下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

キルフェボン静岡

静岡 ビストロ ザ ファーム

今日は「まれに見る逸材」です。
当部のベテランの女性が念願の子供が授かったので長期産休に入りましたので、その交代要員として英語と独逸語の堪能なベテラン女性が本部内異動してきました。
最初は猫をかぶっていたみたいで大人しかったのですが、徐々にその全容が明らかになってきますとこれが中々の逸材でした。
まずは自らの事を良く持ち上げます。
ついでに話している相手も持ち上げます。
しかもその持ち上げ方はまさに針小棒大の極みでありまして、△△さんは、奥様と仲が宜しいとお聞きしていますわ、とヨイショされたので逆手にでて、決してそんな事はないですよ、と切り返せば、そんなことありませんでしょう。
結婚して何年になられますの、と返されたので、もう少しで30年かな、と言えば、それだけ長く一緒に暮らしているというのは仲が宜しい証拠じゃないではありませんか、とかぶせてきました。
一緒にいたって世の中には家庭内別居の事例は腐るほどありますよ、と上書きしようかと考えていたら、私たち夫婦は二人でいるだけで幸せ。よくぞ一緒になったものですわ、とキメてきました。
まぁ超晩婚で子供ができないので、いまだ蜜月なのかなと思ったりもしましたが、本当に良い年なのによくいいますよ。恥ずかしくないのでしょうか・・・
加えて、自ら幸せだといった人の中で、本当に周りがうらやむ様な幸せだった夫婦は、今だかつて見たことがありません。

三角関係
とある日、この女子と若手の女性が22時近くまで残業していたので、リップサービスでメシでもどう、と誘ったらこの申し入れに乗ってきました。
実はこの若手の女性は、産休で休職した女性の一統だったのですが、彼女がもう少しでいなくなる事が分っていたのでNo.2のベテラン女性に乗り換えていたのです。
仕事中もこの若手はNo.2の女性に慕うそぶりをみせ、その自家薬篭中のものとなるべく刻苦奮闘の努力を重ねていて、もうすぐこのNo.2の女性の若頭になろうかという勢いでした。
いまさらですが、この女子とNo.2の女子の関係は良くなく、仕事中も一触即発のまさに国境警備の韓国と北朝鮮の兵士みたいな緊張感あるものであります。
そのような予備知識を持ってこの酒席に臨みましたら、知らない間にこの女子はこの若手を傘下に収めていたのです。その速さに驚いて理由を聞きだしましたら、ラインでコミュニケーションを取っていたのですね。
加えて、この若手は飲んだ席と言いながら、少し前までお慕い申していたNo.2をそこまでいうのかとまで酷評しておりました。
私は慄然としました。
これらの話はいくら無礼講といえども私は素面で聞いているわけです。
よく私の面前で平然とNo.2に対する裏切りを表明できたものです。
一方で、短期間でこの若手を懐柔したこの女子の水際立ったその手腕には瞠目しました。
仕事の上ではいまやすべてをグループリーダーに任せているので、直接的なマネージはしなくてもよいのですが、それにしてもまさかまさかの新政権が水面下で樹立していたとは驚きを禁じ得ませんでした。

しか〜し仕事中にラインでコミュニケーションを取るのは当たり前に厳禁なのですが、よく私の前でいいますよね。
それともしかしてこの若手はNo.2が差し向けた二重スパイではないかと思ったりしていたら、頭の芯が痛くなってきました。
もしかして、実はNo.2とこの女子は頭上では手を結んでいて、かつてのNo.1の配下女性の流れを一気に断ち切ろうとする深謀かもしれません。
女性はやはり敵に廻したらいけません。
なぜかと申せば、男性のロジカルな思考経路ではこの知能戦というか情報戦の全容が皆目見当がつかないからです。まだリアルビジネスの方が楽です。
こういう話は素面で聞いてはいけないなと深く胸に刻んだ飲み会でありました。


意外な結末!




今日は静岡に出没です。
IMG_6866

まずは静岡の街並みを紹介します。
IMG_6867

IMG_6868

IMG_6869

IMG_6870

IMG_6871

徳川慶喜公屋敷跡です。
IMG_6872

IMG_6893

IMG_6873

IMG_6894
お屋敷はこんなにも駅から近かったのですね。
この人多趣味です。
代表的なのは写真撮影ですが、この他にも油絵,狩猟,自転車でサイクリング、放鷹(ほうよう),打毬(うちまり),碁、将棋、刺繍、お菓子作り、能楽、投網(とあみ=網を使った魚釣りのことか)、それから毎日欠かすことなく晩年まで続けた弓道、さらには維新後に大阪城を訪ねたとき、様々最新の軍事兵器を紹介されたあと、おまけとして飯盒(はんごう)炊飯という、皆さんも小学校でやったこともあろうご飯作りを紹介されたのだが、兵器よりもこっちをえらく気に入り、自分でも実行している。
確か、孫もこの匠の技を継承していたはずです。

という事で今日のお店は「BISTRO THE FARM (ビストロ ザ ファーム)」さんです。

住所: 静岡県静岡市葵区紺屋町12-8 三晃社ビル 1F
電話:054-221-5250
定休日:無休営業(年末年始の休みを除く)

IMG_6877
お店の外観です。

IMG_6885
店内の雰囲気です。

IMG_6878
テレビ静岡の「あたりまえ散歩」のロケをやっていました。
インタビュアーはCOWCOW さんです。
しか〜し、 このハンバーグおいしいですね、を最低5回は言っていました。
なんだか興ざめでしたね(笑)

IMG_6876
メニューです。

今日のオーダー「ザファームランチ&カフェセット」@1,200+@500=1,700円(外税)

IMG_6879
待つこと5分で「カボチャのクリームスープ」の到着です。
コクがあり且つ甘いのですが如何せんぬるうございました。
プチ残念です。

IMG_6884
待つこと10分で「前菜」の到着です。
特段のサプライズもなく強いて申せばキッシュがまずまずですか。
私の好みの味わいではありませんでした。

IMG_6886
待つこと24分で「ぶりのソテー、ゴボウのタプナードソース」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
ぶりの臭みが取れていません。
タプナードソースが少ないのでは若しくはもう少し生姜を効かせた方が良かったとは思うのですが、ちょっと損した感じの一皿です。
ブリは難しいですよね・・・

IMG_6892
デザートのガトーショコラです。

IMG_6889
うん、これは今日一ですね。
しか〜し、これで帳尻合わされてもね。
TV撮影があったので調理が雑になったのでは・・・


新幹線の待ち時間でメールの整理です。
最近の静岡は、ここのケーキを食べに来ているような感じです。
そのお店とは「キル フェ ボン 静岡 」さんです。

住所: 静岡県静岡市葵区紺屋町12-8
電話:054-205-5678
定休日: 年中無休

IMG_6898
お店の外観です。

IMG_6900

IMG_6906
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「ティラミス&珈琲」@1,007円です。
IMG_6902

IMG_6903
待つこと9分でケーキセットの到着です。
甘さ控え目です。
マスカルポーネも控え目です。
上品な味わいです。
ベースのカリカリ感もたまりません。
うん、ここのパティシェフは腕がいいですね。
大満足な「ティラミス」でした。

IMG_6908
最後にこの女性は静岡で一番長い髪の持ち主です、多分。
みんな驚いてみていました。
ちなみに私もです・・・

それでは(^_-)

静岡 蕎麦屋八兵衛

今日は「新幹線での会話」です。
この間、新幹線で静岡に行った時の車中の話です。
その時の席の位置状態を説明します。
上りですから海側のA席に初老の女性がいて、一つ間をおいてC席にエリートっとぽい目から鼻に抜けるスキのない30歳前後のリーマンが座っていて、通路を挟んで山側のD席に私が座っていました。
この初老の女性は熱海で誰かと待ち合わせしているみたいで、その方と連絡を取りたいみたいです。
しか〜しこの女性は携帯電話を持っていません。
多分ですよ、本当はこのリーマンの携帯を借りたいのですが、直截にはいえず、すみませんが新幹線には電話がありますか、とくだんのリーマンに聞いたのです。

shared_img_thumb_PAK85_coding15095904_TP_V
そのリーマンはPCをせわしなく叩いた手を止めて、隣の車両に公衆電話がありますよ。そこでかけられたらどうですか、と冷たく突き放したのです。
そこでこの女性は公衆電話に出向きしばらくして帰ってきました。
席についてしばらくして、公衆電話をかけにいったんだけどテレカしか使えないみたいで、私はテレカ持っていないのです。すみませんがお兄さんの携帯をちょっとだけ貸してくれませんか。勿論お金は払いますよ、とそのリーマンに言ったのです。
私は、困っているのですね。そのくらいはいいですよ。それとお金は要りませんよ、と言うのかと思っていましたら、なななんと私の想像を超えた答えだったのです。
彼は、お金は1,000円いただきます。公衆電話には必ずテレカの販売機がありますので、テレカは1,000円で買えます。従いまして、貴女は公衆電話のテレカ代をケチったみたいですが、私も同じ金額です。どちらを選びますか、と切り返したのです。
するとその女性は、お金をとるのですか、とムッとして聞き返したのです。
それを聞いた彼は、もともとお金を払いますといったのは貴女です。何故、私が見ず知らずの貴女のために、新幹線のサービスより安い料金で電話を貸さなければならないのですか、と言い切ったのです。
その後しばらく二人の間には緊張した空気が支配していました。
時間にして5秒くらいですか、いいですよ。亡くなった祖母に雰囲気が似ているのでお金はいいですよ。
かける番号を言ってください、といいますとその女性は、で〜も1,000円払わないといけないんでしよ、と言ったのです。もともとお金を払う気は、なかったのでしょう。お金はいいですよ。
但し一回だけです、とキメたのです。
女性はどうしても待ち合わせの女性と連絡を取り合わなければならないみたいで、財布の中から待ち合わせの女性の電話番語を書いたメモを取り出して、電話番号を読み上げたのです。
それを受けて彼はその電話番号を打ち込み、電話をつなぎ、コール音がしてから、電話を女性に渡しました。
電話の内容は、熱海駅のどこで待っているのかの確認でしたのですぐに終わって、その電話をくだんのリーマンに戻しました。
そのリーマンは携帯を受け取ってから、こんな若輩者に言いたい事をいわれ心穏やかではないでしょう。
ご安心ください。私はこれから他の車両に移ります。良き熱海旅行になる事をお祈りしますと、言ってから席をシュッと立ち次の車両に向かって歩き始めました。
その一部始終を見ていた私は、世の中には何ともキレのよい若者もいるのだなぁと感心していたのであります。

IMG_6085

IMG_6087
私は静岡駅で下車するときに、為念、新幹線の公衆電話をのぞきましたら、彼の言うとおりのテレカの自動販売機がおかれていました。
で〜も、彼は新幹線の公衆電話のかけ方をなんで知悉しいたのでしょう。
私は、ここ5年くらいはテレカで電話をかけた事がありせんので、その点だけが不思議に思えました、ハイ。


伝説の「空気投げ」です。
生まれて初めて見ました。



という事で今日は静岡に出没です。
地元に美味しい蕎麦屋さんがあるとの紹介をいただきました。
今日のお店は「蕎麦屋八兵衛」静岡店さんです。

住所: 静岡県静岡市駿河区小黒1-7-14 ドミ−ルビル 1F
電話:054-284-1331
定休日:正月

IMG_6090

slide1
お店の外観です。

IMG_6089
順番待ちが当たり前みたいです。

IMG_6094
店内の雰囲気です。

IMG_6091
メニューです。

今日のオーダー「かきそば」1,674円です。
このお店は、味 雰囲気 サービスと3拍子揃った名店だそうです。
確かに店員さんはキビキビしていて小気味いいですね。

IMG_6095
薬味の面々です。

IMG_6096
待つこと14分で「かきそば」の着丼です。
見た目重厚です。

それでは実食です。
IMG_6097

IMG_6098
まずは牡蠣からいただきました。
大ぶりの牡蠣が5個入っています。
噛みしだくと海の香りが立ちます。
うん、これは美味しです。
蕎麦つゆは少し味醂が強めで甘いですが馥郁たる柚子の香りがそれを補っていて絶妙な味わいです。
特筆するのはつゆの熱さです。最後まで冷めませんでした。
麺はコシがあって且つ香りが高くこれまた美味しです。
これで1,674円は高いような気もしましたが、満足な昼蕎麦でした。

IMG_6100
「蕎麦屋八兵衛」さんから5時間後、至急の資料を纏めなければならなく、資料を大きく広がられるお店にきました。静岡でそのようなお店といえばこちらです。
そのお店は「キル フェ ボン 静岡 」さんです。

住所: 静岡県静岡市葵区両替町2-4-15
電話:054-205-5678
定休日: 年中無休

IMG_6101
お店の外観です。

IMG_6107

IMG_6102

IMG_6103
店内は早くもクリスマス一色です。

IMG_6104

IMG_6106
今日のオーダー「サツマイモと小豆のケーキ&珈琲」@594+@378=972円です。
サツマイモの甘さが上品です。
小豆のツブツブ感もよいですね。
甘さ控え目の美味しいケーキです。

IMG_6109
夜のとばりが降りた頃、仕事も片付き静岡駅に戻りました。
会社に着いたら20時でした。
これからひと仕事です。
忙しいのは結構なことです・・・

それでは(^_-)

静岡 しぞーかおでん なごや

今日は「少年老いやすく学成り難し」です。
日本のゴルファーの多くは、会社に入ってからゴルフを始めたのでしょう。
上司にお古のクラブをもらって練習場に連れて行かれ、しばらくするとコースデビューですか。
最初はお付き合いでも、いつの間に面白くなくなり、気がつくと病みつきになっていたというのがステレオタイプのビジネスマンのゴルファー養成システムです。
しか〜しこのシステムが崩壊寸前だそうです。
無題
「ワークライフバランス」が声高に叫ばれ、終業後の飲み会にも賛否両論がでる昨今ですから、若者の休日ゴルフ拒否は当たり前の事になっています。
その反作用でゴルフの高齢化は著しいものになっています。
そういえば最近駅のホームでエア素振りしている人を見かけなくなりましたね。

最近の若い人は、さすがに飲み会は誘えばついてきますが、ゴルフまでという人はいませんね。
この間飲んだ若者は、父親が毎週土日には接待ゴルフと称して家にいなく、休日は母子家庭みたいになっていたからゴルフは嫌いだ、と言い放っていました。
実際、私の取引先の社長は富山県に単身赴任していて、水曜日は有休でプライベートゴルフ、土日は仕事で接待ゴルフと、10年間以上家に帰っていないと広言していましたが、ちょっとついていけませんでした。
私みたいにフォアザファミリーを常日頃考えている者からしますと、まさに鬼畜の所業であります。
まぁこれはゴルフが悪いのではなくてご本人に問題があるのでしょう。
飲み会と言えば、最近上司からの強制的な飲み会は残業に値するのではないかという話題がネットでも騒がれています。当社では、残業は原則オフィスで執務するものとなっていますので、飲み会の残業はちょっと難しいでしょう。
しか〜し、若い世代がプライベートな時間を削ってまで、参加したくもない飲み会に行きたくないと言える事は大変良い事だと思います。
やっとそのような時代が到来したのですね。
で〜も上司からしますと労(ねぎら)うと意味も含まれておりますのであまり軽々には断らないで欲しいなと思います。
基本的には若い人は誘っている人を選んでいると思っています。
何故そう思うかと申せば、私の若い頃がそうでしたから。
私が婉曲的に断っていた上司・先輩は、飲んだら必ず仕事の話をするからです。
そのような事は、日中話せばよいのにと思っていました。
勿論、当時はメールがありませんでしたので致し方ない処もありましたが、それでも酒席での仕事の話はノーサンキューであります。

最近の若い人との飲み会で思いますのは、教養がないなぁ、という点です。
「We don’t know what we don’t know」という言葉があります。
和訳するまでもないでしょうが「私たちは自分が何を知らないかを知らない」という意味です。
所謂、哲学者・ソクラテスの「無知の知」です。
これは「知識を吸収する出発点は、しっかりと目を開いて自分が知らないことが何なのかを認識するところにある」と言い換える事ができます。
もう少し教養を身につけて自らの可能性を押し広げてもらいたいものです。
毎朝、遅刻せずに会社へ行き、遅くまで真面目に働いて、疲れて帰宅して寝るだけ。
休日はごろ寝で過ごす、という人にはなって欲しくありません。
そういう毎日は自分の感性を鈍らせ、成長を妨げるものと強く思います。
ちょっとオヤジモードになりましたが、「少年老いやすく学成り難し」を肝に銘じて欲しいものであります。


母の書置き



今日は静岡に出没です。
IMG_4038

IMG_4040
ちょっと仕事がたまったのでゆっくりと仕事をしたいなという事で本日はダブルフューチャーです。
まずは腹ごしらえです。
向かったお店はしぞーかおでんの老舗です。
今日のお店は「なごや」さんです。

住所: 静岡市葵区常磐町2-3-6 青葉おでん街
電話:054-255-6779
定休日: 水曜日

おでん街の最初は「青葉横丁」に行きました。
IMG_4042

IMG_4060

IMG_4044
ここは屋台ルーツのおでん街です。
狭い横丁に赤提灯を掲げたお店が軒を連ねます。
この横丁は最も歴史のある「三河屋」さんに行くのがお約束だそうです。
ここはパチリだけしてスルーしました。

続いて向かった先は「青葉おでん街」です。
IMG_4047
ここは昭和レトロな雰囲気の横丁です。
戦後から続く屋台系の伝統のおでんが味わえます。
数あるお店の中から選んだのは静岡の取引先が一押しする「なごや」さんです。
なんで静岡なのに名古屋かと申せば、当初は名古屋で大工?をやっておられたのですが、うまくいかず乾坤一擲、静岡で屋台おでんを始めて今に至るだそうです。
現在「青葉おでん街」の中で屋台からやっているお店は「なごや」さんと「藤の家」さんの二軒だけだそうです。

IMG_4048
お店の外観です。

入店するととても品のよい女将さんが一人で切り盛りしていました。
1174154145nagoya13
店内には壁にメニューは貼ってあるのですが値段が書いていないのでどうやら時価みたいです。
お酒が飲めないのですが、と言いますと、ソフトドリンクがありますよ、と言われたので行間を読んで、ウーロン茶を頼みました。しばらくして、ウーロン茶はチャームと一緒に出てきました。

IMG_4055
店内の雰囲気です

IMG_4054
これが噂のおでん鍋です。

まずは名刺代わりに、黒はんぺん、モツ、角揚げを頼みました。
IMG_4053
味ですか、牛スジやモツ、鰹ダシ、昆布などの旨みに黒ハンペンなどの練り物から染み出る味が加わり、長年の時を経てこの飴色になったスープは美味しいです。
練り物はそんなに東京おでんと差はありませんでした。
最盛期には黒はんぺんは、日に200枚も売れたそうです。
どうでしょう、美味しいには美味しいのですが所謂観光名所的なお店です。
そうそう今日のお値段はウーロン茶+チャーム+おでん×8本で1,400円でした。
とても良心的なお値段でした。
「しぞーかおでん」とかけて「真珠のネックレス」ととく
その心は「たまに(玉)に来たい(期待)」
お後が宜しいようで・・・・

そのあと恐竜にビックリしながら向かった先は静岡発のタルト店です。
IMG_4046
そのお店は「キル フェ ボン 静岡 」さんです。

住所: 静岡県静岡市葵区両替町2-4-15
電話:054-205-5678
定休日: 年中無休

IMG_4061
お店の外観です。

IMG_4064

IMG_4069
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
季節フルーツタルト@675
レモンのティラミス@772
コーヒー@378
です。

まずは「季節フルーツタルト」です。
IMG_4068
8種類以上のフルーツがカラフルにタルトの上を彩り、サクサクのパイ生地に乗ったカスタードクリームとの相性は絶妙ですがこれは想定内の味でした。
で〜もこれは、私のハードルが高いだけで味は普通に美味しいのです。

そして少しお腹が膨れてきたのでためらいながら頼んだのが「レモンのティラミス」です。
IMG_4070
このティラミスはそのケーキを一口頂いただけで衝撃が走りました。
とても美味しいのです。
レモンの爽やかさはいうまでもありませんが全体が最適調和しているのです。
しかも調和に加えて味はエベレストのいただきの様に極大化していて、途中からフォークが止まらなくなりました。
後半はベース部に潜んでいたレモンリキュールが味を締めます。
これはたまらない美味しさですね。

IMG_4067
お店も閑散としていたのでゆっくりと仕事を終わらせることがきました。
ウォームハートの接客も心に残りました。
静岡はおでんだけじゃないぞと上書きをして新幹線の人となったのでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ