ・・・

IMG_1594

IMG_1595
店内の雰囲気です。
店内でながれるタンゴの曲はお店の人の選曲ですが、私が訪れた時には常連さんのrequest曲ばかりかけられていました。

IMG_1599
メニューです。

IMG_1596

IMG_1597

IMG_1598
今日のオーダーは「ピザ・ミロンガ」@800円です。
見た目は紛(まごう)こと無き昭和ピザです。
ピザベースは最近流行りのクリスピーベースではなくがっしりしタイプです。
それでは実食です。
残念なのはがっしりベースだと思って、ピザを持ち上げましたらベースがヤワヤワでした。
ウンでもこれは美味しいですね。トロリーチーズが美味しいですネ。
アクセントとの玉子もなかなかです。
パチリはしなかったのですがかなり深めの焙煎の苦みの強いコロンビア豆主体の「ミロンガブレンド」@600円と併せて頂きすと美味しさがさらに膨らみます。

そうそう私は今断酒中でお酒は頼まなかったのですが、ここのウリは世界のビールが味わえるという事ですのでご案内だけさせて頂きます。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ