下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

スカイラウンジ暁

お茶の水 銀座コージーコーナー

今日は「エクソシスト」です。
織田信長の強引さはよく知られているが、豊臣秀吉もすごい。「武力と財力で、地上のすべてを屈服させる。
天下人とは、そのような絶対者であり、地上の生物も天上の神も、すべてを支配する」この思想は、信長の脳内で生まれ、秀吉の体内で育ったといってよい。 
あるとき、秀吉最愛の養女・豪姫にキツネが取り憑いた。全国のキツネは伏見稲荷の配下である。秀吉は烈火のごとく怒り、石田三成らを呼び、「伏見の稲荷大明神に書状を書け」と命じた。もし豪姫を死なせたら、稲荷の〈社を即時に破却〉する。〈そのうえ、日本国中のキツネ猟を毎年かたく仰せつけられ、その類を断ち、悉く殺〉す。そういって稲荷とキツネを脅した。はじめ、この秀吉書状は偽物だろうと思われていたが、その後の研究で、本当に秀吉が、このような書状を書かせていたことが、わかってきた。
事実、この秀吉書状は現存している(桑田忠親「豊臣秀吉の狐狩に関する文書」)。脅しが効いたのか、豪姫の病気は治った。 
秀吉は、竜宮城にも命令している。天正18(1590)年、小田原攻めのときのこと。遠州灘の駒形という場所は、馬を乗せると船が難破するので、船頭が軍馬を乗せたがらなかった。すると、秀吉はぐっと筆をつかんで、〈(この船は)無難に通るべき者也、竜宮殿〉と書いて船頭に渡した(『理斎随筆』)。「おれの船を安全に通せ」と、竜宮城の乙姫にあてて通行手形を書いたのである。
この秀吉の時代以降、日本人は「神仏よりも世俗の力のほうが強いのだ」と思うようになった。そして、天草の乱を最後として、日本の国内から宗教がらみの戦争がなくなったのである。
「江戸の備忘録」磯田道史著より転載
我が意を得たり、です。
秀吉のこのような腕力話は心地良いですね。
個人的には死後の世界、神、仏を全否定していますが、宗教だけは「it depends on how person feels」であります。
要はその方の好き好きですので否定していません。

狐憑きですか、最近は聞きませんよね。
それはですね、2002年より「統合失調症」と呼称されるようになったからなのです。
この精神疾患は、それ以前は「精神分裂症」、さらに古くは「狐憑き」などと呼ばれていたのです。
その症状はさまざまですが、「幻聴・幻覚」も固有症状のひとつです。
姿なき物が見え、声なき声が聞こえてしまい、周囲の人たちから見ると、「狐が憑いてしまった」としか思えないほど人格が変わってしまうことから、その名前が冠せられたのです。
もちろん「統合失調症」のすべての患者が「幻聴・幻覚」を体験するわけではありません。しかしこの体験が顕著な症状を発症する患者になりますと、本人にしか感知できていない存在と日常的に行動を共にしたりするケースもあるそうですよ。
「統合失調症」は「投薬治療派」(投薬で治したケース)が圧倒的多数ですが、中には「霊能者のお払い(除霊)」を奨励している体験者もいます。
この除霊体験者の場合、「娘が数ヶ月、投薬をずっと続けていたが改善されなかった。そこで最後の手段と思い霊能者を頼ったところ、除霊により約2週間で完治した」と報告もあるそうです。

除霊

エクソシスト

エクソシスト2
除霊者(エクソシスト)って何なのでしょうか。
基本的にこの存在を認めたら日本の精神医療はすべて除霊者で固められてしまうのでありえないでしょうが、一度高校の友人の精神科医に聞いてみましょう。
すごく気になっている今日この頃であります。

There are only two ways to live your life.
One is as though nothing is a miracle. The other is as though everything is a miracle.
人生には、二つの道しかない。
一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。
アルバート・アインシュタイン


泣いてください・・・


IMG_9683

IMG_9684
今日はお茶ノ水に出没です。
明治大学の学食「スカイラウンジ暁」さんで夕食をと思ったのですが、春休みでした。
大学職員っていいですよね、これだけ休みがある職種ってないですよね、正直ウラヤマシイです、ハイ。
ということでたまにはrichな夕食でも食べるかと向かった先は「銀座コージーコーナー」お茶の水店さんです。

住所: 東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル B1F
電話:03-3233-4415
定休日:無休

IMG_9686

IMG_9705
お店の外観です。

IMG_9694

IMG_9695
店内の雰囲気です。

IMG_9689
メニューです。

今日のオーダー「パスタセット(ボロネ―ゼ・仏蘭西産フォアグラをのせて、シーザーサラダ、プチ抹茶デザート、珈琲)」@1,480+@200(仏蘭西産フォアグラ)=1,680円です。

このお店綺麗ですし、接客が良いので好きなお店の一つです。

IMG_9692
待つこと5分で「シーザーサラダ」の到着です。
見た目、色鮮やかですね。
サラダはすべて涼感あふれ且つエッヂが立っていて結構です。
生ハムが白眉です。
美味しいです。

IMG_9698

IMG_9700
待つこと7分で「ボロネ―ゼ・仏蘭西産フォアグラ付」の到着です。
仏蘭西産フォアグラが光輝いているではありませんか、たまりませんね。
ボロネーゼの肉っぽさとトマトソースとの相性が抜群によいですね。
フォアグラの上にのっているバルサミコがフォアグラの味わいを高めています。
パルミジャーノ(イタリアチーズの王様)がもちもち生パスタの良いaccentになっています。
これは美味しいです、かなりのレベルです。

IMG_9701

IMG_9702

IMG_9704
デザートの「プチ抹茶デザート」と「珈琲」です。
「プチ抹茶デザート」は私のお願いで餡多めです。
「銀座コージーコーナー」さんですからデザートは鐡板です。
口福の神が降臨してきました。
このような贅沢は心をふくよかにします。
大満足のdinnerでございました。

それでは(^_-)

神田駿河台 スカイラウンジ暁

今日は「一つの大団円」の話です。 
私のフリネタは過去ネタも多いいのです。
高校生の時の思い出話も多々あります。
その中で私が高校生一年生即ち15歳の時から34歳迄の間通い詰めていた青春の思い出が詰まったお店がありました。でもこのお店は私が34歳の時に転勤で札幌に行って帰ってきたら忽然と閉店していたのです。しかし諦めきれず再開を期待して幾度ともなくお店に出向いたのですが、シャッターが閉まったままのお店は冷たく私を突き放しました。この不条理の光景は私の心をひどく惨憺たるものにしていたのです。

風の便りででは店主が癌で入院したので閉店したとか、大病を患い術後の経過が良くないので娘夫婦が面倒をみるような状態になったので閉店したとか、あるいは突然死したとかその閉店理由は枚挙に暇がないのです。
その動静、消息を探ろうと色々と手を尽くしたのですが完璧に情報が枯渇しており、わずか1本の蜘蛛の糸さ見つけることはできませんでした。こういうのを思い出の不完全燃焼というのでしょう。

IMG_3607

Movie13_0001

Movie13_0003
ところがある日、偶然にも私に一本の銀色の糸がまるで人目にかかるのを避けるかのようにひっそりと私のところに降りてきたのです。私はそれにすがりつきました。
そうなのですそのお店の娘さんと連絡がとれたのです。
娘さんのお話では、私が大好きだった店主は11年前に亡くなられていたとのことです。
そこから紆余曲折はあったのですが、最終的には同じくそのお店に通い詰めていた友人とその娘さん夫婦の帯同の元に、その店主の墓参りに行ってきました。

私は店主の墓前に長年の感謝とともに久闊を叙したのです。
私の前には非常に冗長な時間が横たわっていたものの、長い間の心のしこりがすっきりと取れたのである種の爽快感が横溢しました。そしてこの偶然の縁(えにし)にあらためて感謝をしたのです。

墓参の後に場所を変えて、友人と娘さん夫婦と会食をしました。
お互いに積もる話は沢山あり長時間話し込んだのです。
その中で非常に驚いた話がありました。
実はこの亡くなられた店主は片腕であった奥様を32年前に亡くされてからお一人でお店を切り盛りしていたのです。これはこれである意味超人的な所業なのですがね。
しかも出前も受けていたので、私はお店でぽつねんと待たされることは多々あったのです。
ところがその待っている間にお店のキャッシャーからお金を盗む輩がいたのですね。
さらに深夜の店主の寝入りばなに裏口から忍び足で厨房の裏にある引き戸を音も立てずにこっそりと開けて侵入してきたネクタイ着用のサラリーマン風の男がいたそうです。
そしてその動きに息をこらして見ていた店主は、こっそりと忍びこんだサラリーマン風の男と目が有ったそうです。
店主は、何か御用ですか、と聞いたところ、そのサラリーマン風の男は、まだお店はやっていますか、と聞き返したので、店主は、すみません、もう深夜なのでお店は締めさせていただきました、と答えたそうです。
するとサラリーマン風の男は、それじゃ帰ります、といって入ってきた時と同じように引き戸を静かに締めて帰ったとのことです。

何で驚いたかといいますと、私は私の育った下町には店主が出前をしている間に、このようにお店のお金をくすねるような輩はいないと信じていたのです。
いくらなんでもそれをしては人間としてお終いだよと思っていました。
しかし現実いたのですね。
そして深夜のこそ泥ですか、同様に昔の下町はあまり鍵をかける習慣がなかったので、それを逆手にとって侵入したのですね。
この場合の驚いた理由はこそ泥の侵入理由が食事に来たと言ったことです。
言うに事欠いて、まだお店はやっていますか、はないでしょう(笑)
しかし店主も落ち着いた対応で、もう深夜なのでお店は締めさせていただきました、と答えたので事なきを得たのです。万が一店主が男気をだしてそのこそ泥を捕らえようとしましたら、場所が厨房なだけに包丁等の凶器は巨万(ごまん)とありますので、大怪我をしていたかもしれません。
そういう意味では店主は人生の達人だったのでしょうね・・・

いずれにしても私の青春の思い出が大団円を迎えたのでした。


今日は駿河台に出没です。
今日のお店は以前から行きたかった「スカイラウンジ暁」さんです。

住所: 東京都千代田区神田駿河台1-1 リバティータワー 17F
電話:03-3296-4545
定休日:日曜・祝日

IMG_1602
お店の外観です。
「スカイラウンジ暁」さんは明治大学駿河台キャンパスの17階にある、その名のとおり、地上約75メートルからの眺望を楽しめる学生食堂です

IMG_3661

IMG_3667
店内からの眺望です

IMG_3656

IMG_3657

IMG_3666
店内の雰囲気です。

IMG_1604

IMG_3653

IMG_3654
メニューです。

IMG_3669
トリプルラーメンの丼です。
これは偶然にも食べていた学生がいたのでお願いしてパチリさせていただきました。
しかし若いってウラヤマシイですね(笑)

IMG_3655
今日はパスタが食べたかったのです。
「ツナのピリ辛パスタ」「ペペロンチーノ」「たらこスパゲッティー」のどれにしようか悩みました。
前に並んでいた明治大学の女子学生さんにここのお薦めパスタを聞いたところ、女子学生は圧倒的に「たらこスパゲッティー」が人気ですとのことでした。その後で作り手のお姉さんにも聞いたところ、折角明治にいらしたのなら週替わりスパを食べていってください、とのことでしたので、作り手のrecommendationに敬意を表して、本日のオーダーは「ツナのピリ辛パスタ+セットサラダ」@370+@120=490円です。

IMG_3658

IMG_3659

IMG_3660
見た目「美パスタ」です。
それでは実食です。
これは炒めパスタですね。ウン熱々できあがっています。
ちょっと炒め方が均一でないせいか辛い部分と全く味がしない部分が混在しています。
学食だからこのような調理はありです。
味ですか学食は安さ勝負です。後は行間を読んでください。
サラダはedgeがたっていて美味しいです。
明治ですから、野菜も取らなければイケません。
ちょっとこの件(くだり)は書いている本人も意味不明ですね。

これで490円であれば大満足のランチでした、キッパリ。

それでは(^_-)

神保町 ミロンガ・ヌオーバ

今日は「結婚式の思い出」の話です。
キャッツ
高校からの友達の神田川が結婚することなり、彼の勤め先がたまさか私の勤め先の近くだったせいもあり、よく前祝いと称して飲んでいました。
そんなある時、彼から二次会の設営と仕切を頼まれて快諾しました。
家に帰り、かなり酔っていたことから忘れるといけないと思い奥様にもその旨報告していました。

それから半年が過ぎて、奥様と劇団「四季」の「CATS」を観にいった時の幕間に、奥様から「神田川さんの二次会のお店はとっくに抑えているんでしょう」といわれた私は「まだだよ、だって三カ月先だろう、まだ余裕のヨッチャんじゃないか、慌てない、慌てない」と言い返した私の目に飛び込んできたのは、驚きで青白んだ奥様の眼(まなこ)でした。
「貴方、なな、何言っているのよ。神田川さんの結婚式は来月の今日よ!」と言われ「いつ結婚式が前倒しになったんだよ!」と驚いて聞き返すと「結婚式の日取りは変わっていません。貴方がず〜っと勘違いしていただけなんじゃないの」と言われた私は、その場でfreezeしまさに木製人形状態となったのです。

そして帰宅するやいなや必死になって会場を探して決め、次の日にはあたかも時間をかけて決めたかのように神田川に電話をいれました。
「そろそろ結婚式まで1カ月切るので、二次会のお知らせ作ったんだ。今日にでも原稿送っとくわ」というと電話の向こうからは、神田川の感謝の言葉が聞こえてきました。
実はギリギリになって会場を探したものですから神田川の指定予算より20万円程持ちだしになり、それは全部自腹となったのです。

当日二次会の会場に現れた神田川夫妻からは「よくあの予算でこんな素敵な会場抑えられたね」と感謝の言葉を何度も何度も言われました。

神田川にとっては僥倖でしょうが、私にとっては惨憺たるものでした。
人生に“マサカ”という坂があったことをこの結婚式であらためて思い知りました。
そして今さらなのですが大事な事の取り進めは「 double check、triple checkを忘れずに!」ですよ、皆々様(笑)


This is just fucking amazing XD



IMG_1605

IMG_1602

IMG_1603

IMG_1604
今日はお茶の水に出没です。
今日は人事の時大変お世話になった明治大学さんの学食「スカイラウンジ暁」さんにお邪魔しました。
行ってみたところ19時を廻っていたこともありcloseでした、残念無念観念!
こういう時には切り替えが早くて、それではということで以前より行きたかったタンゴ喫茶「ミロンガ・ヌオーバ」さんに宗旨替えをしたのです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-3
電話:03-3295-1716
定休日:年末年始

IMG_1600

IMG_1592
お店の外観です。
神保町の靖国通りとすずらん通りに挟まれ1本の歴史が止まった小路があります。
「ミロンガ・ヌオーバ」さんはその中でもひと際歴史を感じさせる外観でありますので直ぐに分ります。
「ミロンガ」とは、タンゴのダンスパーティを行う場所のことで、「ヌオーバ」は新しいという意味だそうです。
タンゴを聴かせるお店としてこの地で営業を始められたのが昭和28年ですから、もうすぐこのお店は還暦を迎えられます。
悩み多き人生に深い嘆息をつかれている貴方、心癒すタンゴの音色に体を委ね揺蕩(たゆた)うすれば心地よい浄化が間違いなく訪れますよ・・・

IMG_1594

IMG_1595
店内の雰囲気です。
店内でながれるタンゴの曲はお店の人の選曲ですが、私が訪れた時には常連さんのrequest曲ばかりかけられていました。

IMG_1599
メニューです。

IMG_1596

IMG_1597

IMG_1598
今日のオーダーは「ピザ・ミロンガ」@800円です。
見た目は紛(まごう)こと無き昭和ピザです。
ピザベースは最近流行りのクリスピーベースではなくがっしりしタイプです。
それでは実食です。
残念なのはがっしりベースだと思って、ピザを持ち上げましたらベースがヤワヤワでした。
ウンでもこれは美味しいですね。トロリーチーズが美味しいですネ。
アクセントとの玉子もなかなかです。
パチリはしなかったのですがかなり深めの焙煎の苦みの強いコロンビア豆主体の「ミロンガブレンド」@600円と併せて頂きすと美味しさがさらに膨らみます。

そうそう私は今断酒中でお酒は頼まなかったのですが、ここのウリは世界のビールが味わえるという事ですのでご案内だけさせて頂きます。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ