下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

カフェ&レストラン談話室

続 日暮里 カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー

今日は「償い」です。
5年に一回の免許更新の講習でこの曲を知りました。

この歌はさだまさしさんの「償い」という曲ですが転載禁止でしたのでpotera555さんのカバー曲を貼り付けました。
実はこの曲を聞いて心が揺さぶられました。
正直申して涙が止まりませんでした。
免許更新の講習に来て泣くというのも変な話ですがこの曲は名曲です。

ネット上のbesojososonさんによりますと、多分この曲を聴いた人のほとんどは、さだまさしさんが加害者の知り合いだったと思うでしょう。この歌詞が加害者の友人の目線として語られるからです。
でも実際は被害者の奥さんとさださんが知り合いだったということで、この話は被害者側から知った事実なんですよ。でもこの曲は加害者の友人側の視点として語られています。
それは、加害者も被害者も同じく不幸になってしまうということを語っているのだと思います、という事でした。

Tugunai-01
社会人になりたての頃、良く晴れたうららかな春の日に、とある街角で自転車に乗った学生を女性が運転する自動車が跳ね飛ばした事故を目撃しました。
起こるべくして起きた事故です。
過失判定で申せば学生の方の分が悪いと思って見ていました。
ガシャ〜ンという大音響と共に大きく跳ね飛ばされた学生は二度の小刻みなバウンドを経て地面に叩きつけられ、それからピクリとも動きませんでした。
そこに路肩に車を慌てて止めた女性が、年の頃なら30歳前後でしょうか、その学生の傍らにすっ飛んできました。
そして意識のない学生に対して泣きながら抱き起して、あなたもこんな事故で死んだら無念でしょうが、私だってこれから結婚するのよ。勝手に死なないで。お願いだから生きかえってよ。お願いだから生きかえって、と強く揺さぶって哀願していました。
そして、救急車の番号が思い出せません。誰か救急車を呼んでください、事故を取り巻きく人たちに助けを求めていました。完璧に錯乱状態です。この一部始終を見ていた私は悪夢だと思いました。
今このように思い返しても心が暗くなります。
晴れ上がった空がのしかかってくるこのような惨劇は決して起こしてはなりません。
交通安全は誰でも簡単にできることです。
「あせってる 今があなたの 赤信号」という交通標語を持ってこのフリネタを締めさせていただきます。


感動したワン!



IMG_5968

IMG_5969
今日は夜のとばりが降りた日暮里に出没です。
今日のお店は「カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー」さんです。

住所: 東京都荒川区西日暮里2-19-4 ニュートーキョービル2F
電話:03-3803-3707
定休日: 無休

IMG_5971

IMG_5980
お店の外観です。

IMG_5974
店内の雰囲気です。

IMG_5973
メニューです。

今日のオーダー「特性ドライカレー&粗挽きソーセージ&目玉焼き」@930円です。
いつ来ても混み込みのお店です。
圧倒的に中年をはるか通り越した女性客が多いです。
そうか店名に「カフェ&レストラン談話室」というワーディングがついていましたものね。
IMG_5977
待つこと13分で「特性ドライカレー&粗挽きソーセージ&目玉焼き」の到着です。
見た目美味しそうです。
特別に頼んだ大盛福神漬けの赤が際立っています。

IMG_5979
ドライカレーはターメリックライスにカレールーをのっけたものですね。
下町なら炒めたドライカレーでしょう。
それでは実食です。
味はまずまずですがカレールーに違和感を感じます。
で〜も大好きな粗挽きソーセージと半熟玉子焼きがあるので満足です。
加えて大量の福神漬けがありますので予定調和マックスです。
ご機嫌な夕食でした。

それでは(^_-)

日暮里 カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー

今日は「家系図を読む」です。
13320339_org
ある必然性にかられて我が家の家系図をじっくりと読むことになりました。
我が一党はなかなかたいしたもので、私の姻戚にはりそな銀行の重役や、某有名私大の常務理事等がいるのですが、実はそれくらいで後はたいしたことがありません。
亡き父は横須賀海軍兵学校では3,000人中3番で卒業したという事でしたが、長じて同学校をまぎれもなく主席で卒業した父の友人に聞きましたら、そこまでの成績を取ったことは記憶していないが、まあいつも上位にいたよ、との事でした。
しか〜し親戚には学業より頭の回転の良い人が多かったのです。
亡き父も頭の回転は良かったのですが、私の弟の切れ味も中々のもので、その弟に最近性格がよく似てきた、私の次男も親馬鹿ですが、頭の回転はかなりのもので類をみません。

閑話休題
祖先は桓武天皇の第二皇子で786年に生まれた嵯峨天皇です。
当初はそんなの関ケ原の戦いで負けた西軍方の浪人が職を得る猟官活動の為に家系図を捏造した事例と同じで、我が一党の家系図も捏造したものだと思っていました。
しか〜し今回見直しましたら我が家系図は時系列的な矛盾なくつながっており、祖先が嵯峨天皇だといういのは信じていいような気分になりました。
そもそも我が祖先は関ケ原の戦いでは徳川方だったので家系図を捏造する必要がなかったのであります。
我が一党の始祖は嵯峨源氏の源融(ミナモトノトオル)です。
そこから連綿と武士をしていて、20代が徳川家康とともに関ケ原の戦いに参戦して戦死しました。
しか〜しそこで大武勲を立てたので、その子供は新地三千石をもらっております。
この論功行賞を現在の貨幣価値に直しますと、約60百万円になります。
加えて名刀一振りと苗字をもらったのです。
家系図には「値(アタイ=21代)をして亡父(△△=20代)の名△△を以って苗字とし永くその忠孝を子孫に伝えしむ」と書かれており、爾来非常に書きにくく且つ難解な苗字と相成った次第です。
前述のとおりそもそも苗字ではなく名前ですからね。それまでは愛知県の名古屋の脇にある西條の領主だったことから苗字は西條でしたのでとてもシンプルだったのです。
しか〜し武家が生業だったので仕方ないのですが、嵯峨源氏の源融(ミナモトノトオル)から関ケ原の戦いまで18代に亘るのですが、18代中7代というように祖先の約4割が戦死しており、武家家業も決して楽ではないのだな、強く思った次第であります。
どうなのでしょうか、サムライビジネスは場合によっては死も必定との事ですが、我が祖先が死を引き換えにして血統を守ったという歴然とした事実には頭が下がりました。
私は当家の42代目になるのですが、子供もいる事ですので連綿とこの勇猛果敢な血筋を絶やさないで欲しいと、子供たちに願うばかりです。
最後に11代目の渉(ワタル)は「無双美男・文武達者」という、今でいうジャニーズ事務所で活躍しながら東大に在籍し且つリオオリンピックに出るような人でしたが、残念かなその血はつながらなかったようであります・・・


Sky Magic Live at Mt fuji



IMG_4026
今日は日暮里に出没です。
IMG_4031
「下町の味」というメニューに魅かれて入店しました。
今日のお店は「カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー」さんです。

住所: 東京都荒川区西日暮里2-19-4 ニュートーキョービル2F
電話:03-3803-3707
定休日: 無休

IMG_4028

IMG_4030

IMG_4037
お店の外観です。

IMG_4034
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「大エビフライ&豚肉のスタミナ焼き+珈琲」@980+@100=1,080円です。
入店してクリビツです。
ほぼほぼ満席です。
しかもほとんどが年輩の女性客です。
それもあって談話室なのでしょう。
ちょっと耳をダンボにして年輩の女性のお話を聞いていますと、半分以上がご主人の病気自慢?でした。
普通逆ではないかと思いますが、そんな自虐ネタを話してなにが面白いのかしらんと思ってしまいました。

待つこと9分で「大エビフライ&豚肉のスタミナ焼き」の到着です。
IMG_4035
見た目こんもりしています。

それでは実食です。
IMG_4036
豚肉のスタミナ焼きは意外にスパイシーです。
まずまずかなです。
大エビフライはニュートーキョーのフライヤーで揚げていますので不味いわけがありません。
どこが「下町の味」なのかなと熟考しましたがちょっとわかりませんでした。
強いていえば味が濃いところでしょうか。
で〜もこれで980円ならまずまずかなです。
仕事をするにはいいお店ですね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ