下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

カルメン

中華街 福楼

今日は「カルメンを観る」です。
IMG_2815

IMG_2817

IMG_2821IMG_2820IMG_2819
出演者の皆様。 掲載許可をもらい忘れましたが掲載お許しください。
長男の友人が音楽関係者です。
たまさか本業ではないのですが、オペラ「カルメン」に演者として出るというので、奥様と観劇にいって参りました。
奥様にとってオペラは眠りを誘うものみたいで、あまり好きではないのですが、今回は幕間の前に、指揮者から次の幕の見どころの説明があり、これが高評価で最後まで飽きずに観劇ちがうか感激して観ていました。
最近、説明付のオペラはブームのようですね。
ビゼーの「カルメン」は、有名すぎるが故に通俗的な曲なのでは、と誤解されることがあるのが大変残念ですが、決してそんなことはなく、本当に美しいフランスオペラなのです。名曲がギッシリでストーリーもわかりやすいのでオペラ初心者にもお薦めですが、初心者だけではなく本当のオペラ好きにも愛される名作中の名作なのであります。
個人的には三幕がおかしいとツッコミをいれていました。
実母が死にそうなので、異母兄妹の妹ミカエラが、兄のジョゼを探しに厳寒の山に入ってくるのは理解できるのですが、町中にいる闘牛士のエスカミーリョまでがなんで同じくこの厳寒の山にあらわれるのかでしょうか、不自然さ満載です。しか〜し、これがオペラなのです。
仮にストーリーが荒唐無稽でも楽しければそれでいいのです。
きれいな歌を聞ければそれでいいのです。
イタリア人が創ったオペラです。
細かいことをあげつらう事がそもそも野暮なのであります。

新国立劇場オペラ「カルメン」ダイジェスト映像。
この「カルメン」は新国立劇場ですから!



IMG_2786

IMG_2787

IMG_2788

IMG_2789
今日は中華街に出没です。
私の中華街デビューはこの「徳記」さんです。
たしか、大学の帰りにテニサーの女子ときて、老酒(ラオチュウ)を飲み過ぎて酔って帰っただけの記憶しかありません。ここの料理は美味しかったのかしらん、と確かめに来たのですが、生憎お休みでした。

IMG_2790

IMG_2791

IMG_2810
少し中華街をぶらつき「思い出探」しをしていたらお腹がすきました。
今日のお店は、中華街の小籠包大王「福楼」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137-26
電話:045-651-2962
定休日: 無休

IMG_2795

IMG_2796
お店の外観です。

IMG_2807
店内の雰囲気です。

IMG_2802

IMG_2806
フクロウのふくちゃんは今日もお昼寝です。
もしかしてフクロウは夜行性なのでしょうか?

今日のオーダー「牛バラ飯&ヤキギョーザ」@630円です。
13時過ぎの入店でしたので店内の客はまばらでした。
しか〜し、お客の多くはふくちゃんとの記念撮影に興じていました。
IMG_2804
待つこと1分で辛みザーサイと玉子スープの到着です。
口が寂しかったので辛みザーサイを一切れ口にいれましたら、口からボッと火がでました。
なんだこの辛さは・・・

IMG_2808
待つこと13分で「牛バラ飯」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
うん、中華街のレベルではありますが、特筆する味ではありません。

IMG_2809
待つこと17分で「ヤキギョーザ」の到着です。
ずいぶんモッチャリしています。
味ですか、皮がくどいですが、餡はなかなかです。
食べ終えた感想ですが、このお店はコスパとフクロウの福ちゃんです。
財布が痩せた時にお薦めのお店です。

IMG_2811
帰り際に、長男の友人の差入で、私が中華街でいちばんお気に入りの「番餅」を求めました。
これは食べると病みつきになりますので要注意の点心であります。

それでは(^_-)

続 晴海 カルメン

今日は「ポストはなぜ赤い?」の話です。
明治4年4月20日にな新しい郵便制度ができて、初めて日本に郵便ポストができました。
創業時の郵便ポストは、「書状集箱」「集信箱」等と呼ばれていました。
書状集箱には東京、京都、大阪の3都市用と東海道宿駅の街道筋用のものとがありました。
郵便が開業してからの順調な発展に伴い、明治5年(1872)3月に東京府内往復郵便が開始され、イギリスにまねて角柱型の黒いポストが設置されました。
しかし、ポストが黒いと夕方以降、ポストが見えにくくなると評判が悪かった。
そこで、明治21年黒より目立つ赤いポストが考え出されました。
以後、郵便ポストはずっと赤いのです。
さて、どこでもポストは赤いのかというとそういうわけでもありません。
他の国のポストはどういう色なのか?
表にしてみました。
ポストの色
あと、日本にも赤くないポストがあります。
場所は銀座中央通りや、銀座2丁目にあるポストは赤くないのです。
焦げ茶色っぽい色になっています。
これは、ポストを置くなら「町並みと同じ色で」という地元商店街の要望から「特例」で置いたポストなのです。
あと、銀座並木通りにあるポストは緑色です。
これも平成2年6月「町を整然と美しく」するということによる特別措置。
地方の観光地とかには「変わり型ポスト」もよく見かけます。
これって、ちゃんと「官報」に告示されています。
本来ポストは赤い。例外である。
しかし今度あの場所に出来た焦げ茶の箱、赤くはないが、あれはれっきとした郵政省が認めたポストだよみたいな感じで。
こんな文章じゃあないけど、こんな内容のことが書かれている。
話は飛ぶけど、ポストは1本2本と数えるのだ。
「藤井みゆきWWWページ」より転載


藤井みゆきさん、ポストが赤いのは投函されたラブレターをポストが読んでいるからです、というのは私達が高校生の頃の話です・・・ラブレターそのものが死語ですね、失礼m(__)m

落語で“赤い”といえば、海老や蟹はゆでると赤くなるというが神社の鳥居はどうやって茹でるんだというオチがあります。
人間は酔っぱらうと赤くなるというが、赤ちゃんは酒も飲めないのになぜ赤くなるんだという件(くだり)は、お馴染落語の与太郎の話です。

赤は太古より血や火の色などと関連させられ、人を高揚させる色として多くの人間に認識されていました。これを利用したのが天草四郎です。
目に突き刺さる様な鮮やかな赤旗で原城の周囲を櫛比させ取り囲む幕府軍を悩ませました。

個人的には厚顔無恥なためほとんど赤面(除 鯨飲、入浴)することがなく、赤面を自由自在に使えたらクレームや賭け事の時に、どれだけ役に立つのだろうなと思って、若い頃練習したことがあります。練習結果ですか、できるわけがありません、ハイ。


記念撮影をしようとした後ろでサルが大車輪してその勢いで襲いかかってきたら。
当然撮影者は茫然としますし、撮影対象者は何が起きたのか分からず慌てふためくことでしょう。
アメリカ・テネシー州にあるメンフィス動物園の内部のカフェで撮影された動画が話題です。
ホオジロテナガザルと思われるサルがロープで大車輪をしたかと思ったら、その勢いを利用して撮影している方へ攻撃をしかけてきます。
「うしろ、うしろ!」とつっこみたくなるほど撮影対象者はその瞬間まで笑顔で立っています。
どちらにもケガはありませんでしたが、長身な男性にサルが恐怖を感じての行動だったようです。
サルの身体能力の高さもさることながら、まさか記念撮影している後ろでこんな大技を繰り広げていたなんて思ってもみないでしょうね。



今日は勝どきに出没です。
行列ができるイタリアンのお店にランチタイムを外してお邪魔しため行列なしで入れました。
今日のお店は「カルメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-8
電話:03-5144-8257
定休日: 無休

IMG_0480
お店の外観です。

IMG_0482

IMG_0483
店内の雰囲気です。

IMG_0481
ランチメニューです。

IMG_0484

IMG_0485
※下段の画像は魚眼レンズで撮影されています。
今日のオーダー「帆立とほうれん草のアーリオ」@890円です。
待つこと10分で着皿です。
見た目、美スパです。

それでは実食です。
生パスタだから熱がこもるのでしょう、すごい熱さです。
味ですか美味しいですね。とくにアーリオ(ニンニク)の香りが食欲を増進します。
ほうれん草もエグミのない良い味わいです。
味ですか、味は全般的に満足できます。とても美味しいです。
唯一の瑕瑾は帆立ですね、小さすぎて味が今一つです。
こんなに小さいのであれば、あえてmenuを変える勇気も必要ではなかったのでしょうか。
食べ進んでいくとアーリオのホッコリとした一切れがでてきました。
これはとても・すごく・たまらなく美味しいですね。
そうそうこのパスタの麺量は150gです、希望をいえば、ですよ、180gは今の価格で欲しいところであります。

それでは(^_-)

晴海 カルメン

今日は「長寿」の話です。 
人間の正常な体細胞は、だいたい50〜70回ほど分裂できるようです。「テロメア」が一定の長さ以下になると細胞分裂は止まります。「テロメア」は、そんな性質から「分裂時計」や「細胞分裂の回数券」と呼ばれるそうです。

寿命を調べる検査
「テロメア」とDNAなどを調べることにより、1年ごとの寿命がわかるそうです。テレビでは、 韓国 ソウルのグッドジーンクリニックへ被検者の血液を持参して検査を受けていました。料金は10万円とか。高いか安いかは、知りたい人の考えによりますね。

この寿命も今のような生活を続けていると、そんな寿命だろうというものです。「テロメア」がなくなるとガンになることもあるそうで、もし調べて短命とわかったら生活改善をすぐにする必要がありそうですね。

寿命が1年単位でわかってくると、生命保険はどうなるのだろうか?という疑問が浮かんできました。夫曰く、「そうなったら、保険会社がみんなの血液検査をして寿命と照らし合わせて保険料を徴収するしかないな」と。

寿命がわかる方がいいのか、わからない方が幸せなのか、進歩する世の中に気持ちの方がついていかないようです。

長寿の秘訣

長寿になるためのポイント
1.遺伝的要素
2.運動
3.食事
4.ストレス

長寿になるための食事のポイント
1.食べ過ぎない
2.酒を飲みすぎない
3.塩分をとりすぎない
4.動物性脂肪をとりすぎない
5.古くなった油脂を含むものを食べない
6.カルシウムを十分にとる
7.適量のビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをとる
8.繊維の多い野菜を食べる
9.良質のたんぱく質をきちんととる
10.腸内細菌に気をつける
11.多種類のものをバランスよく食べる
12.規則正しくとる
*食べすぎは体の中に活性酸素がたくさんできます。食べすぎによる病気には、糖尿病をはじめ、通風、心筋梗塞、高血圧、脳梗塞、脂肪肝、変形性関節炎、イビキなどがあるようです。

高齢者、速く歩けば長生きに
2011年1月9日の読売新聞によると、米ピッツバーク大学の医師らの研究で、65歳以上の男女3万4485人を調査したら、速く歩く人ほど余命が長かったそうです。

普通に歩いた時の速さは、平均で秒速0.92m(時速3.3km)でしたが、どの年齢でも秒速1m以上で歩く人は比較的長く生き、歩くのが速い人ほど余命が長かったそうです。

心肺機能や筋力が強いから速く歩けるからで、歩行速度が健康度の目安になったと考えられるようです。

歩行速度に注目すれば、高齢者の健康管理などに役立つと、研究チームは話しています。
「Tomy’s HP」さんより転載

「テロメア」とDNAなどを調べれば人間の寿命が分るのですネ。
どうなのでしょうか、人間は寿命が分らないから毎日生きていけるよう気がするのですが。
私は両親が短命でしたのであまり長生きはしないと思います。
最近体も壊れ始めてきたのでもう長いことはないのではと思います。
そろそろお酒止めましょうかしらん?


稲妻画像です、迫力ありますね。
セルビアの稲妻

稲妻

稲妻


今日は晴海トリトンに出没です。
行列のできるイタ飯屋さんがあるとか、折角きたのですから私も入店してみました。
ということで、今日のお店はこちらSoup Cafe「カルメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-8
電話:03-5144-8257
定休日: 無休

IMG_8703
お店の外観です。
お店の惹句です。
モチッとした食感が自慢の自社製生パスタを使用したパスタハウスです。晴海トリトンスクエアのオフィスビルにある当店は、平日はオフィスワーカーの方々、休日は近隣にお住いの家族連れやトリトンに来られた方で賑わっております。特に平日のお昼はOLやビジネスマンの方々でごったがえしております。客席が26席しかないため満席の時は店の外に並んでお待ちいただいている状況です。少しでも早く召しあがっていただけるよう日々努力を重ねております。また休日(土曜・日曜・祝日)にはサラダ・パスタ・ミニドリア・ソフトドリンクのお得なセットもご用意しております。パスタはもちろん、ピッツァ、前菜、ワインもご用意しておりますので晴海トリトンにお越しの時は気軽にお立ち寄りください

IMG_8699
今トリトンではCurrryFestaを開催中です。

IMG_8690
メニューです。

IMG_8702

IMG_8696

IMG_8697
今日のオーダーは「夏野菜のぺペロンチーノカレー風味」@990円です。
入店して驚いたことに26席超満員の店内に男性は私含めて3名です。
圧倒的に女性に支持されているお店です。
着いてから20分程で着皿です。
盛り付けが綺麗ですね。果たして美パスタなのか美味パスタなのか・・・
野菜がゴロゴロ入っています、トマト、オクラ、シメジ、ピーマン、ベーコン、ニンニク、エンギリです。
前フリはこの程度にして実食です。生パスタは熱すぎますね、感じとして80度近くあるのでは、でもモチっとした食感にやられてしまいました。
野菜がおいしい、特にほっこりニンニクのあまさ、焼きトマトの酸味は白眉です。
味は全体に控えめですか、素材勝負という感じです。
CurrryFesta参加作品ですのでもう少しのカレーのパンチを期待したのですが、このような味の雰囲気も良いでしょう。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ