今日は築地に出没です。
よって今日は築地場内です。たまには勝どき門からの入場を止めて、波除(なみよけ)神社からの入場です。見かけによらず信心深いので波除神社でお参りをしてからのお昼ごはんです。
二つの獅子がお出迎えです。

まずは雄の天井大獅子です
やじ満1
江戸時代、厄除・災難除の象徴として多くの参詣者を集め又当神社祭礼「つきじ獅子祭」の名称の元をもなした「厄除天井大獅子」は江戸末期に焼失以来その復興を待たれておりましたが、平成二年に神社の御鎮座330年を記念し、樹齢約三千年の黒檜(ねず)の原木を用いて高さ2,4m幅3,3m重さ1t往時に勝るとも 劣らぬ 名実共に日本一の厄除天井大獅子として、加賀鶴木の現代の名工・知田清雲氏とその工房の手により再興され、神楽殿を基礎より全面改築された獅子殿に納められたものです

次に雌のお歯黒獅子です。
やじ満2
学芸の才能と豊かな財をなす福徳の神「市杵島姫命いちきしまひめのみこと」をお祀りこの御祭神を俗に弁財天と称することから弁財天社と呼ばれています。社の中に収められております「お歯黒獅子」は江戸時代に東都名物で在りました雌の大獅子を祭礼で担ぐ様に高さ一尺の台座を含め高さ2,2m 両耳幅2,5m 総重量 700kg 総漆塗り一木造で、木彫・加賀獅子頭の名工の流れをくむ現代屈指の彫刻師・知田清雲氏とそれを支えた熟達の加賀の職人達の技により、紅色の肌地にお 歯黒を施し金箔押しの巻き毛で腰高の姿に平成十四年再興され、この雌を表す頭の宝珠の中に弁財天・市杵島姫命の御神像が収められております。

今日の獲物は決め打ちで「高はし」のふっくらとした「あなご丼」@1,100にしたかったのですが
やじ満3


来てみたら既に売り切れやじ満4


他に何かないのかなとおもいお店の扉に張ってあるお品書きを見ますと、一番安いので「銚子地きんめ煮」@1,800です(笑)
やじ満5
一応B級グルメのブログなので仕方なく「高はし」は断念しました。

よってお隣の「やじ満」にしました。
やじ満6


住所: 東京都 中央区築地5-2-1 築地卸売市場8号館
電話:03-3541-0729
定休日:日曜・祝日・休市日(主に第2・4水)

今日の獲物は「カキラーメン」@950です。
やじ満7


実は何を食べるのか色々悩んだのです・・・アサリラーメンが美味しそうだったし、隣のお嬢さんが頼んだニララーメン麺少なめホワイト、ワンタン入りを真似して頼みたかったのですが、しかしどんなラーメンなのか皆目検討もつかず次回にと見送ったのでした。
やじ満8
カキラーメンは大ぶりのカキをソテーしたもの、大量の香り高いニラ、しゃきしゃきの筍、そして白湯(パイタン)スープ、細麺の組合せです。


やじ満9
味ですかとても美味しいhappy01

しかし残念なのはカキが磯臭かったのですこのカキが海のミルクのような味でしたら完璧だったのでしょうね。でも決して不味くはなく・・・いけるのですよ。
やじ満10



今度はお隣のお嬢さんがたのんでいたニララーメン麺少なめホワイトワンタン入にしましょうか、これなら間違いないでしょう。
最後にこの判じ物のメニューの翻訳ですが、ニララーメンって本当は醤油味ですがこの常連は敢えて塩味にしたので→ホワイト、麺少なめはそのままの通り、ワンタンはトッピングで6個260円のものが選べるのでそれが入っているって感じですネ。

それでは(^_-)