下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

オロナミンC

梅田 釜たけうどん

今日は「オロナミンC物語」です。
オロナミンC
はじめてオロナミンCを飲んだのは正確には覚えていませんが、多分小学校低学年だった頃、父と一緒に銭湯に行ったときに大懇願して買ってもらったように記憶しています。
確か1本@120円だったので、下町っ子としましては高額飲料水だったように記憶しています。
従いましてまるで大人が高級ブランデーをチビリチビリ的に飲むような感じで味わって飲んでいました。
父からは、体にいいんだから、残してはならんぞ、とダメ出しされたのは言うまでもありません。
感想としては同類の養命酒よりは美味しいと思いましたが、自分の財布では買わないぞ、と決めたように覚えています。

オロナミンCのコマーシャルと言えば「ママ編」が有ったように記憶しています。
「ママは美容にオロナミン」と子供の声がかぶさる画面の中、風呂場からバスタオルを巻いただけの姿で出てきて、冷蔵庫を開けて微笑みながら飲んでいました。
ちなみに我が亡くなった母は、夏場はお風呂から上がりますと上半身はむき出しでしたので、子供心にオロナミンCのような高額飲料水を冷蔵庫においてある家庭はまことに上品だなぁと思っていました。
オロナミンCのくだんの母親は、今このように思いかえしますと、当時としてはずいぶんエロかったのではないでしょうか・・・

オロナミンCのコマーシャルといえばこれです。
僕は卵をいれてオロナミンセーキ、です。
実はこのCMをみるまで△△セーキという飲み方を知りませんでした。
さっそく貯金をはたいてオロナミンCを求めてCMの通りに作ってみました。
たしかに黄身がオロナミンCを優しく包んでいるような感じがしました。
飲んでいる内に心が落ち着くような感じもあり美味しかったです。
これは当時の下町っ子としましては画期的な飲み物でした。


私が新規事業の責任者をしていたころ、リクルート主催のマーケティングのセミナーに出席しました。
そこではアサヒの「スーパードライ」を初めてとした各著名企業の商品戦略をコトラーの4Pすなわち、製品(product)、価格(price)、流通(place)、プロモーション(promotion)を用いて説明していました。その中でオロC(オロナミンC)のくだりになりまして、オロCの戦略というのは、日本全国どこに行っても飲める、という事でした。
そういわれてみればひなびた温泉に行っても、日本最高峰の富士山にいっても、たしかにオロCはありました。
講師は、大塚製薬の社員はこの戦略の遂行のために、日本全国の飲料水をおいてある店に行って、頭を下げてオロCを置いてもらうようお願いしていたのです、と熱く語っていました。
個人的には商品戦略の何たるかを垣間見たような気分になったものです。


日本でやったらどうでしょう?



IMG_8183
今日は大阪に出没です。
美味しいランチを食べようと出向いた先は、新梅田食堂街にある「きじ」さんでしたがまだ11時40分だというのに大行列ができており断念しました。
そこでいつも気なっていた行列のうどん屋「釜たけうどん」さんに切り替えました。
今日の行列は4人程度したので入ることにしました。

住所: 大阪府大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街
電話:06-6363-7746
定休日: 無休

IMG_8181
お店の外観です。

IMG_8180
メニューです。

ここのおススメは「ちく玉天ぶっかけ」ですが、私はちくわ天麩羅が嫌いなので、もちろんご馳走してくれるのなら食べられますが、自分の財布では求めない主義なのです。
そういう意味あいの嫌いなのです。
そこで大阪にくれば「牛肉」という事で「肉ぶっかけ(アツ盛り)」@1,000円にしました。

IMG_8176
待つこと10分で「肉ぶっかけ(アツ盛り)」の到着です。
私は個人客なのでカウンターに座らせられたのですが、目の前の配膳担当のお兄さん、この世の中のすべての不満をあたかもブラックホールのように吸い込んだような相貌をしており、見ているだけでイライラしてきました。
接客業なので「満面の笑み」とまでは申しませんがもう少し気配っていただきたいものです。

IMG_8177
それでは実食です。
まず目玉の牛肉ですが、冷蔵庫の凍った牛肉をビニール袋からだしてアルミの雪平鍋の中に無造作に放り込んで湯戻していたのを見てしまいましたので食欲半減です。
要は所謂できあいなのねと思ってしまったのです。
天麩羅のしめじ天は良く揚がっていて美味しかったです。

IMG_8178
玉子天麩羅は好物なので美味しいです。
トロトロにトケルあたりも高評価です。

肝心のうどんはエッヂがたっておらず自己主張なしみたいな感じで好みではありません。
うどんつゆはお店のおすすめで檸檬を絞って入れましたら味がたってしまい残念な味わいになってしまいました。
このあたりは好き好きですが。
これで@1,000円ですか、コスパ「悪し」ですね。
新梅田食道街の中ではコスパ「悪し」の上位に入るのではないでしょうか。

それでは(^_-)

大泉学園 伝堂 リターンズ

今日は「マーケッテイング」の話です。 
普段何気なく見ているドリンク剤のCMにも、多くの規制があることをご存じでしょうか。国や自治体の法律、条例などの在り方に鋭くメスを入れる話題の新刊『「規制」を変えれば電気も足りる』(小学館101新書)を上梓した元経産省キャリア官僚の原英史氏(現・政策工房社長)が、身近な生活の中に潜む細かな「規制」について解説しています。

いつも何気なく見ているテレビ。実は規制と無縁ではない。むしろ規制だらけの世界だと言っていい。
例えばお馴染みのテレビCMを考えてみよう。足場のない断崖絶壁を2人の男性が登っている。一人が手を滑らせて落ちそうになると、もう一人が手を差し出し、「ファイト〜」「一発!」の掛け声でピンチを脱出する。崖を登り切った2人がドリンクをグイッと飲み干す。大正製薬の栄養ドリンク「リポビタンD」のCMだ。

さて、このCM、落ち着いて考えるとちょっと不思議な気がしないだろうか。
サラリーマンの場合、残業や大仕事の前、気合を入れるためにドリンクを飲む人も多いはず。CMでも、崖を登る前に飲んでおけばいいのではないか……
ところが、なぜかいつも、ドリンクを飲むのはピンチを脱出した「後」。これは規制があるからだ。

リポビタンDは指定医薬部外品だが、薬事法ではその広告について「誇大広告をしてはいけません」とある(66条1項)。さらに、「医薬品等適正広告基準」(昭和55年厚生省薬務局長通知)という「通達」があって、「承認を受けている効能効果以外を謳ってはならない」ともある。
 
リポビタンDの場合、効能は「疲労回復、滋養強壮」で、「疲労の予防」は含まれない。CMで「疲れる前にあらかじめドリンクを飲む→手を滑らせずに元気に崖を登り切る」という流れにすると、「効能効果の範囲」を超えた“誇大広告”になってしまう(日本OTC医薬品協会の説明による)。
 
だから、ドリンクは「ピンチ脱出後」に飲んでいるのだ。

「NEWSポストセブン」より転載
そうだったのか、知りませんでしたネ。

大学の時のマーケティングの授業で学んだ話です。
大塚製薬さんの商品で「オロナミンC」というメガヒット元い、テラヒットのものがあります
リポビタンDは、「ファイト一発」で象徴されるとおり、多種ビタミンとタウリン1g配合で疲れに効きます。
オロナミンCは、ビタミンBとC配合で、炭酸が入っており飲みやすくCMでは「おいしい」が売り文句でした。
したがってリポビタンDは、医薬部外品であり、薬品店でしか扱えません。ところがオロナミンCは、清涼飲料水であり、何処でも扱えます。

マーケティング手法は、Product(商品)、Price(価格)、Place(流通・売り場)、Promotion(広告・販促)、いわゆる4Pの観点で考えるものです。わかりやすく言うと、「何をいくらで、どこでどう、アピールして売るか」ということですか。
大塚製薬さんはこの4Pのなかでどこでも扱えるという点に着目して、4PのPlace(流通・売り場)を重視しました。
そのため大塚製薬の営業マンは日本全国をドブ板営業をしてオロナミンCが置けるありとあらゆる所に出向きオロナミンCを置いてもらったのです。
結果人里離れた山奥の鄙(ひな)びた温泉にもオロナミンCはありますし、多分富士山の頂上にもあると思います。私達下町では銭湯には必ずラムネと一緒にオロナミンCはおいてありましたしね。
ということでオロナミンCはまさに“人口に膾炙した”商品となりテラヒット商品となったのです。

今日は大泉学園に出没です。
大泉学園にある「日本の植物学の父」とわれた牧野富太郎先生の牧野庭園がrenewalしたというので行ってまいりました。
以前は牧野富太郎先生の旧家があったのですが、現在それは撤去され展示館として再生されました。

IMG_9006

IMG_8998

IMG_9005
庭園の雰囲気です。

IMG_9000
牧野富太郎先生が20歳の時の画像です。

IMG_9004
牧野富太郎先生が88歳の誕生日の時の画像です。

IMG_9001
展示館の中の雰囲気です。

ということで今日のお店は大泉学園の「伝堂ラーメン」さんです。
久々ですね、ラーメン食べるのは、ここのところ暑かったですからね。

住所: 東京都練馬区東大泉3-16-8
電話:03-3925-0724
定休日:月曜日

IMG_8992
お店の外観です。

IMG_8993
メニューです。

IMG_8996
本当はこのガッツリラーメンを頼みたかったのですが、見た目の量の多さにイモを引いてしまったのです。実際隣の人が頼んでいたのをみるとそれ程でもなくまさに“Just my luck!(しまった)”です。

IMG_8994
今日のオーダーは「濃厚中華そば(180g)」@700です。これは濃厚な豚骨スープに魚介類を加えた醤油ラーメンです。コシが強い太麺を使用しています。
以前食べた時にスープが熱くなくとても残念だったのです。
今日はどうでしょう、アレッ一緒ですね。
このラーメンは生玉ねぎが入っているのでスープが熱くないと玉ねぎの辛さが強く感じられて美味しくないのです。
でも食べている途中急に熱くなったりしてまさかスープが熱対流しているのではないでしょうね(笑)
このラーメン美味しいと思うのですがスープがねぇ、こんな日もあります、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ