下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ジョーズシャンハイ

続 池袋 ジョーズシャンハイ

今日は「終戦の詔書」です。
今日のふりネタの「終戦の詔書」ですが、今日の今日までこの玉音放送は「堪え難きを耐え、忍び難き忍び」しか聞いたことがなく、当時の人たちはどのような内容を聞いていたのか疑問でした。
そこで今日は全文を振り仮名付で掲載します。
そしてその後に現代文での内容を掲載しています。
ご一読頂けましたら幸甚です。

#「終戦の詔書」原文
ちん深く世界の大勢たいせいと帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以もって時局を収拾せむと欲しここ忠良なるなんじ臣民に告ぐ。
朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し其その共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。
抑々そもそも帝国臣民の康寧こうねいを図はかり、万邦共栄の楽をともにするは、皇祖皇宗の遣範にして、朕の拳々措けんけんおかざる所。
さき米英二国に宣戦せる所以ゆえんも、亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出いで、他国の主権を排し、領土を侵すが如きは、もとより朕が志しにあらず。
然るに、交戦已に四歳をけみし、朕が陸海将兵の勇戦、朕が百僚有司の励精、朕が一億衆庶の奉公、各々最善を尽せるに拘らず、戦局必ずしも好転せず。
世界の大勢、亦我に利あらず。
加之しかのみならず、敵は新に残虐なる爆弾を使用して、しきり無辜むこを殺傷し、惨害の及ぶ所、真に測るべからざるに至る。
しかも尚交戦を継続せむか、終に我が民族の滅亡を招来するのみならず、ひいて人類の文明をも破却すべし。
かくの如くむは、朕何を以ってか億兆の赤子を保し、皇祖皇宗の神霊に謝せむや。
是朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。
朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を表せざるを得ず。
帝国臣民にして、戦陣に死し、職域に殉し、非命に斃れたる者、及其遺族に想いを致せば、五内為ごだいために裂さく。
且戦傷を負い、災禍を蒙り、家業を失いたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念しんねんする所なり。
おもうに、今後帝国の受くべき苦難は固より尋常にあらず。
爾臣民の衷情も、朕善く之を知る。
然れども、朕は時運のおもむく所、堪え難がたきを堪え、忍び難きを忍び、以って万世の為に太平を開かむと欲す。
朕は茲に国体を護持し得て、忠良なる爾臣民の赤誠に信倚しんいし、常に爾臣民と共に在り。
若し夫れ情の激する所、みだりに事端をしげくし、或は同胞排儕はいせい互に時局を乱り、為に大道を誤り、信義を世界に失うが如きは、朕最も之を戒む。
宜しく挙国一家子孫相伝あいつたえ、確く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きをおもい、総力を将来の建設に傾け、道義を篤し、志操をかたくし、誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後れざらむことを期すべし。
爾臣民、其れく朕が意を体せよ。
※難解漢語の意味
◆康寧: やすらかなこと。安寧
◆遣範: 先人から遺された手本
◆庶幾する: こい願う
◆閲する: 経過する
◆無辜: 何の罪もない人
◆五内: 五つの主要な内臓→全身
◆軫念する: 心を痛める
◆衷情: まごころ
◆赤誠: うわべを飾らないまごころ
◆事端を滋くする: 事件をたくさん起こす
◆排儕: 排斥

#「終戦の詔書」口語訳
私は、深く世界の情勢と日本の現状について考え、非常の措置によって今の局面を収拾しようと思い、ここに忠義で善良なあなた方国民に伝える。
私は、日本国政府に、アメリカ・イギリス・中国・ソ連の4国に対して、それらの共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告させた。
そもそも、日本国民の平穏無事を確保し、すべての国々の繁栄の喜びを分かち合うことは、歴代天皇が大切にしてきた教えであり、私が常々心中強く抱き続けているものである。先にアメリカ・イギリスの2国に宣戦したのも、まさに日本の自立と東アジア諸国の安定とを心から願ってのことであり、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは、もとより私の本意ではない。
しかしながら、交戦状態もすでに4年を経過し、我が陸海将兵の勇敢な戦い、我が全官僚たちの懸命な働き、我が1億国民の身を捧げての尽力も、それぞれ最善を尽くしてくれたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転せず、世界の情勢もまた我が国に有利とは言えない。それどころか、敵国は新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使い、むやみに罪のない人々を殺傷し、その悲惨な被害が及ぶ範囲はまったく計り知れないまでに至っている。
それなのになお戦争を継続すれば、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、さらには人類の文明をも破滅させるに違いない。そのようなことになれば、私はいかなる手段で我が子とも言える国民を守り、歴代天皇の御霊(みたま)にわびることができようか。これこそが私が日本政府に共同宣言を受諾させるに至った理由である。
私は日本と共に終始東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対して、遺憾の意を表さざるを得ない。日本国民であって戦場で没し、職責のために亡くなり、戦災で命を失った人々とその遺族に思いをはせれば、我が身が引き裂かれる思いである。さらに、戦傷を負い、戦禍をこうむり、職業や財産を失った人々の生活の再建については、私は深く心を痛めている。
考えてみれば、今後日本の受けるであろう苦難は、言うまでもなく並大抵のものではない。あなた方国民の本当の気持ちも私はよく分かっている。しかし、私は時の巡り合わせに従い、堪え難くまた忍び難い思いをこらえ、永遠に続く未来のために平和な世を切り開こうと思う。
私は、ここにこうして、この国のかたちを維持することができ、忠義で善良なあなた方国民の真心を信頼し、常にあなた方国民と共に過ごすことができる。感情の高ぶりから節度なく争いごとを繰り返したり、あるいは仲間を陥れたりして互いに世情を混乱させ、そのために人としての道を踏み誤り、世界中から信用を失ったりするような事態は、私が最も強く戒めるところである。
まさに国を挙げて一家として団結し、子孫に受け継ぎ、神国日本の不滅を固く信じ、任務は重く道のりは遠いと自覚し、総力を将来の建設のために傾け、踏むべき人の道を外れず、揺るぎない志をしっかりと持って、必ず国のあるべき姿の真価を広く示し、進展する世界の動静には遅れまいとする覚悟を決めなければならない。あなた方国民は、これら私の意をよく理解して行動してほしい。

如何でしたか。
昭和天皇が心底いかに平和を求めていたのかを知りました。
個人的には最後の「総力を将来の建設のために傾け、踏むべき人の道を外れず、揺るぎない志をしっかりと持って、必ず国のあるべき姿の真価を広く示し、進展する世界の動静には遅れまいとする覚悟を決めなければならない」には感動しました。
で〜もこれは大まかな内容は内閣書記官長・迫水久常が作成し、8月9日以降に漢学者・川田瑞穂(内閣嘱託)が起草、さらに14日に安岡正篤(大東亜省顧問)が刪修して完成したものですので、天皇の思し召しがどれだけ入っているのかは不明ですが、最終的に天皇がこれでよしと裁可されましたので、これ以上の詮索は不敬であります。

玉音放送
本詔書の内容を決める閣議において、戦争継続を求める軍部の者によるクーデターを恐れた陸軍大臣・阿南惟幾が「戦局日ニ非(あらざる)ニシテ」の改訂を求め、「戦局必スシモ好転セス」に改められるなど、最終段階まで字句の修正が施されていたのです。
文体は非常に古典的な漢文訓読体なので一体全体何割の日本人がこの内容を理解していたのでしょうか。
個人的には最初のお言葉で日本の敗戦が分ったので、ニュース映像でみる「堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び」までを聞くのは結構苦痛だったかと思います。
放送されたのがお昼でしたのでお腹もすいていましたでしょうから・・・


笑いましょう!



IMG_9116

IMG_9117

IMG_9119
今日は池袋に出没です。
戦後70年ということで最近戦争ネタが多いのです。
書いている本人は、戦争ネタは重いのであまりすきではないんだけどなぁ、とつぶやいていましたら、なななんと元の巣鴨プリズンにきてしまいました。
当地は1970年まで巣鴨拘置所で、戦時中にゾルゲ事件主犯リヒャルト・ゾルゲが死刑執行されています。
太平洋戦争後GHQ接収時は巣鴨プリズンと称され、東條英機など主な戦犯が収容後に死刑執行されておりいわゆる歴史の1ページが書き込まれた場所であります。
ということで今日のお店は元の巣鴨プリズンにある「JOE’S SHANGHAI 」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 59F
電話:03-5952-8835
定休日:無休

IMG_9121
お店の外観です。

IMG_9127

IMG_9134
店内の雰囲気です。

IMG_9124
メニューです。

今日のオーダー「海鮮五目炒飯セット」@1,500-@100=1,400円です。

IMG_9146
実はこの間、奥様の誕生祝でデジタルスクラッチをやりました。
その際、100円のクーポン券をもらったのでした。

待つこと4分で「季節野菜のサラダ」の到着です。
IMG_9131
見た目色鮮やかです。
涼感たっぷりのこの「季節野菜のサラダ」は美味しいです。
これはひんやり&新鮮な野菜勝ちでしょう。

待つこと12分で「Joe’s特性 蟹肉と蟹味噌入り小籠包&豚肉小籠包」の到着です。
IMG_9136
この小籠包は今日で3度です。

IMG_9137

IMG_9138

IMG_9139

IMG_9141
今日は上手に食べられるでしょうか。
まずは脇の皮を少し割いて特濃スープを流しだします。
そしてほんの少しだけ黒酢をかけまわします。
それでは実食です。
うん、これはやはりこのお店のspecialtyです。
スーパーデリシャス(Janglish)です。
この様な味わいを頂きますと、前回の銀座店がいかにヒドかったが思い知らされます。

待つこと20分で「海鮮五目炒飯」の到着です。
IMG_9142
これは見ただけでわかります。
美味しいはずです。
それでは実食です。
海老、蟹、烏賊が絶妙なからみ方をしています。
ちょっと言葉を失うほどです。
久々のbravo!であります

待つこと21分で「季節の玉子野菜スープ」です。
IMG_9145
うんこれも見た目でわかります。
美味しいはずです。
うん、とろみがいいです。
スープが美味しいです。
細かく刻まれた季節の野菜が食感を刺激します。

待つこと23分で「パンナコッタ仕立ての杏仁豆腐」です。
IMG_9147
これは鐵板の味です。
締めのデザートはこうでなければなりません。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

銀座 ジョーズシャンハイ

今日は「土用の神」です。
今日の話は子供の時、夏休みに父方の祖母から聞いた話です。
私の祖母というのは根性が女性の格好をしているような人で、村で揉め事があると、一升瓶をもって出向き、必ず相手を酔い潰して話を纏めるなどその武勇伝は数限りないものがあります。

人魂
その話というのは父が戦争から帰ってきて家でブラブラしていた頃に起きたものです。
ある晩、近所の人が大声をあげて祖母のところに駆けつけました。
大変だ、お前んとこのシゲが村の辻の祠で、誰もいないのに誰かと話すようにして酒を飲んでいるぜ。
それだけならともかく、その頭の上に光るものが舞っている。あれは間違いなく人魂だよ。
このままほっておくと祟り殺されるぞ、と言ったのです。
それを聞いた祖母は井戸で身を清めてから、結界を作るしめ縄をもって、その祠に駆けつけたのです。
すでに父は一升瓶を枕にして酔いつぶれていて、真夏だというのに霊気がたちこめていて寒さすら感じたそうです。祖母はその場の四隅に柱をたて結界を作り、先祖伝来のありがたいお神呪(かじり)を一心不乱に唱えたそうです。しばらくして霊気にゆるみが出てきたので、もう迷われませんように、迷われませんように、と最後には、臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・在・前を唱えながら、刀印(とういん)を結んで九字を切ってその邪を払ったそうです。
祠に静寂が訪れました。
それから祖母は酔いつぶれた父をおぶって帰宅したそうです。

その話を聞いていた私は、なんでお父さんは祟られたの、とききましたら、一ヶ月前の土用の日に、池をさらって、鯉を取るだけにしておけばよいものを、水を止めて池の底を掘って池を深くしたからさ、と言っていました。
何で土用の日に池を掘ってはいけないの、と聞きますと、土用というのは、立春、立夏、立秋、立冬というそれぞれの季節の変わり目の前の18日間のことだ。書いて字の如く、土用の時期は土の神が動くんだ。
それだからその時期に土いじりをすると土の神の怒りをかうのだ。特に土用の入りの日は一番いけない。
シゲが池をさらったのは土用の入りの日だった。それだからシゲにはそのことはとくとくと言ってあったんだけど、聞かなかったのだな、と言っていました。
私はそれを聞いて瞠目しました。
なんて博学多識の祖母なのだと。
エクソシスト的ふるまいだけでも驚きなのに、今回の顛末まで全てお見通しの見識と言いますかその洞察力には頭がさがりました。
祖母が男性に生まれたらどれだけ活躍したのかと子供心に思ったものです。

青みがかった空にそこはかとない茜色がただよいはじめてきました。
すると同級生のところで飲んできた父が真っ赤な顔をして戻ってきました。
▲▲ お前おばあちゃんと何話していたんだ、と聞かれましたので、僕がどのようにしたら偉くなれるかの話だよ、といったら、おばあちゃんが私の頭をなでながら、お前なら、なれるさ。お前のオヤジより数段ましさ、と笑いながら父に答えていました。
遠い昔の夏の日の思い出であります。


付録の地元の不思議画像です。
雨が降ると濡れる不思議なトンネル。
IMG_8927
白く見えているのは車の通る跡です。
ここは車が通りますから濡れないのです。

矢印を書くエアコンの室外機です。
IMG_8779
不・思・議です。


IMG_8908
今日は銀座に出没です。
今日のお店は奥様の誕生会に利用して大絶賛した「Joe’s Shanghai」の銀座店さんです。
ということで今日のお店は「Joe’s Shanghai Ginza」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-9-13 銀座柳通りビル B1F
電話:03-3535-5515
定休日:無休

IMG_8880

IMG_8905

IMG_8902
お店の外観です。

IMG_8901

IMG_8891
店内の雰囲気です。

IMG_8906
メニューです。

今日のオーダー「Joe’s 麻辣担々麺セット」@1,590円です。
さすが花の銀座店さんですね。
インテリアが豪華です。
なにか昔のグランドキャバレーみたいな感じです。

待つこと2分で「季節野菜のサラダ」の到着です。
IMG_8887
見た目綺麗です。
サラダに乗せている揚げ麺がサラダの美味しさを損ねています。
何のために乗せているのでしょう。
サラダドレッシングに合っていません。

待つこと10分で「Joe’s特性 蟹肉と蟹味噌入り小籠包と豚肉小籠包」の到着です。
IMG_8892

IMG_8893

IMG_8895
見た目美味しそうです。
すみません。これは間違えて黒酢を入れ過ぎて味がわからなくなりました。
しか〜しそれでもこの小籠包は熱々ではないので、池袋店とスープのみを比べますとかなり落ちます。

待つこと13分で「Joe’s 麻辣担々麺」の到着です。
IMG_8896
まだ小籠包を食べているのに拙速ではありませんか。
完璧にランチタイムの弊害です。
麻辣担々麺ですが、麺の湯切りは悪いし、スープは熱々ではありませんし、食べ物には頃合いがあります。
熱々でない麻辣担々麺は町中の味噌ラーメンと何ら変わりません。
美味しくありません。

待つこと21分で「パンナコッタ仕立ての杏仁豆腐」の到着です。
IMG_8898
これはさすがに良く冷えていて絶妙な味です。
コクがあり口内でとろけるような風情は至福であります。

このお店では「幼稚園未満の幼児の入店」をお断りしていますが、まずは幼稚園なみの配膳しかマネージできないフロアー責任者を更迭すべきでしょう。
若しくはお店のブランド維持のためにランチタイムサービスのような時間に追われる営業はやめるべきでしょう。
そう思われませんか湯浅総料理長様・・・

それでは(^_-)

池袋 ジョーズシャンハイ

今日は「世界!ニッポン行きたい人グランプリ」です。
芸者
今夜8月16日(日)よる7時54分からのテレビ東京「日曜ビッグバラエティ」は、ニッポンに行きたくて行きたくて仕方がない外国人を世界で捜索し、ニッポンへの思いが最も強い人を日本へお招きする「世界!ニッポン行きたい人グランプリ2」を放送!
今回はイタリア、カナダ、ポーランドで大捜索!番組公式サイトで予告動画が公開されている。
「イタリア」、「カナダ」、「ポーランド」でニッポンに行きたい人を現地でガチンコ調査。ポーランドからは舞妓にあこがれる女子大生が初来日!京都・祇園で念願の舞妓さんと対面する。
「navicon」より転載

超人気タレントのような過密スケジュールで夏休みをせわしなく動きまわっていた私の夏休みもいよいよ終盤です。振り返ってみればほとんど毎日外出しており、単に仕事が私事に変わっただけです。
かといって家でぐた〜っとしているとかえって疲れるので、多分死ぬまでこんな感じなのでしょうね。
あまりTVを見ない私ですが、この番組は期待していたのです。
特に、今回は「ニッポンに行きたくて行きたくて仕方がない外国人」特集ですので正座して真剣に見ていました。
人が一生懸命頑張っている姿は国籍を問わず感動するのですが、その中で「京都と舞子が好きすぎる」ポーランドの大学生ユースティーナさん(23歳)のfeature(動画の41分03秒から1時間4分25秒まで)は感動の嵐でした。



この貼ってある動画の中で私が感動した場面を紹介します。
感動を共有していただければありがたいです。

#6分39秒〜
まめ藤&まめ菊
ここは、ユースティーナさんが祇園多麻にある舞子さんが住み込み生活をしている置屋で、彼女が大好きな舞子さん、まめ藤さんと、まめ菊さんに会ったくだりです。
彼女は瞬殺でこの二人の名前を呼びあてたのです。
私はこのふりネタを書くためにこの動画を何回も見ましたが、最後の方でやっとまめ藤さんと、まめ菊さんの見分けができたくらいですので彼女のすごさは驚きです。
たとえば国技館に相撲を見に行った時に相撲取りの顔がわからないのと同じで日本人って同じ格好をしていると見分けがつきませんよね(笑)
ユースティーナさんの識別力は本当にたいしたものです。

#9分13秒〜
化粧
ここは、彼女の隠れた能力をfeatureしています。
まめ藤さんが衣裳部屋で顔のこしらえをしている場面の中のストロベリーヨーグルトにカイエンペッパーをふりかるようなシーンで、彼女は「とのこ」ですか、と質問をしていました。するとまめ藤さんは、とのこ(砥の粉)知ってはるんどすね、と驚いていました。
「とのこ」とはおしろいに混ぜて顔に赤みをつける化粧品なのですが、なんでポーランド人がこのようなマニアックな化粧品を知っているのでしょうか。
さら〜に「独学で身につけた方法で舞妓姿になる」くだりでは、彼女が動画を見て独学で作った手作りの髪飾り、たぼ毛(日本髪で両サイドにふくらみを作るときに使うもの)、鹿の子(若い舞子の髪型「割れしのぶ」に使う髪飾り)、橘(珊瑚と翡翠の玉がついたかんざし)、簪(かんざし)を大絶賛するところでは、まめ藤さんたちの言葉が舞子言葉ではなく素の言葉に変わっていて、すご〜い、となっていました。
多分彼女たちも興奮の極みだったのしょう。
特に、私は手先が器用ではないので、もうこのシーンにおいては叩頭(頭を地につけておじぎをすること)状態でありました。

#18分3秒〜
井上流
ここは髪飾りと同様に動画で練習した舞「祇園小唄」の稽古をお師匠さんにつけてもらうシーンです。
稽古をつけてもらうお師匠さんは、京舞井上流の井上安寿子先生です。
ちなみに京舞井上流とは、毎年4月に1ヶ月間開催される「都をどり」祇園甲部の正式流派であります。
そして彼女の稽古がはじまりました。
なかなかの踊りであります。
そして稽古が終わってお師匠さんから、けどだいたい覚えてはるな。問題なし。初めて見るので、こんだけ出来はるというのが、私としてはすごい感動やねんけど、とほめ言葉を頂いたのです。
皆さんはこのお師匠さんの怖さをしらないと思います。
この井上安寿子先生は、まるで星一徹が息子の飛雄馬を伝統の巨人軍に入団させるためにした猛特訓を、同様に実の母から受けて今日の歴史ある京舞井上流を継承している方なのです。
その先生が、私としてはすごい感動やねんけど、というのは極上の賛辞なのであります。ありえないのであります。

小さな手のひらでもしあわせは掴めます。
小さな心でもしあわせは掴めます。
で〜もその可能性を信じない人にはしあわせは訪れません。
彼女はポーランドからはるか遠い日本への訪問の可能性を信じて、血がにじむような努力をし続けてきたから夢がかなったのでしょう。
まさに「DREAMS COME TRUE」という事を体感させていただきました。
心より彼女に「ありがとう」を言わせていただきます。
感動しました。


今日は奥様の「誕生祝」であります。
今回のホストは私です。
今回の会場は有名中華料理店のシェフ推薦のお店です。
このお店のspecialtyはNYのセレブを虜にした絶品小籠包です。
果たして今回の絶品小籠包は私の奥様の心を鷲掴みしたのでしょうか。
今日のお店は「JOE’S SHANGHAI 」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 59F
電話:03-5952-8835
定休日:無休

IMG_8692
お店の外観です。

IMG_8690
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「小龍包・大海老・ふかひれスープ等 ワンドリンク付きプリフィクス特別ディナー(徐サプライズケーキ)」@5,200/人です。

IMG_8664
店内に入るとすぐに宝石箱をひっくり返したかのようなきらびやかな夜景が目に飛び込んできました。
今回はお店に無理をいいまして夜景がよく見える窓際の席を選ばせてもらいました。
奥様は59階からみるパノラマの夜景に感動していました。

待つこと9分、まずは「旬の味覚入り本日のお薦め前菜四種盛り合わせ」です。
IMG_8665

IMG_8669

IMG_8668

IMG_8667

IMG_8666
左から、蕪と瓜の甘酢漬け、青葱生姜ソース、よだれ蒸し鶏、くらげの醤油和えです。
なかなかのレベルの前菜です。
よだれ蒸し鶏は過不足ない脂のりが鶏の甘さを引き立ていました。
これは秀逸です。

待つこと36分で、お目当ての「蟹味噌入り小籠包と豚肉の小籠包」の到着です。IMG_8671

IMG_8672

IMG_8673
ここでのおすすめはなんといっても蟹味噌がふんだんに使われている蟹味噌入り小籠包です。
一口食べるとジュワーっと広がる肉汁と蟹味噌エキスがたまりません。
濃厚且つふくよかなスープはNYのセレブでなくても虜になります。
多分これまで食べてきた小籠包の中でベストです。
とても美味しいです。

待つこと41分で「北海道産ピュアホワイト、冬瓜、干し海老のフカヒレ蒸しスープ」の到着です。
IMG_8674
これは北海道産ピュアホワイトの甘さと干し海老の磯の香りとのせめぎ合いです。
そのせめぎ合いを慈母のように優しく包み込んでいるのがフカヒレの蒸しスープであります。
意外性がありながら王道の部分はキープされているので楽しくいただきました。

待つこと55分で「大海老と夏野菜の青山椒炒め」の到着です。 
IMG_8676
これは大海老勝ちです。
その間隙を縫って青山椒が小気味よく暴れているという風情です。
青山椒の辛さが海老の甘さを引き立ています。
美味しいです。

「国産鶏モモ肉と夏茄子のアンジュレトマトチリソース」は鶏肉だけに画像を取り逃がしてしまったので割愛します。

待つこと55分で「クリーミー汁あり冷やし担々麺」の到着です。
IMG_8679
これは見た通りクリーミー且つマイルドの味わいですが、その実辛いのです。
優男(やさおとこ)の美術の先生の裏の姿が少林寺拳法の猛者見たいな感じです。
個人的には高評価です。
秀逸な担々麺です。

そして我ら家族からのサプライズケーキです。
IMG_8681
これは当然のことながらインハウスではなくアウトソースです。
実はこのケーキとても美味しいのです。
具体的にもうしましますと、このケーキは生クリームの甘さを意識的に抑えることによってフルーツの甘さを際立させているのです。今日の料理の中で一番かもしれません。
冗談ですが、で〜も半分は本当です。
そうそう奥様からのコメントは、料理のおいしさより家族でこのように誕生会ができることが幸せです、とのことでした。

IMG_8684
最後に子供たちからのナイスなプレゼントの贈呈で摩天楼での祝いが終了しました。
個人的には奥様同様の感想です。
近い将来、私たち家族にも仲間が増えることを願って帰路についたのでした。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ