下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

カレーラーメンチゲ

東上野 満奈多 リターンズ

今日は「車の思い出 其の貮」です。
私は車を運転するのは嫌いです。
そんな私が車の思い出を綴ってみました。
ということで今日は車に関するフリネタです。
宜しかったお付き合いください。

#月極駐車場
IMG_5484
この間、高校の同級生との飲み会で京都に行った修学旅行の話になりました。
その中で、一人の友人が京都で口を滑らせた有名な話で花が咲きました。
それは「月極(げっきょく)という会社は、大会社だよな。京都でも駐車場を経営しているじゃないか」というものです。
17歳の高校生としては致しかたないものですが、私の高校は進学校でしたので、このような無知の発言は所謂「からかわれネタ」となってしまうのです。
そして今日までその残り火は絶えず、連綿と灯され続けていたのでした。
ここで蘊蓄なのですが、月極の「極」と言う字は一定の時間や期間等条件を極める(きわめる=明かにする)言う意味なのです。
従いまして月極駐車場とは「1カ月間いくら」で貸すという意味合いの駐車場なのです。
「月決め」では期間だけしか示していない言葉になるのです。

#奥様はヤクネタ運転手
ヤクネタ
実は我が奥様も免許証はもっているのです。
免許取りたてのころ、奥様の運転で私と2歳になったばかりの長男とで鎌倉にいきました。
横浜・横須賀道路で奥様のちんたら運転に業を煮やした後続車が急な追い越しをかけ、私達の車の前に割りこんできました。まぁよくある話です。
すると奥様は、キャッと言ってから両手で目を覆い、急ブレーキを踏んだのです。
要は80kmで巡航している有料道路の話ですので、後続車がいましたなら追突されていたでしょう。
さらに恐ろしいことに両手で目を覆っているので、ハンドルから完璧に手を離しているわけですよ。
よく蛇行もせずに停止したものです。
長男は事態がわからずこの急ブレーキをキャッキャッと笑って面白がっていました。
奥様は割り込んだ車に対して大激怒しています。
私は冷汗三斗です。
奥様はしばらく興奮さめやらないので、私が運転を変わりました。
それ以来、私は奥様に運転することを封印したのです。
今このように思いだしても脇の下にジワァ〜と汗が噴き出てきます。
ちなみに「ヤクネタ」とは今では死語ですが、災厄をもたらす元凶の人間という意味であります。

#財布の一人旅
今日は奥様の実家に行く日です。
奥様の実家は距離して100km位のところにあります。  
そこで残量が少ないガソリンを給油しにいきました。
私の行きつけのガソリンスタンドはセルフ給油スタンドです。
特段経済がしっかりしているわけではありません。単に自宅から一番近いので利用しているだけです。
いつものとおり、サクサクと給油してから、自宅で待っていた奥様をピックアップして車中の人となったのです。
途中インターで小休止したのですが、ズボンの後ろポケットに入れてあった、財布がありません。
休みの日は普段使用している長財布ではなく、コンパクトな短財布を使用しています。
小さいので運転席に落ちているのだろう的な感慨でたいして気にも留めていませんでした。
酒飲時代、私は泥酔しますとよく財布をなくしていましたが、最近では停酒していますので財布をなくすことはピタリとなくなりました。
そんな思いもあったので、このインターで買った物は奥様に支払いをしてもらったのでthat’s it(それで終わり)です。

奥様の実家で義理の妹達と歓談していましたら、義理の弟が帰宅しました。
そして私の顔を見るなり、お兄さんの車のリアウィンドウになにか挟まっているよ、と言ってましたので、ついでの用事もあり、駐車場に停めてあったマイカーのところに行ったのです。
すすすると、そそこには、なななんと我が財布が挟まっているではありませんか。
私はセルフ給油する時、財布を車の屋根に置いておく癖があります。
この方が支払いするのに楽だからです。
そのように考えますと、今日も屋根の上に財布を置き、きちんとしまっておかなくてはと自分に言い聞かせていた様な気がします。
むむむこんな大事な事を忘れているとは・・・
もしかしてアルツが始まったのでしょうか。
しか〜し100kmの距離を高速で走っていたのによく落ちなかったものです。
落ちない財布ということですので、財布の中にあった紙幣約15,000円を5円玉に両替して、湯島天神で、落ちない=合格祈願のお守りにして売ろうかなと思った次第であります、ハイ。
IMG_5486


IMG_5460

IMG_5461
今日は凍てつく小糠雨ふる御徒町に出没です。
たまにはspicyなものを食べるかとお邪魔しましたのはこちらです。
今日のお店は、東上野のKorean townにある「満奈多(まんなだ)」さんです。

住所: 東京都台東区東上野2-15-8
電話:03-3837-5121
定休日:日曜日・祝日

IMG_5474
お店の外観です。

IMG_5466

IMG_5473
店内の雰囲気です。

IMG_5464
メニューです。

今日のオーダー「カレーラーメンチゲ(キムチ、白飯、マンゴープリン付)」@980円です。

IMG_5465
席に着くやいなやキムチの到着です。
ここのキムチはKorean townにある同店系列の第一物産でも求めることができます。
ここのキムチは自家製ですので化学調味料まみれのキムチとは違って味わいが深いのです。辛いけど美味しい。

IMG_5468
待つこと15分でカレーラーメンチゲの登場です。
丼ぶりがチンチンに熱せられていますので、フツフツとまるで地獄谷の「血の池地獄」みたいなアブクが湧いています。

IMG_5471
それでは実食です。
辛い、でもすごく美味しい!
何ですか、この美味しさは・・・
辛いけど美味い、美味いけど辛いという無間地獄に突入していきます。
カレースープは辛いのですが中に生卵とチーズが入っていて以外とマイルドなのです。
しか〜しそれを凌駕する激辛唐辛子が入っているので辛いのです。
乾麺の素朴で固めの味わいがこのカレースープに良く合うのです。
カプサイシンの影響で顔はすでに汗だらけですが美味しすぎて箸が止まりません。
結局一気呵成に完食ました。
ここのカレーラーメンチゲは決して裏切りません。大満足です。

IMG_5472
デザートのマンゴープリンは出色のできです。
韓国料理でこのレベルはクリビツです。
まろやかで美味しいです。イケますね。

それでは(^_-)

続 東上野 満奈多

今日は「O型男子がグッとくる殺し文句」の話です。 
実は私はO型です。
殺されるかどうか検証してみました。

◆頼りがいをアピール
頼られたい気持ちが人一倍強いO型男子。ちょっとしたことでも他の男に頼んだりすると、心底くやしがる。裏を返せば、「おねがいっ」とかわいく頼ってくる女にはコロリといく。
◆My comment
頼られるのはイイですネ、OKです。

◆向上心を褒める
頑張りを褒められると嬉しいO型男子。「そういうところ、尊敬するよ」と言えば素直に喜ぶ。しかも実りのない無駄な片想いができないO型。「オレのことを見てくれる存在」というだけで心が動くので、あなたの片想いはあっという間に報われるかも。
◆My comment
褒められることは自尊心にいい刺激ですネ、OKです。

◆寛大さにつけこむ
世話焼きなお兄さん気質のO型男子。しかも寛大な男でありたい願望が強いので、彼が機嫌を損ねたときは「許してくれる?」とベタな上目遣いが効く。これでだいたいのことは許される。
◆My comment
機嫌を損ねさせた内容によりけりですネ、これは?です。

◆一緒をアピール
乙女のハートを持っているO型男子。一緒に何かをする、というシチュエーションで恋愛モードに入りやすい。「このケーキおいしかったから、Oクンと一緒に食べようと思って買ってきた」というアピールはとっても響く。「お返しに飯おごるよ」なんて言ってきたらかなり脈ありだと思っていい。
◆My comment
こういうのは逆に鬱陶しいです、NGです。

◆周囲の評価を伝える
他人から認められたいO型男子。「みんなOクンのこと、すごいって言ってるよ」という言葉で有頂天になる。みんなという言葉を思いっきり強調しよう。彼のテンションを頻繁に上げてやると、気に入ってくれる確率も上がる。
◆My comment
有頂天傾向はふんだんにあります、OKです。

◆やさしいところを褒める
やさしさが最大の武器であるO型男子。「そういうところ、やさしいね」といわれるだけで、「オレの良さを分かってくれている!」と思っちゃう単純な思考回路。たまに「オレ、やさしいでしょ?」と強要してくる子どもっぽさをカワイイと思って大目に見るべし。
◆My comment
どうかな、そんなに単純ではありません、NGです。

◆言葉を残す
言葉を大切にするO型男子。「うまく言えないから、手紙に書いてきた」というシチュエーションだけでも酔ってくれる。わざわざ手紙を書いたというだけで、内容はともかく感動する人のよさが彼の魅力。逆に、なにげない言葉を根に持つのには要注意。
◆My comment
一番唾棄するpatternです、NGです。

◆独占欲もスパイスになる
独占欲は愛情と正比例するというのがO型男子の持論。「こんなにキレイな湖に来たの、初めて」「一度好きなヒトと来てみたかったんだ」など……必殺・初めて攻撃!! ぐらいの強調ぶりがちょうどいい。「以前にも来た?」「だれと?」と言わせない迫力のある言い方を練習しておこう。
◆My comment
歯が浮くような言葉は“勘忍やで”です、当然NGです。

◆家族と仲良くなる
家族愛が強いO型男子。彼の家族や親友とうまくやれば、結婚を意識するまでがやたら早い。「Oクンのお母さん、やさしそうだね」と、特に親兄弟は誉めちぎれ。平和主義な彼は親が賛成しない相手とは結婚したがらないので、彼に近い人物は敵に回さないのが最大のポイント。
◆My comment
家族愛は強いほうなので、OKです。

◆とにかく尽くす
尽くすことも尽くされることも愛情のバロメーターであるO型男子。尽くしてもらうことが男の勲章だという価値観は、亭主関白とされるゆえんだ。逆手にとれば「週末にごはん作ってあげたいな」という良妻アピールがなにより響く。
◆My comment
照れてしまうので、NGです。

上記が私の殺し文句に対する回答ですが、別に私の性格をdiscloseしたいわけではありません。血液型性格分析についての私の見解を述べたかったのです。
血液型性格分析は上述のようにあたりません。
日本に住んでいる外国人からよく言われるのは、なんで日本人って、外国人に血液型をやたら聞くの?です。これは彼らに言わせると、やたら初対面の人の星座を聞く母国人のpatternに似ているな、と言っています。
血液型分析はde facto standardではないのですよ。日本だけ蔓延(はびこ)る国家?都市伝説なのです。

これは以前本で読んだものの受け売りですが、ある大学の心理学のゼミで大勢の学生を集めて血液型性格分析の実験をしました。
実験の内容は性格特性の項目を多数羅列して、自分に当てはまる内容を選びなさい、というものです。
実験結果は残念ながら血液型による性格特性は統計的に証明されませんでした。
血液型には何ら性格の共通性がなかったのです。
では何故、血液型性格分析が受け入れられるのか、ですか、それは受け入れられ人の大半は血液型性格分析の多数ある内容の中から自分に当てはまる部分のみを受け入れて、それ以外はチョット違うなということで抹殺若しくは無視してしまうからなのです。
かりやすく言えば、血液型性格論は「当たっている」というより「当たっている処だけ取り込んでいる」なのですね。
したがってA型の人のOKの項目はO型の人もOKになる可能性があるわけです。
また血液型性格論ですから大概の人は自分の血液型の箇所しかみないので、仮に他の血液型の項目に自分に一致するものがあっても気がつかないのですネ。
日本人は単一民族ですから、もともと付和雷同的性格傾向にあり、この血液型性格分析が受け入れられているのは“鰯(いわし)の頭も信心”的なものなのでしょう・・・


Creepy Grudge Ghost Girl in the Mirror! 見ない方がいいと思います・・・



IMG_0550
今日は前回 絶賛した、上野のKorean townにある「満奈多」さんに家族で再訪です。
私の前回の歓喜は再現されるのでしょうか。

住所: 東京都台東区東上野2-15-8
電話:03-3837-5121
定休日:日曜日・祝日

IMG_0551
お店の外観です。

IMG_0563
店内の雰囲気です。

IMG_0533
メニューです。

IMG_0558
これは全員につくキムチです。
そうそう食事の後、奥様のrequestで同店の系列の第一物産にキムチを求めに行ったんですが、第一物産の奥さんって老けませんね。
一時期ここのキムチが好きでよく買いにいっていたのですが、その当時と奥さん変わっていません。もしかしてキムチって不老効果があったりして・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_0561
まずは私のオーダー「ヤンニョムキムチランチBOX(ライス、小鉢、スープ、キムチ、デザート付)@1,000円です。これは甘辛いタレに絡めた唐揚げです。実食してみて驚いたのは唐揚げが熱いこと熱いこと、すこし舌が火傷しそうなくらいです。でも問題はありません、熱いのは大歓迎ですから。味ですか、美味しいですね。鶏肉というのがこんなにジューシーで柔らかいのをしりませんでした。フリッター状の衣もサクサクしていて美味しいです。
甘辛タレも嫌みのない味加減で結構でした。
私的には大満足の一品でした。

IMG_0559
奥様のオーダー「石焼プルコギビビンパ(スープ、キムチ、デザート付))@1,000円です。
これは牛肉と野菜のビビンパに特性ダレをかけてイタダキます。
少しご相伴させていただいたのですが、香りがいいですね。それと牛肉がイケます、美味しいです。強い火力で焼いているので丼ぶりに固着しているオコゲもクリスピー状です。
当たり前ですがソウルで食べた石焼ビビンパと同じ味わいでした、本場の味です。

IMG_0560
長男のオーダー「カレーラーメンキムチチゲ(キムチ、ライス、デザート付9@1,000円です。長男は無言で食べ続けています。徐々に顔が紅変してきました、それと同時に汗が噴き出てきています。
彼も前回の私同様このカレーラーメンキムチチゲの無間地獄にハマってしまったようです。
この美味しさは麻薬ですか、食べ始めると勝手に箸が暴走します。辛いけど美味しい、美味しいけど辛いという連鎖リレーです。
アヒアヒ系の絶巓(ぜってん)とも言ってもよい一品です。

IMG_0562
デザートの杏仁豆腐です。
これまたKorean restaurantでは珍しいといっては失礼ですがとても上品な味わいです。
これまた美味しゅうございます。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ