下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

イケズ

京都 きんなべ

今日は「イケズのテクニック」の話です。

以下は京都にハマった京都在住でない女性が作られたイケズの例です。
「その洋服似合(にお)たはりまんな〜!馬子にも衣装でんな〜!」
「ビンボー人の子沢山て言いまっけど、おたくお子さん何人でっか〜!」
「おうちのお嬢さん肥えててよろしな〜!砂漠で迷ても生き残れまんな〜!」

ところが京都人からすると、これらはどれもイケズではないようです。そこで京都人が添削すると次のようになります。
「今日のべべよう似合わはるわ〜。ほんまに普通の人に見えますえ」
「おたくさん ようさん(沢山)お子さんいてはるんやろな〜。偉いわ〜」
「品があって可愛(かい)らしいお嬢さんやこと。末は天平美人やね」

しかし、感性の問題でしょうか、上記と比して直截的ではないことは確かですね。よくよく考えないとイケズとは分かりません。これを標準語でいうと次のようになります。
「みっともない容姿でいらっしゃるのに上手に服装で誤魔化されましたね」
「貧しそうにお見受けしますが実際のところはいかがですか?」
「ひどく太った娘さんですが、なにか取り柄はあるのでしょうか」

「イケズの構造」入江敦彦著より転載

下町っ子としては、やはりイケズは毒を秘めた言葉といえるでしょう。しかし下町っ子は単純ですからもしかするとその裏側に隠れた意味が分からず、イケズの毒性に気がつかないでいるかもしれません。
かつて当blogにも書いていますが、京都はあまりにも多くのlocal rule(特殊約束)が横行しています。そういう中ではlocal rule(特殊約束)の弊害により物事の運行が速やかに進みません。
京都はおおいなる鄙(ひな)といいたいですね、時間が今でもまったりと動いているのでしょうか…

きんなべ1
私の京都のお奨め店といえばやはり「きんなべ」さんです。

住所: 京都府京都市東山区大和大路3丁目博多町68
電話:075-531-4188
定休日:無休

きんなべ2
ここは取引先の同僚の方がここのお婿さんで、当初は二足の草鞋をはいていたのですが、最終的にはここに戻られて家業を継がれたのです。そのため京都での接待は圧倒的にこのお店でした。ここの「紙鍋」では本当に美味しいですよ
「紙鍋」とは金網に秘伝の和紙をかぶせ、そのなかで鶏肉や旬の野菜、京湯葉、手作り豆腐をゆっくり炊いていただくものです。しかし何で焼けないのでしょう、何で孔が開かないのでしょう、ここに来るたびにいつも不思議に思っていました。
なんで「きんなべ」かっていいますと、本当に金の鍋があったとか、戦争で供出して現存してないそうです。それでも金の大杯(おおさかずき)は残っています。丈夫な歯で金を噛みちぎってはいけまへんえ、といつも女将さんにわれながら、この大杯(おおさかずき)になみなみと日本酒を注ぎ、皆で飲みまわしていました。
日本がジパング(黄金の国)だということを痛感した瞬間です!

きんなべ1
そうそうここの鱧(はも)も美味しいですよ、たしか梅肉でなく山葵で食べるのがお約束です。
本日の画像は「美食三昧」さん他より転載

ということ本日は実食ネタでなく、すみません。
どうしても「きんなべ」さんのことを書きたくなったものですから…
しかしここのお店は一回も身銭をきったことがありませんが、多分値段は@10,000/人見当です。決してお安くはないので、気合を入れて訪れてください。

それでは(^_-)

神田 麺屋武蔵神山(かんざん)

今日は「京都人のイケズ」の話です。
両親は共働き。しかも土日のない仕事。年の離れた兄は変わり者で相手にしてくれない。妹を苛めるにも飽きると、寂しかった弟は某親戚の家にしょっちゅう遊びに行っていました。そんなある日、親戚宅でお昼時を迎えて叔母が食事について尋ねたそうです。「おソーメンでええか?」。ええもなにもかも彼の前に五分とたたず素麺を盛った鉢が置かれたので、いやだと言っても「これしかなかったわ」ということだったのでしょう。ともあれ食卓についた弟ですが、麺を浸す汁(つゆ)がないのに気がつきました。
「たんとおあがりやす」
うながされて「そやけどおだし、、、があらへん」と訴えた彼に叔母がにっこりと答えます。
「そやから、たーんとおあがりやす」
ようやく異変に気づき、弟は逃げて帰ってきたといいます。

「イケズの構造」入江敦彦著より転載
これは著者の弟さんが叔母さんにお昼時の迷惑からとられたお仕置きなのです。しかし手が込んでいますね、京都人は「お昼時は避けてね」とか「お昼時に来るときは前もっていってからきてよね」ということを敢えて避けて、このように骨身に沁みいらせる行動に出るのです。私の認識は、京都人はいい意味での自己至上主義で、それが侵されるとき、「イケズ」に走ります。それに自らの「損得」に敏感で、それが侵されたときも、「イケズ」に走ります。先の大戦は「応仁の乱」といいきる京都人は、11年に亘る「人の世、虚し」という戦乱から虚無感を植えつけられ、イケズの骨格になったと思うのですが…
そういう意味では、猫の目のように長年に亘って政権が変わった中国人と同様の匂いを嗅ぎ取ることができます。

今日のお店は神田「麺屋武蔵神山かんざんラーメン」さんです。私このお店有名店なのに行列がないなといつも思っていたのですが、店内で行列ができていたのですね、まったく知りませんでした。

住所: 東京都千代田区内神田3-8-7
:03-3256-3634
定休日:無休

麺屋武蔵神山1
お店の外観です。号の「神山(かんざん)」は、移転前の麺屋武蔵青山の「山」と新天地神田の「神」から取ったそうです。「神の山」とのことで、富士山が店舗にかかれています。

麺屋武蔵神山2
店内の雰囲気です。私の大嫌いな厨房スタッフ全員でのご発声の湯切りです。なんでこんなパフォーマンスするのでしょう、五月蝿いし、厨房スタッフの唾が飛散して不潔です。個人的には、“食べ物屋さん”は美味しいものを作ることに専心して、黙して余計なことはせずにちゃっちゃっと調理することだと思うのですが…

麺屋武蔵神山3
今日のオーダーは「らー麺」@750です。
スープは豚骨魚介系のダブルスープでどちらかというと魚介系が勝っています。スープの温度はお約束の熱々というか、火傷寸前の熱さです。中太ストレートの麺は、風味・弾力・食感もいけますね。具は、ジューシー、ホロホロ、トロトロの角煮、太めのメンマ、すこしヘタッタ刻みネギです。全体として完成度が高いラーメンですが、私は好きではありません、何故ナンだろう?
多分それぞれのパーツパーツが際立ちすぎて、全体のハーモニーが無いように感じるからだと思います。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ