下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ジャカッセ

高岡 ジャッカッセ 4th

今日は「希望」です。
1472453958_2_1_0d964abf4637ee48344f485ac83037a7
過日、映画「君の名は。」を見てから「希望」について考えてみました。
巷間では、この世を動かす力は希望である。
やがて成長して果実が得られるという希望がなければ、農夫は畑に種をまかない。
という名言がありますが、まさしくその通りでしょう。
生きている間は希望を持ちましょう。
私の希望は死ぬまで走り続けたいという事です。
なにもランニング中に心筋梗塞で死ぬことを望んでいるわけではなくて、生ある限り一歩でも二歩でも前に進んでいきたいと思っているのです。
しか〜しランニング中にぽっくり行くのもいいかなとは本音でもあります。
走り始めて20年は経っています。
加齢でスピードこそ伸びませんが、走る体力は維持しています。
これがいつまで続くのかなと思って、何気なく次男に聞きましたら、心配しなくていいよ。
そのうち疲労骨折かなんかで寝たきりになれば、二度と走れなくなるよ。
競走馬だってひとたび骨折するとやがて衰弱して死亡するっていう話だから同じ道をたどるんじゃないの、とからかわれてしまいました。
そうかもしれません。

IMG_5401

IMG_5404

IMG_5405

IMG_5413
先日、仕事上のベネフィットで某高級レストラン(メンバー限定)にて家族一同で会食しました。
そのとき我が奥様曰く、このようなゴージャスなお店で食事ができるのも、▲▲さんがまだ現役だからだわ。
なが〜く働いてね、と言われたのにショックを受けました。
そうかこのような高級レストランに普通に行き来できるのも現役だからなのです。
将来、会社を辞めたらこのような場所にはいけないのです。
色々な地方にも気軽に行っていますが、これも仕事をしている為の副産物なのです。
「定年で 働き蜂から おじゃま虫」というサラリーマン川柳がありますがまさにそのとおりなのでしょう。
会社という閉塞空間の中ではワークホリック(仕事中毒)は存在感がありあますが、茫洋とした大海ではただの波の飛沫(しぶき)なのでしょう。
どこかで会社肩書という裃を着ている自分を身の丈と勘違いしていたみたいです。
リーマン人生においては「沈みゆく夕日」状態の私ですが、私の希望はどのように持てばいいのかと思うところであります。

私の脳髄に胚胎(物事の起こる原因やきざしが生じること)している事が一つあります。
それはある国家資格をとることです。
その為に現在不定期に図書館で学生達と一緒に勉強しています。
仕事に比べれば勉強は楽ですし努力は必ず報われるので励みになります。
人生で最上なものは過去にあるのではなく将来にあります。
これから続くビジネスマン生活の最後の日まで、希望を持ち続けて進んでいきたいと思っています。
そのためには性格は、現在のようにいつもチャカチャカしているのではなく、飄逸奔放(のんきに自分の思うままに振る舞うこと)、小怒多笑(多少苛々してもニコニコしている事で忘れてしまうこと)に変えていこうと考えています。


今日のフリネタ「希望」です。



IMG_5298

IMG_5299
今日は驟雨の高岡に出没です。
今日のお店は「ジャカッセ(Jacasse)」高岡店さんです。

住所: 富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
電話:富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
定休日:年中無休

IMG_5300
お店の外観です。

IMG_5301
店内の雰囲気です。

IMG_5303
メニューです。

今日のオーダー「辛い茄子のミートソース&デザートセット」1,263円です。

IMG_5304
待つこと2分でサラダの到着です。
今日のサラダはゆで卵が入っています。
運動会のお弁当みたいでいいですね。

IMG_5305
時間差で「辛い茄子のミートソース」の到着です。
ミートソースが手作り感満載です。
辛さはそれほどではありあませんが最初から最後まで飽きることなくいただきました。
美味しいです。

IMG_5307

IMG_5306
食後のデザートと珈琲です。
今日のキウイのケーキはなかなかです。
かなりのレベルです。
ここで珈琲を飲みながら仕事をしていると思考の翼が大きく開くので面倒くさい案件もサクサクと片付きます。
まさにSOHOであります。

IMG_5308

IMG_5311

IMG_5309

IMG_5312
夕方は富山で打合せです。
打合せが終わった後、地元の人のお薦めの「富山あんぱん」を求めて車中の人になりました。
地元の人のお薦めは裏切らないなとあらためて思った次第です。
美味しかったです。

それでは(^_-)

高岡 ジャッカッセ リターンズ

今日は「食べ歩き」です。
o064006181421762754466
私がこのような拙文をネットにポスティングするようになったのは父の影響によるものです。
幼少の頃、腎臓が悪かった母は病弱で家事ができない日が多く、その為に外食する機会が
とても多かったのです。
多分日曜日に家で食事したことはないと記憶しています。
外食のお店は、地元浅草が多かったですね。
一番よく行っていたのは、セキネ(昔は和洋中華屋、今は焼売の店頭販売)さんで、追って鮒忠(焼鳥)さんですか、後は順不同で、ちんや(すき焼屋)さん、尾張屋(蕎麦屋)さん、大黒屋(天麩羅)さん、中清(天麩羅)さんですか。
番外編で神谷バー(電気ブラン)さんであります。
神谷バーさんは、皆さん飲むお店のイメージが強いのでしょうが、ここの海老フライは絶品なのです。
私はここのエビフライが大好きでした。
ちなみに母は尾張屋さんの大海老天丼が大好きでした。
多分に私の食べ物の好みは父の好みを引き継いでいます。

父は、洋食のマナーを知らなければ大人になってから恥をかく、という考えの持ち主でした。
その為に、家族を上野の精養軒さんに連れて行き、ナイフとフォークの使い方の練習と称してよくビフテキをふるまってくれました。
このお店の洋食は今でも高いのですが、当時はもっと高かったのですが、父は平気で利用していました。
行き返りは全部タクシーでしたから当時は裕福だったのでしょうね。

父は、接客の悪いお店は大嫌いで、食事中でも不愉快な思いをさせられますと、見合いのお金をテーブルの上に置いて、たとえ私たちが食べかけていても食べるのをやめさて店を飛び出ていました。
それと味はうるさかったですね。
一番嫌いなのは物価が上がったので、材料の質を落とすお店については唾棄するがごとく毛嫌いしていました。
それとは別に新しいお店を発見するのを無常の楽しみにしていました。
このように書いていますと、なんだか自分の事を書いているみたいな気持ちになってきました。
冒頭に父の影響と書きましたが実態は遺伝ですね。

この拙文を書いていましたらある事に気がつきました。
あの当時は、お客も食べる事のプロだったのです。
当然のことながらネット情報などない時代でしたので、数あるお店の中から美味しいお店を見つける事ができたのは、客の舌がしっかりしていたからでしょう。
またその感度の良いベロメーターが美味しいお店を育てたのだと思います。

そんな私の食べ歩きデビューは高校生になってからです。
友人と始めて食べた六本木のジローのベーコンサラミアンチョビピザの味は今でも容易に思いだせます。
ivy-11
ファッションの絶巓であるポンギの店員にナメラレテはいけないという事で、まるで初デートに行くかのように精一杯のお洒落をしていきました。
そして、本場イタリアでは、ピザは手で食べているとの情報から、店員さんが、フォークとナイフを持ってきますと、安く見るなよ。ピザは手でたべるもんだぜ、と年長の店員さんにうそぶいていました。
まだ15歳になったばかりなのに・・・
それから約40年経ちました。
まさに「雀百まで踊り忘れず」であります。


須藤元気さん率いるパフォーマンスユニットが始球式に登場



今日は炎天下の高岡に出没です。
IMG_4717

IMG_4719

IMG_4720
高岡でゆっくりと仕事のできるお店はこちらです。
今日のお店は「ジャカッセ(Jacasse)」高岡店さんです。

住所: 富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
電話:富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
定休日:年中無休

IMG_4721
お店の外観です。

IMG_4723
店内の雰囲気です。

IMG_4725
メニューです。

今日のオーダー「&デザートセット」@1,285円です。

待つこと9分で「サラダの到着です。
IMG_4726
野菜がシャキッとして涼感があります。
美味しいです。

待つこと14分で「豚肉と法れん草のニンニクパスタ」の到着です。
IMG_4727
見た目こんもりしています。
それでは実食です。
うんソースが美味しいです。
ふくよかなニンニクの香りが食欲を持ち上げます。
パスタはアルデンテで弾力があります。
後半パルメザンチーズをかけ回しましたら味がさらに膨らみました。
とても美味しいですね。
私の好みの味です。

今日のデザートはチーズケーキとジェラートです。
IMG_4729
これは平板の味です。
IMG_4730
しか〜しこのお店の珈琲はリフィルフリー(飲み放題)です。
アロマ効果の高いコーヒーの香りは集中力を高める事ができますので、午後からの打合せに備えて再度資料を見直します。今日もwin-winの商談にしましょう。

それでは(^_-)

続 高岡 ジャッカセ

今日は「過ちては改むるに憚ること勿れ」です
月に一回くらいの頻度で大宮駅新幹線構内にある「BECK’S」さんで珈琲を飲みながら隣接する待合室で朝ドラを見ています。ここのTVは音声プラス字幕なのでわかりやすいので好きです。57586884
「とと姉ちゃん」の青春篇が今週終わりました。
6月6日の週、第49週が所謂青春篇のクライマックスです。
当初、高畑充希さんは、はじめて台本を読んだ時、小橋常子があまりにも誰からも好かれる良い人間なので「役作り」ができないとのことから主演の受諾をためらったそうです。
するとプロデューサーから、それでは第49週を見てください。
これは常子の複雑な感情を表す場面がふんだんにちりばめられています。
如何でしょう、と言われ、この週ですか・・・、といって台本を読み込んだそうです。
そして、これなら自分なりの感情移入で役が作れるかもしれないと思い、加えて後半の姉妹が一致団結した躍動感あふれる展開もあり、主演を快諾したようです。
chokusou-drama_20160604_02_01
個人的には、武蔵は常子が就職して以来、2年半あまりにわたって毎週、日常の何気ない出来事や仕事の愚痴、或いは家族の事も色々と話していた訳です。
家族には言えないような悩みの相談も、武蔵にだけは素直に打ち明けていたようですし、誰よりも常子の本当の気持ちを知っていたのだと思います。
常子が、ひょっとしたら家族よりも、自分を選んでくれるかもしれない・・
そんな淡い期待があったのでしょう。
しか〜し、やはりそれが「淡い期待」に過ぎない、という自覚もあったのだと思います。
最後には、武蔵は常子の「お断り」をぐずぐず言わずに甘んじて受けました。
武蔵はやはり漢(おとこ)ですね。
最初は草食系の演技で入りましたが、この1〜2週は見直しました。
大阪でも頑張って欲しいと思うところであります。
人との別れは涙をさそいます。鉄橋での別れのシーンは泣けました。
常子、可哀想・・・

閑話休題
IMG_3862
今日のフリネタの「過ちては改むるに憚ること勿れ」ですが、添付の画像をご覧ください。実は私この「BECK’S」さんでアイス珈琲ではなくてホット珈琲を頼み、250円を払ったのですがお釣りの20円がでてきません。
決してセコではないのですが、家計簿をつけていることから、さら〜に、レシートをください、とお願いしたのです。
するとここから店員さんの顔に蒼い斜線が入り、その眼が吊り上がってきました。
それから顔をレジスターに近づけんばかりに寄せて無心にキーボードを乱打し始めたのです。
私は、なにか変な事を頼んだのかしらん、と逆に不安になっていたのでした。
この「BECK’S」さんは、上述のとおり新幹線構内にありますので、ここを利用するお客の多くは、時間に追われています。そんなお店なのに長い列を作ってしまったのです。
お店のスーパーバイザーの方からも、何か困ったことがあったら言ってね、と声掛けされたのですが、くだんの彼女はそれを無視して無心にある作業を続けています。
とうとう列は10人もの長いものとなってしまいました。
並んでいる人の多くは、私がなにかクレームをつけているかのように思っているようです。
背中にささる多くの無言の圧力を感じました。
私は「無実だ」と心の中でつぶやきながら、はやくお釣りちょうだい、と心から願い始めたのです。
待つこと4分で、お釣りがでました。
当初のお約束のとおり、レシートをください、と言ったところ、このレシートが出てきたのです。
すべてが氷解しました。
この店員さんは、250円入金をして20円のお釣りを払ったというレシートを作らなければいけないところを、230円で入金してお釣り無しの処理をしてしまったのです。
そしてそれを弥縫(失敗を一時的にとりつくろう)する為に長い列を作ってしまったのです。
お店のスーパーバイザーの方からもヘルプしますよ、との声掛けもあったのでその時に、このような場合はどうしたらいいのでしょう、と素直に自分の不明を謝り、この場合の処理方法を教えてもらえば良かったのだと思います。
新人がよくやるふるまいです。
まさに「過ちては改むるに憚ること勿れ」であります。


常子さん、苦しめないで・・・



今日は富山県は高岡に出没です。
IMG_3822

IMG_3823
今日のお店は「ジャカッセ(Jacasse)」高岡店さんです。

住所: 富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
電話:富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
定休日:年中無休

IMG_3825
お店の外観です。

IMG_3827
店内の雰囲気です。

IMG_3828
メニューです。

今日のオーダー「牛サーロインステーキ+ランチデザート」@1,116+@335=1,451円です。
ここのお店の接客は最高です。
ここはテーブルが広いので食事の後はのびのびと仕事に没頭できます。

待つこと6分でサラダの到着です。
IMG_3829
まずますの味です。

待つこと12分で「牛サーロインステーキ」の到着です。
IMG_3830
すごい大きさですね。

それでは実食です。
IMG_3831
サーロインは失礼ですが想像以上に柔らかいですね。
和風の特性おろしだれがお肉の味を締めています。
うんこれで@1,116なら合格点をだせるでしょう。

IMG_3832

IMG_3833
食事の後、デザートを食べながら且つ妙齢なお嬢様が注いでくれる美味しい珈琲(free refills)を飲みながら仕事に没頭していました。
会社のオフィスもこんな感じならさぞかし仕事がはかどるでしょう。
多分、セクハラで訴えられます・・・

それでは(^_-)

高岡 ジャカッセ

今日は「Bさんのこと(後篇)」です。
居酒屋の前に近づくとAさんが、押し殺した声で私に言ったのです。
「ビンゴ!・・・Bさん、いたよ」
私も目を凝らして居酒屋を見ると、間違いなくBさんが廃屋の居酒屋を覗きこんでから、店のドアを開けて中に入ろうとしています。
二人は期せずして
「Bさん」
って大きな声で叫んでしまいました。
するとBさんは私達の突然の声に驚きしばし固まっていました。
それからおもむろに私達の方に体の向きを変えました。
そしてBさんは
「貴方達はどなたですか」
と質問をしたのです。
私は
「貴方はBさんではないのですか」
と私が畳みかけるようにいいますと、Bさんは少し考え込みながら
「もう一度聞きます。貴方達はどなたですか」
というので
Aさんが
「私達は、亡くなったBさんの友達です。最近夜な夜なこの店の前にBさんが現れるというので確認にきたのです」
と答えました。
するとBさんは、落ち着いた声でゆっくりと
「私はS警察の田久保という捜査二課の刑事です。Bさんの事件を担当しています。
本件、正直なところ少し難航しています。何か手掛かりがないかというので、私達刑事(デカ)言葉でいう“現場百回”を実践していたのです。
そうそう私の顔は亡くなられたBさんに似ているみたいですね。
私自身そうは思ってないのですが、Bさんの奥さんは初めて私の顔を見た時に言葉を失っていましたので・・・」
「そうだったのですか、公務中失礼しました。私達、Bさんには生前大変お世話になっていました。
できましたらなんとかBさんの犯人を捜し出して、Bさんの霊が安らかになるようにしてください」
と言って、Aさんと顔を見合せ田久保刑事に深々と挨拶をしてから別れたのです。
という事でAさんの写メに写っていたBさんは、この事件を捜査していたBさんに瓜二つの田久保さんという刑事だったのです。

それから3週間経ちました。奥様がチャリに乗っている時に車が接触して軽い怪我をしました。
私は刑事事件にするような交通事故でもないので、奥様に民事にするように指示をしました。
そしてその手続きの為に二人でS警察に出向いたのです。
私は付き添いなので奥様が手続きしている間手持無沙汰だったこともあり、受付に行きBさん事件の担当の田久保刑事がおられるのならお会いしたいとお願いしたのです。
すると受付の女性は、田久保という刑事は当所轄にはおりません、というではありませんか。
私は驚いて、まさか・・・3週間前に会ったばかりなのですが、とかなり興奮した声で詰め寄ったのです。
すると受付の女性は極めて事務的な口調で、過去にも、もちろん現在おいても田久保という刑事は当所轄にはおりません、とケンモホロロ全く取りつく島もありませんでした。
それであれば私達が金曜日の深夜に出会った人物は一体誰だったのでしょう。
もしかするとBさんが田久保さんという方にとりつき現世に現れたのかもしれません。
いやいや田久保さんという人間はそもそも実在していなかったのでしょう…

如何でしたか”Bさんの話”は…
この不思議な話の後日談は皆様の想像にお任せします。


マトリックスをCG無しで再現した日本人がアメリカで大絶賛。
アメージング!


IMG_6069
今日は高岡に出張です。

IMG_6082
高岡駅前はすごく寂れています。
昔日の殷賑をしっている私としては、いま零落してシャッター商店街となった現実を目の当たりにすると、正直驚きを禁じ得ません。
さらに2015年春に北陸新幹線が開通すると新幹線の駅が約2km先に出現するわけですから、さらにその零落に拍車がかかるわけですので、完璧にghost townとなってしまうのでしょうね、大丈夫なのでしょうか・・・

折角ですので高岡の駅前の画像を紹介します。

ドラえもん電車
ご存じ「ドラえもん電車」です。

IMG_6078
地元が生んだ大漫画家藤子・F・不二夫先生の記念オブジェです。
マジに「ドラえもん駅(駅名候補になっていた)」にすれば良かったのに・・・

IMG_6070

IMG_6071
往事は高岡に来たら「銀寿し」さんと言わしめたのに、面影もありません。
そういえばここで一度も食べた事がありません。
あるうちに行っておかなければ・・・

ということで今日はランチではなくsweetsです。
なにやらオサレなお店が高岡駅前にあるということでお邪魔しました。
今日のお店は「ジャカッセ(Jacasse)」高岡店でさんです。

住所: 富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
電話:富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
定休日:年中無休

IMG_6077
お店の外観です。

IMG_6076

IMG_6075
店内の雰囲気です。
このお店は鄙にも稀と申し上げたら失礼ですが本当にオサレです。
ホールスッタフさんの接客も感じ良いです。
プラ〜ス料理もおいしいらしいですよ。
特にオムライスが絶品とか・・・

IMG_6074
メニューです。

IMG_6072

IMG_6073
今日のオーダー「バナナココナッツタルト+コーヒー」@460+@390=850円です。
見た目、しっとりタルト、です。

ここのsweetsバナナココナッツタルトはしっとり感が横溢しているものの甘さ控えめです。
バナナフレバーが芳(かぐわ)しく味に奥行きを与えています。
ココナッツがコリコリしていてよいaccentになっています。
特段の美味しさではありませんが充分に楽しめる味です。
電車を待つ間のひとときに心を軽くしたい時にお奨めのお店です。
宜しかったらお立ち寄りください。

それでは(^_-)











訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ