今日は「日本語は難しい」です
マッサン」
NHKの朝ドラ「マッサン」の主役に候補者数500名の中、日本では無名のシャーロット・ケイト・フォックスさんが選出されました。番組のチーフプロデューサーは、当初ベッキーさんや加賀美セイラなどさんなど日本で活躍をしているハーフの芸能人を考えていたようですが、最終的には彼女を選びました。
決め手は、彼女の「豊かな表情」「ユーモアセンス」「演技力」等に郡を抜いて輝くものがあったからだそうです。

シャーロットさんの経歴を簡単に記します。
1985年8月14日生まれ 28才。米国出身。
カレッジ・オブ・サンタフェの演劇ダンス専攻でBFA(学士)、ノーザンイリノイ大学の演劇専攻にてMFA(修士)を修了する。「ステラ・アドラー・スタジオNY」等、著名スクールで演技・ダンススキルを磨き、舞台映画で経験を積む。
祖母はスコットランド人。日本でのテレビドラマ初出演となり、ヒロインの大役に挑戦する。


NHKの朝ドラ史上で日本語をしゃべれないヒロインが選ばれたという事は初めてのことです。
ちなみに日本語がしゃべれないシャーロットさんがこのオーディションを志望した動機ですが、これも簡単に記しておきます。
すばらしい冒険になると思い挑戦しました。
こういった経験は初めてだし、こんなチャンスは訪れないと思いました。
オーディションに応募してよかった。やっぱり大冒険です。


10ヶ月間、週6回、150話の長丁場です。
撮影は朝10時から深夜11時まで週4日で、一日20シーンの撮影は日常茶飯事だそうです。
マジに、She barely had time to breathe during a take(息をつく暇がない)です。
チーフプロデューサーは、朝ドラの歴史の中で、誰しもが途中で倒れたり、体調を壊したり、音を上げて撮影が止まる事はよくある事です。
彼女は日本人のヒロインの3倍のハンディを背負っているわけで、それを乗り越えようとしてチャレンジしています、とエールを送っています。

ここで今日のフリネタ「日本語は難しい」ですが、彼女は全く日本語ができません。
したがいまして台詞は次の様な特別な台本を作ってもらっているようです。
1.日本語の台詞:日本に来てしまった事、とても悲しい。
2.英訳した台詞:It is very sad to have come to Japan.
3.ローマ字に変換:Nippon ni kitesimatta koto ,toteomo kanasii.
4.表現用英訳台詞:Japan to come did thing,very sad.
この台本のミソは4番の表現用英訳台詞です。
現場ではcrazy Englishと呼ばれているようですが、シャーロットさんはこの特別台本により台詞のイメージを作り演技をしているようです。
実際私達が仮に役者だとして、全く知らない外国語(e.g. ベルギー語)をローマ字よみで発音し、感情移入して演技をしろといわれても、できないですというか無理ですよね。
本当にたいしたものです。

外国人からしますと日本語の小さな「っ」を発音するのは難しいようです。
その場合は件(くだん)のローマ字に変換した台詞は次の様に変わります。
反対を押し切って→hantai wo oshikitte→hantai wo oshiki-tte
「押し切っ」でone breathを入れて「って」とかぶせることで「反対を押し切って」
と発音しているようです。
ちなみにシャーロットさんは「生きていける(ikiteikeru)」はどうしても「生きてける(ikitekeru)」になってしまうようです。
加えて「裸になって(hadakaninatte)」は「裸きになって(hadakininatte)」となってしまうようですよ。
頑張れシャーロットさん「日本語なんてすぐに慣れますよ」と言ってはみましたけれど結構難しいのですかね?

「マッサン」ファンの私は、エリーさん(シャーロットさんが演じる主人公名)が一生懸命に日本になじもうとしている姿を見ていますと、まるで我が子を見守るような気持ちになってしまうのです。
明るいヒロインのひたむきな姿勢や素直さに共感するという部分も大いにあるのですが、正直エリーさんの応援団のようなものであります。

最後に主人公のマッサンのモデルとなった竹鶴さんは、鳥井さん(鴨居欣次郎役堤真一)にスカウトされて、まずはサントリー(当時は寿屋)に勤めてから後に独立しています。
飲みやすさを求めた鳥井さんと本場の味にこだわった竹鶴さんの路線対立があったようです。
ドラマでもその相克が見せ場になるだろう、と言われていますので、今後の「創業者対決(ニッカVSサントリー)」の盛り上がりは大いに期待するところであります。


余談ですが、ニッカウヰスキー 余市蒸溜所 ニッカ会館試飲会場での試飲は超お勧めです。
特に「竹鶴25年」は市価50,000円の価値です。
マッサンの魂がいっぱい詰まった銘酒です。試飲量はわずか15ccですので味わって飲んでください。
ちなみにここは車できた方のために「ジュース」がありましたが、ここに車で来た人はアホです、ハイ。


IMG_3427
今日は御徒町に出没です。

IMG_3428

IMG_3429
そういえばremodelした「吉池」さんに入ったことがありませんでした。
我家は亡き母が「吉池」さんの鰻が大好きでした。
ということでnostalgia for the past(過去への郷愁)を胸に抱いて訪れたお店は「コションドール香味屋」さんです。

IMG_3448

IMG_3449
余談ですが良く飲みに行っていた「池田屋」さんはオサレなパブに様変わりしていました。
垢ヌケしすぎやろ!

住所: 東京都台東区上野3-27-12 吉池ビル 8F
電話:03-5817-4711
定休日:無休

IMG_3450

IMG_3439
お店の外観です。

IMG_3447

IMG_3438
店内の雰囲気です。

IMG_3434
メニューです。

今日のオーダー「もち豚とモツのパン粉焼き+ライス」@1380+@200=1,580円です。

IMG_3441

IMG_3440
お店の名前の「コションドール」のコションは仏蘭西語で「豚」です。その後の「ドール」は「金」です。
つまり店名は「金の豚」です。

今日のオーダー「もち豚とモツのパン粉焼き+ライス」@1,380+@200=1,580円です。
待つこと21分で「もち豚とモツのパン粉焼き」の到着です。
じっくりと焼きが入ったためかずいぶん縮小されています。
気を取り直して実食です。

IMG_3437

IMG_3442

IMG_3443

IMG_3444

IMG_3446

IMG_3445
表面の衣は油で揚げ焼してみたいで風味があって美味しいです。
中の肉ですが、もち豚は甘さと弾力があり結構ですが、問題はモツです。
モツの表現の仕方をかえようとして作られた料理のように見受けられますが、モツがダメです。
モツのレバー臭さはとりきれていませんし、モツそのものが美味しくありません。
酸味の強いソースもこのパン粉焼きには合いません。
付け合わせのポテトの角切りは、まるで賽の河原で小石を積んでいる風情です。
要は食べにくいのです。
かなり不満が残った料理です。
個人的には本店からのレシピを唯々諾々 ( いいだくだく )と調理している様にみうけられました。
このお店のシェフのあらたな創意工夫に期待するところであります。
辛口コメでごめんなさいm(__)m

それでは(^_-)