下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

スティーブン・ホーキング博士

続 荒木町 キッチンたか

今日は「死語の世界はな〜い」です。
夏目漱石
〈余は一度死んだ。そうして死んだ事実を、平生からの想像通りに経験した。果して時間と空間を超越した。しかしその超越した事が何の能力をも意味さなかった。余は余の個性を失った。余の意識を失った。ただ失った事だけが明白なばかりである。どうして幽霊となれよう。どうして自分より大きな意識と冥合出来よう。〉  
これが漱石の実感であった。  
全体の文脈を離れて読むと、この部分、ややわかりにくい気がする。僕なりに現代風に補足して意訳してみる。  
「たしかに事実として私は一度死んだらしい。けれどその事実は、いつも想像していたように、突然の意識の断絶、無であった。そこには、やはり日常感じていた時間も 空間もなかった。私は、私か私であるという個性と自意識を失っていた。その事実だけがはっきりしていて、私は死後の世界で存在しようがなかったし、まして個を包括する大きな存在に帰ってゆくような経験などできようはずはなかった。」
いかにも漱石らしい。
そうは思うのだが、凡俗の常として、このとき、漱石に死後の世界をかいまみせるような「臨死体験」があったとしたら、とつい思ってしまう。  
立花隆『臨死体験』(文春文庫 上下 2000年)によれば、欧米の臨死体験者は多くが死後の世界や神を信じるようになる。が、意外にも日本人には、あれは脳のみせた幻覚だったと考える人が比較的多いのだという。ただ、面白いのは、それでも死を怖がる気持ちはなくなり、生そのものをみる目もかわるという。体験としての深度はあまりかわらないのだ。
僕に臨死体験はないが、おそらく人が死に瀕するほどの危機にあるとき、脳内ではそうした現象がおこるはずだと思っている。それに近い脳内現象をおこすのが宗教的な「悟り」や「啓示」なのだろう。
「孫が読む漱石」夏目房之介著より転載

「強いて寝返りを右にうとうとした余と、枕元にある金盥に鮮血を認めた余とは、一分の隙もなく連続しているとのみ信じていた。その間には一本の髪毛を挟む余地のないまでに、自覚が働いてきたのみ心得ていた」とは漱石の死の世界からの生還の感想です。
その時の漱石は、眠りからさめたともさえも思わなかったそうです。
死と生の間にある「霊妙な境界を通過した」とも当然のことながら考えなかったそうです。
つまり死んだという自覚もなく、よくいわれる魂の肉体からの離脱も体験しなかったそうです。
さらに死は漱石にとってすこしも恐ろしいものでもなく、spiritualな体験でもありませんでした。
伊豆の大患の後東京に戻った漱石は、死ぬ事とは本人が存在しない事だと理解したそうです。
そして人間にとって死ぬ事はすくいにさえならない。さらに人間は幽霊にもなれそうにないことを漠然と心に留めて、死とはそのようなことだと思うと心細さとつまらなさを感じたそうです。

私は“死後の世界”の否定論者でもありません。
しか〜し直感的に死語の世界があるのはおかしいなと思っていて、「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士の、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとしてから、死後の世界があるとの考えを否定したインタビューで「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない」と述べていたことに賛同していたのです。
夏目漱石の件(くだり)でさら〜にその意を強くしたのです。

やはり人間は死後の世界を賛美するのではなく、現世を一生懸命生きるべきだと思います。
生きている間には色々と辛いことや苦しいことがありますが、生きているからこそ味わえるのです。やまない雨がないように辛いことや苦しい事の後には必ず陽が射します。
生前恨み辛(つら)みを持っていた人達に対して“我が命たとえ絶えたとしても、悪霊となり七代に亘ってこの恨みはらさずにおくべきか”というのはどうやらできそうにありません。
もしこれらの人達に恨みを晴らすのであれば現世しかありません。
来世はすり替え、もしくはある種のmoratorium (モラトリアム)でしょう。
ここを強調しておきたいのです。

〈おれが東京へ着いて下宿へも行かず、革鞄を提げたまま、清や帰ったよと飛び込んだら、あら坊っちゃん、よくまあ、早く帰って来て下さったと涙をぽたぽたと落した。
おれも余り嬉しかったから、もう田舎へは行かない、東京で清とうちを持つんだといった。
「中略」
玄関付きの家でなくっても至極満足の様子であったが気の毒な事に今年の二月肺炎に罹って死んでしまった。死ぬ前日おれを呼んで坊っちやん後生だから清か死んだら、坊っちゃんの御寺へ埋めて下さい。御墓のなかで坊っちやんの来るのを楽しみに待っておりますといった。だから清の墓は小日向の養源寺にある。〉
「孫が読む漱石」夏目房之介著より転載

で〜もこのような件(くだり)には自然と目頭が熱くなります。
人の死のせつなさはよくよく理解していますので、私の事を誤解しないでください・・・


Laughing but he forgot to wash his hands:D


IMG_6828

IMG_6829

IMG_6831
暑い!まだ夏です。
今日は四谷荒木町に出没です。
荒木町といえばここでしょう。
今日のお店は「キッチン たか」さんです。

住所: 東京都新宿区荒木町3-1
電話:03-3356-2646
定休日:日・祝日 年末年始 お盆休み

IMG_6838
お店の外観です。

IMG_6830
メニューです。

IMG_6833

IMG_6835

IMG_6837
本日のオーダー「マスタードソースのチキンソテー」@900円です。
待つこと13分で「マスタードソースのチキンソテー」の到着です。
見た目、濃いなこのソテー、です。

それでは実食です。
粒マスタードの味と香りが峻烈ですがギリです。所謂見切り寸止めです。
これはすごいですね、これでこのお店のchefの力量がわかります。
この素晴らしいマスタードソースのおかげでチキンソテーの美味しさ特に甘さが引き立ちます。
すごく美味しいです、ウマウマです。
この味が@900円で味わるのは本当にBravoです。
また来ようって!

それでは(^_-)

佐野 叶屋

今日は「Do you believe in heaven?」の話です。 
「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。
ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。

また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。

1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知られるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。
「ロイター 5月17日(火)11時20分配信」より転載

とんでもない発言が飛び出してきました。
この話は宇宙を研究してきた学者だから言いきれるのかも知れません。
偶然にも数週間前、人間は死んだらただ単に生命のSwitchが切れるだけ、と同様の話を下町ビギナーさんとしていましたので我が意を得たりとの思いでこのnewsを読んでいました。

しかしこの発言が真であるならば宗教は全滅です。
さらに従前からの道徳とか倫理とかの精神の法則性も併せて崩壊することから、あらたなparadigm(行動規範)を構築しなければなりません。
宗教戦争を繰り返してきた人類ですから、宗教のないというのもある意味危険なようにも思えます。

いずれにしてもこの発言は立証できませんので、宗教を魂の拠り所にするのもありなのでしょうね・・・


今日は佐野のoutletに出没です。
佐野と言えば佐野ラーメンです。
今日は奥様の会社の方が一押しの佐野ラーメンの頂点「叶屋ラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 栃木県佐野市久保町154-1
電話:0283-22-2837
定休日:月曜日

IMG_8563
お店の外観です。

IMG_8564
店内の雰囲気です。

IMG_8571
メニューです。

IMG_8566
私の今日のオーダー「ネギラーメン」@750円です。

IMG_8567
奥様のオーダー「チャーシューメン」@800円です。

IMG_8568
二人でshareした「手作り餃子」@400円です。

まずスープは昆布だしと醤油鶏ガラスープです。これだけの透明感のものは多分始めてでしょうか、お約束のスープの熱々は守られていいます
味ですか、美味しいのですが、期待が大きかっただけに少し落差がありました。
麺は手打ち独特のコシがあり結構な味わいです。
しかし麺量が多く途中で飽きてしまいました。
チャーシューはゆで豚バラ肉です。程よい脂ののりが美味しく結構でした。

私のネギラーメンは画像の通りカラシネギがちょこっと乗っているだけでnormalな手打ちラーメンより+150円高です。このパフォーマンスでこの値付けですか 、少し考え込んでしまいますね・・・

餃子は肉が多いモチモチ、ジューシー系です。皮にも甘みが感じられ美味しい味わいです。
とても結構でした。

このお店レンゲはお子様とワンタンを頼んだお客意外はだしてもらえないとかnetに載っていたのですが何故か今日は置いてありました。
それとお約束の写真撮影の許可を私の代わりに奥様がご主人に聞きに行ったら、他のお客様に迷惑をかけなきゃいいよ、ですと。
いいんですよ、そういう制限付きのお許しはたまに言われますから、しかしその時のお客といえば私達夫婦と後ろのテーブルにほとんど食べ終わっていた夫婦だけです。
私達夫婦は、一体どのような迷惑をかけなかったらいいんだろう、と思わず顔を見合わせてしまいました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ