下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

エスカ

名古屋 むらやま

今日は「メリトクラシー」です。
筒井淳也
学校での学力の形成を支えている原理はメリトクラシー(能力主義・実力社会)です。
メリトクラシーとは、もともとは、生まれや身分によって地位が決定された前近代社会から個人の業績(メリット)によって地位が決定される近代社会への転換によって広がった原理です。それは、生まれや身分によってではなく能力と業績によって社会的な地位が諸個人に配分されるという、近代的社会編成原理を指す概念として用いられてきました。
しか〜し20世紀以降になると、メリトクラシーは、単なる個人の業績にもとづく地位配分という原理にとどまらず、そのような人材の地位配分を人々が正統なものとして受け入れ、それによって社会に包含されるようになるという、平等化と社会統合の機能を有するものとしても、とらえられるようになったのです。
要は頑張れば必ず報われる、競争の機会は平等に与えられているという事なのです。

しかしながら、このような「がんばればみんなできる」という「能力=平等主義」は、欧米諸国ではすでに1970年代前半にくずれはじめていました。
お茶の水女子大学のチームは2013年全国学力テストでその崩壊を実証しました。
親の年収や学歴を合成した指標(家庭の社会経済的背景=SES)と、子どもの学力との関係はSESが高いほど学力も高い、という一般的傾向だけではないということでした。
例えばSESは最低ですが毎日3時間以上の家庭学習をする子どもがいます。
その一方で学習時間はゼロですがSESは最高という子どもがいます。
双方の学力の平均値を比べてみると、小中学校ともに後者の方が上だったのです。
貧しい家の子はよほど勉強しても金持ちのボンボンに追いつけない、という身も蓋もない現実をこの大規模調査は示しているのです。
ベネッセ教育総合研究所「学力とメリトクラシー」・日本経済新聞「中外時評」より転載 

統計データの解釈について、しばしば指摘される注意事項として「相関関係と因果関係を混同するな」というものがあります。
今回のデータは良く見ていませんが、例えばこのような事例でよく使われる高所得の定義には「夫の所得が高ければ妻が働かなくても生活できるので幼稚園に通わせる」というものと、「共働き(保育園選択)なのでその分家計所得が高い」という両者を考えることができるわけです。まずはここを精査すべきでしょう。
仮に「共働き(家計所得が低い)=幼稚園断念→子育て傾注度低下→子ども学力低下」という連鎖を前提にしているのであれば、共働きと教育熱心がtradeoff(二律背反)にならない対策を作るべきなのです。いずれにしてもwork-life balanceに子どもの学力を含めて、いろいろtradeoffにならない政策を模索すべきなのだと思います。

140928WASEDA1
ところで最近早稲田大学は人気がないですね。
早慶いずれかとその他の大学を併願して合格した場合、95%以上の受験生が早慶を選ぶという圧倒的なブランドです。では早慶にダブル合格したら、慶應と早稲田のどちらに入学するのかと言えば「だいたい8対2で慶應ですね。かつては五分五分、あるいは早稲田有利でしたが、1990年代中頃から、潮目が変わったように感じます」と言っているのは「代々木ゼミナール」入試情報センターの坂口幸世さんです。
早稲田の低迷は広末涼子さんの推薦入学ではじまり、直近の小保方さんの「AO入学」で確定してしまいました。今では、慶応対策に踏み出す東大、さらに存在感高める慶応、ブランド低下に呻吟する早稲田、の様な中吊りキャッチの通り早稲田の弱体化は定着してしまいました。
しか〜し人間の最大の弱点は諦めることにあるといわれています。
ピンチはチャンスです。Never never give up Waseda!

閑話休題おはなしはもどりまして
昔流行った歌で「若者たち」という名曲があります。
君の行く道は 果てしなく遠い♪
だのになぜ 歯をくいしばり
君は行くのか そんなにしてまで♪
若者は厳しい道を歩むのです。
その厳しい道を脇目もふらず挑戦する姿が美しいのです。
私の育った隣の家のご主人は夫婦で小さな「洋品店」を経営していました。
子供心にもあまり裕福なお宅ではないように見えました。
そこに三人兄弟がいました。
長男は東京大学、次男は横浜国大、三男は東京大学といずれも超難関大学に現役合格しています。
私は三男さんに可愛がってもらったのでたまにそのお宅に遊びにいっていました。
ある時、東大って入るのはむずかしいの、勉強が好きなの、ってこましゃくれて聞きますと、勉強が好きな人間なんかいないよ。苦労して育ててくれた両親に恩返したいだけだよ、って莞爾として笑っていました。
裕福でなくても蛍雪根性さえあれば東大にはいけるというのは下町ではよくいわれていた事です。私もそう思いましたが敢えて東大には行きませんでした。
実は私が行きたくても入れてくれなかったのです、ハイ。


猫か・・・



IMG_5776

IMG_5775
今日は朝一番で名古屋に出没です。
午後に重要な打合せがあるのでとんぼ返りで午後には東京に戻らなければなりません。
そこでquick lunchで済ませるかとお邪魔したのがこのお店です。
今日のお店は「むらやま」エスカ店さんです。

住所: 愛知県名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街
電話:052-452-0550
定休日:原則無休(エスカに準ずる)

IMG_5773
お店の外観です。

IMG_5769
店内の雰囲気です

IMG_5768
メニューです。

IMG_5771

IMG_5772

IMG_5770
今日のオーダー「おぐらトーストセット」@680円です。
待つこと5分で「おぐらトーストセット」の到着です。
「むらやま」さんは名古屋名物ういろうの名店「大須ういろ」直営の喫茶店なのでういろうがつくのかなと思っていましたらついてきませんでした。
それではコーヒーにピーナッツなどの豆菓子が付くのは、名古屋の喫茶店では当たり前のお約束なのでそれを期待していましたら、それすらありません。
マジすか、名古屋の喫茶店なのに(笑)

まぁ興奮しても詮無いことです。
それでは実食です。
カリカリのトーストその内部に塗り込められたバターと小倉餡があうことは言わずもがなですので相性は良いのです。しか〜しこの「おぐらトーストセット」の小倉餡のレベルは低いですね。
斜め前の行列のコメダさんの小倉餡と比べますと×60%ですか。
で〜も余裕のヨッチャんで帰りの新幹線に乗れましたし、一応名古屋tasteも楽しめましたので由としますか。
プチ満足のlunchでした。

それでは(^_-)

岐阜 劉屋 西安刀削麺

今日は「splashなエスカ」です。
今日は土曜日だというのに岐阜県は垂井で打合せです。
朝6時に家をでて21時に帰宅です。
まったくいまいましい話です。
クレームですから仕方ないです。
This problem may be a silly matter but this will develop into a serious matter if we ignore it.
しかたないですか、本来の土曜日はblogを書く日なのに・・・

IMG_6872

IMG_6853
帰路の途中、名古屋駅はエスカに立ち寄りました。
エスカとは「名古屋駅」の「新幹線改札口」からすぐの所にある「地下街」で1971年の開業、今年で44年たちます。
店舗エリアはおよそ6000屐△気蕕鵬竺の「駐車場」は1万屬剖瓩すさを誇ります。
出張者ならば帰りの「新幹線」までの限られた時間でも訪問する事ができます。
80を超す「テナント」の内、31店舗は「飲食店」で、「ひつまぶし」「きしめん」「みそかつ」「味噌煮込みうどん」などの「名古屋めし」が堪能できる他「若鯱屋カレーうどん」「コメダ珈琲店」「ラーメン寿がきや」など「名古屋」が発祥の店舗も充実しています。
ちなみに「エスカ」の由来は「駅西ショッピングセンターアベニュー」の「英単語」の頭文字をひとつずつ取ったそうですよ。
E:eki nishi(駅西)
S:shopping(ショッピング)
C:center(センター)
A:avenue(アベニュー・通り)

エスカ人気店top3
私が現地で人気店を調査しました。暇人ですかね・・・

#top1. コメダ珈琲店
IMG_6855

IMG_6854
なんですかこの混雑は、本当にごった返しています。
私は東京で実食済みですが、やはり食べてない方は興味ありますよね!

#top2. 山本屋本店
IMG_6860

IMG_6859
名古屋名物の一つ、味噌煮込うどんの専門店さんです。厳選したこだわりの生麺に、地元赤味噌・白味噌、かつおだしの旨味が効いた出汁で合わせたアツアツのうどんはやみつきになる味ですよね。
ご飯セツトの「名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん」で確か2,500円位でしょう。
普通の味噌煮込みうどんでも1,500円位するし、それにはお肉も入ってないのですからね。
うどんがそんな値段するだがね、という人は入らないほうがいいと思います。

#top3. 備長(びんちょうひつまぶし)
IMG_6857

IMG_6858
このようなお店です。でも東京にもあるのですよね、銀座店、池袋パルコ店、東京スカイツリータウンソラマチ店さんですか。
しか〜し上ひつまぶしが@3.980円ですと、netをのぞいてみたら美味しそうですが、ちょっとtoo expensive!ですね。
実川憲一さんがご贔屓だとか・・・
個人的には鰻は好きですがひつまぶしは好きではないので、接待飯以外では行かないでしょう、多分ね。


最近の名古屋土産
名古屋はお土産もハジケテいます(笑)

IMG_6862
#カルビー  じゃがりこ(手羽先味)

IMG_6864
#グリコ PRETZ 八丁味噌

IMG_6865
#栗山米菓 ばかうけ 手羽先味

IMG_6866
#松永製菓  しるこサンド

IMG_6867
#明治製菓 きのこの山 小倉トースト風味

IMG_6868
#世界の山ちゃん まぼろしの手羽先風味あられ

IMG_6869
#▲▲▲ 手羽先風味 柿ピー

IMG_6871
これはグリコのオマケです(笑)


ビヨンセのこのミュージックビデオも大好きです。一時期ジェガーさんとはまって何度も観ていました。そのうちジェガーさんがビヨンセのマネをして踊るようになり、面白すぎてジェガーさんの踊りにもはまった記憶があります。



ということで今日のランチは岐阜です。
今日はアスティ岐阜の端(はじ)にある「劉屋 西安刀削麺」岐阜店さんです。

住所: 岐阜県岐阜市橋本町1-10 アスティ岐阜1F
電話:058-265-8088
定休日:無休

IMG_6852
お店の外観です。

IMG_6849
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「にんにく炒飯・秘伝の唐揚」@550+@360=910円です。
待つこと8分でにんにく炒飯・秘伝の唐揚ともども到着です。

IMG_6850
にんにく炒飯です。
このにんにく炒飯ですが、にんにくがあまり炒まっていなく、少し生っぽいため辛さが残っています。
逆にこれが奏功していて味を引き締めて炒飯が美味しいのです。
これを狙って作ったのなら、ここの調理人はスゴ腕ですよ。
美味しいです、満足しました。

IMG_6851
秘伝の唐揚です。
最初oilyに感じたのですが後半は全く気になりません。
これは秘伝のタレで仕上げた衣が美味しいのです。
中の鶏肉もjuicyでイケます。
これまたすごく美味しいのです。
アスティ岐阜の本当の端(はじ)にあるので不人気店かと思ったのですが、とんでもございません、実力店です。
中国の若い女性が気迫あふれる外連味(けれんみ)の無い接客が好印象です。
単品ではなくセット品を頼めばコスパもぐっと良くなります。
お薦めのお店です。

それでは(^_-)

名古屋 想吃坦々麺(シャンツーダンダンミェン)

今日は「夏の日の思い出」です。
夏といえば海ですき。こんまい頃、毎年夏はおかやんの実家は伊豆にいっとたがやき、わしの「夏の日の思い出」といえば伊豆の海のことじゃきね。
今日のフリネタは「身内ネタ」やきつまらんがやけど、最後まで読んでくれるがですか、ちね!
なんか書いとうて思うたがじゃ「土佐弁」って「富山弁」に似てるがぜよ…福山さんはこの難解な言葉をよく毎週話ちゅうが・・・「龍馬伝」で覚えた土佐弁(笑)

そうなのです、唐突にフリネタにしたのは昨日伊豆の海の夢をみたからです。
数ある伊豆ネタから一点、父親が死にそうになった話です。
私達は幼少の頃、冒頭の通り毎年夏は伊豆の八幡野(伊豆高原)という母の生家にいっていました。
普段は私達チビッ子は近場の湾内で泳いでいるのですが、鮑(あわび)とか栄螺(さざえ)を取りに行く時は、思いきっりリアス式海岸の「橋立」まで20分位かけて山道を歩いていきます。

橋立
「橋立」はかなり波が荒いので私たち子ども達は浮輪が必須でした。
父は泳ぎはできることはできるのですが、海軍で覚えたという?話ですのでそれほどの泳者ではありません。
母は土地っ子です。子供のころは八幡野から伊東まで(5km)遠泳していたというのですから、それはそれはすごいものでした。しかし元も元体が弱かったのに、父の願いで妹を産んでから、持病の腎臓が悪化してひ弱になり泳ぐことはしませんでした。

橋立で父は甥っ子達(当時20歳前後)と素潜りで栄螺(さざえ)を取っています。鮑(あわび)は技がないので取れません(笑)
しばらくして皆が疲れて日なたでくつろいでいるとき、父だけが漁獲量?が劣っていたので、一人でもくもくと栄螺(さざえ)を取っていました。
するとどこからともなく、まるで映画の「Jaws」のように大きな渦が静かに父に近づいてきました。それをごつごつした岩山の上からいち早く認めた母は、あなた!大きな渦がきているわ。絶対にのまれるから渦に逆らわないでね!あわてちゃだめよ!って言っています。
従兄弟たちも、××さん(父のこと)、絶対渦に逆らっちゃ駄目ですよ、巻き込まれたら大きく息を吸って力を抜いて渦にのまれてください。そして渦がなくなったら、静かに上がってくるのですよ!と言ってくれます。
母は、分かった!分かったら手を挙げて、といいます。すると父はとても頼りげなく片手をあげました。さらに母は、溺れたら私が助けるから、安心して溺れなさい!と大声を張り上げます。
それから数十秒後父は大きな渦にのみ込まれ始めました。さすがに初めての体験なので渦から逃げようとしています。
それを認めた母は、あなた!渦からは絶対逃げられないので、逆らわないで、巻き込まれるのよ!と絶叫しています。
従兄弟たちも、××さん、溺れても10秒位ですから安心してのまれてください!と声掛けしてくれます。
そして父は渦にのみ込まれました。父の体が徐々にゆっくりと回りながら海の中にかき消えていきます。私は、お父さん、死んじゃうの、と母に聞くと、母は目が吊りあがっていて、私の問いかけにはすでに上の空でした。
寂寞のとばりが、私達を支配します。
父の体が完璧に見えなくなってから、すごく時間がたったように思えたのですが、徐々に海の底から浮かんでくる父の姿が見えてきました。
それと同時に、いつの間にか下着姿になっていた母がきれいな飛び込みをみせ海中の人となっていました。
なんとか浮かんできた父は慌てたせいか、海水をのみ込み大きく咳き込んでいいます。そんな父を介護する母が傍らにいました。

後日父は、あの時は本当に死ぬかと思った、と言っていました。
私も母を始めとした、皆の助言がなければ父は慌てて、大きな渦に逆らい結果息が続かずお陀仏になったような気がします…海はコワイ!

今日のお店は名古屋はエスカ内最大の行列店「想吃坦々麺(シャンツーダンダンミェン)ラーメン」 さんです。

住所: 愛知県名古屋市中村区椿町6-9先
電話:052-451-3666
定休日:不定休(エスカに準じる)

想吃坦々麺1
お店の外観です。

想吃坦々麺2

想吃坦々麺3
店内の雰囲気です。

想吃坦々麺4

想吃坦々麺5
今日のオーダーは 「 汁有坦々麺( ひき肉のせ+ 漬け物のせ)@900です。新鮮な鶏のもみじを使ったコラーゲンスープと特製香り醤油がベースです。桂皮・八角・陳皮・花椒・鷹の爪等の香辛料をブレンドした旨味と香りの高い自家製五香ラー油が使われています。厳選したゴマをじっくり焙煎した後なめらかに挽いた風味豊かなたっぷりの自家製芝麻醤です。
味ですか、これは美味しいですね、かなりlevelは高いです。
麺がもちもち玉子麺ですが、これが弾力あってイケます。自家製芝麻醤も香りよく満足です。
エスカに来たらまた訪れたい一店です

それでは(^_-)

名古屋 若鯱家 名古屋駅エスカ店

今日は「名古屋新幹線地下街エスカ」の話です。
エスカとは「名古屋駅」の「新幹線改札口」からすぐの所にある「地下街」で1971年の開業、今年で約40年たちます。店舗エリアはおよそ6000屐△気蕕鵬竺の「駐車場」は1万屬剖瓩すさを誇ります。出張者ならば帰りの「新幹線」までの限られた時間でも訪問する事ができます。80を超す「テナント」の内、31店舗は「飲食店」で、「ひつまぶし」「きしめん」「みそかつ」「味噌煮込みうどん」などの「名古屋めし」が堪能できる他「若鯱屋カレーうどん」「コメダ珈琲店」「ラーメン寿がきや」など「名古屋」が発祥の店舗も充実しています。
ちなみに「エスカ」の由来は「駅西ショッピングセンターアベニュー」の「英単語」の頭文字をひとつずつ取ったそうです、 詳細は下記を御参照下さい。
E:eki nishi(駅西)
S:shopping(ショッピング)
C:center(センター)
A:avenue(アベニュー・通り)
「初芝スライリー#26」さんのblogを参照しました

この地下街はよくきますし、出張帰りの新幹線を待つ間軽く飲む憩いの場所でもあります。今回の出張でお昼を食べに立ち寄りました。いつもは「きしめんよしだ」さんが定番なのですがたまにはチャレンジしようと新規開拓をしました。
ちなみに今日のエスカの行列店は
味噌煮込みうどん 山本屋本店
みそかつ 矢部とん  
担担麺専門店 想吃担担面 
の順でした。やはりご当地topは「山本屋本店」なのでしょう…ちなみに私はこのお店高いのでいかないのです、というか50回以上はいっているのでサプライズもないこともあります。

若鯱家1

若鯱家2
このキットカットは東海・北陸限定の「みそ風味」です。そいういえば月曜日軽井沢に行ったら「一味唐辛子」のキットカットを売っていました。はたして美味しいのでしょうか、さすがに味噌はだめでしょうsad

ということで今日のお店はエスカのどこにしようか悩んだのですが、「スパイスとダシをあわせたピリ辛のオリジナルルゥは、とろみが強く極太のうどんにしっかりからみます」という惹句に惹かれて、暖簾をくぐったお店は「カレーうどん 若鯱家」さんです。

住所: 愛知県名古屋市中村区椿町6-9先
電話:052-453-5516
定休日:無休

若鯱家3
お店の外観です。

若鯱家4
店内の雰囲気です。

若鯱家5
今日のオーダーは「カレーうどん」@840です。本カツオの削り節をふんだんに用いた和風だしと様々なスパイスをブレンドしたスープに秘伝のカレー粉を加えた独自のルウとのことです。程よくルウに絡み合う秘伝の製法で打たれた極太麺も秀逸とのこと。具はアゲ、ネギ、豚肉、蒲鉾です。味ですか、美味しいことは美味しいですが、やはり「カレーうどん」は「カレーうどん」です、しいていえばスープがクリーミーでコクがあり最後まで飲めました。ということで期待が大きかったぶんだけ、サプライズが相殺されたエスカのランチでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ