下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ガッツ石松

練馬高野台 ビッグボーイ

今日は「Splashな一日」です。
今日は「Splashな一日」です。
ここのところ硬い話が続きましたのでたまには肩の力を抜いた話で失礼します。

1. エックスガールフレンド
元彼女1
今日の今日までこのex-girlfriend(エックスガールフレンド)をx- girlfriend(エックスガールフレンド)とエックスをmysterious(秘密の)の意味のxだと思っていました。
つまり私的にはエックスガールフレンドと言うのは秘密というか他人に会わすことができない不倫相手みたいな彼女だったのです。
しか〜し本日いつものカナダ人と話していたら意味が微妙に噛み合わないので確認してみましたところ、正しくはformer girlfriendということで元彼女とかかつての恋人という意味だったのですね。
ちなみに辞書で調べてみましたら、exはラテン語の前置詞で元の〜、以前の〜という意味だったのです。
全く知りませんでした。

2. 金満東京オリンピック
東京オリンピック
今回のオリンピックは東京都と国の負担ですが、大会が終わるとマンションに転用する選手村は民間が開発します。仮説会場はスポンサー収入などを元に大会組織委員会が作ります。東京都の施設整備費は1,500億円程度になります。
これにつきましてはすでに都が4,000億円超を積み立てているのです。
都は2006年度から4年間、都税収入から毎年1,000億円を基金に積み立て、今後はこの基金を取り崩して施設整備費などに充てるそうです。
猪瀬都知事が海外のpresentationで「銀行に預けてある」などと自慢していましたが、実際、前回の五輪招致で失敗した事で、利子などで基金残高は約100億円を超えているそうですよ。ということで現状では予算を通じて都民が追加負担を強いられることはないようです。些少であれば五輪のために身銭を切る覚悟はしていました。

3. 鈴木さん一家
IMG_6917

IMG_0176
確〜か・・・鈴木(ガッツ石松)さんの奥さんって美人だったのにと思いながら、このポスターを毎日斜(はす)に見ながら通りすぎていました。
しか〜し本日よくよく見ましたら、なな何と4人鈴木だったのですね(笑)
たしか鈴木さんって母親似でしたので納得の母親ぶりです。
ついでに鈴木さんのお墓です。栃木県粟野では観光spotになっています。
多分鈴木さんは奥様の遠い遠い親戚だと思いますので“鈴木さん”と親しく読んでいますが、TV以外で会った事はありません、ハイ。

4.両替考
両替
小銭が多い場合には最寄り駅のCVSで何かを買ったついでに小銭をお札に替えてもらっています。
今回も出張で新幹線に乗る時にわさわさと小物を買っていたら小銭がたまり、小銭入れがパンパンになりました。
従いまして一番近いCVSで飲料水を求め、そのついでに小銭をお札に替えてもらうことにしたのです。
今回のお店は有楽町のファミマさんです。
Cashierでその旨をお願いしたところ女性の店員さんから、当店は両替をしていません、といわれましたので即座に、両替というのは大きな紙幣を細かくすることですよ。今回のお願いは真逆ですので両替とはいわないと思います。さらにCVSにだったら小銭は沢山あった方がいいわけで、このような事を受けいれておけば小銭がなくなったからといって銀行に両替に行かなくてもよいのですよ。しいてはお店の為にもなります、と返しましたら、その彼女は答えに窮してfriezeしてしまいました。
これ以上言っても仕方ないので、できなければいいですよ、と言ってお店を出ました。
で〜もこれって私の説明が合っていてCVSにとってはmeritになるお願いかと思うのですがね。ちがうのでしょうか?


人馬一体(じんばいったい)という言葉があります。まるで騎手と馬が一心同体になったかのように、巧みに乗りこなすことをいいます。馬でなくともバイクも同じです。マシンと一体になってこそ、自由自在の運転が可能となるのです。そんな人馬一体の見本とも言うべき、見事すぎるバイクの運転が収められた映像が大きな話題となっています。



今日は長男が帰省しています。
たまには美味しいものでも食べるかということで奥様、長男帯同で訪れたのは「ビッグボーイ」練馬高野台店さんです。
というのも「ビッグボーイ」さんは8月31日(土)放映の「第二回ファミレス総選挙」にて新メニュー部門で栄えある一位に輝いたからです。
基本私はミーハーです・・・

住所: 東京都練馬区高野台2-5-15
電話:03-5923-7001
定休日:無休

IMG_7009

IMG_7011

IMG_7012
お店の外観です。

IMG_7024

IMG_7023
店内の雰囲気です。

IMG_7014

IMG_7015
メニューです。

今日のオーダー
私は栄えある一位に輝いた「骨付き日南どりの直火焼き+ドリンクバー」@1,258+@189=1,447円です。
奥様は第七位に輝いた「チーズINハンバーグ+ドリンクバー」@1,153+@189=1,342円です。
長男は第六位に輝いた「大俵ハンバーグ+ドリンクバー」@1,048+@189=1,237円です。

まず入店して驚いたのですが超混雑なのです。
21時近くだというのにこんなに活気のあるファミレスって見た事はありません。
ほとんどが家族連れでお父さん、お母さんはガシガシ呑んでいます。
ワインのフルボトルが1,000円ですからね、コリャ安いです。
奥様と長男もつられてグラスビールを頼みましがこれは@367円ですからちょっと高いね〜です。

ここはゼンショーグループでしょう。
個人的には小川 賢太郎社長が好きです。
社名のゼンショーも「全勝=全部勝つ」「善商=善なる商売」「禅商=善の心で行う商売」からきています。
さら〜にここの企業理念は「世界から飢餓と貧困を撲滅するために日本からフード業世界一」を目指す、ですからとても分かりやすい会社です。

IMG_7016

IMG_7019

IMG_7017
まずはサラダバーです。
サラダバーは充実しています。
葉物は4種類ほどでゆでたほうれん草やオクラ、豆やポテトサラダ、デザートのゼリー、杏仁豆腐、ムース、ライチ、ドラゴンフルーツなんかもあります。
これだけのサラダバーってフォルクスさんくらいですか・・・

IMG_7020
スープバーはコーンスープ・わかめスープと2種類あります。
どれもいい味ですよ。

IMG_7022

IMG_7021
ドリンクバーは普通ですか。

IMG_7018
カレーとライスは食べ放題です。
以外にカレーが美味しいのです。

IMG_7025
そうそうお味ですか。
私の「骨付き日南どりの直火焼き」ですが正直申して火が入りすぎです。
表面が炭化していてコゲた匂いが全てを台無しにしています。
かなり残念です。

IMG_7026

IMG_7027
奥様、長男のハンバーグはまさにストライクです。
かなりの美味しさです。
肉が良いのでしょう
私と長男のプレートには“焼き石”が用意されていますので、自分好みの焼き加減で楽しめます、この当りもうれしいところです。

個人的にはこのような“選べる楽しみ“があるお店は大好きです。
また来ようって!

それでは(^_-)

栃木市 肉のふきあげ

今日は「ガッツ伝説」の話です。 
実は私は栃木が好きです。
nativeの方とほぼ同levelでの栃木弁も話すことができます。
image[1]
あまりお笑いには興味ないのですが、好きな芸人は栃木出身のU字工事さんです。
しかし栃木といえばお笑いではないのですが?やはりガッツ石松さんでしょう。

m93-0831-101116[2]
ガッツ石松さんは、昭和24年(1949年)6月5日、栃木県上都賀郡粟野町北半田下新田の生まれ。昭和40年3月に粟野町立第二清洲中学校を卒業し、ちょうど1年後の41年3月にヨネクラジムに入門。同年12月にプロデビューを果たすが、この時、1ラウンドKOをやってのける。そして、49年4月に世界ライト級チャンピオンとなり、以後5度の防衛に成功。53年3月にプロボクシング界を引退するが、それまでの全成績は51戦31勝(うちKOは17)、14敗6引き分けとかなりよい数字である。また、生まれ故郷の粟野町栄誉賞第1号を得ている。

そしてこれからがかの有名なガッツ伝説です。
鎌倉幕府が開かれたのはいつか? という問いに対し、「よい国作ろう鎌倉幕府だから、4192年だ!」と答え、会場を騒然とさせた・・・それじゃ未来だ!
「日本の機関車は最高で何度の坂を登れる?」に「90度!」と答えた。
「日本の都道府県の中で一ケタの漢数字が使われるのは?」という問題に「九州! いや間違えた、四国だ」と解答した。(正解は三重)
「太陽はどちらから昇る?」というサービス問題に「右!」と即答した。
「ボウリングで、2回連続でストライクを出すのはダブル。では、3回連続でストライクを出すは?」に「まぐれ!」
「とんち問題です。1+9+3は?」ガッツは「12」と答える。司会者「正解は一休さんです」それに対してガッツ「なんだよ! 俺、マジメに答えちゃったよ」…それなら13だって。
「いやあこのカツラかぶってると暑いねー。江戸時代の人って大変だったんだなあ。だってこんなものを毎日かぶってたんだからなあ」
世界タイトルマッチの解説で挑戦者の気持ちを尋ねられたときのコメント 「いやぁ恐いのが半分、恐ろしいのが半分でしょうね」・・・半分ではなく同じですね
同窓会に参加したガッツは『おぉ、老けたなぁ!いくつになったんだ?』 同い年ですよ!ガッツさん!!
土木作業員のことを土曜日と木曜日しか働かない人だと思っている。
「猿とボクシングしよう」というほのぼの企画で、猿におもいっきり右フックを炸裂。
1分を100秒だと思っていた。
Jリーグを見て興奮し、「こりゃあボクシングもプロ化しなけりゃ駄目だ」と発言した。
海外ロケの番組のオープニングで、突然、アナログの腕時計を見て「熱いなー、今何度だ?」と言った。
試合中、クリンチした時に相手の耳元で「This is a pen」とささやいた。
自分とボクシングとのかかわりについて聞かれ、「ボクシングに出会ってから人生観が380度変わった」と言った。
子供の頃、貧しくてバナナを食べたことがなく、バナナを初めて見て竹と勘違い。一生懸命バナナをかんだことがある。
「Akogi」さん掲示板、「ガッツ石松伝説」より転載

これは私が粟野でtaxiに乗ったときの話。
Taxi運転手「(唐突に)粟野の町役場もどうしようもないよね!」
私「何でですか?」
Taxi運転手「鈴木(ガッツ石松)なんかに栄誉賞あげたんだから」
私「そうですか、ガッツ石松さんって栃木県の知名度あげた方じゃないんですか」
Taxi運転手「それはそうなんだけど、鈴木って奴はさぁ、字はねぇ、ひらがなしか読めないんだよね。そんな奴にさぁ、栄誉賞あげたら、粟野ってところは馬鹿を自慢してるって町ってことになるよね」
私「・・・」

IMG_0176①

IMG_0179
しかしこの墓はすごいというのか何と言うのか・・・
“しかられたお礼参りの墓参り” これって一応日本語になっていますが、この右側の文章とはあまり連関がみられませんね(笑)
ちなみにお笑いのU字工事が卒業した高校は進学校らしく、ガッツ石松さんとは基本的に脳の構造がちがうらしいですよ・・・

珍しくフリネタと紹介店が一致しました。
今日のお店は、栃木といえば直営農場の新鮮な牛肉を供することで有名な「肉のふきあげ」さんにお邪魔しました。

住所: 栃木県栃木市吹上町793-2
電話:0282-31-1022
定休日:月曜日

IMG_7270
お店の外観です。

ふきあげ
今年の4月TBSの「ぴったんこカンカン」で放映されたようです。

IMG_7274
店内の雰囲気です。

IMG_7272

IMG_7273
今日のオーダー「牛肉のスライスガーリック焼定食」@1,365です。
実はこのお店かなりの回数きています。その中でお気に入りなのがこの料理です。
スライスガーリックが柔らかジュシ―牛肉にBest matchしています。
和風調の醤油だれもパンチがあって結構です。これはどなたでも一度食べたら病みつきになる一品です、お奨めします!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ