今日は「同級生話 其の弐」です。
同級生話
前話の続きです。
幼なじみの女子の話はさらに過熱してきました。
多分この会話に水をかけたらジュッという音がしたことでしょう。
その中で悲しい話がありました。
それはクラスで一番きれいだった早乙女さんの話です。
ずいぶん前に早乙女さんに会った時は相変わらずきれいでしたが、介護の仕事をやっているのよ、と言っていたのが妙に頭に引っかかっていました。
早乙女さんの家はとても裕福だったので、早乙女さんイコール介護の仕事というのが結びつかなかったのです。

幼なじみがこの悲しい話の窓をゆっくりと開けました。
huransu
大学で仏蘭西文学を履修し、将来は小説家を目指している新進気鋭の青年と、早乙女さんは文通で知り合ったのです。そしてこの書簡のやり取りが二人を親密にしていったのです。
驚いたことにこの二人は書簡のやり取りのみで華燭の典を挙げたのです。
流石に数回は会っていたようですがその程度の逢瀬だったみたいです。
まさに「純愛」を地でいくようなものです。
多分ですよ、早乙女さんは心の中でこの恋愛を等身大以上に昇華させていったのでしょう。
そのように思います。

しか〜し結婚してから蔽遮(へいしゃ)されていた問題が全容をあらわし、早乙女さんを苦しめたのです。
まずはこの小説家志望の夫は生活力がなかったのです。
幼なじみは一度この夫の小説を読ませてもらったそうですが、難解な言い回しが多くなんだかよくわからず、財布の中身を減らしてまで求める小説ではないと言い切っていました。
要は小説家にはなれるような器ではなかったのです。
さらに早乙女さんが嫁いだ先は、夫の両親が同居しており、これまた生活力がなく、早乙女さんの細腕でこの一家の家計を支えなければならなかったのです。
加えてこの夫はマザコンでお母さんの味付けの料理しか口に合わず、夫婦でありながら夫の料理はこのお母さんが作っていたのでした。
ある時幼なじみは早乙女さんと会いそこでこの状況を聞きました。
幼なじみは、即に別れなさい、とその場で早乙女さんに詰め寄ったのですが、早乙女さんはその申し入れをやんわりと断ったのです。
そしてこの事でしこりが残ったのか10年近く行き来が途絶えました。
ある時、早乙女さんは医療事故で顔面麻痺になってしまい働くことができなくなってしまいました。
それを幼なじみは風の便りに聞いたので、慌てて早乙女さんのところに電話したそうです。
すると早乙女さんからは、顔面麻痺が上半身にも転移して起居もできなくなり、成人した長男からは、お前が働かなくなったから家がまずしくなったんだ。体を治してまた働け、と毎日怒鳴られているとの驚きの話を聞いたのです。
この話を聞いた幼なじみは茫然自失となり、すぐに私の家にタクシーで逃げておいで。私の家は死んだ両親の部屋が空いているからさ、すぐに逃げておいでよ、と言ったのです。
しか〜し早乙女さんは幼なじみの家には逃げてきませんでした。

その後幼なじみは早乙女さんの家に数回電話したのですが、電話口には必ず義父がでて、その様なものはおりません、と言ってガチャンと冷たく電話を切られたそうです。
私はこの話がどこまで本当なのか判断がつきませんが、早乙女さんが苦境にいることは間違いありません。
あのきれいだった早乙女さんが憂悲苦悩の生活を続けているのは同級生として悲しいかぎりであります。
ただただ絶望の隣に希望がそっと座っていてくれるのを祈るだけです。

Life is half spent before we know what it is.
人生とは何かが分かる頃には、人生の半分は過ぎてしまっているものだ。
George Herbert(ジョージ・ハーバート)


プチ癒し・・・



今日は晴海トリトンに出没です。
IMG_9967
ここのランチタイムは混んでいますね。
その中で比較的すいているお店を見つけて入りました。
今日のお店は「オッティモキッチン・ドゥエ・パッシ」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話:03-5144-8259
定休日:無休

IMG_9969
お店の外観です。

IMG_9970
メニューです。

今日のオーダー「マーレ・ビアンコ」@900円です。

IMG_9972
待つこと2分で「サラダ」の到着です。
このサラダは特筆するものはありません。

IMG_9973
待つこと10分「マーレ・ビアンコ」の着皿です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_9974
マーレ・ビアンコ」には小海老、あさり、甲イカがかなりこんもりと入っています。
パスタはとても細い麺が使われており、茹で上がりが速く、いかにもランチで多くの量を捌くのに適しているのでしょうね。味ですか、小海老美味しです。
加えてパスタが熱々なので高評価です。
超混雑ランチのトリトンにおいては白眉のお店ではないでしょうか。
すなわち、早い、安い(トリトン内)、美味い、の三拍子のお店です。

それでは(^_-)