今日は「謎の街池袋」の話です
ikebukuro2[1]
まず何で東口に西武百貨店があり西口に東武百貨店があるのかですが、これは偶然だったのですね。
まずは開業当初は路線名が違っていました。
元々西武池袋線は1945年まで武蔵野鉄道として営業しており、その武蔵野鉄道が池袋に出店していた「菊屋」というデパートを買収。戦後「武蔵野百貨店」と改称し、1949年に堤清二が今の西武百貨店に改称したとあります。
東武東上線は元々東上鉄道が前身。1920(大正9)年に東武鉄道に合併。
東武百貨店は元々東横百貨店池袋店だったのを、1962年に東武鉄道に売却、とあります。
省電池袋駅の西隣をターミナルとして、1914年に開業した鉄道会社の名は「東上鉄道」。
省電池袋駅の東隣をターミナルとして、1915年に開業した鉄道会社の名は「武蔵野鉄道」。
その時点では、東武でも西武でもなかったのです。
西から「東上鉄道」「省電(現在のJR)」「武蔵野鉄道」という位置関係は、現在も変わっていません。ご理解いただきましたでしょうか。
さらに有楽町線にはホームが一つしかないのに3番線と4番線が唐突にあります。最近できた副都心線も同様にホームが一つしかないのに5番線と6番線があります。それでは1番線、2番線は・・・そうなのですね、あなたの考えている通りですよ、丸の内線です、東京地下鉄(東京メトロ)は、池袋では丸ノ内線、有楽町線、副都心線の3路線を運行している為なのです。各線乗場は独立していますが、乗場の番号は開業順に通しで付けられていたのでした。
そしてサンシャインシティ周辺の道には「サンシャインシティ通り」「サンシャインシティ60通り」「サンシャインシティ中央通り」「60階通り」とHOTCH POTCH(ごちゃまぜ)状態です。やはり変な街ですね(笑)
個人的には池袋は不良(ヤンキー)達の街というイメージが強く社会人になるまで極力立ち入ろうとしていませんでした。そして今は中国人の街ですか、中国人マフィアが青龍刀を振り回しての乱闘事件が新聞紙上を賑わしていますが、やはり日本も入国審査を厳しくしなくてはいけない局面にきているのではないでしょうか・・・

今日は日吉に出没です。
今日のお店は日吉の行列ラーメン店「横浜家系ラーメン 銀家 日吉店ラーメン」さんです。

住所: 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-20-5
:045-561-1291
定休日:無休

IMG_6796
お店の外観です。

IMG_6791
薬味連です。

IMG_6792

IMG_6794
今日のオーダー「塩とんこつ」@730です。最近家系が好きになっています、だって美味しいじゃないですか。それでは実食です。スープは家系のすこしゾルっぽい豚骨味です、乳化もいいじゃないですか、スープは少しぬるいかな。麺は、中太ストレート麺です。具は、ノリ3枚、ホウレン草、チャーシュー1枚、ネギです。ご飯は無料でお代りOKです。
ここは慶應の街ですし、ヒヨポン(日大日吉高校、中学校)もありますので学生さんにはこの食べ放題サービスはウレシイのではないでしょうか。
味ですか、不味くはないですが、ショッパイですね。隣の女子大生も同じことをつぶやいていました。
この日はとても寒くて鼻が二本箸になりそう、ほとんどなっていたので、テイッシュをお願いしたら放置されてしまいました。やはりサービス業なのだから、お客の顔はよく注視してテキパキやってほしかったと思う今日この頃です。

それでは(^_-)