下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

エンジン

神楽坂 膳楽房

今日は「長電話」です。
yjimage
昔昔、長電話の親戚がおりました。
母はその親戚が嫌いでその人が掛けてきそうな時間帯の電話には、私を出させて居留守を使っていました。
敵もさるもの引っ掻くもので、はなから居留守を使っていると読み込んでいて、電話口の私に対しても長電話をしていたのでした。
いまや卓上電話での長電話は死語ですよね。
ところがところが拙宅には約1名長電話をかけてくる輩がいるのです。
それは私の元部下です。
色々な事情が重なり会社を辞めたのですが、今でも付き合いはしています。
これが不定期に長電話をかけてくるのです。私の携帯電話にかけてくると登録名から私が電話にでないので、その登録名がでない家の卓上電話にかけてくるのです。
それも酔っぱらうとかけてくるのです。
私がでると、酔って電話するなと、怒るので長電話ができずストレスがたまるみたいで、最近は私のいない時間帯を見計らってかけてきて、奥様と長電話しているのです。
話す内容は、ひたすら昔話です。
長男が赤ん坊だった頃高い高いをして遊んだ事とか、酔っ払った私に殴られた事とか、私が連れて行ったスナックなのにその飲み代を立て替えさせられた事とか、ちなみに私はお金に対してはカミっているくらいキレイなのでこれは彼の勘違いです、とかとか昔話ですからネタは際限もなくあるのです。
ある時、偶然にも私がいる時にかかってきたので、私がこれ以上酔って電話するとこれからの飲み会には誘わないぞ、とキメてから沈静化したのでした。
その為に、その被害は私の違う部下に拡散されていったのです。
要は、ところ変わっても相手変わらず、であります。
しか〜し、その気持ちはよくわかります。
私もかつて酔うと必ず長話をしていました。
そんな性癖ですから誰彼となく電話していました。
多分に嫌がられていたのでしょう。
酔うと長話をしたくなるのは 何故なんでしょうね。

1425440030_photo
最近の世相なのでしょうか。
居酒屋で長時間ダベる若者が減ったようですね。
ラインの浸透で会って話す必要が無くなったからです。
要は孤独を感じなくてよい仕組みができたからなのですね。
だから家飲みが普及したのでしょう。
それの被害を受けたのは24時間営業の居酒屋です。
その為に24時間営業の看板を降ろすところが続出です。
その被害を受けたのが夜勤明けの人達です。
せっかくの楽しみが風前の灯火になりつつあります。
私の知人にホテルマンがいます。
彼の楽しみは、夜勤明けに白昼堂々と泥酔する事でした。
そうしないと寝られないんだ、と言っていましたが、嘘です。
単に、酒に意地気汚いだけです。
かつての私がそうでしたから・・・
花見酒もそうですが、陽の光を浴びて飲む酒はなんとも気持ちのよいものです。
停酒を解除したら真っ先にやりたい事のひとつであります。


手で白鳥の湖を踊ってみた



IMG_7897
今日は神楽坂に出没です。

IMG_7664

IMG_7524
今日のお店は今まで夜の部に4回程行ったのですが、その度に貸し切りで入店できませんでした。
高い障壁ができた時にはゲームプラン(勝つための戦術)を変えるのは必須であります。
従いまして昼の部に行きました。
今日のお店は「膳楽房」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル1F 2F
電話:03-6280-8042
定休日:無休


IMG_7902

IMG_7904

IMG_7898
お店の外観です。

IMG_7901

IMG_7911
店内の雰囲気です。

IMG_7900

IMG_7910
メニューです。

本日のオーダー「本日の日替わりランチ」@950円です。
寒風凍てつく中、震えながら20分並んでの入店です。
神楽坂にはミシュランビブグルマン獲得店が「エンジン」「梅香」「膳楽房」と3店舗もあるのです。
すでに「エンジン」さんは制覇しました。
今回は3店の内の2軒目ですが、なかでも人気なのが「膳楽房」さんのようです。
シェフは渋谷区幡ヶ谷にある人気中華料理店「龍口酒家」出身です。
いやおうにも期待が高まります。

IMG_7912
待つこと5分「本日の日替わりランチ」の到着です。
本日の日替わりランチは、エビとトマトの玉子炒め、五目春巻、ごはん、スープ、自家製漬物という内容です。

それでは実食です。
IMG_7914
まずは「エビとトマトの玉子炒め」です。
玉子にはトロミのあるスープがからんでいます。
その為に玉子の美味しさが半減しています。
個人的にはこの「エビとトマトの玉子炒め」は、熱々のトロトロ玉子にトマトがからむ素材を活かしたシンプルな調理方法が好きです。
この仕上げは私の好みではありませんでした。
海老は美味いのですが・・・
ミシュランビブグルマン獲得店のシェフですので、私のステレオタイプの考えは斬新さがないと思われたのでしょう。

IMG_7915
春巻きは熱々ですが平板な味で、なんのサプライズもありませんでした。

IMG_7913
スープも熱々ですが平板な味で、なんのサプライズもありませんでした。

何ですかね、完璧に肩すかしを喰らいました。
隣の若いリーマン達はシンプルチャーシュー炒飯を大絶賛していましたので、今度は炒飯で再挑戦してみましょう。

それでは(^_-)

神楽坂 エンジン

今日は「ふるさと祭り東京」です。
IMG_7361
知り合いから「ふるさと祭り東京」のチケット(無料招待券)×2枚を頂いたので奥様と出かけてきました。
正式に買ったら@1,600円もするのものなのです。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#東京ドーム周辺
IMG_7359

IMG_7362
この日は日本全国が寒波に包まれていて、帝都東京も凍てついていました。
厳寒を象徴するかのような青空は美しいのですが、それとは裏腹に肌に感じる寒さは厳しいものでした。

雪
その前々日、私は富山にいて、吹雪が吹き荒れる中、深夜一時まで取引先とクラブでカラオケに興じていたのです。

#会場内部
IMG_7364

IMG_7376

IMG_7385

IMG_7389

IMG_7392
想定内ではありますが会場はみっしりとにぎわっており驚きました。

#全国ご当地どんぶり選手権
IMG_7400

IMG_7401

IMG_7396

3qrk143
第八回の栄えあるグランプリは「八戸銀さばトロづけ丼」でした。
なな何とこのとろけるほど脂ののった「八戸銀さばトロづけ丼」は、2年連続のグランプリを勝ち取ったのです。
この栄冠を勝ち取った「俵屋 さばの駅」の沢上代表は、昨年はフロックだと言われないためにも、再度このグランプリを取るための一年だったと、正直に喜びを噛みしめていました。たいしたものです。

#カピウ&アパッパ
IMG_7410

IMG_7407

IMG_7409
アイヌ音楽の魅力を伝える姉妹ユニットです。
昨年ドキュメンタリー映画も公開されました。
アイヌ楽器「ムックリ」の演奏も聞けました。
「ムックリ」の演奏を聞いたのは20年ぶりでした。

#青森ねぶた祭
IMG_7476

IMG_7469

IMG_7453

IMG_7474

IMG_7482

IMG_7484

IMG_7490

IMG_7492
札幌在住時、夏休みになるとこの「ねぶた祭」を見に行く予定を立てたのですが、一度も予約が取れず見る事が叶いませんでした。
まさかこの帝都東京で見られるとは大感激ですビックリマーク

IMG_7493
最後は見物者もねぶたに参加される事が許されたので、私もラセラ♪ラセラ♪を踊ってきました。
踊りに慣れてきましたら、地元の方に招き入れられ、手をつないで輪になって踊らせてもらいました。
大感激ですビックリマーク

IMG_7495

IMG_7497
東京ドームのベンチを見て表に出ましたら夜のとばりはすっかり降りていて、いったい何時間いたのでしょうか・・・
楽しい事は時間が経つのが早いものです。


IMG_7322

IMG_7320

IMG_7319

IMG_7292
今日は神楽坂に出没です。
大学時代のテニサーの女子からメールで、林真理子が絶賛したミシュランガイド2016でビブグルマンを獲得した神楽坂の中華料理屋さんにゼミの女友達たちと行ったんだけど、量が少なくて笑っちゃたわよ。
悔しいから、△△君も、行って笑ってきてよ、との指令を受けたのです。
来月、別件でこの女子と会うので無視できないなぁ、と思い出かけました。
今日のお店は「エンジンENGINE)」さんです

住所: 東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F
電話:03-6265-0336
定休日:日曜日 火曜日ランチ、祝日

IMG_7293

IMG_7313

IMG_7312
お店の外観です。

IMG_7301
店内の雰囲気です。

20150310_02
ネットから拝借した店主近景です。
ちなみに右側が松下和昌オーナーシェフです。
まだお若いですね。
ちなみに「ENGINE」という店名は、文字通り、エンジンをかけて突っ走ることから付けられてそうです。
ここから新しい中華を発信すること、また人が集まって円陣となること、などなどいろいろな意味が重なっているそうですよ。

IMG_7302
メニューです。

IMG_7296
座るやいなやドリンクメニューを見せられたので、お酒が飲めないのですが、と言いますと、それではソフトドリンクでお願いします、と言われました。
仕方ないのでドライジンジャエールを頼んだのですが、中華料理には合いませんよ。
水でよかったのです。
個人的にはそれほど貧乏ではないので飲みたくもないビバレッジよりテーブルチャージで請求された方がまだましだったのです。

IMG_7299

IMG_7300
まずは鴨と海老芋と下仁田葱の春巻きです。
待つこと10分で到着しました。
見た目、普通の春巻きです。
ねっとりした海老芋(サトイモの品種のひとつ)の食感は私の好みではありません。
熱々の春巻きの皮にはこの癖のあるねっとり感はくどい感じがしました。

IMG_7304

IMG_7305
次は黒酢の酢豚(ハーフ)です。
待つこと21分で到着しました。
黒酢は美味しいけれどちょっと私には強い味わいです。
その裏がえしで野趣に溢れた堀川牛蒡は高評価です。
口内感触良いですね
しか〜し、肉に甘みがなく平板な味です。
個人的には、酢豚は甘酢よりも肉が美味しければすべて良しなのですが、これ以上のたわ言は天の邪鬼になるのでやめおきます。

IMG_7307
サクサクのオコゲはいらなかったですね。

IMG_7309

IMG_7308
仕事中にお酒をいただく料理人は好きではありません。
プロなのですから、那辺はけじめて欲しいですね。

IMG_7310

IMG_7311
最後は葉山葵奈良漬の炒飯(ハーフ)です。
待つこと22分で到着しました。
炒飯が光っていますね。
炒飯は熱々です。
この熱々は周富徳さんの炒飯に次ぐ熱さです。
しか〜し、葉山葵は香りを楽しむものだと思うのですが、前述のとおり葉山葵に火を通しすぎたのでしょうか香りが飛んでいました。
後半、炒飯が冷めてきますと辛さが際立ってきました。
個人的には葉山葵はいらなかったですね。
締めて、2,646円のデイナーでした。
オーナーシェフの丁寧な接客は好感がもてました。
加えてヌーベルシノワの奇才の片鱗は大いに感じ取れましたが、「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」の「流行」だけが目についたような感じがしました。女子の指令の量の少なさの確認はいずれもハーフを頼んだので、その多寡は判断できませんでした・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ