下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

イタリアン

続 豊島園 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト

今日は私の「誕生祝」の話です。
今日は私の「誕生祝」を予約取りづらい、駅から遠い、近隣に駐車場がない(実はこれは間違いで、駐車場はお店の斜め前にありましたが、正しくは満車の場合が多いということでした)という三重苦のイタリアンの超有名店"ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト"(Pizzeria da Aoki tappost)さんで催してもらいました。

ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト11
お店の外観です。

住所:: 東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園 1F
TEL:03-5999-3988
定休:火曜日(祝日の場合は翌日)

私どもの家族はなんでも食べます、特に四足系(要はお肉)のものは大好きです。四足系で食べられないものは炬燵だけです、あれはイケませんあたりますから(笑)

ここから先はパチリでご覧下さい。

Vino
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト12

ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト13
ヴェルフィェリノヴェッロ2009@3,500です。奇しくも私の誕生日と同じ11月6日に解禁(Novello109Arrivino1106)されたものです。このワインの惹句です。
バラやスミレの花、苺などの赤い果実を思わせるアロマが特徴で口当たりが優しく、爽やかなフレッシュ感溢れる印象深い味わいです。
味ですか、実は私は本日運転手なのでこのワインは飲んでいません。奥様、長男、次男からは渋みのある爽やかな味わいで飲みやすいとのコメントでした。

Antipasto
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト14
ランブレッド(フィレンツェのトリッパ屋台)サルサヴェルデ添え、特製生地で作ったパン付@1,150です。
これは美味しいhappy01happy01happy01happy01happy01
トリッパは牛の第2の胃袋=ハチノスのことです、 平たく言えばモツの煮込みです。味自体は香菜とワインと塩、胡椒のというシンプルなのですが、口にいれますと複雑なオーケストレーションが味わえます。程よい脂身のつき方は口内でトロケテたまりません。モツ煮込みフリークとしては一押しの一品です。

ピッツリア・ダ・アオキ・タッポスト15
トリッパ(牛ハチノス)と白いんげん豆のトマト煮@1,100です。
ソフリット(ニンニク、タマネギ、ニンジン、セロリ)とトマトソース、白ワインとともに煮込むだけのものですが、これも美味しいですhappy01happy01happy01happy01happy01
最初のランブレッド(フィレンツェのトリッパ屋台)サルサヴェルデ添えを直球とするならば、このトリッパ(牛ハチノス)と白いんげん豆のトマト煮は変化球ですか。イタリア料理って結構豆が美味しいのですよね、特にこのいんげん豆は甘くてホクホクしてとても結構でした。

Pizze
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト16
マリナーラ(トマトソース、ニンニク、オレサノ、バジリコ)@1,400です。最初のピッアピィアットピザのお皿でしたので、秒殺で各自の胃袋に収納されました。これはサルサ・ポモドーロトマトソースが美味しいのですね。今世紀に入り、細長く真っ赤で甘いイタリアのトマト(サンマルツァーノ種)が生まれました。ちなみにトマトはイタリア語では「ポモドーロ」、黄金の木の実という意味であります。そうなのです、トマトは現代のイタリア料理にとってまさに黄金の果実、この甘くて美味しいトマトソースをシッカリと堪能した次第です。それとニンニクとトマトってあうのですね、あらためて認識いたしました。

ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト17

ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト18
クワトロ・フォルマッジ(モッツァレッラ、ゴルゴンゾーラ、スカルモルツァ、コリボー、バルジャーノ、バジリコ)@2,000です。前回隣のテーブルの方が頼んでいたのを見ていて、今日は絶対これを頼むぞと意気込んだ一品です。このピザ美味しすぎますhappy01happy01happy01happy01happy01
今まで食べたピザの中で一番です。子供達もあまりの美味しさに恍惚状態です。特にブルーチーズの王者のゴルゴンゾーラこれが格調高い味を醸しだしています。それとバジリコの爽やかな酸味が重厚なチーズとのコントラストになっていて、本当に皆で舌鼓をうちながら楽しくいただきました。

Pastasciutte
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト19
自家製テスタローリ、アサリ、とジャガイモのジェノベーゼ(バジリコペースト和え)@1,580です。テスタローリとは小麦粉と水を混ぜた生地を浅鍋で焼いた、いわば厚焼きクレープです。味ですかこれ程美味しいパスタは食べたことがありません。まずテスタローリの食感に驚き桃の木山椒の木です、もっちり、プリンプリンとして口の中で踊ります。少し塩味がきいたバジリコペーストも最高です。ボンゴレアサリの弾力ある肉質はたまりません。白眉はジャガイモですホッコリと炊けた甘いジャガイモがバジリコペーストの口直し的アクセントになっており、じつはこれジャガイモ君がこのプレーヤーの中では一番美味しかったのでした。

ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト20
手打ちキタッラ/アマトリチャーノ(パンチェッタと玉葱のソース)@1,580です。キタッラはChitarra(キタッラ=ギター)という弦を張った道具で、たくさんある弦により押し切ってつくられ、断面が四角形になるのが特徴のパスタです。パンチェッタは、豚ほほ肉の塩漬けでのことでスモークされていません。この料理はパンチェッタとグズグズに煮込んだ玉葱のコラボです。とても美味しいいです、特にパンチェッタのたおやかな脂身が口内でトロケます。これは日本的な味付けだったので、ご飯が欲しいところでした。


Dolce
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト21
キャラメルのジェラート@550。このデザートの中での私の一押しです。ビターテーストなのでそれ程甘くなく大人の味です、これ最高です。
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト22
マンゴーのソルベット(シャーベット)@550です。長男の一押しです。マンゴーの濃縮な味が口内でトロケマス、イケますね。
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト23
トルタカプレーゼ(チョコレートのケーキ)ジェラート添え@550です。これは溶かしたチョコレート、バター、砂糖を加え良く混ぜ、卵黄、細かく砕いたクルミ、小麦粉を加え良く混ぜ、メレンゲを小分けに加え、さっくり混ぜ、オーブンで焼いたものです。次男の一押しです。これも上品なビターテーストです、脇添えのクリームで甘さをコントロールします、美味しいですね。

番外編
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト24
オーナシェフ青木さんが自ら、蒔釜にピザを入れているパチリです。
ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト25
閉店間際に行われるスタッフさん達が作ったピザの試食勉強会です。オーナシェフの青木さんが厳しくチエックをいれています。このパチリは誤解を招きそうなので補足しますと、指差ししているのは青木さんの質問に答えているスタッフさんで、青木さんは左側の人ですから。

ということで私の「誕生日祝」はAntipastoからDolceまで和やかに楽しみながら、大団円を迎えたのでした。そしてあらためてこの店のスゴサを再認識した次第です。
最後にこのようなBeautifulheart02な晩餐を設営してくれた我家族に心よりGrazieグラ-チェと言わせていただきます。

それでは(^_-)

大泉学園 スピガ

今日は英会話の後奥様と大泉学園で待ちあせです。
なにやら大泉学園に美味しいイタメシ屋さんがあるというので連れてってもらいました。

今日のお店は大泉学園「スピガ」です。
スピガエントランス



住所: 東京都練馬区東大泉5-43-1大泉学園ゆめりあフェンテ2F
電話:03-5387-3367
定休日:無休

お店の名前の「スピガ」はイタリア語で「小麦粉」です。
このお店は、デュラム・セモリナ100%の小麦本来の味を楽しむ事ができる"生パスタ"が自慢のイタリアンレストランです。

今日の獲物、私はスピガオリジナルの「石焼カルボナーラ」@1,050です。
この食べ物を説明しましょう、まあ分かりやすくいえば石焼ビビンパのスパゲッティ版です。ここからはパチリでフォローさせていただきます。
カルボナーラ
まず土鍋に入ったグラグラに沸騰したスープスパが出てきます。


カルボナーラ
これに黄身と生クリームをホイップしたものを混ぜ合わせます。

カルボナーラ
トロミがついてきたようですね。

カルボナーラ
私はもう少しトロミがほしかったのでさらに継ぎ足してトロミの濃度を整えます。味ですか、これは美味しい。程よい塩加減のチーズ味スープの中でスパゲッティが口の中で踊ります。チーズと黄身の風味がトロミの中でネジレマス。付け合せのベーコンも絶妙なアクセントとなっています。カルボナーラ好きにはタマリマセン。結構なお味でした

ソーセージトマトソース
これは奥様が注文した「秋茄子とイベリコ豚のソーセージトマトソース」@1,050です。これはイベリコ豚のソーセージがプリプリしてイケました。トマトソースも程よく舌にからみ安定した味です。これもイケました

KALDI

練馬区の外国人の方々が母国の食材を求めにくる、おなじくゆめりあフェンテ内にあるグロサッリーショップ「KALDI」です。ちなみに私の英会話の先生方は皆ここに、故郷の食材を求めに来ています。

KALDI商品

ここは何でもありますネ。インド、中国、フィリッピン、韓国、タイ、インドネシア、インド等ほとんどの食材がおいてあります。日本に移住してきた外国の方々には重宝がられていると思います。

それでは(^_-)

月島 大島や

勝どきには立ち飲み屋が多いですね。
例えば高級和食の「かねます」、なぜか外人客の多い「枝村酒店」 、そしてセレブ系婦人の多い「atelier bar tin」ここの干し葡萄高いけれど美味しいとかまだあるのかもしれません。

突然の驟雨で飛び込んだのは今日のお店、立ち呑み「大島や」です。


住所: 東京都中央区月島1-4-1
電話番号:03-3531-1331(大島酒店)
定休日:不明


ここの支払いはパチリで見られるように、銀色の灰皿みたいなものにお金を入れておきます。飲み物、食べ物を注文するとそこからお金を取り下げます。合理的ですね(笑)

あとここのお店トイレが清潔です。
確かにこの店構えですから、トイレは古いのですが、中は綺麗に掃除されています。このようなお店は信倚感が高まりますね

お店はご覧の通り昔ながらの下町立ち呑みやさんです。
一番驚いたのはホッピーの「中(焼酎)」を氷無しでだされた事です。
誰かに聞いたのですがホッピーの一番美味しい呑み方は「中(焼酎)」をキンキンに冷やしそこにキンキンに冷やしたホッピーを注ぎ込み呑むのが正しい呑み方だそうです。
今までそのような呑み方経験したことなかったのですが・・・この大島やさんでは既に実践されていたのですね(感動
しかしこの呑み方美味しいには美味しいのですが、氷が無い分すぐに酔ってしまうので、効率的というか・・・コメントが難しいですね(笑)


ペンネのデミチーズ@250です。な何だこの味美味しいすぎる。エッお酒以外にも料理も美味しい。本格的なイタリアンでした。
だからいつも混んでいるのですね。


長いものスライス@200です。これまたシャキシャキ、サッパリついついお酒がすすみます。ウズラの卵もまろやか感を高めています。

それでは(^_-)

御茶ノ水 ヴァン・デ・グラス

今日は「どんどん焼き」の話です。
昭和38年11月16日に墨田区京島にとんでもない公園ができました。
名前は「マンモス公園」です。その当時では多分一番高くて大きな滑り台を二基有した公園です。
早速友達と誘い合わせて行ったのですが、その威容に接し腰を抜かすくらい驚いたのでした。
画像右の滑り台と比べてください巨大さが分かりますよね




そしてその公園の脇の屋台で生まれて始めて「どんどん焼き」を食べたのです。
「どんどん焼き」というのはお好み焼きの路上販売品です。

いまのお好み焼きのごとく、何でも彼でもメリケン粉の中へまぜこんで焼き上げる、というような雑駁なものではありません。ベースは、いうまでもなくメリケン粉を溶いて鶏卵と合わせたものです。

メリケン粉の中へ材料をまぜこむのは「牛てん」のみで、これは牛挽肉と日本葱を入れ、ざっくりとまぜ合わせて鉄板へながし、焼きあげてウスターソースで食べます。イカやエビを焼くときは、かならず、メリケン粉をうまく小判型に鉄板へ敷き、その上へ材料をのせ、さらに上からメリケン粉をかけまわして両面を焼くのです。
牛てん、餅てん、やきそば、キャベツボール、カツレツ、オムレツ、パンカツ、お汁粉。これらはみんな「どんどん焼き」のメニューです。やきそばは、焼きそばと同じようなものなのですが、それ以外は名前を聞いただけでは勘違いしそうな代物ばかりです。
メリケン粉の上にパン粉がかかるとカツレツ、溶き卵を焼いたものをメリケン粉で包むとオムレツ、食パンの両面を鉄板で焼いたものにメリケン粉をかけて焼くとパンカツ。お汁粉は豆餅を焼き餡子をのせ、くるくると巻き上げたものを鋏で小さく切り、メリケン粉で容器を焼き上げ先の餅を入れて黒蜜をかけるというものです。たいがいはウスターソースで食べています。
池波正太郎「食卓の情景」(新潮文庫)より転用

私は「どんどん焼き」の中でも特にパンカツが好きでよく食べました。
たしか10円前後で、カツと同じ味が楽しめるのですからタマリマセン。
長じて家で昔の記憶をたどりながら作っては見るのですが、なかなか同じ味が作れません。どなたか作り方教えてもらえないものでしょうかm(__)m

マンモス公園といえば公園の近くにストリップ劇場があり、そこでボヤ程度の火事が発生しました。ところがその火事で近所の人が集まってしまった為中にいた観客達が近所の人たちに見られるのが恥ずかしく皆背広やジャンパー等で顔を隠してでてきました。
子供心に大人たちの恥ずかしい意味が半分くらいしか分からなかったのですが、とても面白かったことを覚えています(笑)


今日は上顎洞炎の治療で御茶ノ水の東京医科歯科大学に行きました。この病院大学病院にしてはサービスが良く行く度に感激の嵐なのです。
それにしてもよく医者に行くなと呆れています

お店は「ヴァン・デ・グラス」です
住所:   東京都千代田区神田淡路町2-23
電話番号:03-3255-8182

ここほとんど身内みたいなお店なので書くのもためらったのですが、私は原則お昼ご飯ネタなのであえて紹介します。ここ安くて美味しいしマスターも感じよく好感持てます。
ランチはスパ中心ですお勧めはカレースパ、鶏のホワイトソーススパ、ガーリックスープスパ、納豆スパですが何を食べても美味しいですね。
後このお店注意しなければいけないのは増量です。中盛@150、大盛@250、特盛@300なのです。
一度若いのにそそのかされて大盛を頼んだののはいいのですが、夕方までパスタで胃が膨満していました。特盛は食べたら命に影響あるかもしれません(笑)

今日の獲物は「シーフードのトマトソース+カップスープ」@700です。


アサリ、トマト、玉ねぎ、イカの具に隠し味の鷹の爪を加えてほのかにピリ辛感を出しています。
味ですか美味しいですよ、ここは裏切らないので細かいコメントしない事をお許しください。

人のこといえませんが久々に見たマスター老けましたね。それと値段が上がっていたのは小麦粉の高騰のせいかしらん
確か以前は@650のような記憶がありました。しかし@700でもこのパフォーマンスならB級グルメですかね(笑)

それでは(^_-)

スーペル・バッコ

今日は「北海道弁の謎」の話です。
北海道ではなぜか過去形を使って挨拶する人が多いのですね。
札幌で転勤始めの頃道内企業に電話すると、いきなり「毎度様でした」とか「加藤でした」という言葉が飛び込んできて笑いを堪えるのに苦労しました(これは決して北海道弁を馬鹿にしているのではなく地域差がもたらす感性の差です)。

何でいきなり過去形なのと本当に笑えたものでした。
また「よろしいでしょうか?」と聞く場合にも「よろしかったでしょうか?」と過去形を使う人が多いのも北海道弁の特徴です。
例えばホテルを予約する時でも「○○日でよろしかったでしょうか」といわれるので、え〜もうそのホテルに泊まったちゃのと勘違いすることもありました(嘘

一番笑ったのはあるお得意様が内地の方との会合で挨拶をすることになり、馬鹿にされてはいけないと考えた丁寧挨拶が次の言葉でした。
「皆様おばんさまでございましたです。私本日会の進行を努めます○○会社の××でしたでございます」 
これは上司の人から内地の人は語尾に「です」「ます」をつけると標準語だと認識するといわれた結果です(実話ですよ

しかし今回の話はなぜ道産子は現在の話を過去形で話すのかという「謎」です。
道産子の色々な人に聞きますと生まれた時から使っているから分からないと言われるのですが、皆さん異口同音なのは過去形ではなく丁寧な言葉使いという認識です。
そしてこの答えは私のお取引様である貿易会社に勤務しているお嬢さんが友人の北大助教授とこの謎について導きだした結論を聞いたものです。

謎の答えは丁寧な言葉使いにあります。即ち道産子達は過去形で話しているのではなく、謙譲語で話をしているのです。英語でいうと「Would you〜?」とか「Could you〜?」と同じ使い方です。
これなら表面面(ずら)は過去形ですがその実は謙譲語ですよね、どうですか納得感あるでしょう(自信有り

あと個人的には以下の言葉使いは北海道独特かなと思っています。
• 「あわさる」--> 合う。合っている。
• 「いかさる」--> 行けた。行った。
• 「かかさる」--> 書ける。書いてある。掛ける事が出来る。掛けてある。
• 「しらさる」--> 知れわたる。知らせる。知らせてある。
• 「まかさる」-->(縄などが)巻き上がる。巻いてある。
この北海道弁話まだまだ書きたいことがあるのですが次に送ります。

今日は次男の誕生日なので奥様と二人でケーキを求めに夕刻頃吉祥寺に行きました。
さらに妹の誕生祝も決めなくてはならず二人でダラダラと吉祥寺を逍遥していたのです。

そして今日のお店は楳図かずお先生行きつけの吉祥寺ロンロン地下にある「スーペル・バッコ」です。
住所:  東京都武蔵野市吉祥寺南町2-1-31 フレンテ吉祥寺B1
電話番号:0422-49-2005

イル・バカーロエントランスまず最初はスーペル・バッコのエントランスです。結構雰囲気ありますね。楳図先生お気に入りなのが分かる気がします
 



スーペル・バッコ店内店内は落ち着いた重厚な雰囲気が充満しています(期待)
 

楳図かずお先生色紙楳図先生の色紙の写真を取らせてくださいとお願いしますと、頼まれたオジサンこの色紙私の前に放り投げ出たのです(エッ)。
あまりの対応に思わず気色ばみましたが、しかしそこは冷静な対応でパチリしました。常連様の色紙を投げ出すのはいくらなんでも如何なものでしょうか(怒)。
これが浅草だったら即座に大騒ぎになっていたと思われます
 

トマト・バジル・チーズのピザトマト・バジル・チーズのピザです。色紙放り投げ当たりからどうでもよいお店だなと思ったのですが、サーブするお姉さんのレベルも低くほとほと愛想がついていました。
すると案の定頼んでからあまりにも早く来たトマト・バジル・チーズのピザですが、何故か熱々感も感じられず、味もサプライズもなく、おまけに時間の早い割に生地の裏が異常に焦げており本当にガッカリしました。
はっきり言わせてもらいますがこのお店単なるイタリア風居酒屋さんです(二度と行きません
 

それでは(^_-)

石神井公園 イルポンテ

今日の午前中は今迄の医療費控除とか装具(アキレス腱烈断)の社会保険請求とかその資料作成でとても忙しく過ごしました。

病院関係の書類を作成していましたら札幌にいた時の病院の思い出が蘇りました。

長年の不摂生の為、何とヘモ(お尻の病気)になってしまいもうこれ以上我慢できないくらい劣悪の状態になりました。
北海道の営業業務は車が乗れなくてはなりたたず、この状態では痛くて運転も難しく万事休すの状況です。
懇意の御取引様の紹介で札幌は白石にある白石肛門科胃腸科病院にいくことを決めたのです。
しかし赤ん坊のとき親にしか見せた事の無い所を、赤の他人に見せるのは恥ずかしく心は千々に乱れていたのです(悲)
結局痛いものには勝てなく、札幌市営地下鉄東西線白石駅(この呼称は「しらいし」ではありません「しろいし」です)にある白石肛門科胃腸科病院に行きました。
環状通りぞいにある白石肛門科胃腸科病院まで300M位の距離を、圧雪の歩道を滑らないように路面を注意しながら歩いていったのです。
駅から3分ほどで到着しました。

この日はやたら女性の患者(女性は痔主が多いらしい)が多く、さらに受付には妊婦の方までいます(エッ)。
仕方ないので受付箱に保険証を投函し新聞を読みながら呼ばれるのを待っていました。

受付嬢「××さん、受付までお越しください」
と呼ばれたのでのそっりと受付に行きました。
受付嬢「××さん、今日はお一人なのですか」
私「そうですが、何か?」
受付嬢「奥様はご一緒ではないのですか」
私「妻は家で家事をしていますが、二人で来なければ行けなかったのですか」
受付嬢「・・・(困った顔)」
この場面でなにか言いようの無い不安が私を包みました。冷静に院内を見廻します。
私「もしかすると病院を間違えたようですね」
受付嬢「(微笑みながら)多分当病院の後ろの病院にご用があったのではと思いますよ」

そうなのですこの病院女性が多いなではなく全員女性なのです。さらにたまさか妊婦がいたのではなく全員が妊婦若しくは妊婦予備軍だったのです(恥ずかしい)

白石肛門科胃腸科病院
看板、建物が近似しており、尚且つ下向いて歩いていたので全く気がつきませんでした



今日のお店は奥様と石神井公園の観桜かねながら練馬区でイタメシ一番といわれている石神井公園「イルポンテ」です。
住所::  東京都練馬区石神井町6-32-38
電話番号:03-3904-4494
お店の名前はご主人の名前が「高橋」さんなので、それにちなんで「イルポンテ(橋)」となったそうです。
この店主いつも素敵な笑顔で迎えてくれます。この笑顔にほっこりして帰るお客さん多いと思います。

ここから後はパチリでご案内します。
木瓜の花
石神井公園にいく途中の民家の庭に咲いていた木瓜(ボケ)の花です。キレイですね


石神井公園櫻
石神井公園の桜です。ほぼ満開です。花見客も多く盛り上がっていました


イルポンテ
イルポンテエントランスです。


イルポンテ店内
イルポンテ店内です。ご主人の趣味なのか水槽が多いのが特徴です。昔はこれがなくて店内もう少しすっきりしていたのに気分は水族館ですね(笑)


ペペロンチーノ
アーリオ・オーリオペペロンチーノ@950です。この料理とても熱いのでご注意ください。私それを知っているのに三回は舌を火傷しました。味はこれが本当のアーリオ(ニンニク)・オーリオ(オリーブオイル)のペペロンチーノだと思います。ニンニク、オリーブオイル、塩の単純コラボですが、単純なのですが味わいがあります。私はこの熱々ペペロンチーノ大好きです。


ミックスピザミックスピザ@1,000です。ここのピザ本当に美味しいのです。トッピングは吉祥寺のTONY'Sと互角ですが、ベースが違います。TONY'Sのベースはやや硬めですが、ここのは外硬内柔で尚且つほんのり甘いのです。熱々の風味あるチーズとほんのり甘いベースタマリマセン。皆様も石神井公園に来たら是非お立ち寄りください。裏切りませんヨ


それでは(^_-)

吉祥寺 プリミバチ

実は例の話が復活して吉祥寺の私のお気に入りのイタ飯レストランで夕方に擬似お見合いの労をとります。
三本足(松葉杖)でこの雨の中ご苦労様なことだと思います(本当)

下町生まれなので大学に入るまで「ひ」「し」が上手く使い分けができませんでした。
さりとて下町の人皆がそうなので、大した痛痒も感じてはいません。
しかし大学に入ったら俄かに付和雷同し、というか少し恥ずかしくなったため、それを強制的に直したものです。

子供の時タクシーに乗るとき運転手の運転席の後ろ側の透明の仕切り板に「日比谷(ひびや)若しくは渋谷(しぶや)に向かわれる際は、分かりやすく運転手にその旨告げてください」との張り紙がありました。
確かに確かに下町の人が発音するとどちらも「しびや」になってしまうからです(笑)

そしてこの話はワープロが出始めた頃の話です。
町内会の先輩がワープロを打ちながら私に声をかけます。
先輩「おいおいこのワープロ壊れているぜ(怒)つい最近の東芝の最新機種買ったばかりなのに」
私「どうしたんですか」
先輩「非難梯子が変換できないんだよ、こりゃヘボだゼ」
私「ありえないでしょう」
先輩「ほれ、見てごらん」
私「アリャリャ、こりゃマジだ、洒落になんネェ(笑)しかし変ですね、東芝のワープロなのに?」
先輩「だろう」
私「(思うところがあって)先輩もう一度入力してみてください」
先輩「何度でもやってやるヨ。そりゃ!こうだ見てみろ」
私「先輩それじゃいくらやっても変換できないスよ(笑)だってさっきからしなんばしごって入力しているんですから」
先輩「・・・」


今日のお店は吉祥寺「プリミバチ」です。
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-21-1 井の頭パークサイドビル2F
TEL:0422-72-8202
定休日:無休

“プリミ・バチ”とはイタリア語でファーストキスを意味する言葉です。都会の喧騒をはなれた、閑静なロケーションにある「リストランテ プリミ・バチ吉祥寺」では、イタリアの名店で腕を磨いたシェフ、宇賀神 崇の生み出す本格的トスカーナ料理とワインがお楽しみいただけます。(お店HPより転載)

今日の獲物ですか?冒頭の案内の通り本日私キューピッド役の為若いお二人を紹介したのみで料理は食べてないのです。
当然ですよね(笑)一緒に食事をしていたらそれこそ馬に蹴られて死んじまえ問題になりますので、ソソクサと退場しました。

でも素敵な「プリミバチ」のテラス席からのパチリ写真をご案内します。

プリミバチエントランス
こ洒落たエントランスです。雰囲気ありますね。


プリミバチテラス席
この竹藪は階下の「金の猿」のお庭です。風が鳴ってます。


プリミバチテラス席
テラス席からパーティルーム側のパチリです。今日もパーティルームは大盛り上がりでした。


プリミバチテラス席
テラス席の一番奥まったところのパチリです。ここがこのお店の一番席ですネ


こういう日もあります(笑)
さて今回のキューピッドさんは二人の愛を纏め上げることができるのか
乞うご期待です

それでは(^_-)

土支田 グラッチェ

大怪我というのは「アキレス腱の烈断」です。
当初はアキレス腱の烈断即ち手術と思いましたが最近の形成外科は手術をしないそうです。
アキレス腱の再断は通常100人に1人でそのうち手術した人は47%で手術しなかった人は53%だそうでほぼ変わりません
ジャ何故痛い思いしてまで手術をするのかといえば私が選んだ保存的治療は筋力や関節の可動域の回復が悪くなるのです。
先生曰く治る時期はほぼ同じらしいとのことですので、手術療法を選ぶ人は筋力の回復の遅れを嫌がる為圧倒的にスポーツ選手が多いいようです。
それとバイキンが入ったり、足首が硬くなったりという副作用もあることでこの手術療法はそれなりにRiskが高いようです。
しかし松葉杖の歩行は厳しいものがありますね、まず階段がシンドイです。初日は上手く昇れなくて壁に頭をブッツケていました。
今日、明日会社なので明日のためにバスに乗る予行練習をしました。
バスに乗るとき上手く上がれません、乗っている人に手助けしてもらい何とか乗ることができました。
それと長距離が歩けません、300M位歩くと息が上がります。普段マラソンで走りこんでいてもこの体たらくです。
ということで身体障害者の人達の気持ちがヨクヨク分かりました。

今日のお店は「グラッチェ練馬土支田店」です。
住所: 東京都練馬区土支田3-27-22
TEL:03-5933-2139

子供達と車で行きました(私の怪我は左足なので、私が運転です)
獲物は私が「ニンニクとトマトのスパゲッティー」@409です。


これは問題なくイケました。ここのグラッチエは基本的に美味しいです。

長男は「生ハムとプチヴェールのペペロンチーノ」@724です。


プチヴェールとは芽キャベツとケールから生まれた新野菜です。糖度が高く、苦味が少なく、栄養価の非常に高いヘルシー野菜です。
これもベリーグッドです。

次男は「カルボナーラスパゲッティ」@724です。


カルボナーラとは日本語で「木炭」です。ホワイトソースが灰を表現しブラックペッパーが炭を表現しています。説明がないとなんでカルボナーラが炭火焼風なのか分かりませんネ。ここのカルボナーラは温泉卵が入っていてさらに味をマイルドにしあげています。

サイゼリヤより間違いなく美味しいです。
ちなみにオリコンランキングは1位がびっくりドンキーで2位がグラッチエで話題のサイゼは9位でした。

これからそんなに飛び回れませんので掲載数減るかと思いますが身体障害者なので宜しくお願いしますm(__)m

それでは(^_-)

トラットリア ラ・ルーチェ

仕事が大トラブルで死にそうでした。
とある神社の前を通りかかればお参りすれば良いことが起こるという幟(のぼり)を見て大金はたいてお参りしまた。
結果すこし好転しました(感謝)
今日のお店は「トラットリア ラ・ルーチェ」です。
住所:  東京都文京区本郷1-4-6ヴァリエ後楽園1F
TEL:03-3815−9899
定休:月曜日

ルーチェとはイタリア語で「光」です。
今日の獲物は「ペンネのゴルゴンゾーラのクリームソース」@800です。
ゴルゴンゾーラと言えば世界三大ブルーチーズの一つです、他のブルーチーズはスティルトンとロックフォールです。




味イケマシタ。特にゴルゴンゾーラとクリームソースの相性はタマリマセンでした。
今日ほど困った時の神頼みを身にしみました。

それでは(^_-)

続 タンタ ルナ

勝海舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と称された山岡鉄舟が座禅、正確には結跏趺坐( けっかふざ)をしたまま絶命したという話が司馬 遼太郎「竜馬がゆく」に書かれていました。ところがこの話の源典は子母澤寛「新選組始末記」だったのですね。

その件(くだり)は以下の通りです。
【QOT】
明治21年7月19日、胃癌を病んで没した。臨終に際して、夫人英子を呼んで浴室に入り、かねて用意した白衣に着替え、金剛経一巻を懐中し、左手に念珠、右手に団扇を持ち、静かに病床に座って、時の来るのを待った。
そこへ、明治維新の大業に生死を誓った勝海舟が見舞いに来た。
「いよいよご臨終ときいたが、どんな容子じゃな」
「ようお出で下された、ただ今が涅槃に入るところです」
「左様か、では静かに成仏されるがいい」
こんなを事いって、勝が引取るとすぐに息が絶えた。
【UNQOT】
やはりスゴイ方です。よく谷中の鉄舟の菩提寺「全生庵」にいく度にお参りしていたのですがあらためて尊敬しました。
そうそうこの鉄舟さん焼津の清水次郎長とも親しくて、鉄舟さんが亡くなった時清水次郎長が殉死しようとして止められた話が残っています。

今日は次男の卒業式で奥様と外出です。
最近の卒業式は、ショーアップされてすごいですね。
3時間の長丁場ではありますが全く飽きず感動の坩堝(るつぼ)状態でした。
それにしてもお母樣達はよく泣いていましたネ。
演出も良かったせいもあるのですが、本当にスゴカッタです(苦笑い)

今日のお店は 「タンタ ルナ」
です。
前回少し情報に齟齬があったので加筆します。
シェフが「サバティーニ」出身と書きましたが、それは初代シェフで現在の三代目シェフは南イタリアの「リーブリィア」で修行されたそうです。
しかし店長の石山さんは「サバティーニ」出身だそうです。
この店はイタリアのトスカーナ地方でよく食されているしっかりとした味付けが特色です。
裏切ることはないとのことです(石山店長談)
布袋さん
次男の高校のそばのお寺にある巨大布袋さんです、一体何のため作られたのでしょうか


タンタ ルナ入口
このお店地下にあるのですが、平日はお店に下りる階段は行列でびっしりなのですよ


タンタ ルナ店内
コジャレた感じの店内です。清潔感に溢れています。


パスタ
ホタテほうれん草和えオイルベースのスパゲティーです。ホタテがあまくたまりません。上品な味付けです。


パスタ
ピリッと辛みの効いたトマトソースのペン型マカロニです。いわゆるアラビータ(怒りん坊の意)ピリ辛トマトソースです。地雷のように仕掛けられた黒胡椒の辛さがアクセントとなっています


魚料理
目鯛のフレッシュトマトソースです。皮の部分のカリカリ感とこってりとした油肉のハーモニーはたまりません。これこそまさに口福というのでしょうネ


肉料理
ポーク肉の粒マスタード焼、裏ごしマッシュポテト添えです。これこそ男の味です。つぶマスタードの酸っぱさとジューシー肉のコラボいけました。


デザート
ビターなチョコレートケーキ。締めのドルチェはこう有るべきです。このドルチェにより口内の夾雑物が一掃されリフレッシュしたような感じになります。



それでは(^_-)

東新宿 イル・ピッチョーネ

今日は東新宿のお客さんと朝から打合せでお昼になりそのままイタ飯レストランになだれこみました。

お店の名前はオステリア イル・ピッチョーネです。
イタリア語で「大衆食堂 鳩屋」という意味だそうです。
住所::  東京都新宿区6-22-2コーラルビルBIF
TEL:03-3204-6488

東新宿はあまり食べる所が少ないせいか、この店無茶苦茶込んでいました。
本日の獲物は、海の幸のスパゲッゲッティーニ(大盛)、マルガリータ、トリッパ(牛の第2胃・ハチノス)を夫々注文+珈琲&サラダ(@980)をしそれを三人で取り分けるということとしました。
海の幸スパゲッティー
これはビャンコ(アサリ)が小さかったのですが、味はグッドでした


マルガリータ
マルガリータです。これは感動がありませんでしたね


トリッパ
トリッパです(見難くてゴメンナサイ)これ今日一です。しかし森下山利喜には負けているかもしれませんが、いけました


特にこのお店パンのお代わり、スパゲッティーは大盛(240g)は無料です、かなり経済的ですね。
シェフはリスランテダノイ→サドレル→アンジェパテイオを渡り歩いたという実力派シェフです。
ということでかなり楽しみにしたのですが、味にそれほどのサプライズはありませんでした(残念)
何故なんだろう(笑)
しいていえばトリッパが美味しかったくらいで、ウーンと皆でうなってしまいました。
ちなみに牛には四つの胃袋があり、第1胃はミノ、第2胃ハチノス、第3胃はセンマイ、第4胃はギアラといいます。
調べたところによりますと、1〜3番目の胃袋は食道が変形してできたものだそうで人間の胃袋と同様なのはギアラだけです。
でもこのトリッパお酒に合いそうです。辛口の冷酒か白ワインでやったらかなり飲めそうです

ということでこのお店お腹が空いた時、大盛スパゲッティーと食べ放題パンでお腹をくちくするという学生食いをしたい時に良いかもしれません

それでは(^_-)

築地場内 トミーナ

「エーツ今日水曜日だったの」と叫び声で始まるには訳があります。
今日は築地にあるお取引様に打合せに行きましたので、当然の事ながらお昼は築地場内(魚がし横丁)と決め打ちしていたのですがご承知の通り魚河岸は水曜日が休みなのです。

仕方ないから場内をウロウロしていたら唯一「トミーナ」さんだけがやっていました。
私はここのゴルゴンゾーラピッア@1,500(これ最高)が好きでチョコチョコ食べに来ているのです。
ちなみに「トミーナ」さんの店名ですが、ご主人が「富山さん」そのままだとイタリアンレストランぽくないので「ーナ」を付けてトミーナという名前になりました(成程

今日もゴルゴンゾーラピッアにしたかったのですが何故か今日はピッアは作りませんとの事でしたので、パスタの王道ペペロンチーノ@900にしました。
ペペロンチーノとはイタリア語でとうがらし(小さな=チーノ、ペペロン=ピーマン)という意味です。一時期イタリアに行きたくて行きたくてイタリア語を勉強した残滓です(ただの自慢ジャン
ここのペペロンチーノは赤ピーマン、黄ピーマン、マッシュルーム、玉ねぎ、ニンニクスライス、鷹の爪が入りそれにバージンオイルを絡めて料理されています。


本音を言えば、ニンニク、鷹の爪、バージンオイルのシンプル三点セットが好きなのですが美味しいので許しましょう、でも量がすこし少ない(笑)ですね。

なにやら「トミーナ」さん銀座に新規店を作るそうですよ。
ビール会社の営業さんとの打合せが耳に入ってしまいました。
ゴメンナサイ、ブログに書いちゃいましたm(__)m
お店の内容はイタリアンに拘泥するのではなく、ノージャンルのカジュアルダイニングになるようです。楽しみですね

私は築地場内(魚がし横丁)は大学生の頃から通い詰めているので、かなり詳しく一度特集を組んでみたいと考えています。
 
それでは(^_-)

Happy Birthday

今日は長男の誕生日です。
長男の若葉運転で練馬区大泉にある「La毛利」に家族全員で特攻です。
大泉はとても自然が残っており、とても23区とは思えません。

お店の紹介を以下に引用します。
【QOT】
練馬 大泉町に広がる野菜畑の一角に、旬の野菜を味わえるレストランをオープンすることになりました。
目の前のイキイキとした野菜はもちろん、各地の漁港から直送される新鮮な魚介類や自家製のベーコン・
毎朝お店で焼かれる手造りのパンなど美味しいものをたくさんご用意して皆さんのお越しをお待ちしております。
ワインはもちろん、フランスお百姓元詰めワイン。
栃木県大谷町の天然地下蔵で熟成の時を重ねたワインはフランスのワイン農家も驚いたほど、
すばらしい仕上がりとなっています。さぁ、本物の味を体験しにLa毛利へ是非足をお運びください。
【UNQOT】



凾館・頑固職人 高倉さんのスモークサーモン=甘さがタマリマセン

ゴルゴンゾーラのピッツア

ゴルゴンゾーラのピッツア=日本一のブルーソースピッツア

自家製ベーコンと朝取り卵のカルボナーラ

自家製ベーコンと朝取り卵のカルボナーラ=ホワイトクリーム最高

自家製ベーコンと茄子のスパッゲッティー

自家製ベーコンと茄子のスパッゲッティー=ナスは地物に限ります

ガーリックトースト

ガーリックトースト=バターとガーリックの超コラボ。

ということで家族全員「口福」な一日でした。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ