下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

タクシー

神保町 キッチン南海 4th  

今日は「タクシー異聞」です。
タクシーに乗っていて遅れてしまった場合、追加の運賃を乗客が支払う。
しかしその一方で、鉄道に乗っていて遅れてしまった場合、一度払った特急料金をJRが返してくれる。
同じように遅れているのに、どうして対応が正反対なのだろうか。
タクシーの遅れは道路混雑が原因なのだから、払い戻す必要はないというのはわかるが、だからといって逆に乗客から追加で運賃を取るのは納得がいかない気がする。
しかし、混んだ道路を通って混んでいる目的地に向かうという選択は乗客がしている。
従って、混んだ道を通って混んだ目的地を指示する乗客は、空いた道を通って遠い目的地にタクシーを走らせ、運賃をどんどん稼ぐというタクシー運転手の選択肢を奪っていることになる。
このときの機会費用は、空いた道を通って遠い目的地に向かったときに得られるはずだった運賃収入である。
したがって、機会費用を発生させているのは混んだ道路を通って混んでいる目的地を走るように指示した乗客であり、機会費用を負担するのはそのタクシー運転手ということになる。
そんなわけだから、タクシーに乗ってたまたま渋滞にはまってしまい、メーターがどんどん上がっていくときには、「タクシー運転手さんの稼げる機会を奪ってしまったのだから仕方ない」とあきらめるしかない。
ま、あまりあきらめにはならないだろうが
「なぜ混んだ道で余計にタクシー運賃を払うのか?」東京女子大学現代教養学部教授竹内健蔵氏著より転載

1454640375_photo
この論文はメイクセンス(道理にかなっている)ですね。
ただし納得はできませんが(笑)
仕事柄よくタクシーに乗ります。
別に楽をしようとしているのではなく、いつも分刻みに働いていますし加えてタクシーには電車と違って乗り換えがないので自動車内で落ち着いて仕事ができますので、重宝しています。
そうなのです、私は巷間でいうレギュラーカスタマーであります。
とことろで、最近、タクシーの運転手さんは昔と違って礼儀正しくなりましたね。
その点で申せば、魚津(富山県)のタクシー運転手さんは、日本で最高ではないでしょうか。
タクシーに乗りますと、まずは、本日はご利用いただきありがとうございます。
私は運転手の△△です。
車内の温度は大丈夫でしょうか。
暑い寒いがありましたら、調整いたしますのでお気軽にお申しつけください、とまるでホテルマンみたいな応答です。
これには感激です。
さら〜に申せば、魚津の運転手さんは今のところ100%妙齢の女性の運転手しかお会いしていません。
その一方で、感じの良くない運転手さんは、今までのところ1人だけです。
勿論、東京近郊限定ですが。
これだけ乗っていて1人だけというのは、やはりサービスが向上しているからなのでしょう。
若い時はよく運転手さんとは口論になったのですが、タクシーの運転手さんはガチ喧嘩が強いという、椎名誠先生の実録小説を読んでから、寸止めで止めるようにしましたし、最近では全くそのような事はありません。

UBER
日本でもUBER(ウーバー)が始まりました。
Uberとは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリです。日本では2016年5月26日、京都府京丹後市のNPO法人がUberの仕組みを採用して、一般人による有償旅客輸送を開始しています。
東京でも利用できます。
要はタクシーの民間配車サービスです。
一番のメリットは、乗車を終了すると、乗客は5段階評価で乗車体験を評価するように求められます。
これにより、サービスの悪い運転手は駆逐されますし、好みの運転手を登録する事ができるのです。
Uberも次のようにお願しています。
ドライバーの評価を行い、今回のご乗車に関する匿名のフィードバックをお願いします。
お客様の協力により、Uber はすべてのご乗車を五つ星のクオリティーでご提供できるように努めています。
世界的に見て日本のタクシー運賃は高いのです。
その一方で、日本の運転手の給与体系は決してよくありません。
独逸、中国みたいに労働者(運転者)に低賃金労働を強いているのに運賃が高いのは、タクシー会社の利益搾取に他なりません。
このまま旧態依然の経営をしていますと海外みたいにUberに呑みこまれますよ。
余談ですが、G20ではくだんの独逸のメルケル首相は、突出した黒字は低賃金の恩恵と言われていました。
実際、独逸の昨年の賃金上昇率はわずか2.3%で、それまでの2年間より鈍化しているのです。
いずれにしてもタクシーのサービスが良くなってきたのはご同慶の至りです。
加えてUberが普及すれば運賃も安くなりますよ。
頑張れUber!


一瞬で消えた! スイカの早食い。



IMG_1635
今日は猛暑の神田神保町に出没です。
今日のお店は元祖カツカレー「キッチン南海」神保町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-5
電話:03-3292-0036
定休日:日曜・祝日

IMG_1636

IMG_1637
お店の外観です。

IMG_1641
店内の雰囲気です

IMG_1638
メニューです。

IMG_1640
調味料の面々です。

今日のオーダー「クリームコロッケ、しょうが焼き(ライス半盛)」@750円です。

IMG_1643
待つこと7分で半盛ライスの到着です。
どこが半盛やねん(笑)

IMG_1644
当然のことながら、福神漬けで日の丸ライスにします。

IMG_1647

IMG_1648
待つこと9分で「クリームコロッケ、しょうが焼き」の到着です。
見た目、ジャンクな雰囲気を醸し出しています。

IMG_1650
これもこのようなお化粧をします。
それでは実食です。
あれっ、今日はしょうが焼きは作りたてですね。
熱いですもの。
うん、冷めたしょうが焼きもそれなりに味わいがあるのですが、やはり肉料理はできたてが美味しいですね。
肉が柔らかいです。
ここのクリームコロッケは、牛乳、生クリーム、コンソメの配分が絶妙ですね。
味わいが深くて美味しいです。
しいて瑕瑾を申せば火が入りすぎです。
衣が硬くて口内がザワザワします。
それでも昭和の洋食は、私の心をゴム毬のように弾ませます。
満足な洋食でした。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

月島 めし屋 13th

今日は「タクシー車内での会話」です。
タクシー
この間タクシーに乗って得意先に行く車中、めずらしく携帯に電話がかかってこなかったので運転手さんと雑談をしていました。
途中で景気の話になり、そこから脱線して高収入のタクシー運転手さんの話になったのです。
運転手さん曰く、うちの会社には収入が10百万円近い運転手が3人もいる、とのことです。
仕事柄そのような話題には食いつきます。
記憶で申せば不況のあおりを受け、タクシー運転手の平均年収は減少傾向で平均すれば300万円前後だったように覚えています。かかる中で収入が10百万円ですと、これはまさにamazingであります。
私は運転手さんに、そういう人って固定客がついているんじゃない、って聞きますと、そういう客はいないみたいなのですね、と言うので、それじゃロングばかりねらっているんではないのですか、と聞けば、それはあるみたいです、との事でした。
ロングだと復路が空車なので営業効率がわるいんじゃないのですか、と重ねると、なぜか復路も客を拾うのですよ、というので、それは揣摩臆測的発言でしょう。蓋然性というか確率論的にはそのような僥倖の連続は発生しませんよ、と言いますと、そうですよね、って返すので、運転手さんがその様に言ったんじゃないですか、と混ぜ返したのです。さらに運転手さんもそのトップ運転手さんの儲ける秘密を知りたくて、今のタクシー会社では当たり前なのですが会社のDBから運転日報を閲覧したそうです。
そこで目の当たりにしたのは客の乗降場所は一定していなくとにかく小刻みにお客を乗せている事が分かっただけで何の参考にもならなかったそうです。

そこで私は考えました。
一番良い方は非番の日の度にそのトップ運転手さんの車の後を追尾して彼のDBを顕在化させればいいのです。
で〜もこれってあまりにも無策であります。
次に考えたのは乗車率を上げること即ち徹底した流しをすることです。
その上でどこに客がいるかを考える事です。
マーケッティングでいえば「乗車率の向上」が戦略です。
そしてその為には「どこに客がいるかを見極める」が戦術です。
例えばタクシー交通費がおおらかな薬品メーカー、マスコミ(含TV局)、商社、プラントメーカー等の周辺をくまなく周回します。特に商社は多忙な事から出発時間ギリギリまで会社にいるので、その副作用としてフライトに間に合うよう羽田空港、成田空港位なら平気でタクシーでいくようです。
特に抑えておかなければいけないのはイベント情報です。
これはある種の特需です。
特に地方からこられた方は東京の土地勘がないので平気でタクシーを使うはずです。
従いましてイベント会場周辺は宝の山となるのです。

個人的にはコンサート会場の終了時がチャンスだと思います。
コンサートはかならずアンコールがあります。
しか〜し普通の人の感覚なら終演時間をベースに帰宅スケジュールを組んでいるはずです。
ところがコンサートのプレーヤーはそんなのお構いなしにアンコールをやりますよね。
ここにビジネスチャンスがあると思うのです。
大好きな歌手のコンサートで高揚したご婦人達はせっかくの幸せな気分を込みあった電車で台無しにされるは無粋だと思う人もいるはずです。
仮に名古屋からこられた4人のグループは、帰りの名古屋最終の新幹線の時間に間に合わせる為にあたふたと帰るのなら、タクシーで帰ろうかなという仮説が成り立ちます。
ちなみに名古屋までは60,000円位のタクシー代で帰れます。
そこで頭の中の電卓をたたけば新幹線で帰るより少し割高になるという計算が成り立つはずです。
実際はわかりませんが、要はこのような仮説を沢山たてて、そのストックを沢山もつことが大事なのです。
加えてそのような僥倖にめぐりあった同僚運転手のreapplyです。
その為には社内コミューケーションを良くして情報を拝受するのです。
なんでもゼロから始めるのは生産性・効率性の点からよろしくありません。
とりあえず他の成功体験のreapplyをすれば良いのです。
それでもどうしようもなかったらトイレの中で妙案をうんうんとひねり出すのです。
個人的には成功の方程式は確率だと敢えていわせていただきます。
とこのような事をたらたらと運転手さんに話していましたら目的地に着いてしまいました。
運転手さんから、とても参考になりましたのでまた乗って下さいね、と言われたのですが、笑いながらお別れしました。この運転手さんは、タダより高いものはない、という日本の故事を知らないのでしょう・・・


Where did you go?



IMG_6863
今日はひさびさに塩辛が食べたくなりました。
となりますと月島に出没です。
今日はこのblog最多出場のご存じ「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_6864
お店の外観です。

IMG_6869
店内の雰囲気です。

IMG_6865
メニューです。

今日のオーダー「寒サバ定食」@930円です。

美人のサリーさんがネパールに帰国してしまってその替りにリナさんが入られたようです。
サリーさんがクールビューティーとするとリナさんはウォームビューティーです。
いずれにしてもネパールの女性は美人であります。

奈良間のオヤジさんは不在で後はやたら日本語のうまいネパール人の青年とベテランアルバイトのおじさん方が今日のスタッフでした。

IMG_6868
お店のPRです。
「焼きさば寿司」です。
なにやら有卦に入っているようです。
所謂ひとつのTV効果のようです。
おいしいのかしらん・・・

IMG_6874
奈良間のオヤジさん絶賛の塩辛くてとても食べられない「本ちゃん紅鮭」がこれまた有卦に入っているようです。
昔の鮭はこうだったとよと言うノスタルジック客が引きも切らず詰めかけているそうです。

IMG_6866
今日のおかず三兄弟は、塩辛、海苔の佃煮、大根の葉の漬物です。

IMG_6870

IMG_6871
待つこと12分で「寒サバ定食」の到着です
見た目脂がのっています。
何て表現したらよいのでしょう、脂ののったサバは甘いのですね。
さらにじっくりと焼きあげた香ばしい皮にその甘さが移っています。
噛みしめるたびに味がふくらんでいきます。
美味しいです。

IMG_6873
それに勝るとも劣らずのおかず三兄弟ご飯です。
今日は伊豆産の海苔の佃煮が馥郁たる香りが強く特に美味しゅうございました。
このお店は私とっての食のparadiseです。
大大大満足のlunchでした。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ