下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ゴールデンカップス

本牧 ラ・オハナ

今日は「鋸山へ行こう!後編」の話です
IMG_4282
GWの中盤です。
鋸山に行こうと思い次男を誘いました。
しか〜し、GWの地獄の高速道路渋滞にはまり進まないこと4時間10分です。
この雪隠詰め状態に嫌気をさした私は大転進の決断を下したのです。
そして目的地を鋸山から横浜中華街に替えたのでした。
今日はその後編であります。
画像主体ですが、宜しかったらお付き合いください。

#山手散策
IMG_4256
食後の散歩です。

IMG_4272

IMG_4259

IMG_4258
山手まで歩きました。

IMG_4261
出向いた先は北原照久館長がマネージする「横浜ブリキのおもちゃ博物館」です。

IMG_4262

IMG_4263

IMG_4264

IMG_4269

IMG_4270

IMG_4271
それでは館内の展示物の一部をご紹介します。

IMG_4265

1IMG_4268
次男には、まったりと床に伏せていた当館のマスコットであるロビー君を紹介しました。

IMG_4274

IMG_4273

IMG_4279

IMG_4280
港の見える丘公園です。

IMG_4278

IMG_4277

IMG_4276

IMG_4275
港の見える丘公園 ローズガーデンです。

#不良の街「本牧」
IMG_4281
ローズガーデンを後にした私たちが向かった先は本牧です。

img_gc
ここは私が大学生時代には「OFF LIMIT(立入禁止区域)」だったのです。
多くの不良日系二世が街中に櫛比していました。
その内の半分は日本刀を携帯していました。
スマホではありません。
ところが令和の時代です。
そんな輩はひとりもいません。
かつての米軍住宅地はマイカル本牧になっていました。

という事でコーヒーブレイクです。
コーヒーブレイクのお店は「ラ・オハナ 」横浜本牧店さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137
電話:045-681-8281
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_4289
お店の外観です。

IMG_4285

IMG_4284

IMG_4290

IMG_4291

IMG_4286
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
「ホィップ&ホィップ」@734円
「コナブレンド」@356円
「フルーツティーソーダ」@734円

IMG_4315
ホールスタッフが皆ハワイアンになり切っています。
店内の至るところで「アロハ」という挨拶が空中に飛び交っています。
気分は100%ハワイです。

IMG_4304

IMG_4302

IMG_4301
待つこと9分で皆揃いました。
「ホィップ&ホィップ」が優しい甘さで高評価です。
「フルーツティーソーダ」は想定内のトロピカルです。
「コナコーヒー」を飲みながら店内を見ていますと、ハワイの光を集めてここで拡げるとこのような雰囲気になるのかなと思いながら本牧のハワイを楽しんでいました。

IMG_4310

IMG_4311
そろそろ家に帰りますか。
帰りの運転当番は次男です。
高速道路に乗って一路自宅を目指します。

IMG_4313
ところがついたのはこの建物前でした。
まさになんでやねんであります。
こんな日もあります。
PS 次男は方向音痴なのです。

それでは(^_-)

不動前 百番

今日は「ゴールデンカップス列伝」です
新しく4Kテレビを買ってから楽しみが増えました。
それはYouTubeの音楽が4Kテレビでも見られるようになったのです。

342
現在はまっているのが「The Golden Cups One More Time 」というビデオです。
これは横浜は本牧にあるゴールデンカップスというライブハウスで生まれたソウルバンド「ゴールデンカップス」の歴史をまとめたものです。
ちなみにA面は歴史編でB面はカップスのライブ編であります。
時間がありましたらB面をお楽しみください。
カップスは内田裕也さんやCHARさんなんからもリスペクトされていて音楽的には当時の日本のソウルミュージックの頂点だったのですね。
最近、分ってきたのですが、内田裕也さんって音楽的にはたいした事はなくて、ロック啓蒙者的立ち位置をず〜っと取っていただけみたいですね。

パーティー

パーティー2
それにしましても当時のパーティーの画像は迫力があります。
私も大学生の時は、六本木のディスコに入り浸っていました。六本木ですから外国人はそれなりにいましたが、それでもここまでの数はいませんでした。
これは当時、本牧には米軍キャンプがあったのでその地理的背景によるものです。

パーティー7
当時の彼らの活動を見ていると単に音楽好きな不良です。
それにしましても当時の不良はすごいものです。
しょっちゅう外国人と乱闘があったので、このお店では全員が木刀を持って飲んでいたそうです。
多分に外国人との体力的なハンディを木刀で補っていたみたいです。
ゴールデンカップスのオーナーは、ビール瓶で殴られたら割れるからいいけれど、コーラで殴られた痛いだろうな、と笑いながら言っていたのにはクリビツしました。
当時、このお店にきていた外国人のほとんどは、ベトナム戦争にいく兵隊達だったのです。
歳でいえば18〜20歳の若者が、戦地に赴任する前の待機地が本牧だったわけです。
彼らの死の不安からくる荒ぶる気持ちが店内でのファイトに繋がったのでしょう。

パーティー3
ゴールデンカップス常連のこの女性は8983との間でなにかもめ事をおこし、車でさらわれて車中でボコボコにされていたのですが、当時の彼氏が8983とワタリがつけられる中華街の人だったのです。
その彼氏がなんとか8983とナシをつけてくれたので九死に一生を得られた、と笑いながら話していました。
世が世ならドラム缶コンクリ詰めで本牧の海の底にいたみたいです。

5342
当時文化の発信基地は横浜で東京は田舎だったのです。
流行の先端はすべて横浜に集まっていたのです。
ご当地本牧では東京の人間はとことん排除されていたみたいです。
実際、このビデオに出てきた人は、品川ナンバーの車をみると、乗っていた人の目を傘でついていたと笑いながらかたっていました。

4パーティー
このお店にお忍びで来ていた当時のスパイダースのメンバーも、ここは平凡の人間がくるところではないと、暗に帰るように諭されたとリーダーの井上堯之さんは回想していました。

0000001417
ゴールデンカップスのメンバーのニックネームからもわかるとおり、全員がハーフという設定でレコード会社に売り出されたのも彼らならではのエピソードなのです。
その実、本当にハーフなのはベースのルイズルイス加部のみなのですが、人気絶頂の頃にアメリカ国籍であったケネス伊東(サイドギター)のビザが取得できず本国へ送還されるなど、外タレ顔負けの武勇伝もあり、素っ頓狂なエピソードも盛りだくさんです。
なによりも、1971年解散後も在籍したメンバーが日本のロックシーンで活躍しているという事実こそが、その伝説たる所以でもあります。
いずれにしても那辺はB面をご覧ください。

このビデをみて、私も引退後はカップスのような老け方をしようと決めました。
申したかったのは、引退後を不安ととらえるのではなく、自由に好きなことして楽しく暮らすということです。
人生の最終章が縮こまって暮らすのは、私をこの世に出してくれた両親に対しましてもあいすまないではないですか。


長い髪の少女 ザ・ゴールデンカップス 2009



IMG_9652

IMG_9651
今日は不動前に出没です。
時計の針は15時を指しています。
レイトランチです。
このお店にはラストオーダーぎりぎりに滑り込みました。
今日のお店は「中国料理 百番 」不動前店さんです。

住所:: 東京都品川区西五反田5-11-14
電話番号:03-5435-8161
定休日:毎週月曜日

IMG_9654
お店の外観です。

IMG_9662
店内の雰囲気です。

IMG_9657
メニューです。

今日のオーダー「牛肉カレー炒め定食」@800円です。
さすがに15時近くですので、店内はガラガラです。

IMG_9658
待つこと1分でお水が到着しました。
喉が渇いていたので一気飲みです。

IMG_9659
待つこと7分で「牛肉カレー炒め定食」の到着です。
見た目、カレー色の玉ねぎが美味しそうです。

IMG_9661
それでは実食です。
まずは牛肉カレーです。
カレーはかなりトロミがあります。
うん、程よい辛さで美味しいです。
柔らかい牛肉はゼツ美味です。
しんなり玉ねぎは甘みを感じます。
存在感あるポテトは熱々で美味しいです。
ここの料理人は腕が良いですね。

IMG_9660
唐揚げはふんわりと揚がって且つ熱々です。
これまた結構な味わいです。
溶き玉子のスープ、杏仁豆腐もかなりのレベルです。
これで@800円とは不動様の信心の賜物でしょう、嘘です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ