下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

エノテカリオーネ

続 大泉学園 エノテカ リオーネ

今日は「臨死体験」です。
私は死後の世界を否定するような事を度々書いていますが、特段宗教家でもありませんし、
死後の世界があったらけしから〜ん、と声高にいうものでもありません。
ただの下町生まれの下町育ちのオジです。
しか〜し死後の世界などに思いをはせるより今現在をどう生きるか、それに全身全霊を打ち込めば良いと強く思っているだけなのです。
ですので死後の世界があってもなくてもどちらでもいいのです、ハイ。
皆さん、人生は有限ですぞ、死ぬ間際になって、ああこれもやり残した、これもやり残した、と悔やんでみても、死んだら「無」になるだけですからね・・・

天国
私は5歳の時に麻疹(はしか)をこじらせて人事不省となり、本当に死の一歩手前まで行ったことがあります。
実はその時に不思議な夢を見続けていました。
私はきれいな花が咲き乱れ、おとぎ話に出てくるような夢のような景色が広がっている場所にいました。
そしてそこでは心が躍るような、かろやかな音楽が絶えず鳴り響き、空には消える事のない虹がかかっていました。
寒い熱いは感じませんでした。何ともいえない幸せな気分におおわれていました。
するとはるか遠いところから母親が自分の事を読んでいる事に気がつきました。
そちらの方に耳を傾けるて歩を進めると、急に天に吸い込まれるような感じになり、気が付いたら涙でむせびかえっていた母の顔が見えたのです。
そうなのです、これは五日ぶりに意識を取り戻した瞬間でした。
これは一つの臨死体験なのかなと今日の今日まで思っていました。

臨死体験の方のstoryって似かよっています。
気が付いたら暗いトンネルにいて、明るい光の方に進むと、そこには見たことのない美しいお花畑、そして心地よい音楽、決して会えない人が待っています。
無常の愛や大きな幸せを全身に感じます。
まさにこれこそ天国というのが臨死体験の方のstoryです。

死に瀕した時のネズミの脳は心停止すると急速に機能が低下します。
従来は心停止がおこれば脳への酸素供給もとまるので脳の活動も停止すると思われていました。
実はこの説明はちがっていたのでした。
脳は酸素供給が止まった時点から30秒間に亘って極めて活発に動いていたのでした。
これは人間にも当てはまって、心肺停止状態になっても脳はそれでも生き残ろうと必死にもがくのです。
これは脳に備わったdefaultの機能だそうです。
この30秒間での活動の一つが臨死体験ではないかとの説明がなされています。
このmechanismは脳が低酸素状態におちいった時に起動します。

臨死体験
低酸素状態を再現する方法の一つにメリーゴーランドのような回転運動する機械の円弧上に設置した椅子に飛行士を固定させ、高速で周回させる装置があります。
いわゆる重力負荷訓練です。重力換算でいえば3Gから8Gです。
これをすると多くの飛行士は重い重力により意識を失います。
これをGロックといいます。
飛行士がGロックになり、意識を喪失する時にまず失われるのは視覚です。
そして視覚がblackoutになると、トンネルのようなものが見えるといいます。
トンネルの先には白い光というかそれに似たものが見えるそうです。
そしてさらにその先にいくと穏やかで静かで大きな幸せを感じるといいます。
それはとても心を打たれるような印象的な感覚だそうです。

臨死=低酸素状態=昏睡状態でも視覚の認識は働いています。
だから過去の思い出や彼等においての実在したものが見えるのです。
これから演繹すれば死後の世界など存在しないと言えます。
死という究極の恐怖から逃れる仕組みを脳はあらかじめもっているのです。
これが臨死体験ではないかといわれています。

いかでしたか・・・
臨死体験は脳が断末魔に起こしたillusionのようでした。


テナー・サックスプレイヤーのための、新しいソロ譜"めちゃモテ・テナー・サックス¬"シリーズのデモ演奏です。


IMG_0297
今日は次男の誕生日兼就職祝の宴です。
で〜も皆忙しくてランチでのお祝いです。
ということで三々五々に家族が集まった今日のお店は「エノテカ リオーネ」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-2-2 プリムヴェール 1F
電話:03-3925-1300
定休日:月曜日

IMG_0281
お店の外観です。
店名の「エノテカ」はイタリア語でワインを主体にしたレストランという意味です。
「リオーネ」はイタリア語でライオンです。

IMG_0283
店内の雰囲気です

IMG_0284
メニューです。

今日のオーダー「スペチャーレ」@2,100円です。

#「前菜」です
IMG_0286
待つこと5分で「前菜」の到着です。
前菜は、イタリアンオムレツ、鳥ムネ肉低温ボイル、ブロッコリーです。
鳥ムネ肉低温ボイルは軽やかな味わいです。
他の料理は見た目通りの感じでよろしいかと思います。

#「フォッカチオ」です
IMG_0287
待つこと9分で前菜の到着です。
フォッカチオはオリーブオイルにつけていだきます。
ここのフォッカチオは軽い感じで美味しいです。

#「気まぐれサラダ」です
IMG_0289
待つこと18分で「気まぐれサラダ」の到着です。
見た目きれいですね。
野菜はエッヂがたっていて結構でした。
トマトは甘く高評価です。

#「春キャベツとアンチョビのスパゲッティ」です
IMG_0290
待つこと23分で「春キャベツとアンチョビのスパゲッティ」の到着です。
これは春キャベツがあまり甘くなくアンチョビの塩味に負けていました。

#「カキとブロッコリーのクリームリゾット」です
IMG_0292
待つこと24分で「カキとブロッコリーのクリームリゾット」の到着です。
これは海の味でしょう。
カキとクリームの相性の良さを再認識しました。

#「海老といんげんのトマトクリームソース フェットチーネ」ですIMG_0291
待つこと25分で「海老といんげんのトマトクリームソース フェットチーネ」の到着です。
これ今日一ですね。
海老のうま味がよくでていて、且つまろやか&くりーみーです。
とても美味しいです。

#「鶏もも肉とキノコのトマト煮込み」です
IMG_0293
待つこと38分で「鶏もも肉とキノコのトマト煮込み」の到着です。
この辺りでかなりお腹が朽ちてきていたので若干食傷気味であります。
それがあるので少し舌センサーの感度は落ちていますが、それでもこの料理はイケます。
鶏肉が柔らかくソースは少し辛めでしたが、それが味を引き締めていて結構です。

#「サプライズプレート」です
IMG_0295

IMG_0294

IMG_0296
なな何とW受賞です。
一日も早く会社に慣れる事を祈っています。
末は社長か?
おおくは期待しないで見守っていきましよう。

それでは(^_-)

大泉学園 エノテカ リオーネ

今日は「『吉野家』を変えた男其の弐」の話です。
「『吉野家』を変えた男」それは私です。
吉野家54年の歴史の中で、私は大きな change を二つもしてしまいました。
そのchangeについて説明しましょう。
宜しかったらお付き合いください。

#second change
丁度20歳頃の話です。
浅草の先輩から、ちょいと話したいことがあるから雷門脇の吉野家で待ってろよ。仕事終わり次第直ぐにへえるから、との電話があり、おっとり刀で夕方の6時頃吉野家さんの暖簾をくぐりました。
この日は手元不如意でして、たしか3千円位しか財布に入っていませんでした。
先輩のすぐ来るはあまりあてにしない方がいいなぁ、とつぶやきながら“取りあえずビール”を頼みました。
長期戦になるのかなぁと思ったので、財布の中身を考えてツマミをとることは止めにしました。30分位でビール×3本を片付けました。ツマミは紅生姜です。

4本目からはツマミを紅生姜に醤油をタラタラってかけていただきました。
時計をみると7時15分です。ビールは6本目の底が見え始めました。
途中白髪頭のオジイサンが入ってきて、おもむろに白いご飯を一つ頼んだのです。
私は「生姜友の会」の会員が来たと、喜んでいたのですが、なな何と、このオジイサンは本当に白いご飯のみを美味しそうにゆっくりと頂いてお行儀よく帰られたのです。
ヘン、何でぇ、格好つけやがって。吉野家きたら紅生姜は蒲鉾だよ。これを食べるから板につくんじゃないか、ケッ、と嘯(うそぶ)いていました。
だいぶ酔ってきたようです。こうなるとこの人はシツッコイのです。
とうとう店員にグダグダと話しかけ始めました。
他愛もないことしか言ってないのですが、店員さんは間違いなく煙ったがっているのはその顔に書いてあります。
そのうち店員さんは、お客さん、当店は牛丼屋ですので、牛丼は宜しいですか、と恐る恐る伺いを立てています。
すると私は、上等だよ、牛丼結構、豚よりエライ。でもなぁ兄ちゃん、こちとらオアシがないの。わかる、オアシ、銭ッ子がないの。だから麦のカスしか飲めないの、とからんでいます。ショウガナイ人間ですね、まだ二十歳(はたち)になったばかりなのにね。

そろそろ紅生姜+醤油に飽きた様で、今度は紅生姜+醤油+唐辛子に宗旨を変えた様です。
ビールは7本目に突入しています。だんだん声が大きくなり、店員さんの一挙手一投足に気合を入れ始めました。
このふるまいで店内の雰囲気も怪しくなってきました。
そのうち店長がやってきて、他のお客さんもおられますので、もう少しお静かにしていただけませんか、とやんわりと帰ってくれといっています。
すると私は、好きでいるんじゃねぇよ。待ち人来たらずなんだ。だからってチャンネエじゃねえよ。先輩、専売公社じゃねぇよ、先輩だからな、わかってるよなぁ、もう少しこらえてくれよ、ともうグダグダの酔っ払いです。書いている本人も恥ずかしいって・・・

そして9本目に突入したころ、件(くだん)の先輩がやってきました。
時計の針はすでに8時です。
するとその先輩はカウンターに並んでいる9本のビール瓶をみて、いってぇ、オメエ誰と飲んでたんだよ。何一人だって、馬鹿か、オメエ掛け値なしの馬鹿、豆腐の角に頭ぶっけて死んじゃいな、と大笑しています。
するとそれを聞いた私は、先輩が遅いから、吉野家風情(ふぜい)でキスグレ(酔っぱらった)たんじゃないですか。落とし前つけてよっ!、と今度は先輩にからみ始めました。
先輩は、わかった、わかった、神谷バーで死ぬほど電気ブラン飲ましてやるから、と言って私の飲んだ分を払ってくれて、そして私を夜の街に連れだしたのでした。

それからしばらくして先輩の職場(喫茶店)に行くと、先輩が笑いながら新聞を差しだしてくれました。そして、オメエが吉野家で牛丼も頼まずにビールを9本も飲んだから、吉野家はお酒の制限するようになったそうだぜ。これからは一人3本までだとさ、俺知らねえって、と笑っています。
確かに先輩が手渡してくれた新聞には、吉野家の酒類に関するお知らせが黒々と書かれていました。


バースディ
今日は長男のbirthday partyです。
今回は美味しいお店というrequestが何故か奥様からあり、選んだお店はこちら「エノテカ リオーネ」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-2-2 プリムヴェール 1F
電話:03-3925-1300
定休日:月曜日

IMG_2515
お店の外観です。
店名の「エノテカ」はイタリア語でワインを主体にしたレストランという意味です。「リオーネ」はイタリア語でライオンです。

IMG_2535
お店のアイコンです。

IMG_2518
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは「大皿パーティーコース」@2,980円です。
それではbirthday partyの開幕です。

IMG_2519
イタリア産生ハムの三種盛合せ〜鴨肉と季節のフルーツ〜
いきなりすごいものがでてきました。イタリア産生ハムの三種盛合せは無茶苦茶美味しいではないですか。
肉の味が深いのですね、これにはくりびつです。
イチジクも甘く熟しており結構でした。

IMG_2520
有機野菜とたっぷりハーブのサラダです。
ウンこれさわやかですね。健康が体内に入っていく感じです。

IMG_2521
真鯛のカルパッチョです。
真鯛ってこんなにも美味しいものだったのですね。粒胡椒が味を引き締めています。

IMG_2522

IMG_2523
ツブ貝のスエカルゴ風オーブン焼きです。
ニンニクの香りに包まれたツブ貝は深い味わいが楽しめます。
エスカルゴプレートのアップでその美味しさを目でも味わってください。

IMG_2525
モッツレラチーズ入りにライスコロッケです。
ちょっとプチサイズですが、その分中のチーズが気を吐いています。
美味しいですね。

IMG_2526
本日のナポリ風ピッツアです。
ベースがホッコリして美味しくいただけます。
このピッツアの特選チーズはすごく美味しいですね。
さらにメルテイングチーズのトロ〜リ感にもやられました。
これは他に類をみない美味しさです。

IMG_2527
自家製タバスコです。
以外に辛くないのですね。

IMG_2528

IMG_2529
本日のパスタです。
ソースがマイルドなのです。この味付けは始めての味わいです。
こういうソースもイケるのだなぁと瞠目させられた一品です。
鶏肉のつみれ団子がシャキシャキしていて味を倍加させています。

IMG_2530
地鶏のロースト マルサラ酒ソースです。
見た目クドそうに見えたのですが、意外や素材の良さを前面に押し出した一品です。
地鶏の滋養ある美味しさが、噛む度に口内に広がります。
秀逸な味です。

IMG_2532

IMG_2533

IMG_2534
デザートはガトーショコラとアイスクリームです。
Niceな甘さが今迄の口内の夾雑物を洗い流してくれます。
これはlevelが高いドルチェですね。

全体を通して過不足ない味付けと量でした。
いままでイタリアンってすこし濃い目の味付けが多く、食後に食べ疲れがでる場合があったのですが、ここのイタリアンに限ってはそのようなことはありません。
お勧めのお店ですね

ちなみにこの後は恒例のカラオケ大会に突入したのはいうまでもありません・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ