下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

グラッチェ

土支田 グラッチェ リターンズ

今日は「春風亭小朝『ぼやき居酒屋』其の弐」の話です。
小朝
こないだ近所の人が脳梗塞で倒れたら、俺のこと心配してね。病院で検査の予約をしてきたから、行ってきたらって言うんだ。
でさ、何て検査なんだい?って訊いたら、『芋洗い』だって。
何で病院で芋を洗わなくちゃならないんだ?って訊いたら、よく分かんないけど、ボケは手先から来るってこと言うから芋を洗わせて指がちゃんと動くか診るんじゃないかって。
でもさ、やっぱりおかしいんじゃねえかと思ってよくよく調べてみたら・・・・・『芋洗い』じゃなくてMRIだったんだよ。

うちのかみさんもさ、昔はスタイルが良かったんだよ。腰なんかきゅっ!と締まってさ。『笑う砂時計』なんて言われてたんだ。
それが今じゃ・・・・・・。こないだ、茶色い服の上から白いベルト締めてたんだけど、屋久島の縄文杉に注連縄が巻かれてんのかと思っちゃった。

そんなだから、あっちの方もすっかりご無沙汰なんだ。そしたら、かみさん、俺のナニにクララってあだ名を付けてさ。三月(みつき)にいっぺんくらい、ナニがゆうことをきくことがあるだろ。そしたら、かみさん、『まあ、クララが立った』って・・・・・・・・。まあ、分かる人だけ分かってくれりゃいいけどね。

うち、子供が3人いるんだよ。
こないだ、長男がしょんぼりしてるんで、いじめにでもあってるんじゃないかと思ってね。『どうしたんだ?何か悩みがあるなら、相談しろよ』って言ったんだ。『親は何のためにいてると思ってんだ』って言ったら、うちの息子、どう言ったと思う?『念のため』って。

下の男の子は、まだ小さいんだ。その子とこないだ動物園に行ったんだけどね。シロクマのおりでさ、この頃良くあるんだけど、ガラス張りになってて、クマが、見てる人間をエサだと思って飛びかかってくるやつ。それだったんだ。
あれ、わかっててもびっくりするね。うわ〜ってひっくり返っちゃってさ。で、息子に『怖かったなぁ。あれ、もしガラスがなかったら、お父さん食べられちゃったねえ。もし、お父さん食べられちゃったら、お前どうする?』って言ったら、どう言ったと思う?『うん、お父さんが食べられちゃったら、僕は何番のバスで帰ったらいいの?』。

高校生の娘は、食事の時もメールを離さないんだ。今の子は、携帯がつながらないとすごく不安になるらしいね。圏外孤独(天涯孤独)って。
「中国歴史あら?カルト!」より転載

このまくらを転載した方はこの文章をテープ起こしで作成したのではなくご本人の記憶力でなされたそうです。
世の中にはすごいbloggerさんがいるものですネ!

MRIっていえば、今から5年前取引先の社長と剣道の稽古をしていてアキレス腱を断裂しことがあります。その際応急措置で救急車で病院に搬送されたのですが、その搬送された病院でアキレス腱裂断部を確認する為にレントゲンだけにおよばずMRIまで撮られたのです。次の日最寄りの整形外科に行って診察を受けたのですが、前日搬送された病院で撮ってもらったレントゲン写真とMRI写真をdoctorに見せたところ、そのdoctorより、搬送された病院の先生は、何らかの意図でこの画像を撮られたと思います。しかし我々整形外科ではアキレス腱の裂断は触診で判断できるのでこのような画像は不要です。ましてMRIなどは撮った意味がわかりませんね、とけんもほろろにあしらわれたのです。
その日の午後アキレス腱裂断した足が左足だったこともあり車の運転ができました。
前日レンタルで借りた松葉杖を返しに奥様と搬送された病院に出向いたのです。
そして私と奥様は太陽に照らされて光輝く病院の看板を見て全てが氷解したのです。
その病院の看板には「前田脳外科病院」と大きな切り文字で書かれていました。

今ノロウィルスが流行っています。
実際先週私も罹患しています。
ところでのロウィルスのような危険な疫病に対しても、免疫的に打ち勝つ個体は必ず現れそうです。過去20万年に亘って人類を絶滅させる疫病が発生しなかったことは、現在生きている私達がそれを証明していますよね。
一方、現時点における唯一の心配事は、ヒトの免疫システムを直接攻撃するウィルスの出現です。

1969年6月アメリカ国防総省研究開発局副局長は「『5年から10年以内に、免疫プロセスが通用しない病原性微生物を創りだす』とのことであるが、このような生物兵器が紛争地域で使用され、あるいは実験施設から漏洩し、感染が拡大すればヒトの種としての存続は危険にさらされる」と議会証言で述べていました。

エイズがアメリカ国内で確認されたのは、1980年代のことです。
アメリカ国防総省が副局長の証言通りに計画を進めていたならば、70年代には「免疫プロセスが通用しない病原性微生物」が誕生したことになっています。
ウィルスの潜伏期間を考慮に入れると、生物兵器の開発とエイズという病気の出現が時期的にはぴたりと一致するという風説があります。
あなたはこの偶然をどう思われますか・・・


カールトン・ドラフト(ビール)オーストラリアのCMです。



今日は子供達が全員揃いました。
たまにはガツンとイタ飯でもいくかということで訪れたお店は「グラッチェ」練馬土支田店さんです。

住所: 東京都練馬区土支田3-27-22
電話03-5933-2139
定休日:無休

IMG_3995
お店の外観です。

IMG_3997
店内の雰囲気です。

IMG_4006

IMG_4002

IMG_4007
私のオーダー「フェスタコース(チキンステーキライス付+ニョッキのミートソース+自家製ティラミス)」@1,038円です。
これは安定した味です。特筆するのはチキンステーキです。今回のソースはガーリックトマトソースです。これは美味しいですネ。ニョッキのミートソースは凡庸な味ですが、悪くはないですよ。自家製ティラミスもそこそこのlevelです。
コスパは問題ありません。

IMG_4000

IMG_4003

IMG_4005
次男のオーダー「ピッッア食べ放題セット(蟹クリームスパ+イタリアンサラダ+ピッッア(マルゲリータ、ジェノベーゼ)+ドリンクバー)@1,153円です。
蟹クリームスパは見た目濃厚には見えませんがクリームの味は深いですよ
マルゲリータはイタリアンピッツアの四番バッターなので外しようのない味です。
ジェノベーゼはブロッコリー、カリフラワーがゴロゴロと入っていてベジタブルの味です。
なんたって食べ放題ですから、コスパは限りなく高いですネ。

IMG_4004
長男のオーダー「フレッシュトマトと小海老のスパゲッティー」@523円です。
想像以上に小海老がはいっているのはうれしいですネ。
フレッシュトマトの酸味は絶妙です。
これで@523円であればコスパも問題ありません。

このお店はワイワイガヤガヤしながら美味しくイタリアンを食べるお店でしょう。
そして高いコスパにグラッチェですね・・・

それでは(^_-)

続 土支田 グラッチェ

今日は「刑事ドラマのお約束」の話です。 
実は、私は刑事ドラマが好きなのです。
相棒
TV版「相棒」は仕事が忙しく見ることは少ないのですが、劇場版「相棒」は必ず見にいっています。
刑事ドラマは、フリネタの通り数多くのお約束があります。
このお約束があるので安心してみることができるのです。
そこで私がnetから選んだ「刑事ドラマのお約束」綴りです。
共感して頂けると幸甚です。
それではLet’s go on to my favorite!

取調室で出てくる食事はカツ丼が多い。
殺人事件が発生し、画面が捜査本部に切り替わる前に、必ず桜田門の警視庁のビルが映し出される。
殺人の動機は復讐(昔、肉親が轢逃げされたとか、子供が苛められたとか、恋人をレイプされたとか、等々)が多く、犯人に同情の余地がある場合が多いが、刑事は最後に、「復讐は何も生みませんよ!」と言う。
刑事が殺人現場に到着すると、先に来ていた関係者は必ず「ご苦労様です。」と言う。
事件解決後、犯人はパトカーで連行される前に、刑事に無言で深々と頭を下げる。
銃撃戦で犯人に撃たれた刑事は、「平気です、かすり傷です」と言う。
聞き込みに行くと、相手は最初大した話をしないが、話の最後に必ず、「そう言えば…」とか「ただ…」と言う。そして刑事が、「そう言えば?」「ただ?」と鸚鵡返しに聞くと、そこではじめて重要情報を言う。
尾行中の容疑者がタクシーに乗って行ってしまうと、何故かその後すぐ次のタクシーが来てそれに乗って尾行を続ける。
捜査に行き詰まり、捜査会議でデカチョウが「容疑者の交友関係をもう一度徹底的に洗いなおしてくれっ!」と気合を入れるように怒鳴ると、刑事たちは「オーッ!」と気勢を上げて必ず小走りで部屋を飛び出して行く。
刑事が二人組で長時間張り込みをしていても容疑者には何の動きもなく、一人が「何も起きませんねえ」などと言った途端、容疑者が動きだす。
刑事が「アナタが犯人ですね?」と尋ねた場合、本当の犯人の場合は、「バカバカしい、面白い推理ですね。証拠でもあるんですか?」などと必ず冷静を装う。
目撃者の証言で描いた犯人の似顔絵は、写真をコピーしたくらいにソックリである。
主人公の刑事は、良く行く飲み屋の女将に、平然と捜査状況をバラス。
刑事が、出所して真面目に働いている若者の勤めている町工場にアリバイ確認に行くと、「もういいかげんにしてくださいよ、刑事さん。迷惑なんですよ」と言われる。
車などがよく段ボールにぶつかりながら逃走するシーンがあるが、その段ボールには何も入ってないことが多い。
張り込み中の刑事の食事はパンと牛乳である。
刑事が覚醒剤かどうか白い粉をなめて確認する時、その粉は決まって覚醒剤である。
犯人からとり返したジェラルミンケースには、何も入っていない。
刑事が容疑者や参考人のアパートへ行き、ドアを叩いていると、隣の家からパジャマ姿で頭にカールを巻いたオバサンが出てきて「うるさいわね!」と怒鳴られる。
刑事が聞き込みをしていて、去ろうとすると途端に目撃者は言う事を思い出す。
刺殺・撲殺死体は目を開けて倒れている。
殺人事件の目撃者が幼児の場合、その子はたいてい胆が座っている。
謹慎中に勝手に捜査する。
犯人を追っていて、いいところで踏切がしまる。
全てを話す と電話で呼びつけたら、殺害されて発見される。
張り込み中、何も起きないですね~と言った途端に 容疑者が動き出す。
停車中に犯人発見の通報を受けた際、車をUターンさせて向かう。
振り返ればすぐ見つかりそうなところで尾行する。
ほかにも「お守りは撃たれた・刺された時の必需品」や「ホームレスが情報屋」、「銃撃戦の中を走り抜けても打たれない」、「屋台で飲む」などのありがちな展開があるようです。
「POUCH」より転載

アメリカ人がみた日本の変なところです。
weird①
ヘッドレストを使用している日本人らしいのですが、こんな人いまだかって見たことがありません。

weird②
この画像、日本のKentuckyではスイカを売っていると思って撮ったそうです。
いわゆる大きな勘違いですね

weird③
確かにこのようなマニアックのペイントをする方は確かにいますが・・・しかしminority
です。

weird④
タコの足を生食いしているのだと思ったのですね、チガイます、恵方巻を食べているのです。

しかしこれを撮影したアメリカ人はかなり偏向的ですよね、というかよくもまあこの様な画像ばかりを撮ったものです、そういう意味ではエライ!

今日は久々に寛(くつろ)いだ休日でした。
今日は次男と外飯(ソトメシ)です、今日のお店は「グラッチェ練馬土支田店」です。

住所: 東京都練馬区土支田3-27-22
電話03-5933-2139
定休日:無休


IMG_7586_1
お店の外観です。

IMG_7587_1
店内の雰囲気です。

IMG_7588_1
私のオーダー「イタ飯(挽肉ガーリックライス)」@523円です。
挽肉と揚げたニンニクがたっぷりのっています。
石焼ビビンパのノリでよくかき混ぜていただきます。
ニンニクと醤油とバターの組合せが絶妙、安定感ある一品です。
イケますね。

IMG_7590_1
次男のオーダー「自家製生パスタきのこたっぷりポルチーニソース」@733円です。
イタリア秋の味覚のポルチーニを使った濃厚なクリームソースとフレッシュで風味豊かなきのこをたっぷり使用したパスタです。
きのこの滋養が良くあふれていて深みのある一品です。
口福でしょう。

IMG_7589_1
二人でshareした「本格・ピッツァマルゲリータ」@599円です。
イタリア直送のモッツァレラ(水牛の乳から作ったチーズ)を使用した本格マルゲリータです。ちなみにマルゲリータの名前の由来はイタリアのマルゲリータ王妃が、バジルの緑、モッツァレラチーズの白、ポモドーロ(トマト)の赤がまるでイタリアの国旗を表しているようだとして気に入り、自らの名を冠したと言われています。
このお店の定番品です、不味かろうわけがありません。
熱々のうちに食べるのが美味しく頂くお約束です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ