下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

カルディ

続 神田 ポンチ軒

今日は「男に生まれてよかった」の話です
hon_karudeikohifuamu_main
私は実はカフェイン中毒であります。
このようにブログを書いている時には珈琲カップは手放せません。

4515996019104
飲む珈琲はカルディさんのイタリアンローストだけです。
これしか飲みません。
いつものようにイタリアンローストの残りが少なくなってきたのでカルディさんに補充の珈琲を求めに行きました。
この日は店内が込んでいて約10人前後の長〜い行列ができていました。
なぜかこの日は行列が進みません。
しばらくするとその理由がわかりました。
二つのレジの内の一つのレジの店員さんがレジで出納の結果を確認する為にお札を一所懸命に数えているのです。私は何もこのような長蛇の行列ができているのにお金の勘定なんか後でやればいいのにとは思いましたが、私は特段急いでいないので店内にある雑貨を眺めていました。
すると目の前のオジがしきりに時計をみています。
すると彼のスマホには奥様から催促の電話が入ってきました。
彼は、今、カルディ超混んでいるんだからもう少し待ってよ、とブツブツ言いながら答えていました。
それを受けて私はレジの方を見やると、くだんのお姉さんはまだ一心不乱にお札を数えていました。
前のオジの身体は怒りで小刻み震えています。
このままだと絶対に何か起こるなと私は思ったのです。
それから数分後にくだんのオジが、こんなに長い行列ができているのに、なんで金勘定をしているんだ、と怒髪天を衝く勢いの大音声をあげたのです。
えっ、と言って私が後ろを振り向くと私の後ろにはさら〜に10人もの行列ができていました。
出納をやっていた女性はよほど集中していたのでしょうか、彼女にはこの大音響の怒声は耳に入らなかったようです。するとこのオジは鬼ギレとなり列から抜けて彼女の前に立ち、☆▼ЖЦ☆▼Ж▲!のような文字化できな最低最悪の怒声のツブテを彼女に投げつけたのです。
すると彼女は、私はお店に入ってまだ日が浅いのですが、今日、店長から始めて出納をまかされたので集中しすぎてしまいました、と謝りもせず自己弁護を始めたのです。
するとこのオジの炎上は極大化してしまいました。
この後の愁嘆場は恐ろしすぎて筆舌に尽くせません。
本来ならこの指示をした店長が土下座くらいして彼女の窮地をすくうべきなのですが、店長は現れずとても可哀想な結末となりました。
ここで私が思ったのは・・・
彼女の隣でレジをやっていた年輩の女性なのですが、なんでこんなにも長い行列ができているのに彼女に注意をしなかったのでしょうかという事です。
それがあればこんな悲しい出来事は彼女に振りかからなかったと思います。
家に帰ってこの顛末を奥様にご注進しますとさらりとヒトコト、それが女性です、と一刀両断にしました。
オノコに生まれて良かったなと強く思った次第であります・・・


ハートカクテル vol.53 夜行列車



IMG_3016
今日は神田に出没です。
今日のお店は美味しい「とんかつ屋」さんです。
今日のお店は「ポンチ軒」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-8 扇ビル1F
電話番号:03-3293-2110
定休日:日曜日、第3月曜日

IMG_3018
お店の外観です。

IMG_3020
店内の雰囲気です。

IMG_3017
メニューです。

今日のオーダー「上ロース豚かつ定食」@1,500円です。

IMG_3021
待つこと5分でご飯と豚汁が到着しました。
ご飯が輝いていますね。

IMG_3022
時間差で「上ロース豚かつ定食」の到着です。
見た目カラッと揚っています。

IMG_3024
それでは実食です。
まずはこのお店のキムチをご飯にのせていただきます。
このキムチの辛さ・つかり具合最高です。
これだけでも満足です。

IMG_3025
続きまして豚かつです。

IMG_3027
まずはこのお店の一押しの「太陽ソース」でいただきました。
玉葱の甘さですか後味が残るソースです。
これはソース勝ちで豚カツ負けですね。
次に「豚カツソース」で頂きました。
これはしっくりしました。
この豚カツにはこのソースが合いますね。
美味しいです。
豚かつからはかなりの甘さをいただきました。
肉熟成のなせる技若しくは揚げの技術でしょうか。
ここの豚かつはかなりのレベルです。
これで@1,500はコスパ良いですね。

それでは(^_-)

大泉学園 スピガ

今日は英会話の後奥様と大泉学園で待ちあせです。
なにやら大泉学園に美味しいイタメシ屋さんがあるというので連れてってもらいました。

今日のお店は大泉学園「スピガ」です。
スピガエントランス



住所: 東京都練馬区東大泉5-43-1大泉学園ゆめりあフェンテ2F
電話:03-5387-3367
定休日:無休

お店の名前の「スピガ」はイタリア語で「小麦粉」です。
このお店は、デュラム・セモリナ100%の小麦本来の味を楽しむ事ができる"生パスタ"が自慢のイタリアンレストランです。

今日の獲物、私はスピガオリジナルの「石焼カルボナーラ」@1,050です。
この食べ物を説明しましょう、まあ分かりやすくいえば石焼ビビンパのスパゲッティ版です。ここからはパチリでフォローさせていただきます。
カルボナーラ
まず土鍋に入ったグラグラに沸騰したスープスパが出てきます。


カルボナーラ
これに黄身と生クリームをホイップしたものを混ぜ合わせます。

カルボナーラ
トロミがついてきたようですね。

カルボナーラ
私はもう少しトロミがほしかったのでさらに継ぎ足してトロミの濃度を整えます。味ですか、これは美味しい。程よい塩加減のチーズ味スープの中でスパゲッティが口の中で踊ります。チーズと黄身の風味がトロミの中でネジレマス。付け合せのベーコンも絶妙なアクセントとなっています。カルボナーラ好きにはタマリマセン。結構なお味でした

ソーセージトマトソース
これは奥様が注文した「秋茄子とイベリコ豚のソーセージトマトソース」@1,050です。これはイベリコ豚のソーセージがプリプリしてイケました。トマトソースも程よく舌にからみ安定した味です。これもイケました

KALDI

練馬区の外国人の方々が母国の食材を求めにくる、おなじくゆめりあフェンテ内にあるグロサッリーショップ「KALDI」です。ちなみに私の英会話の先生方は皆ここに、故郷の食材を求めに来ています。

KALDI商品

ここは何でもありますネ。インド、中国、フィリッピン、韓国、タイ、インドネシア、インド等ほとんどの食材がおいてあります。日本に移住してきた外国の方々には重宝がられていると思います。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ