下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

カルボナーラ

続 丸亀 ミセスKeikoの手作りケーキDEARカフェ

今日は「教師は聖職者?」です。
期待が高かった事もあり高校に入って驚いたことに授業がつまらなかった事があります。
教師たちは授業そのもの、学習内容そのものでなぜ勝負しなかったのでしょうか。
授業や科目の面白さを最大限に引き出すことになぜ力をそそがなかったのでしょうか。
さら〜に申せば、ほとんどの授業が教師の一方的なモノローグに終始していました。
それも単に教科書を読むだけという退屈なものでした。
それがどのように生徒に聞きとられているのか、あるいはいないかについて、教師たちは無関心なのか、授業中に教師と生活の活発なやりとりや、生徒の発表を聞くという場面はありませんでした。
たまに言うのは、これは受験に出るからマークしておけ、ばかりで学習内容そのものの面白さで惹きつけていこうという姿勢は感じられませんでした。
多分、高校の先生は公務員で安定しています。よほどのことをしないとクビになることはありません。
しかも、基本的に生徒から評価を受けるシステムもありません。
そのために自分が生徒にどう思われているのか生徒の反応を通してしか分かりません。
さらに、生徒の評価がよくても給料が上がるわけでもありません。
つまり、努力してもあまり報われないので教えるスキルがどうしてもレベルアップしなかったのかもしれませんね。

某目白の大学は受かったものの考えるところがあって浪人して予備校に行きました。
そこには授業のうまい先生がいて、特に社会や古典、現代文などにおもしろい授業をする先生が多かったですね。その授業を聞いただけで勉強した気になりました。
しか〜し、面白い授業がそのまま実力になることはあまりありません。
中には、面白く且つためになり、実力向上にも良い授業内容があったかもしれません。
で〜も多くの場合楽しく過ごして、それで終わり、という場合が少なくないのです。
授業を実力に変えるのは個人の努力です。
いくら楽しくても、実力にしなければ意味がありません。
いずれにしても予備校では「授業って楽しいのだ」という事を体感しました。
数学に目覚めたのも予備校で、挫折したのも予備校でした。
高校では相対的に数学はできたのですが、予備校では絶対的な評価ですので、上には上があるということをよくよく理解しました。

8851c1a0-s
日本ではいまでも教師は聖職者というステレオタイプの考えが残っています。
教師は特段社会の規範になる必要はありません。
非常に魅力的且つ面白く自分の教科を教えてくれればよいのです。
それ以外は放課後、生徒の相談にのって欲しいのです。
生徒を心底愛して欲しいのです。
ただし職業的義務では愛さないで欲しいのです。
愛は強制的義務になった瞬間に愛の効力が失せてしまうからです。
今このように高校時代を思い出しながら書いていますが、一番記憶に残っていることは、近所の居酒屋で、数学の先生と熱く色々な事を語った日々です。
「無用の用」の大切さを教えていただきました。
何で大学に行くのかも教えていただきました。
いい大学にいけば、必ずお前たちの触媒となる人間がいる、それに出会う為に難関大学を目指すのだと言われた事は今でも昨日のように思い出します。
現役の教師が高校生と居酒屋で飲むなんて今では新聞沙汰の悪行でしょう。
今は昔の話であります。


桃ちゃんが流ちょうな英語披露!



今日は丸亀に出没です。
IMG_4180
こんなにもいい天気なのに、視界不良で伊丹空港に着陸の可能性があります、との放送がありました。
どしたん高松であります。
IMG_4179
結局予定通り高松空港に到着しました。
今日のお店は「ミセスKeikoの手作りケーキDEARカフェ」丸亀店さんです。

住所: 香川県丸亀市土器町東8-538
電話:0877-58-3335

IMG_4166
お店の外観です。

IMG_4168

IMG_4176
店内の雰囲気です。

IMG_4167
メニューです。

今日のオーダー「カルボナーラ」@951円です。
パンの取り放題のコーナーができました。
IMG_4171

IMG_4170

IMG_4172
私は数あるパンの中から、ミートソースとママレードとついでにサラダも取ってきました。
うん、ケーキ屋さんのパンですからイケますね。

待つこと19分で「カルボナーラ」の到着です。
IMG_4174

IMG_4175
味ですかまずまずですがパスタの湯切りが甘かったです。
ソースがそこそこでしたのでプチ残念でした。
さら〜に申せばもう少しソースに生クリームが多ければなと思った次第です。
まぁケーキ屋さんなので仕方がないでせう・・・

それでは(^_-)

豊島園 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト リターンズ

今日は「知らなかった・・・」の話です。
たまにはお気軽にということで私の「知らなかった・・・」です。
宜しかったらお付き合いください。

#小学校5年生の時の交差点での話
友達と交差点で待っている時に交差点の向こう側で「オーイ」と手を振っているやつがいました。
すると隣にいた友達が、オーイ、▲▲!家にカバンを置いたら遊ぼうぜぃ〜、って返していたのです。
私はとても不思議に思って、手をふっているのが、何で▲▲だとわかったの、って聞いたら向こうも不思議に思ったらしく、何で???見ればわかるじゃん、とのことでした。
私は、見てもわからないじゃん、と返すと、今度は向こうが、???、なのでした。
ここで初めて私が強い近視になっていたことを理解したのです。
目は悪かったので小学校の席は一番前の方ではあったのですが、ここまで目が悪くなっているとは知らなかったのです。
そうか健常者の視力だと交差点の向こうの人間の顔がクッキリ、ハッキリと見えるんだなと思った小学校5年生の春の話でした。

#センターリーグとは・・・
これは小学校六年生の時の話です。
友達に、昨日の巨人阪神戦見た、って話をしていて、今年のセリーグって、一位から三位まで団子状態になってペナント争いしているから、試合見ていても面白いよね、って言って独り盛り上がりしていました。
さらに、この間お父さんと新聞屋さんからもらった招待券でロッテ対南海戦を東京スタジアム(南千住)に見に行ったんだけれど入場者はほとんどいなかったよ。しかもかなり寒かったんでスタンドでたき火している人がいたんだぜ。
やはりパリーグは人気のセンターリーグとはちがうよね、と言って生の野球を見たことをプチ自慢していたのです。
すると友達は、今人気の何リーグって、言ったのって聞かれたので、センターリーグだよ。よく言うじゃない。人気のセ、実力のパのセンターリーグだよ、って言うと、恥ずかしいな▲▲(私のこと)、それを言うのなら人気のセントラルリーグって言うんだよ、と大笑いされました。
その嘲笑で逆ギレした私は、そんなのどっちだって縮めればセリーグじゃない。そんな人の揚げ足ばかりとっていると大人になっても偉くなれないぞ、とムキになって友達に言いかえしていたのですが、世の中にはそういう擦り込みってありますよね(苦笑い)
と言って本人苦笑いしていますが、実は本当に知らなかったのです。
さらにコクるとパリーグの正しい呼び方も知らなかったのです・・・

#最強の判じ物
「春夏冬二升五合」
居酒屋でときどき目にする貼紙の言葉ですね、「商いますます繁盛」と読みます。
「春夏冬」で「秋がない=商い」、「二升」で「升升=ますます」、「五合」で「半升=繁盛」ということです。
なかなかしゃれていますよね。

商売繁盛
さらにその上をいくのがこれ「一斗二升五合」です。
これは「ご商売益々繁盛」と読みます。
一斗が五升の倍なので「五升倍=ご商売 」で、「升升=ますます」、「五合」で「半升=繁盛」
と読みます。

升
それに加えて居酒屋でよくみかけるのが「▲▲あります」ですが、この「ます」の箇所を平仮名でなく四角に斜め線をいれて「ます」を表しているような表記がありますよね。
これは洒落に加えて、「枡」は「増す」につながり目出度いものとか縁起物の意味があるのではないかと思っていますが、違いますかね?
そして居酒屋の判じ物で最強がこれ「イカ○」です。
実はこれってしばらく読めずにいたのです。
このように横書きだからまだわかるのですが、実際の居酒屋での貼紙では縦書きでしかも○が細長い楕円形になっているのですよ。
こうなるとちょっと読解不能だと思います。
というか○なら○って正しく丸く書いてよ、と突っこみたいところでありますが、この正しい読み方は「いかまる」です。
要は烏賊の丸焼きですが、理解するのに苦労しました、ハイ。
と本人さらっと苦労したと言っていますが、実は本当に読み方を知らなかったのです。


RIDICULOUSLY amazing - make sure you watch to the end to see the finale!



今日は奥様が今勤めている会社を辞めるので周辺整理を手伝わされました。
そんなこんなでお昼は美味しいイタリアンとなったのです。
無聊をかこつていた次男もjoinして向かった美味しいイタリアンのお店は豊島園の超有名店「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」(Pizzeria da Aoki tappost)さんです。

住所:: 東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園 1F
TEL:03-5999-3988
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_4724
お店の外観です。

IMG_4726

IMG_4728

IMG_4729
店内の雰囲気です。

IMG_4725

IMG_4727

IMG_4740
メニューです。

今日のオーダー
「ジンガラランチ(しめじ&エンリギのオイルソテー&パルマ産生ハム)」@850円
「パスタランチ(白菜とベーコンのカルボナーラ)+パスタ大盛」@1,250+@150=1,400円
「パスタランチ(シラスと菜花のアーリオ・エ・オーリオスパゲッテーニ)+パスタ大盛」@1,250+@150=1,400円
です。
これに
ドルチェ(ティラミス)@390円(ランチタイムは安い)
ドルチェ(トルタアルチョコラ―タ)@390円(ランチタイムは安い)
を三人でshareしていただきました。

IMG_4730

IMG_4732
待つこと15分で「ジンガラランチ(しめじ&エンリギのオイルソテー&パルマ産生ハム)」の到着です。
ジンガラとは、もともとはイタリア語でジプシーという意味なんだそうです。
ピザ生地を使ったサンドイッチと思っていただけたら宜しいでしょうか。
始めてジンガラを頂いたのですが、作る人の人柄(じんがら)が表れていて美味しいのです。
ちょっとlightな感じではありますがパルマ産生ハムが味を引き締めています。
これはイケます。

IMG_4733
待つこと17分で「パスタランチ(白菜とベーコンのカルボナーラ)+パスタ大盛」の到着です。
カルボナーラは私の好きなクドクナイ系です。卵黄のからませ方がお見事ですね。
Black pepper(カルボ=炭を表現)も程良いアクセントになっています。
ウンこれは美味しいです。

IMG_4735
白眉は豚タンです。なん〜てホロホロしているのでしょう。
しかも隠し味に辛味を忍ばせています。
デミグラベースのソースとホロホロのタンが口内でトロケます。
これってとても美味しい〜!

IMG_4736
イタリア風オムレツです。
イタリアではフリッタータと言います。
冷めてもおしいとされていますがやはりオムレツは作りたてでしょう。
でも美味しく頂きました。

IMG_4737

IMG_4738
待つこと19分で「シラスと菜花のアーリオ・エ・オーリオスパゲッテーニ+パスタ大盛」の到着です。
菜花にエグミがなくて美味しいのです。アーリオ(ニンニク)が全体の香りづけとなって馥郁たる香りが漂っています。
春らしい一品に仕上がっていて、とてもて美味しくいただきました。

IMG_4742
ドルチェ(ティラミス)です。
これは青木ownerが直々に作っていただきました。
でもこれってマスカルポーネチーズもそうですが全体にライトに仕上がっています。
やはりティラミスは濃厚でトロケル甘さでしょう。
これではティラミス(私をハイにしての意味)にはなれません。
ちょっと残念な一品でした。

IMG_4743
ドルチェ(トルタアルチョコラ―タ)です。
これは何の変哲もないチョコレートケーキです。
特段のコメントはありません。
た〜だティラミスもトルタアルチョコラ―タも特段のimpactがありません。
このお店のドルチェって以前はもう少し美味しかったのに、というのが正直な感想です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ