下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

クレイジーケンバンド

山下町 ビスコンティ

今日は「横濱バザール」です。
IMG_5958

IMG_5959
横浜中華街の地久門から関帝廟方向にすすみ、関帝廟の斜め前あたりにある建物が横浜居留地166番地です。
この建物ある山下町166番地は、かつて横濱居留地百六十六番地と呼ばれていました。
江戸時代(幕末)から明治三十二年(西暦1899年)まで、中国だけでなく、米国、仏蘭西、独逸、伊太利亜、印度などの人々が、治外法権の下で活発な商業活動を行い、多くの洋風商館が立ち並んでいました。
横濱バザールの歴史は戦後昭和24年先々代オーナーの中地清が、ここ横浜山下町166番地に居を構え事業を始めたことにはじまります。
時を経て、先代オーナー中地隆が、ビルの一階に「骨董品店アンティークガレージ」をオープンさせ事業が拡大し、自ら建物を作り直していくうちに、いつしか様々なお店とともに歩むようになり「横濱バザール」 となりました。
2005年に、老朽化のため建物が建て替えられ現在に至っています

#横濱バザールのテナント
IMG_5971

横浜バザール

#横濱バザールの店内の雰囲気
IMG_5961

IMG_5962

IMG_5963

IMG_5964

IMG_5965

#スージーウォン
IMG_5967

IMG_5968

IMG_5966

IMG_5969
スージーウォン とは、クレイジーケンバンドの横山剣さんの親御さんがおられるオフィシャルグッズ販売店です。
ちなみに私は、クレイジーケンバンドのファンであります。
どうですかファンキーな雰囲気な空間だったでしょう?


両腕を失った中国人女性が、
ライブ動画配信で話題を呼んでいます。
彼女の名は、ヤン・リーさん。
4歳のころに不慮の事故で高圧電線に触れ両腕を失ってしまったのです。



IMG_5972
という事で横浜中華街に来ています。
今日のお店は攻略店です。
今日のお店はピッツェリア「ビスコンティ」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町276-5 ルグラン元町
電話:045-664-6646
定休日: 毎週火曜日

IMG_5975

IMG_5973
お店の外観です。

IMG_5948

IMG_5955
店内の雰囲気です。

IMG_5947
メニューです。

今日のオーダー「クァトロフォルマッジ&ティラミス&珈琲」@1,650+@600+@400=2,650円です。
口入れに入ったみたいで店内の客は私だけです。
店内のオペレーションは白髪のご主人と奥様とバイトさんで繰り回しているみたいです。
アットホーム感にあふれています。

IMG_5950
待つこと6分で「クァトロフォルマッジ&珈琲」の到着です。
見た目、美味しげです。
クァトロフォルマッジ(4種類のチーズ)はゴルゴンゾーラ、リコッタ、モッツアレラ、バルジャミーの構成です。

IMG_5949
それでは実食です。
釜焼きなのでドウ(生地)がしっとりしています。
チーズの組合の妙でしょうか味が濃いですね。
私の好きな味わいです。
美味しいです。

IMG_5951
ちょっと浅めの珈琲を飲みながら食べていましたら口福の神様が降臨してきました。
幸せです。

IMG_5953
食後にティラミスを頼みました。
イタリア産マスカルポーレをたっぷりと使用したティラミスは軽い味わいです。
甘さも控えめで高評価です。
さら〜に、チョコレートパウダーがシャリシャリしていて絶妙な食感です。
これまたご機嫌な味わいです。
とても楽しめたピッツェリアでした。

それでは(^_-)

小川町 千代

今日は「電車の座席」の話です。
みなさんは電車で座るとしたら、シートのどの辺に座りますか? 満員の通勤電車は座れるだけでありがたいものですが、誰しも「座るならココがベスト!」というお気に入りの場所が決まっているのではないでしょうか。今回は、電車の席の好みからその人の深層心理を探ってみましょう。お話をうかがったのは、心理カウンセラーの浅野寿和さん。

「電車の席は人の心理でいうと、パーソナルスペースを示すという側面がありますね。端の席に座る人が多いのは、『自分の心理的なスペースに他人を入れたくない』という防衛心理が働くからです」(浅野さん・以下同)

たしかに、片側にしか人がいない端の席は『自分のスペース確保!』という感じがします。一方、両側に人がいる席だと、その人たちのキャラクターによって、居心地が左右されてしまうことも…。

「そう考えていくと、電車で座る位置からは、人との心理的距離感や親密感に対する感度…すなわち、その人の人付き合いの傾向を、うかがい知ることができそうです」

なるほど。では具体的な診断をお願いします! みなさんは電車のシートがすべて空席だった場合、どこに座りますか?

【A:端の席】
「常識的で堅実な人。それなりに自分の世界を持ち、それなりに人に合わせられるタイプ。ルールを守り、その中で何事も楽しめる人ですね。それゆえ、自分と違うタイプや非常識なアイディアを持つ人に対して憧れを持ちつつも、どこかで嫌悪感をいだきやすい傾向があります。
このタイプの人は、それなりに警戒しそれなりに心を開くので、例えば異性なら、恋愛して結婚して子供を産んで…という流れを尊重してくれる人を好みます。リスキーな恋愛に憧れることもありますが、実は自分と同じ常識的なタイプとの方が相性は良いかもしれません。敵はマンネリ。自分を磨くことを忘れると大変です」

【B:真ん中の席】
「とても大胆で、生まれ持ってハートが強く、オープンで豪快な人。女性であればキモが座っている姐さんタイプです。自分の道を自力で開けるような強さを持つ、面倒見のいい人が多いでしょう。反面、自己中心的であったり、自己犠牲的であったりする場合も。その豪快さゆえに、人から誤解されたり、敵を作ることもしばしば。カリスマ性を持つ人が多いのもこのタイプの特徴です。
このタイプの人は、自分を慕う・自分を支えてくれるタイプと相性がいいですね。潜在的に孤独感を感じやすいナイーブさを隠し持っているので、さりげない心遣いや優しさに心を動かされることが多いでしょう」

【C:真ん中より端に寄った席】
「この席を好むのは、がんばり屋さんの秀才タイプ。努力で何事も勝ち取っていく優等生タイプと言えます。目標を持って努力し続け、自分を高められる反面、ストレスを抱え込みやすく、無理をしがちです。何事も『できない』ことを嫌いますから、自分にも他人にも手厳しい一面を持っています。
このタイプはそもそも、自分に対する劣等感や無力感がベースになって、その反動でがんばり続けている場合があります。もっと自分を心から愛し、評価を高めていくことが人間関係を築く鍵。ですから、自分の努力の成果やがんばりを認めてくれる人には弱いでしょうね。そういう人には愛情を返していくタイプと言えそうです」

【D:座らない】
「自分流を貫く人で、とても我慢強いタイプ。こだわりと信念の人です。他人と自分との間に一線を引き、距離を置きがちな傾向があります。簡単には心を開きませんが、いちど他人の価値を認めると、その人を絶対的に肯定していく側面もあります。直感力や感性、芸術的才能に優れているタイプ、完璧主義者や理想家の場合も多いですね。
このタイプは表面的なことより、その人そのものを認めてくれる人に弱いと言えます。内面に抱えている孤独から抜け出せるような、安心感が得られることが鍵。その一方、表面的なことばかり認められても満足はできません。人の内面的価値に重きを置く、同じ『座らない』者同士の共感力は深いものがあると言えそうです」

いかがですか? なんとなく好きと思っていた席に、こんな心理が隠されていたとは驚きです。普段何気なく選んでいることにも、自分の心のなかのヒミツが、いろいろ隠されていそうですね。
「ヒトメボ」より転載

そうなのですね・・・
車のシートがすべて空席だった場合は、真ん中の席に座るしかないじゃないですか(笑)
真中が一番広々としていいと思うのですが、それなのにわざわざ端に座るのって、まぁ「蓼食う虫も好き好き」ですからどこに座ってもからすの勝手でしょう、ちょっと古いですか。
で〜も私は真ん中の席を選んだからといっても、ここに書かれている様なとても大胆で、生まれ持ってハートが強く、オープンで豪快な人ではありませんから・・・
こういのって自分の当てはまるところしか引き当てませんので軽い精神安定剤みたいなものでしょう、当るのだったら皆人生の岐路の決断にはこの手の心理分析で決めてしまうと思います。

電車の座席
実は私は毎日の通勤電車は座って行っています。
そうなのですね、始発駅から乗っているからなのです。
いつも定時の電車で定位置の場所と言いたいところですが場所だけは競争の波に洗われます。
しか〜しほぼ80%の確率で定位置に座れるのです。
ちなみに私の定位置は車両の進行方向の一番前の左側席の左隅です。
いわゆるgangway(車両同士を結ぶ通路)のドアが開閉するところの脇です、
ここは右足なら人に迷惑かけないで足を組めますし雨の日には傘が立てておけるspaceもありますので便利なのです。それに車内が満員になった時も立っている人の圧力も受けることはありません。

閑話休題おはなしはもどりまして
何で80%の確率で座れるのかといいます、始発駅で知り合った年配のおばさんとチームを組んで席取りをしているからです。このおばさんの定位置は車両の進行方向の一番前の左側席の右隅なのです。たまに左側席が取れない時は右側席になることはありますが、必ず二人で力を合わせて左隅、右隅は確保しているのです。
本当にこのおばさんとは長いお付き合いです。
特に印象的だったのは東北大震災でモミクチャ電車の中でもお互いに助け合ってきました。
どこか亡き母に似ているところもありすごく親しみを感じています。
毎日プラットホームで軽い挨拶の後に二三の会話をする程度なのですが、完璧に私の生活のone sceneになっています。
いつまでもこのチームが続くことを切望してやみません。


とってもいいぜ、クレイジーケンバンド!



今日は神田に出没です。
しばれる風が体中をなめまわします。
こういう日のランチは風に押されて行きついたお店にします。
ということで今日の風任せのお店は、なかおちの店「千代」さんです。


住所: 東京都千代田区神田錦町1-8親和ビルB1
電話:03-3291-0990
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_4379

IMG_4381
お店の外観です。

IMG_4384
店内の雰囲気です

IMG_4380
メニューです。

本日のオーダー「なかおち定食」@850円です。
ご主人は四国高知県四万十市の出身です。
店内のカレンダーで分かりました。

しか〜しここのご主人面白いのです。
和食のお店なのにコックコートを着てさらにコック帽もかぶっています。
洋食のお店なのかと思いメニューを見直すと「なかおち定食」、「さば味噌定食」、「さば塩焼き定食」の3種類しかありません、謎が深まります。
そして仕事中は陰気な顔つきで調理しているのですが、一度(ひとたび)お客が来ますと破顔一笑でとてもすごく明るくふるまうのです。この暗明の落差は一見の価値があると思います。
さら〜にお客が帰る時には、来週もお願いしま〜す、と明るく送り出します。
この日は金曜日だったのでいいのですが仮に月曜日に来店したら、その週は来るなという意味なのか、それとも、来週もお願いしま〜す、以外のversionがあるのかとても気になるところであります。

IMG_4382

IMG_4383
閑話休題おはなしはもどりまして
待つこと2分で着盆です。
私の副食は生卵・納豆・海苔から選んで生卵にしました。
見た目、美なかおちです。美味しいそうですね。
それでは実食です。
かいわれ、大根千切りと一緒に豊富に盛り付けられたなかおちは食べ応えがあります。
味ですか美味しいですね。
それと今日の今日まで知らなかったのですが生卵となかおちは合うのですね。
想定外というと失礼なのですが、とても美味しゅうございました。
このお店へ運んできてくれた北風に感謝です。

それでは(^_-)

神田 味坊

今日は「下町っ子探検譚」の話です。
節分の日は鼻の穴に豆を詰まらせて耳鼻科に行く子が多いそうです。
といいますのは鼻って外部から異物が入りますと、その異物を洗い流そうとして多量の水分を出すそうです。
自明の理なのですが、ただでさえ抜けにくい豆が多量の水分によりふやけますので素人では絶対に抜けなくなるらしいですよ。
すごい子供になると放置しすぎたままにしていたら芽がでてきたそうです。
これって実話ですからね(笑)
事程左様に子供って信じられないことをしますね。
特に男子ですか・・・
狭い場所を見つければ入っていって抜けられなくなるし、高いところへは上がれば降りられなくなるし、好奇心が行動を支配しているのでしょう。

子供の時に家の近くにあった地上駅が地下鉄との乗り入れにより地下駅に変わりました。
そして解体するまでのしばらくの間その地上駅は廃墟となり私達下町っ子の絶好の遊び場となったのです。
ある時友達の一人がこの駅に秘密の地下室があり探検しようということとなりました。
その行き方なのですが、その地上駅から20〜30m離れたところに、どういう理由でできたのか穴があり、そこから降りていくと地下室にたどりつくというものなのです。
行ってみたらすごく狭い穴で小学校低学年だった私達でもかなり厳しい狭さです。
そしてその穴をのぞくと真っ暗でその真っ暗な先がどのような構造になっているのか皆目わかりません。
友達にこの穴がどうして地下室に繋がっているんだと聞ききますと他校に行っている幼稚園の時の友達から聞いただけで本人も降りていったわけではないようです。
この日は現状確認しただけで後日降りる穴を拡張しようということで別れたのです。

数日後、トンカチ、ノミ、懐中電灯、ロープを持って私と友達は穴のある場所に行き拡張工事にとりかかったのです。三時間くらいトンカントンカンしていたら、どうやら降りられる穴が確保できたので、穴の入り口にロープを縛りつけて降りていったのです。
途中抜けられなくなりそうになりましたが、ここで雪隠詰めになるわけにもいかず、身体をすりむきながら降りていったのです。
途中までロープで降りていったら、突然大きな空間が出現してきました。
するとそこには粉(まご)う事なき巨大地下室が出現したのです。
懐中電灯で照らしたら何とか飛び降りられる距離なのかなと思ってはみたものの、さすがにヘジり最後は覚悟をきめて飛び降りました。

地下室に降り立つと天井がところどころ欠落しておりうっすらと日の光かりがこぼれ落ちています。
全体がぼんやりとわかりました。
ここは機械室のようです。そしてこの機械室の階高は3m近くありました。
広さは10m×30m位の矩形でした。
よくこの高さをロープで降りてきたものだねと友達と二人で感心したのと同時に、この高さを再び上って帰れるのだろうかと不安に思ったものの、小学生ですから探検の方に目が行きそれに夢中だったのです。

探検の途中すごく臭いにおいがする場所にきました。そこはかなり光量があり、見上げると天井には楕円形の穴がいくつもあいていました。数えてみたら4箇所の穴でした。
異臭の理由が判明しました。
ここはトイレの直下だったのです。
便器の穴を下から仰いでみたのは生まれて初めてです。
何故なのか実際に上でしているところを想像してしまい、慌ててその場から逃げ去りました。

楽しい遊びには終わりがあります。
とても大興奮の探検でしたが帰られなければなりません。
帰りは来た時の反対で元の場所に戻りたらしたロープを使ってよじ登って帰るのです。
二人で同時に昇るとロープが切れてしまいますのでまずは友達から登り始めました。
50cm位上がった時に、突如友達がズドンという音とともに地面に叩きつけられたのです。
入口に縛っていたロープの縛りが甘かったのか結び目がほどけてしまったようです。
どうしようと友達と私は顔を見合わせました。
その当時ですから携帯などは持ってなく救援を要請することはできません。
かなり困りました。
食料はお菓子を主体にそれなりに持っては来たのですが、せいぜいこの日の夜分と次の日の朝分くらいの量しかありません。
これではミイラまっしぐら状態です。
白骨状態での発見はさすがに洒落になりません・・・org

チリ鉱山落盤事故
二人ともほとんど涙目状態です。
ここでボーとしていても仕方ありません。
私は探検では踏み入れなかった機械室の奥の奥の方に行ってみました。
間仕切り壁の壊れたところを数か所くぐり抜けて行くと突然大量の光が目に突き刺さってきたのです。
実は私達が入ってきて真反対のところではかなり解体工事がすすんでいて地上と地下との行き来の簡易縦穴隧道が確保されていたのです。
早速私は友達のところに戻りその場所からなんとか地上にでることができました。
地上に生還した気分はチリ鉱山落盤事故の英雄みたいなものでした。

しか〜しこの探検はかなり危なかったのです。
ます狭い穴です、もしかすると挟まれて抜けなくなる事があったかもしれません。
そしてたいした高さではないだろうと勝手に判断して飛び降りましたが、たいした高さだったら大怪我でした。
さら〜に解体工事が進んでなければ地上との簡易隧道もなく、脱出できずにミイラ小学生になっていたのです。
そりゃそうですこんなところに子供が入り込んで遊んでいるなんて誰も想像だにしないでしょうから。
冒頭に小さい子供は好奇心で行動すると書きましたが、この探検そのものが好奇心での行動でした。
無事だったのでこのようにblogを書いているわけですが、場合が場合だったらお陀仏だったでしょうね、まさに何無、名無、チーンでした・・・


これは目が回る!



IMG_4353
今日は神田に出没です。
今日のお店は神田中国料理の絶巓「味坊」さんです。

住所: 東京都千代田区鍛冶町2-11-20
電話:03-5296-3386
定休日:日曜・祝日

IMG_4354
お店の外観です。
何ですかこの外観、とても神田のTop Chinese restaurantとは思えません。
誰だ、私にこのお店を薦めたのは・・・、それはこの人です
正直入るかどうかヘジりましたがここまできたら入るしかありませんよね。

IMG_4361
店内の雰囲気です。
このお姉さん面白いのです。
寒いのでしょうかサッシ戸を締めきって呼び込みをしています。
“ぃらっしゃいませ〜、こにちは、どお〜ぞ”を連呼しています。
当然のことながら外を歩く人には聞こえません。
さすがに見かねて、小姐(シャオジエ)、不清楚(ブーキンクー)=お姉さん、聞こえないよ、って言ったのですがニコニコと笑っているだけです。
私の中国語は完璧に通じていません、多分私の発音が悪いのでしょうね?
チュウコクコハムツカシィネ・・・

IMG_4355
メニューです。

IMG_4356
鎮江香酢(ちんこうこうす)です。
鎮江は江蘇省にある都市の名前で、古くから黒酢の名産地として知られています。
一時期日本で大breakしたので覚えていました。
さぁすが本格派レストランです。

IMG_4358

IMG_4360
今日のオーダー「ラム肉のクミン風炒め」@1,100円です。
待つこと5分で到着です。
この料理は一見すると東南アジア料理ですが、れっきとした中国東北部の料理だそうですよ。
見た目エスニックです。
「ラム肉のクミン風炒め」とは、ころころした一口サイズのラム肉と、玉葱、チリ、クミンの炒め物です。
クミンは「カレーのいいにおい」の素です。カレー好きな日本人にはとてもなじみ深いスパイスといえます。もっとも歴史の古いスパイスの1つですが、今では西欧よりもインド、メキシコ、東南アジア、アフリカなどのいわゆる「エスニック料理」に欠かせないスパイスとして使われています。

それでは実食です。
ウン、これは美味しいですね。
例えて言えば砂肝のコリコリとカシラの柔らかさが合体した味わいです。
チリとクミンのバランスもよくてとても美味しくいただけました。
副食の麻婆豆腐もふくよかな味で、イケます。
コスパが悪い様な気もしますが、本場の味が手軽に楽しめるのであれば良いかなと思うところであります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ