下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

クリスマス

2016年神戸・京都旅行 其の四

今日は「2016年神戸・京都旅行 其の四」です。
中村軒を後にした私たちはバスに乗り京都駅にもどり地下鉄に乗り換えて、午後の目的地である相国寺に向かいました。

#伊藤若冲展
今回は相国寺境内にある承天閣美術で開催されている「伊藤若冲展」を観にきました。
この展覧会への出向きは私の強い希望です。
まずは雨に煙る相国寺境内の紹介です。
IMG_6534

IMG_6535

IMG_6541

相国寺さんはかつて訪れております。
折角ですので前回アップを紹介します。
鳴き竜
法堂は写真撮影禁止でしたので画像は「京都を歩くアルバム」さんより転載させて頂きました。
相国寺は法堂にある「鳴き龍」が有名で、この「鳴き龍」も目的の一つでした。
天井には「鳴き龍」として有名な狩野光信の蟠龍図(ばんりゅうず)が描かれています。
絵の下で手を叩くと円の縁あたりで「ブーンブーン」と鳴いているように響きます。
立つ位置がずれると聞こえません。
龍は平面じゃなく丸いお皿の中に描かれていて、円の縁が盛り上がっています。
手を叩くと、その反響が集まる下にいる人にだけに聞こえるようです。
多重反響現象(フラッターエコー)というらしいです。
ちなみに音の聞こえ方が今一つだったので拍手乱打しましたら、法堂におられたご住職に叱られました。
で〜も、それにはめげずに先達の叡智にいたく感動していたのでした。

なぜ雨に煙る京都まで来て「伊藤若冲展」を見たかったのでしょうか。
実はこれも過去ネタでその理由をアップしていますのでご紹介します。
若冲展

IMG_3241

IMG_3240

IMG_3243
生誕300年を記念した若冲展を見に行ったのです。
しかも早起きして・・・
着きましたらこの行列です。
すでに2時間待ちです。
しかも今日は真夏日です。
炎天下の中、走るのは好きですが、並ぶのは嫌いです。
当然のことながらスキップしました。
秋に行く京都は相国寺で常設の絵を拝観する事にしました。

IMG_6531

IMG_6532
という事で伊藤若冲展です。
若冲は鶏画を始め動物・植物を緻密に描きつつ、写実と想像を融合した独自の世界観を作品に反映しており、若冲の作風の特徴は、精密な写実でありながら幻想的な雰囲気を持つている画風と言えます。

WS000004-3
当然のことながら展示画は写真撮影禁止ですので、ネットからの転載です。
個人的には数多くの展示作品の中でこの絵に感動しました。
若冲の絵を見ていますと、真摯な美とは、コインの裏表で決まるようなギャンブルではなく、もっと緻密で、もっと継続的で且つ不断の集中力とそれに耐えられる体力にあるのだなと強く感じた次第であります。

#祇園界隈
IMG_6546
相国寺の後はバスで祇園にいきました。
今年の紅葉のハイシーズンは一週間前でした。
かかる中、そぼふる雨の影響もあり人影もまばらで寂しい限りです。

#芸能界こぼれ話
IMG_6548
女優の田畑智子さんの実家でもある、京都の老舗料亭「鳥居本」さんです。

f85b52c6
この「鳥居本」さんをのぞいた後、この図子(大路・小路をつなぐ道)を奥様がのぞいていましたら、いきなり見知らぬ老人が話しかけてきました。あまりにも親しげな態度から、知り合いなのかなと一瞬思いましたが赤の他人でした。
おもろいおじいさんです。
京都で所帯持っておなごが生まれたら不幸やで、と言い放ったのです。
私が何でですか、と聞けば、京都のおなごで顔がええのんは皆歌舞伎役者に食い物にされるんや、というではないですか。宮沢りえは中村勘九郎と付き合っていて、京都ホテルオークラで逢瀬を重ねていたのなんて皆知っとう。
りえ以外にも芸妓と付き合っていてそりゃ滅茶苦茶やわいな。
さら〜に芸妓のほとんどは歌舞伎役者の京都妻や、中村橋之助だけじゃないわ。
悪い奴ほどばれんのや、と言いたい放題です。
確かに京都裏話は面白いのですが、このような怪しい人と話し込むのは本意でないので、適当なところで別れました。すべてを公開できないのは残念なのですが、みな興味深い話ばかりでした(笑)

IMG_6570
雨宿りを兼ねてコーヒーブレイクです。
お邪魔しましたお店は、「鳥居本」さんのはす前にあります。
今日のお店は「RIGOLETTO SMOKE GRILL& BAR (リゴレット スモーク グリル&バー)」さんです。

住所: 京都府京都市東山区祇園町南側570-192
電話:075-532-0112
定休日:無休

IMG_6569
お店の外観です。

IMG_6553
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
私は「焼きリンゴタルト、バニラアイス添え&ブレンドコーヒー」@540+@648=1,188円
奥様は「ピスタチオのティラミス&カモミールブレンド」@540+@702=1,242円
です。

IMG_6561

IMG_6565

IMG_6563

IMG_6567
待つこと7分ですべて到着しました。
このお店は甘ったるいボサノバのリズムが絶え間なく流れているなか、ホールスタッフは体育会接客です。
とてもミスマッチな雰囲気です。
このお店はカジュアルスパニッシュイタリアンとしては祇園で確固たる地位を築いています。
時間帯のせいもあるのでしょうが夕刻前ですが、皆サングリア(赤ワインにレモン・オレンジなどの果汁を混ぜて作るスペインの代表的な飲み物)をデキャンタで頼みグイグイと杯を空けています。
雰囲気もいいし、料理も美味しそうです。
東京発信のお店ですが、祇園では使い勝手がよさそうなお店です。
そうそう焼きリンゴタルト、バニラアイス添え、ピスタチオのティラミスともども美味しかったです。
特に焼きリンゴタルトはかなりのレベルで感動いたしました。

IMG_6560
夜はお店をはねた芸妓さんが立ち寄り、ちょっと艶めかしい雰囲気になるそうです。
目の前に実家がある田畑智子さんも京都に戻ってきたときには、時おり顔をだすそうです。
このお店はお薦めですね・・・

#京都はすでにクリスマス
jpress-2016XMAS_1201

IMG_6576

IMG_6578
祇園を後にした私たち夫婦は京都駅に舞い戻りました。
京都は既にクリスマス一色です。
京都にクリスマスは似合います。
京都のクリスマスは、人の心に明かりを灯してくれるような感すらします。

最後は名曲「なのにあなたは京都へゆくの」で締めさせていただきます。
4日間に亘りお付き合いいただきましてありがとうございました。

それでは(^_-)

神田小川町 京都勝牛

今日は「サンタクロース異聞」です
1月なのにクリスマスの話です。
3694-01
子供のころサンタクロースって不思議な人物でした。
母親からクリスマスの日に欲しいレゼントを聞かれますと、必ずではありませんがクリスにはそのプレゼントが届いています。時によってはそのグレードが落ちていることがあります。
恥ずかしながら私の母親は外国語が話せませんので、どのようにして私の欲しいものを外国人であるサンタクロースに伝えていたのでしょうか。これが一つ目の疑問でした。
加えて申しますと、プレゼントのグレードが落ちる年は、父親が今年は景気が悪かった、と言っていた年でもありまして、那辺の一致は父親がそのグレードに関与していると思わせるものでありました。
次にわが家には煙突がありませんので、サンタクロースさんがプレゼントを投げ込めないから母にわが家にも煙突を作ってもらうよう頼みました。
すると母は、家(うち)は、クリスマスの夜には二階の窓ガラスのカギを開けて寝るので、そこからサンタクロースがプレゼントを投げ入れてくれるので大丈夫、と言っていましたが、朝起きますと投げ入れた割には枕元にきちんと置かれていましたのでこれが二つ目の疑問でした。
さらに日本の子供が仮に40百万人いたとしましょう。
その数の子供にプレゼントを届けるのに一体何万人のサンタクロースが必要なのでしょうか。
仮に一人のサンタクロースが100軒の家のプレゼントを担当しているとしますと、40万人のサンタクロースが必要なわけでして、多分クリスマスの夜の空は交通渋滞になるはずですがそのような事が新聞記事に載ったこともありませでした。加えて申せばサンタクロースが使うそりには8頭のトナカイが必要です。
そこから計数しますと40万人×8頭=320万頭のトナカイがクリスマスの夜に飛び回る事になります。
それなのにクリスマスの翌朝、路上にはトナカイの糞が一個も落ちていなくこれが三つ目の疑問でした。
さらにさらにわが家のプレゼントは浅草松屋の包装紙に包まれていることが多かったのです。
その当時の浅草松屋にはこれまた外国語が話せる店員がおらず、サンタクロースは一体全体どのような言語で松屋にて買い物をしたのかが最後の疑問でした。
いずれにしましても、なにかを信じて眠れた時代があったのです。
今でもこの時の心象風景を思い出し現在の心もちと比較しますと、なにか大事なものを失くしてしまったように思う今日この頃であります。

The future belongs to those who believe in the beauty of their dreams.
未来は、夢を持つことのすばらしさを信じている人のものだ。
Eleanor Roosevelt(エレノア・ルーズベルト)


空き缶を簡単につぶす方法



今日は小川町に出没です。
IMG_1064
京都にはかなり行っていましたがこのお店の存在は知りませんでした。
今日のお店は「京都勝牛」小川町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田美土代町9-7 千代田21ビルディング1F
電話:03-3292-7802
定休日:無休

IMG_1065

IMG_1066
お店の外観です。

IMG_1068
店内の雰囲気です。

IMG_1067
メニューです。

IMG_1069
牛カツの美味しい食べ方です。

今日のオーダー「牛ロースカツ京玉膳(130g)」1,490円です。
このお店のある場所は関西系のカレー屋さん等長続きしないお店ばかりでした。
そして今度のお店も京都からの出店でしたので同じ轍を踏むのかなと思いきや、最近行列ができていました。
という事でこのお店の「鼎の軽重」を問うべく訪問しました。

待つこと8分で着膳です。
IMG_1070
牛カツの赤身が食欲をそそります。
まずは店員さんから食べ方の説明を受けました。
牛カツは、牛カツソース、山椒塩、特性だし醤油でいただいてください。
京玉(玉子の天麩羅)は和風カレーつけ汁でいただいてください。
との事でした。

それでは実食です。
IMG_1071
衣が香ばしいです。
牛カツは、中はミディアムレア、外はサクサクです。
まるで上質のステーキを食べているかのような食感です。
食べ方は、個人的には山椒塩、特性だし醤油、牛カツソースの順がいけました。
味ですかデラ美味です。
かなりクリビツの美味さです。
熟成した肉が宜しいのでしょう。

白眉は京玉です。
IMG_1074

IMG_1075
これは本当に和風カレーつけ汁に合いますね。
ワシワシと食べてしまいました。

このお店はホンマモンですね。
お値段は財布には厳しいですが「食べる価値」ありです。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

大泉学園 ポトラックパーティ

本日は英会話学校のクリスマスパーテイです。
恒例の通りポトラック形式(英;「potluck」各自1品ずつ持ち寄り楽しく食事をするパーティ)で行われました。
ここから後はパチリでご覧下さい。

ポトラック

今年は料理がいまひとつでした・・・多分参加したお子チャマが少なかったのでそれに比例してお母様達の手作り料理が減ったのだと思います。

BlogPaint

パーティ会場です、ちなみに私の先生のBenさんは写っていません。

ポトラック3

パーティーゲームが始まりました、これはPut a nose on the Santaです。当然のことながら参加したのですが、結構難しいですね。
最初に三回廻されるのですがこの時点で今自分がどこにいるのか分からなくなります。

ポトラック4

先生編です。

ポトラック5

お子チャマ編です。

ポトラック6

椅子取りゲームの海外版です。参加者は皆音楽に合せてテーブルの周りを周回します。音楽が止まった瞬間にこの絵を踏みます。そしてその後この絵が一枚外されます。最後の一枚までこれの連続ですネ。結構皆マジでやっていました(笑)

ポトラック7

銘銘カードに自分の名前を書いてボックスに入れ、それをお子チャマがかき回してから取り出し名前を呼びます。珍しく私は一等賞になり、それがこの景品です。TIMTAMは外国人が大好きなスイーツのようです・・・知らなかったナ

BlogPaint

大ビンゴ大会のチャンピオンの女性、現在青山学院高校に在籍です。オジサン達が授業料高くてお父さんは大変だろうとこの女子高生に異口同音にいっていました。
私の子供は高校でなくここの大学に行っているのですが、やはりお父さんは大変ですヨ(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ